2016/12/10

2016 1204 こばこ 加茂街道 石仏巡礼

2016 1204 こばこ 加茂街道 石仏巡礼  地蔵磨崖仏  西念寺

はあ~るば~る来たぜ~「函館ではなっくって、こばこ 加茂街道 石仏巡礼」に。
紅葉が残る、石仏が点在する加茂を歩いて来ました。

本日のコース
加茂駅-御霊神社(燈明寺跡) -現光寺- 加茂神社- 残念石- 西明寺-大念寺
-地蔵院- 西念寺- 燈籠寺 -木津駅

御参考に
ウォームス 041 鹿背山(かせやま)城跡と大仏鉄道跡 跡跡コンビで
2015 11下見 大仏鉄道
044 2016 0529 大仏鉄道
鹿背山不動と三條会館の弥勒菩薩像

2016 1204 こばこ 加茂街道 石仏巡礼

御霊神社(燈明寺跡)

2016 1204 こばこ 加茂街道 石仏巡礼

現光寺

2016 1204 こばこ 加茂街道 石仏巡礼

現光寺

2016 1204 こばこ 加茂街道 石仏巡礼

残念石の上に並ぶ、残念な人たち、暴言にペコリン。

2016 1204 こばこ 加茂街道 石仏巡礼

十三仏  天正七年  二月十五日            大念寺

2016 1204 こばこ 加茂街道 石仏巡礼

大念寺さん改修工事中につき、横たわる地蔵様    室町時代だそうです
バックは海住山寺あたりでしょうか。

2016 1204 こばこ 加茂街道 石仏巡礼

西念寺

2016 1204 こばこ 加茂街道 石仏巡礼

鹿背山    おぼろげに浮かぶのは・・・

2016 1204 こばこ 加茂街道 石仏巡礼

生駒山が
夕方からの雨予報で駆け足歩きが残念ですが。
とても素敵な道、まだの方は是非とお勧め!


古道紀行・おおばこ | Comments(0)
2016/11/27

2016 11 粟生路・丹波街道


2016 1124 野口さんと あお路
大原野神社・鯉沢の池

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「粟生路(あおじ)・丹波街道」に。
先日、Nさんと粟生路を歩いてきました。

Nさんと一緒の京古道、
去年から歩き始めて200㎞以上は歩いているのでしょうか、たぶん。

本日のコース
JR向日町駅-向日町バス停-南春日町バス停-大原野神社-花の寺・勝持寺
-正法寺-長峰寺-早尾大明神-三鈷寺-善峰寺-十輪寺-光明寺-長岡天満宮
-JR長岡京駅

2016 1124 野口さんと あお路
大原野神社
狛鹿さんです。

2016 1124 野口さんと あお路
勝持寺


2016 1124 野口さんと あお路
勝持寺


2016 1124 野口さんと あお路
大原野石作町

ここちょっと上がったところから昼食を!
素晴らしい景観を見つつ食べる菓子パンに幸アレ by MK氏捧ぐ

2016 1124 野口さんと あお路
三鈷寺

山道を辿りくれない萌ゆる三鈷寺にと。

2016 1124 野口さんと あお路
三鈷寺

比叡山に奥の山はウォームスでちょびっと歩いたびわ湖バレイあたりなのか、たぶん。
京都の北から東から南へと丸見えでございます。

2016 1124 野口さんと あお路
善峰寺

東山とちがって静かなのが素敵ですね。

2016 1124 野口さんと あお路
善峰寺

宝篋印塔 鎌倉時代後期

2016 1124 野口さんと あお路
善峰寺

330年前の地蔵様だとか。

2016 1124 野口さんと あお路
善峰寺

今年の紅葉は奈良も京都も例年にくらべて早いようです。

2016 1124 野口さんと あお路
大原野小塩町


2016 1124 野口さんと あお路
光明寺

ここは東山なみの人の多さが。
外人さん指定観光地なんでしょう。

2016 1124 野口さんと あお路
長岡天満宮


2016 1124 野口さんと あお路
長岡天満宮

今年の紅葉もほぼ11月で終了のようですね。


古道 | Comments(3)
2016/11/22

2016 12月18日 生駒民俗会は庄兵ヱ道

2016 12 庄兵ヱ道 私がはじめて目にした山中での庄兵ヱ道・道標です(2000  04)

本日は生駒民俗会の例会の日でした。
はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、
「隔夜寺を訪ね、錦秋の春日探訪」に。

そして来月の生駒民俗会は、庄兵ヱ道です。
「庄兵ヱ道」とは、生駒の宝山寺から、鳴川千光寺間の信仰の道。
鬼取村の庄兵ヱさんが、
宝山寺の湛海律師より道を賜り、
清掃管理していたところから、
「庄兵ヱ道」の名で呼ばれるようになったと伝えられる、
往時は「ションべ道」とも呼ばれたそうです。

2016年  12月18日 日曜日  9時~16時
庄兵ヱ道
宝山寺から鳴川の千光寺まで歩きます。
注意:山道になりますので、足下しっかりしたモノをお履きください。
集合 9時  生駒中央駅改札口
9時20分発のケーブルで宝山寺駅まで、290円
生駒駅―宝山寺―教弘寺―鶴林寺―藤尾町・昼食T―千光寺T―元山上口駅
弁当  飲料水  山靴  ストック
どなたでも参加できます、参加費:500円

御参考に
「庄兵ヱ道」を見た!
続 魔境の生駒山系に「庄兵ヱ道」

2014 11 下見 庄兵ヱ道 フルコース その1 石仏の辻
2014 11 下見 庄兵ヱ道 フルコース その2 石仏の辻

2016 12 庄兵ヱ道
生駒民俗会の例会の前に奈良公園散歩してきました。

2016 12 庄兵ヱ道
例年に比べて色づくのが早い!

2016 12 庄兵ヱ道
このころは人もまばらでしたが・・・

2016 12 庄兵ヱ道


2016 12 庄兵ヱ道


2016 12 庄兵ヱ道

洞の地蔵 建長六年(1254)

建長の頃、この辺りの風情はどうだったか・・・


生駒民俗会 | Comments(9)
2016/11/18

2016 11 三谷坂


2016 11 三谷坂
これから歩く笠松峠はどのあたりなのでしょうか

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、
三谷坂・高野山参詣道」に。

今日は歴史ある三谷坂を歩ける上に、石造物にも逢える!
飾り気の無いストレートな坂道が心地よい疲れを誘う~

本日のコース
妙寺駅-丹生酒殿神社-笠石-頬切地蔵-笠松峠
-丹生都比売神社-石造五輪卒塔婆群-二ツ鳥居-上古沢駅

2016 11 三谷坂
想像してたよりずっと小柄でありました。
傘を突き破ってるというのがナイスですね。
不二家のペンシル・チョコレートを想ってしまいました。

のっけからええもん見さしてもらいました。

2016 11 三谷坂


2016 11 三谷坂


2016 11 三谷坂

まさしく空海の傘でした。

2016 11 三谷坂

ブルーシートの上部分が傘石です。
農作業のおばあちゃんによると三谷坂は、
むかしから通れるそうで、廃道の時代は無かったような。

2016 11 三谷坂
頬切(ほきれ)地蔵

インパクト大ですね、このカタチ。

2016 11 三谷坂

ふくよかな造形が。

2016 11 三谷坂

金剛界の大日如来  北面

2016 11 三谷坂

釈迦如来  東面

2016 11 三谷坂  

阿弥陀如来  西面

2016 11 三谷坂

上から訪ねるか、下から訪ねるか、思案橋ブルース。

2016 11 三谷坂

丹生都比売神社

2016 11 三谷坂

石造五輪卒塔婆群

2016 11 三谷坂


2016 11 三谷坂


2016 11 三谷坂

今は亡き寺跡に立つ

2016 11 三谷坂


2016 11 三谷坂


2016 11 三谷坂

静かに佇む

2016 11 三谷坂


2016 11 三谷坂



2016 11 三谷坂
二ツ鳥居

10年ぶりです!

2016 11 三谷坂
上古沢への道  10年たってもほぼ同じところから撮ってますね。


2016 11 三谷坂
上古沢

和歌山県の古道シリーズはココからどうぞ~
和歌山 | Comments(2)
2016/11/15

歩く石仏の辻046 2016 1030 西高野街道

046 2016 1030 西高野街道
高野山女人堂九里石

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、
「西高野街道 堺東から河内長野へ」に。
第46回の歩く石仏の辻にて、堺東駅から河内長野駅まで歩きました。

堺から高野山・極楽橋までの高野山女人堂一里石13本を辿っての歩きスタートです。
安政4年(1857)に茱萸木村(くみのきむら・狭山市)小左衛門、五兵衛が発起人となって、
一里ごとに13本建てられた道標が現存してるんです!

むかしの公家さんが京都から船で天満橋まで、
そして大坂、堺からこの高野街道を辿り高野山へと。

幕末の頃の旅人は大坂から、
だいたい二日から三日での高野山へのスケジュールだったようです。
天満橋から高野山・奥の院まで100㎞前後でしょうか?
二日で行けたのかな・・・
私達は四回に分けて歩きます~が~
さっそく、一回目の歩きで「長い~」とフクロウたたきにあいました!?
江戸時代の半分ぐらいの距離しか歩いてないと思うんですけどね。

第46回   10月30日  西高野街道 堺東から河内長野へ         
集合:南海高野線・堺東駅 西改札口 午前9:30

行程:堺東駅-高野山女人堂十三里石・竹内街道分岐-仁徳天皇陵-白鷺公園-関茶屋・十二里石
-薬師如来道標-中茶屋-興源寺・五刧思惟阿弥陀如来-十一里石-道標・天野街道分岐-十里石
-中高野街道合流地点-原町-晴明塚-旧阿弥陀寺・十三仏-九里石-割坂地蔵尊-河内長野駅
距離:16+α㎞ 高低差:0―100m 難度:ハイキング
御参考に 
2016 西高野街道 道標を辿り 堺から極楽橋まで その1
              
2016 西高野街道 道標を辿り 堺から極楽橋まで その2


高野街道の二回目は、距離は前回とちがって、ぐっとリーズナブルな13㎞となってます。
紀見峠あたりのダイアモンドトレール分岐も通過しますので、
歩き足らない人は北へ金剛山、南は岩湧山へとトレランでもしてくださいまし。
注:陽はとても短くなってます

第48回   12月23日 祝日金曜日
高野街道1 河内長野から紀見峠へ      

集合:南海高野線線・河内長野駅 改札口 午前9:35
(降水確率は大阪府をご覧ください)

行程:河内長野駅-長野神社-天野酒-高札場・増福寺-三日市宿-八里石-石仏(いしぼとけ)-曼陀羅山阿弥陀寺-岩瀬(いわぜ)-七里石-天見駅-ダイアモンドトレール分岐-紀見峠-六里石
-紀見峠駅
距離:13㎞ 高低差:100―400―300m
難度:山歩きハイキング・ストック

046 2016 1030 西高野街道

榎宝篋印塔
昔このあたりはお寺だったそうです

046 2016 1030 西高野街道
百舌鳥のくす
樹齢が800年、千年とも。
しかしながら、私たちの年齢を足したら。
軽く千年突破、ピラミッド時代かいな(未確認)

046 2016 1030 西高野街道
興源寺

046 2016 1030 西高野街道

高野山女人堂十一里石
先は長いぞ~

046 2016 1030 西高野街道
高野山女人堂十里石
やれ、やれ気分です。

046 2016 1030 西高野街道

原町の旧阿弥陀寺石造物群
十三仏板碑 
二基とも寛永十一年(1634)

デカイ!
228㎝とはアンドレ・ザ・ジャイアントとどっこいどっこいでありませんか、たぶん。


今月の歩く石仏の辻は紅葉三昧コースでございます。
船で保津川下りしても、
歩いて保津川下りをした人は少ないのではありませんでしょうか。
まるまる船賃4100円が浮いてしまいます。
タケチャンマンにお布施するも良し。
ホストクラブに通うのも良し(足らんけど)
嵐山公園・渡月橋へと歩きます。
冥土の土産にどないどす~


第47回   11月27日 第4日曜日
亀岡から保津峡沿い 紅葉の嵯峨嵐山へ
一生の想い出にどないどす~         

集合:JR嵯峨野線・亀岡駅 改札口 午前9:35
(降水確率は京都府南部をご覧ください)

行程:JR亀岡駅-高橋-請田神社-JR保津峡駅-トロッコ保津峡駅-落合橋-書物岩-六丁峠-小倉山-嵐山公園・
渡月橋-JR嵯峨嵐山駅
距離:14㎞  高低差:100―290―40m  
難度:山歩きハイキング・ストック 山靴
御参考に 
2015 12 亀岡から保津峡沿い 嵯峨嵐山まで その1
             
2015 12 亀岡から保津峡沿い 嵯峨嵐山まで その2



お待ちしてます。

歩く・石仏の辻 | Comments(2)
2016/10/25

2016 10 歩いてあちこちの秋の秘仏大公開

2016 1008 秋の秘仏公開
蛸薬師堂 永福寺

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「蛸薬師」に。
8年に1度御開帳される石仏の薬師如来像に逢いにお訪ねしたのですが。
蛸薬師さまは姿を現さず!
内陣の奥のお厨子の前にはベールが掛かっており、淡い~ブルー照明が。
ココの部分だけシルクロード(行ったこと無いけど)のオリエンタルなムードが。
蛸薬師さまと逢うことはできず撤退!

石仏の蛸薬師とはどんな容姿なのか!?
私の脳内には、
左手の薬壺に絡みつく蛸を抱く薬師さん。
ことあろうか螺髪に絡みつく蛸さんを乗っけたままの薬師さん(いまでいうかぶり物)

オリンピックじゃないけど8年後にまた逢いましょう~
今、はたと感じたんですが・・・
8年に1度御開帳される8年とは、たこのはっちゃんの八からきてるの?

2016 1008 秋の秘仏公開
蓮光寺 駒止地蔵菩薩像(駒止地蔵尊)

なんと弘法大師の作だそうです・・・
六条河原の刑場の見送り地蔵だったのが~
鴨川のはんらんで埋まってしまってたものを、
平清盛が掘り当てたそうです~

まるで三谷幸喜の真田丸真っ青なストーリーではございませんか。
それにしてもデカイ。


2016 1008 秋の秘仏公開

読めるでしょうか。

2016 1008 秋の秘仏公開
仲源寺・目やみ地蔵

雨止地蔵から目やみ地蔵へと名を変えられたそうな。


2016 1008 秋の秘仏公開


2016 1008 秋の秘仏公開
千手観音座像

Mさんと訪ね歩いた秋の秘仏大公開、
蛸薬師が不発でありましたが、とてもお勉強になりました。
帰りには錦市場をブラブラして「柿の種」を買って帰りました。
今月は三回の京都歩き堪能いたしました。


大阪 | Comments(4)
2016/10/23

2016 10 下見 西高野街道

2016 1021 下見 西高野街道
高野山女人堂十三里石

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「西高野街道」に。
先日、下見がてらひとりでのんびりと歩いてきました。
前回は2月の真冬でしたが、本日は歩けば暑い~
ビールは旨いが・・・

安政4年(1857)に茱萸木村(くみのきむら・狭山市)小左衛門、五兵衛が発起人となって、
一里ごとに13本建てられた道標を訪ねて。
堺から極楽橋まで、4回に分けて高野街道歩きます


第46回   10月30日 第5日曜日
西高野街道 堺東から河内長野へ 
        

集合:南海高野線・堺東駅 西改札口 午前9:30 (降水確率は大阪府をご覧ください)
行程:堺東駅-高野山女人堂十三里石・竹内街道分岐-仁徳天皇陵-白鷺公園-関茶屋・十二里石
-薬師如来道標-中茶屋-興源寺・五刧思惟阿弥陀如来-十一里石-道標・天野街道分岐-十里石
-中高野街道合流地点-原町-晴明塚-旧阿弥陀寺・十三仏-九里石-割坂地蔵尊-河内長野駅
距離:16㎞ 高低差:0―100m 難度:ハイキング
御参考に 
2016 西高野街道 道標を辿り 堺から極楽橋まで その1
              
2016 西高野街道 道標を辿り 堺から極楽橋まで その2


前日午後5時の気象庁発表から県をクリックして、
06-12、12-18の降水確率が60%以上の場合は中止します。
中止の場合は、ここに提示して登録者には携帯&PCメールで連絡します。


注意:高低差は始発と最高点と終点の標高値で表示しています。
   Tはトイレです
   安全管理は自己の責任において、行ってください。
   当日の都合によりコース変更することがあります。

2016 1021 下見 西高野街道
えのきの宝篋印塔

よく生き残ったものでございます。

2016 1021 下見 西高野街道
中百舌鳥のくす

見とれますね、平安、鎌倉頃のものかと。

2016 1021 下見 西高野街道
高野山女人堂十二里石

あくまでも、だいたい、4キロごとに。

2016 1021 下見 西高野街道
薬師如来道標

何回見てもあきない、「あっちだよ道標」


2016 1021 下見 西高野街道

いい味出してるわ。

2016 1021 下見 西高野街道
興源寺・五刧思惟阿弥陀如来

奈良には石仏の五刧思惟阿弥陀如来は御健在なのか!?

2016 1021 下見 西高野街道

たまに見かける畑に田んぼ。

2016 1021 下見 西高野街道
高野山女人堂十一里石

左手から歩いて来ました。

2016 1021 下見 西高野街道
右 あまの山二里
左 かうや山十里

2016 1021 下見 西高野街道
高野山女人堂十里石

ここまで12キロばかし。

2016 1021 下見 西高野街道
高野山女人堂九里石

この道下れば河内長野の駅、お疲れさんでした。
そして、西高野街道から(東)高野街道へバトンタッチ。


今後の高野街道シリーズは

第48回   12月23日 祝日金曜日
高野街道1 河内長野から紀見峠へ      

集合:南海高野線線・河内長野駅 改札口 午前9:35
(降水確率は大阪府をご覧ください)

行程:河内長野駅-長野神社-天野酒-高札場・増福寺-三日市宿-八里石-石仏(いしぼとけ)-曼陀羅山阿弥陀寺-岩瀬(いわぜ)-七里石-天見駅-ダイアモンドトレール分岐-紀見峠-六里石
-紀見峠駅
距離:13㎞ 高低差:100―400―300m
難度:山歩きハイキング・ストック



第51回   3月26日 第4日曜日
高野街道2 紀見峠から学文路へ
桜はまだかいな、梅は終わったよ。

集合:南海高野線線・紀見峠駅 改札口 午前9:30
(降水確率は和歌山県北部をご覧ください)

行程:紀見峠駅-大福寺-五里石-東家-大和(伊勢)街道追分-四里石・常夜灯-橋本橋-三軒茶・屋常夜灯-第一の地蔵・西行庵(跡)-清水不動寺-三里石-かむろ大師-興山寺領御国領境界標石-学文路駅
距離:12㎞ 高低差:300―100m 難度:山歩きハイキング・ストック



第53回   4月29日 祝日土曜日
高野街道3 真田信繁も辿ったであろう、学文路から極楽橋へ

集合:南海高野線線・学文路駅 改札口 午前9:30
(降水確率は和歌山県北部をご覧ください)

行程:学文路駅-幡天神社-第三の地蔵-大師の硯水-第四の地蔵-河根-丹生神社-本陣跡・中屋旅館-二里石-千石橋-梅畑-桜茶屋-日本最後の仇討ちの跡-一里石-神谷-極楽橋駅
距離:10㎞ 高低差:70―702m
難度:山歩きハイキング・ストック 山靴

大阪 | Comments(0)
 | HOME | Next »