2018/02/21

書籍「生駒谷の七森信仰」を再版します

生駒民俗会からのお知らせ

生駒谷の民間信仰を通じて生駒の歴史と民俗文化を学べる
生駒谷の七森信仰」が生駒民俗会から再販されました。

価格  1500円
販売場所・問い合わせ  生涯学習課(内線643)か
生駒ふるさとミュージアム(☎0743-71-7751)


生駒・矢田丘陵 | Comments(0)
2018/02/17

2018 01 小天狗山557

2018 01 小天狗山557エデンの園

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「小天狗山」に。
Fさんの紹介でKS会にお邪魔さしてもらいました。

本日のコース
逆瀬川駅―バス停 エデンの園―小笠峠―盤滝――小天狗山557―奥池
―芦屋ゲート―弁天岩―なまず岩―芦屋川駅

2018 01 小天狗山557 いろいろな風情の楽しめるコース。
ペースも良い感じ、のんびり写真撮ってると遅れますが。

2018 01 小天狗山557

2018 01 小天狗山557 盤滝

2018 01 小天狗山557

2018 01 小天狗山557

ここで昼食、気温が0度ぐらいだそうです。
時折雪まじりの風が吹き抜けると、OH!モーレツ

2018 01 小天狗山557 昨日は生駒山から、今日は小天狗山から。

2018 01 小天狗山557
小天狗山557
急な登りがナイスです。
本日、都合でまた戻って・・・だそうです。

2018 01 小天狗山557
ココ分岐。

2018 01 小天狗山557 戻ったおかげで、この光景を。

2018 01 小天狗山557 奥池
予定ではココまでしたが。
お兄いさんが芦屋川まで歩く人はいませんか~で。
まだ時間も早いし、ハイ、
ハイ、ハイで芦屋川まで。

2018 01 小天狗山557 思ったより凸版コース!
生駒山より低いから~と思ったのが間違い。

2018 01 小天狗山557弁天岩  磐座
おかげさまでアレコレ見学できて最高ですな。

2018 01 小天狗山557なまず岩
上からゴロゴロって、どんだけ~です。
古代の文字も書かれてるそうです。

2018 01 小天狗山557
本日の歩きも終わりに近づいて来ました~
私も何回も来てる分岐に接続してました。
KS会のみなさん、ありがとうございました!

六甲山系 登山詳細図も買ったことですし。
これからはコツコツとのんびりとダラダラと
六甲を歩いてみます~


兵庫 | Comments(0)
2018/02/07

訂正でございます、八代龍王 +写真

八代龍王 
ココでのお話は明治41年測量、明治45年製版の二万分の一地形図からをネタにしてます。

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「ペコリン、ペコリン、ペコリン」に。
訂正でございます~
じつは小泉今日子さんとは
恋愛関係がございます、たぶん。
訂正でございます~
前回の八大龍王道は間違いだったようです。
元々、鬼取の八龍王は山上の奈良側の二社の八龍王が並んでるあたりに村の共有地としてありましたが。
売却して鬼取山 旧鶴林寺にに移されたそうです(ふるさと生駒)
大正14年に
鬼取の鶴林寺にくだられた(南生駒てくてく)

ここでは新たに八龍王と
龍王の謎が出現す!売却とは?
よくある話じゃないか  BY  男と女のお話 / 日吉ミミ
大人の事情なんでしょう・・・たぶん。


そんなわけで、本日は「八大龍王・道標 
五丁 大正十年」はどこにあったのか?
これをホントに勝手に夢想してみました。
現在の
八大龍王からアプリのカシミール3Dで距離を測定(直線ですが)
だいたいですが五丁で円を描くと経塚あたりに引っかかりました。
道標を見てもらうとわかりますが、左手に
八大龍王ありますと。
これから宝山寺からの人々を道案内。
そこでベージュ色で道を描いてみました。
まるで、どこかの国の憲法改正を企む悪代官のごときの仕業でございますが。
見逃してくれよ!  by  小泉今日子


ケーブル梅屋敷駅の階段下の三叉路にある「左  くらかり峠」道標は、
三十三丁付近にあったのは99%まちがいないと思います。

鬼取山 旧鶴林寺にある道標  東  小平尾  宝憧寺  廿五丁(2.7㎞)
これも
カシミール3Dで距離を測定したら2.3㎞となってました。
90%ここかな、他に適当な地が思い浮かばない。

円超上人は、薬師如来を信仰し、主として鶴林寺(元の)で修行を積まれた。
界隈の住民達は行基の再来として敬慕した
(ふるさと生駒)

永禄三年(1560)松永久秀が信貴山城を築きに当たり、本堂はその兵火に焼け落ちたが、
薬師如来像と行者像はその難を免れたので、これを麓の村寺に移した。
江戸時代に入り小平尾の大念仏宗宝憧寺円超上人が安政六年(1859)九月、
村寺に移された本尊薬師如来と同形の石仏を造らせて焼失した本堂跡に安置した。
行者堂は明治時代に信者と村民が協力して再建し、行者像を元の場所に迎えたのである。

(ふるさと生駒)

参考にしました、
生駒市誌
ふるさと生駒
南生駒てくてく
生駒の民俗
生駒の神々
聖地再訪  生駒の神々


鬼取山 旧鶴林寺はいまだ謎、謎、謎だらけのようです。
鎌倉、室町時代には
鬼取山といえば、この寺という存在があっのか?。
鬼取山=伊狗寺  生馬寺  鬼取寺
織田信長と
松永久秀がすべて燃やしてしまったのでしょうか!?


2018_0212_0001
生駒市史 資料編1 昭和46年 11月1日発行    から

撮影年代不明ですが。
こんな感じだったんですね。

生駒・矢田丘陵 | Comments(14)
2018/01/13

2018 01 宝山寺暗峠道 エピソード8 最後の五辻

2018 0107 宝山寺暗峠道 五辻から探索222  
はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「宝山寺 暗峠道」に。
先週にひき続いてまたやってまいりました。
今回のお題目はえび茶色の「宝山寺 暗峠道」
地図の色分けの赤部分を歩きました。

荒れた石段を下れば崩壊中の昔の水施設なんでしょうか。
まだ生駒市に水道が完備される前の?
石段はこの
水施設の為に創られたのか?
これより下るには左手にある排水溝をたどれのようです。
2010/12月にはここをよじ登って来たのか!

そこで八大龍王道を辿ってケーブル(生駒鋼索線)に出て横を下り  (^^)/~
辻子谷越道と
宝山寺 暗峠道の分岐(三十三丁)から2010/12月をアタック!
ありました、ありました、まだ7年前の道が(道なのか?)
そして、すぐに、お~っと何かのケーブル線がのたうって道と合流!
まるで「女学生の友」のごときに御一緒に道を辿る!
正しく
「女学生の友」ですね、2010/12月にもあったのか?
まったく、いいかげんな記憶です、たんなる人間性なのか!?

そして石段の道に・・・
この辺は石段では無く排水谷風でしょうか。
ここよじ登れば
崩壊中の昔の水施設でしょう?
前回のシマウマで、失礼、トラウマで止めました。
古道の地図の下部分を歩いたということになりました(誤差範囲なのか)
そして古道は
水施設を横切って八大龍王道との分岐に接続。
シャーロックホームズ風にあてずっぽしてみました(古道地図どうり)

古道の歴史を勝手に想像するのなら。
宝山寺 暗峠道の前に大聖無動寺 鶴林寺 暗峠道があったと。
1678年頃から
宝山寺 暗峠道へと。
大正時代になってバイパス道として
八大龍王道が完備(以前から踏み跡はアリ)
宝山寺 暗峠道より八大龍王道の方が歩きやすいので、じょじょにメイン道へと。

昭和4年に生駒山上遊園地に合わせて宝山寺~生駒山上間にケーブル(生駒鋼索線)が開通。
旧鶴林寺から暗峠間がスカイライン開通で歩行が困難になったように。
ケーブル(生駒鋼索線)開通で、三十三丁から八大龍王道との分岐まで廃道状態に。
なおかつ水施設のために谷が削られ、掘られ(石垣が物語る)宝山寺 暗峠道の痕跡ががぶつ切りされる。
こうして、歩く人は
八大龍王道へと移っていたのでは。

そして年月がたち宝山寺 暗峠道は里道そして山仕事の道へと。
暗峠の長老が昭和30年代まで歩けたな~
生駒スカイラインでズタズタになったと。
東京オリンピック以前には、もう地元の人以外に。
暗峠から八大龍王に宝山寺に参ろう人は皆無。
今の私達のような色モノの歩きマニアぐらしかいなかったのではないかと!

そんなわけで好き勝手に台本を書いてみましたが。
NHKの大河ドラマで使ってもらえないものか!?
この場合、主人公は西郷隆盛ではなく暗峠から
鶴林寺から大聖無動寺・宝山寺への道。
オープニングは生駒山上から大峯を仰ぎ見る山伏の勇姿。
画面は般若窟で修行をする役小角へと~

ともかく、万が一、オモロイ!と思った方は歩いてみて下さい。
遭難の心配はまず無いでしょうが、たぶん。
ラ・イ・ブという奴ですね、ハイ。
レコードで聴くのも良いが、生で聴きたい(年齢が偲ばせる表現ですな)

2018 0107 宝山寺暗峠道 五辻から探索222水施設関係の家屋崩壊

これを見るだけでも価値ありです。
このあたりを
「宝山寺 暗峠道」通ってたようです。
当時は石垣あたりから緩やかな斜面があったと推測。

便器だけが佇んでいました、TOTOかな?
ブランドだけあって耐久性良し!
バンドの方はまだやってんのか?


生駒・矢田丘陵 | Comments(0)
2018/01/11

2018 01 宝山寺暗峠道 エピソード5 五辻の逆襲

2018 0107 宝山寺暗峠道 五辻から探索1 宝山寺

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「宝山寺 暗峠道」に。
ふぁんトントさんに最近ケーブル(生駒鋼索線)霞ヶ丘駅付近の「宝山寺 暗峠道」の一部が整備されたと聞き早速歩いて来ました。
 2018 0107 宝山寺暗峠道 五辻から探索1
とりあえず地図の色分けをして、わかりやすくしてみました。
あくまでも、かなかな?の推定でございます。
皆さんもドンドン歩いて古道を丸裸にしてやってくださいませ。

ブルーはおなじみのハイキング道
薄ブルーは私の生駒山山上からの下り道として20年近く下ってます。
が、近年いちじるしく自然崩壊が始まってます。
歩くとわかるように、そこそこの道幅もあって、
落ち葉でフカフカで重宝してるのですが。
是非、皆さん歩いてみてください。

そして今回古地図を改めて見てまして。
オレンジ
(未確認)が明治までの庄兵ヱ道ではと思ったしだいです。
今の庄兵ヱ道は人家ができての道、標高差がフラット。
そして昔の配水設備らしきものが残ってる。
まあ石屋さんの為に付け替えもありましょうが。
オレンジ道の痕跡の解明が楽しみではありますが・・・

本日歩いたのは、
ふぁんトントさんが辿ったという八大龍王道。
ひょっとしたら20年前に歩いたかもしれません。
ただし途中で引っ返しましたが  (^^)/~
ひょっとして宝山寺 暗峠道だったかもしれませんが!?
やみくもに歩いてた、昔の楽しき日々。

えび茶色部分は伝説の
宝山寺・暗峠道なのか、たぶん。
北半分は確認、南部分は見つからず
(00/12)

私にとってちょうど20年前頃から、生駒の石仏そして連動して古道巡りをスタート。
そして、すっかりハマった私は「峰の薬師跡十三仏」探索スタート。

002 魔境の生駒山系に、「峰の薬師跡十三仏」を見た 2000/03
その時に十三仏前から藪に消えてる暗峠へとつづく道を眺める私。
いつかは白いクラウンではありませんが、いつかは暗峠まで・・・
それは
jack77bettyさんと一緒に念願がかなったのでございます 2009/06
暗峠からの参道 その1 宝山寺古参道

2018 0107 宝山寺暗峠道 五辻から探索1
そして本日は五辻から八大龍王道を辿る。

2018 0107 宝山寺暗峠道 五辻から探索1
なにがしらお堂とかあったのかもしれませんね。

2018 0107 宝山寺暗峠道 五辻から探索1
道は石にて補強されてたようです。

2018 0107 宝山寺暗峠道 五辻から探索1
いたるところに石が。

2018 0107 宝山寺暗峠道 五辻から探索1
こちらは排水施設のようです。

2018 0107 宝山寺暗峠道 五辻から探索1
そしてお馴染みの石階段に。
20年前から何回も上下しましたね、運動になります。
昔は今ほどハチャメチャにはなってませんでしたが。

2018 0107 宝山寺暗峠道 五辻から探索1
ケーブル(生駒鋼索線)横断

2018 0107 宝山寺暗峠道 五辻から探索1
所々に道の両脇が石で補強されてます。
そして、いまでも残ってる、丁寧な仕事だったのではありませんか。

2018 0107 宝山寺暗峠道 五辻から探索1
そして辻子谷越道に接続されてたとは。
この道は浪速側から来る人向けだったのではと。
そして、行く先は八大龍王。
この道のメイン層は
八大龍王だと。

2018 0107 宝山寺暗峠道 五辻から探索1
鬼取山
八大龍王  五丁  大正10年
八大龍王へ、いらはい、いらはい。
この道標はグリーンの道に対してだったのか?
はたまた、
辻子谷越道との分岐にあったのかも?
謎が謎を呼ぶ~呼び込んでるのか!?


大正3年  大阪電気軌道  生駒駅 
上本町から奈良まで開通
大正7年   宝山寺までケーブル(生駒鋼索線)開通
参拝者も一気に増えたのでありませんか。
鉄道にケーブル(生駒鋼索線) そして宝山寺まで来たのなら
八大龍王へ、いらはい、いらはい。
しかしながら、その当時、いや今もそうですが「
鬼取山 鶴林寺」は全く忘れさられた存在に。
鶴林寺は鬼取村、鬼取村の鶴林寺。
鬼取山は八大龍王、八大龍王は鬼取山。

生駒山上までのケーブル(生駒鋼索線)開通は昭和4年。

2018 0107 宝山寺暗峠道 五辻から探索1
三十丁

2018 0107 宝山寺暗峠道 五辻から探索1
三十二丁、道標だけが佇んでます~

2018 0107 宝山寺暗峠道 五辻から探索1
左  くらかり峠
右  大坂ミち
この道標は
えび茶色部分との辻あったと伝えられてるそうです。
年代が入ってないのが~書体で推測できますか?幕末か!?
2017 0109 宝山寺から暗峠道 クリックして読んで下さい。
チビット大きくなります。

鬼取山 鶴林寺」実質的に機能してたのはいつ頃までなんでしょうか?
1100年代から1400年代まで続いてたのでしょうか?
戦国時代まで生き残れたのか。


2018 0107 宝山寺暗峠道 五辻から探索1
 五辻の
真ん中の道イエロー部分を下ってみました。
グリーンストーンがナイスです。

2018 0107 宝山寺暗峠道 五辻から探索1
石切場跡なのか

「生駒の古道  生駒民俗会」
生駒市民にとっては小さな一冊だが、人類にとっては偉大な一冊だ。
皆さんに小さく愛され、長く~愛され続けて売り切れになったそうです、諸行無常でございます。

いつかは「大和の古道  口を出す前に原稿を出せ会」出版されることを祈ってます。


生駒・矢田丘陵 | Comments(2)
2018/01/08

2017 11 中山道シーズン6 山科から草津まで

2017 10 中山道6 山科から草津
山科

皆々様方、新年明けましておめでとうございます。
本年も「石仏の辻」見捨てずによろしくお願いします。
写真は山科で見た初日の出ではなく、
去年の11月での日の出でございます。
まだ11月というのに、もう寒いのなんのって。

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「中山道シーズン6」に。
本日のコース
山科駅
六十九番  大津宿
六十八番 草津宿(くさつしゅく)
草津駅

今まで歩いた軌跡
2015 10 東海道・小関(こぜき)越 三条大橋から大津
2016 03 下見 東海道・小関(こぜき)越
2016 0327 042 京古道シリーズ 東海道・小関(こぜき)越

2017 10 中山道6 山科から草津
山科
このクネクネ道が。

2017 10 中山道6 山科から草津
山科の追分   「みぎハ京みち、ひだりハふしみみち」
振り返って撮影。
右が京へ、左が浪速へと。

2017 10 中山道6 山科から草津

峠の佇まいが思ったより残って・・・
この峠下る途中から琵琶湖の湖も見えず!

2017 10 中山道6 山科から草津
蝉丸神社 下社
お年玉でしたね。

2017 10 中山道6 山科から草津

線路が錆びてるような。

2017 10 中山道6 山科から草津
大津市道路元標
Yonchanが大好きな。

2017 10 中山道6 山科から草津
ようやく琵琶湖が
このコース、琵琶湖が見えたのがココだけ。

2017 10 中山道6 山科から草津
大江の千里(ちりんさん)
山科から大津へ下る道以外はほぼ住宅街。
クネクネ道が出てくるとホットしますね。

2017 10 中山道6 山科から草津
一里塚跡


2017 10 中山道6 山科から草津



2017 10 中山道6 山科から草津
矢倉道標


2017 10 中山道6 山科から草津

脇道も色々歩いて見たいモノですね。
近江の辻シリーズも今年はやりたいね。
名付けて「石仏トラバース近江三百石仏一筆書きではない踏破」
パクリではございません。

2017 10 中山道6 山科から草津
草津町道路元標
また出たYonchan見てくれてるかな。
まあ、とっくに現場で見てるでしょうけど。

2017 10 中山道6 山科から草津
追分道標
ここで東海道と中山道が分岐
いつかはの東海道は右手へと

2017 10 中山道6 山科から草津
天井川の旧草津川
時間があれば、この上に上がって今の時代の天井川を見てもらえれば~

草津到着です、全編アスファルトの車にも注意の住宅街歩きはけっこう疲れるものです。
次回は 中山道シーズン7   草津から武佐宿まで  近江八幡駅


滋賀 | Comments(2)
2017/12/20

2017 11 スカイライン丸歩き 生駒山縦走

2017 11 スカイライン丸歩き 生駒山縦走
信貴山朝護孫子寺

はあ~るば~る来たぜ~「生駒山縦走 」に。
生駒スカイラインが台風21号の影響で通行止めとの一報を聞き。
車両通行禁止区間を歩行してまいりました。

本日のコース
信貴山下駅(50)―信貴山朝護孫子寺―信貴山(437)―高安山(488)の分岐―十三峠―鳴川峠―暗峠(455)―額田駅


2017 11 スカイライン丸歩き 生駒山縦走
信貴山朝護孫子寺


2017 11 スカイライン丸歩き 生駒山縦走
信貴山朝護孫子寺


2017 11 スカイライン丸歩き 生駒山縦走
信貴山朝護孫子寺

2017 11 スカイライン丸歩き 生駒山縦走
信貴山朝護孫子寺


2017 11 スカイライン丸歩き 生駒山縦走信貴山朝護孫子寺


2017 11 スカイライン丸歩き 生駒山縦走

ここのところ毎回ここで一服してます。
二上山、葛城山、金剛山と重なり合って。

2017 11 スカイライン丸歩き 生駒山縦走
遠くに生駒山が見えてます。


2017 11 スカイライン丸歩き 生駒山縦走

見事までに片側車線崩落

2017 11 スカイライン丸歩き 生駒山縦走


2017 11 スカイライン丸歩き 生駒山縦走
十三峠


2017 11 スカイライン丸歩き 生駒山縦走
鐘が鳴る展望台


2017 11 スカイライン丸歩き 生駒山縦走

ここで休息、見上げれば風に乗って落ち葉が乱舞。
猪の子一匹いない静かな道にて。

2017 11 スカイライン丸歩き 生駒山縦走
夫婦岩


2017 11 スカイライン丸歩き 生駒山縦走
鳴川峠


2017 11 スカイライン丸歩き 生駒山縦走
生駒山
あのブルーシートらしきモノが気になりますね。
ちょうど宝山寺から暗峠への旧道付近です~
 
2017 11 スカイライン丸歩き 生駒山縦走
暗峠道   酷道308号


2017 11 スカイライン丸歩き 生駒山縦走
暗峠道   酷道308号
2000年前頃は、手前が内海かな。
上町台地はどう見えてたのか?
禿げ台地か緑の台地か?
禿げはないか、日本人口100万人以下では?たぶん。


生駒・矢田丘陵 | Comments(7)
 | HOME | Next »