2017/01/20

2016 12 下見 伏見街道 三条から

2016 12 下見 伏見街道 三条から
京阪三条駅の上   
ブレてしまいました、カメラ設定になれてません~
HDRモードで撮影にて・・・

はあ~るば~る来たぜ~「函館ではなっくって、
伏見街道 」に。
豊臣秀吉が五条から伏見への道として開いたそうです。
チョイ前に下見がてらブラブラ歩いてきました。

東山の名所巡りみたいになってしまいましたが。
基本的には歩いての見物ですので。
御興味が沸いた方は後日のんびりと見物ください。

このコースほぼどこでもリタイアOKとなってます。
電車と平行して歩いてます。
さすがは秀吉ですね未来まで抜け目ございません。

第49回   1月29日 第5日曜日
京古道シリーズ 伏見街道 三条大橋から伏見へ    

集合:京阪三条駅 中央改札口 午前9:30
(降水確率は
京都府南部をご覧ください)
行程:京阪三条駅―建仁寺T―六波羅蜜寺―方広寺(国家安康の梵鐘)大仏殿跡―豊国神社―東福寺T―伏見稲荷―藤森 神社T―丹波橋―伏見
―伏見桃山駅・桃山御陵前駅
距離:15㎞  高低差:体感ゼロ 80―110―30m  難度:ハイキング

2016 12 下見 伏見街道 三条から
辰己大明神

まだあたりは薄暗く、とても寒かった。

2016 12 下見 伏見街道 三条から
外から眺めるだけ~

2016 12 下見 伏見街道 三条から

猪駒さん

2016 12 下見 伏見街道 三条から
六波羅蜜寺
空也上人像  こちらが本家本元ですか。

2016 12 下見 伏見街道 三条から

あれ・・・ボディが無くなって・・・顔だけが・・・
大人の事情か、トランプ事情か・・・

2016 12 下見 伏見街道 三条から
以前の姿。
どなたか、私のボディを知りませんか!?

2016 12 下見 伏見街道 三条から
方広寺   
「国家安康」の銘のある梵鐘

2016 12 下見 伏見街道 三条から
方広寺

2016 12 下見 伏見街道 三条から
蓮華王院南大門

2016 12 下見 伏見街道 三条から
秀吉の頃には無かった東海道本線を渡る。

2016 12 下見 伏見街道 三条から
東福寺北大門
お寺の巨大団地に入ります~

2016 12 下見 伏見街道 三条から
洗玉澗
まだまだ紅葉が残ってました・・・

2016 12 下見 伏見街道 三条から
東福寺

2016 12 下見 伏見街道 三条から
伏見稲
すごい人でごったがえしていました。

2016 12 下見 伏見街道 三条から
石峯寺    若冲でおなじみの。
わたしは二回ばかし逢ってまいりました~

2016 12 下見 伏見街道 三条から
宝塔寺

2016 12 下見 伏見街道 三条から
伏見街道とある石橋。

2016 12 下見 伏見街道 三条から
藤森神社
ここで、のんびりと休憩いたします。

2016 12 下見 伏見街道 三条から
良い香りが漂ってまいりました、伏見到着でございます。

2016 12 下見 伏見街道 三条から
ここで「歩く石仏の辻」の新年会をと思ったら。
お昼寝休みが出来てました。
以前はぶっちぎりでやってたけど・・・

コースはフラット、程よい距離で。
正月のダイエットとして御利用くださいませ。
まあ、飲んで食べたら、元の木阿弥でございますが、たぶん。

雪が降らないよう、てるてる坊主さんよろしく~

京都 | Comments(0)
2017/01/10

2017 0109 旧鶴林寺跡から暗峠へと

2017 0109 22人 宝山寺から暗峠
ぼ廃道状態区間を赤で表示してます
右上が旧鶴林寺跡、左下が髪切峠

はあ~るば~る来たぜ~「函館ではなっくって、 旧鶴林寺跡から暗峠へと」に。

みなさんお疲れさんでした、
前日の雨ですっかりズルズル ベッタリ道を完歩されておめでとうございます。
さらに、この
古道の最年少記録間違い無しの乙女も参加す!
歩く石仏の辻の守り神でございます~
全員怪我も無くお疲れさまでした~

参加者の方で集合写真を希望の方は、
お渡しした地図の左下のメール アドレスまで名前を書いて送ってください。

当日のコース
薬師山鶴林寺跡(570)-うつぶせ地蔵・峯の薬師跡十三仏-髪切峠
-暗峠の地蔵(455)-なるかわ休憩所-裏暗峠道-西畑町-鬼取町
-門前町-生駒駅



宝山寺古参道 | Comments(14)
2017/01/04

2017年 謹賀新年

2017年
光蓮寺跡 貞治三年(1364) 天理市 柳本町  (ホームページ版のリンク・更新は終了してます)

みなさん今日は、タケチャンマンと申します。

石仏(石造物)それは人類に残された、最後のフロンティア、たぶん。

「石仏の辻」の歩きは続く。

未知の石仏を探索し、過去から現代へ、そして未来へと。

古い石仏、新しい石仏、

前人未踏の山村?へ、峠へ、都会へと、勇敢に進んでゆく歩く旅が・・・。




2017_6002

謹賀新年

あけけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。



石仏の辻 | Comments(8)
2016/12/31

2016 12 六甲全山縦走パート3 塩屋から鵯越まで

2016 1228 六甲山縦走3 塩屋から

はあ~るば~る来たぜ~「函館ではなっくって、六甲全山縦走3 
塩屋から鵯越まで 」に。
最後のパートは桜の咲く頃と考えてます。
考えるのは勝手だが、真冬になってしまいました・・・
まあ、前回に比べれば、それなりに楽できそうですが。
結果的にツーランクぐらい楽ではありましたが・・・
まともな山は比叡山以来ですがな~
低い山々も数が重なれば心地よい疲れに、たぶん。

本日のコース
山陽電鉄・塩屋駅-須磨浦山上遊園-旗振茶屋前-旗振山252.6m
-鉄拐山-おらが茶屋屋-高倉台-栂母山274m--須磨アルプス
-東山253m-野路山公園-荒熊神社-高取山312.8m-高取神社
-安井茶屋・トイレ-神戸電鉄有馬線・鵯越駅

今までの軌跡
2016 01 六甲全山縦走 パート2 鵯越駅から六甲ケーブル下
2015 12 六甲全山縦走 宝塚から六甲ケーブル下まで

2013 08 夜のハイウェイにガオーの鉄人28号に登ってきました その1
2013 08 真夏の山にガオーの須磨アルプスに登ってきました その2

2016 1228 六甲山縦走3 塩屋から

須磨浦山上遊園

2016 1228 六甲山縦走3 塩屋から

旗振茶屋
ここで朝食してましたら、続々とヤングな高齢登山者(わたしも、そうか)が集結して来ました。
毎日登ってきてチェックを受けてるのかな~

2016 1228 六甲山縦走3 塩屋から

高倉台から登ったところから
この階段を上がってたら、足が上がらなくなってきたぞ~
いつまでも若いと思うな~

歩いて来た旗振山に鉄拐山が見えてます。
まあ、見えなかった、えらいこっちゃでありますが。

2016 1228 六甲山縦走3 塩屋から

須磨アルプスの入り口に到着

東山 に高取山と、これから辿る山々が。 

2016 1228 六甲山縦走3 塩屋から

なんのビルか知りませんが、ニョッキリと。

2016 1228 六甲山縦走3 塩屋から

この区間、ホント楽しいですね。
子供の頃の楽しき山へよじ登りごころが甦る~

2016 1228 六甲山縦走3 塩屋から

本日、けっこう風も吹きすさんで、
写真撮ってても、ゆ~ら~ゆ~ら~と体が揺れる~

2016 1228 六甲山縦走3 塩屋から

東山を下るところから。
右手が高取山、左手に二本ちょんと立ってるのが菊水山。

2016 1228 六甲山縦走3 塩屋から

ここまで歩いて来た山々が。

2016 1228 六甲山縦走3 塩屋から

こちら、上のアップ写真。
こうして見ると、それなりのアップダウンが多しと・・・
 
2016 1228 六甲山縦走3 塩屋から


高取神社

2016 1228 六甲山縦走3 塩屋から

安井茶屋・トイレ
もう登りは終わったと思ったけど・・・

2016 1228 六甲山縦走3 塩屋から

市街地区間のアップダウンが、なんとも心地よいではありませんか。
一回谷底に下りて、登り返すかんじでしょうか。
最後の最後まで楽しませてくれます、ホント。

2016 1228 六甲山縦走3 塩屋から

鵯越)駅到着です~。
余力があったら市ガ原も狙ったろかと下心がありましたが。
寝言は寝て言えでございました。
身の程知らずでした。

いつかは白いクラウンではありませんが、
六甲全山縦走を二回で歩きたいもんですな。


兵庫 | Comments(0)
2016/12/27

2016 1223 歩く石仏の辻047 高野街道1 河内長野から紀見峠まで

2016 1223 047 高野街道2 紀見峠まで
八里石

はあ~るば~る来たぜ~「函館ではなっくって、高野街道1 河内長野から紀見峠へ 」に。
いざ紀見峠へと思ったら、ざんざか雨が。
わたしの歩きでこれだけの雨が降るのも珍しいです。
まあ、紀見峠への道中で止みましたが。

第47回   12月23日 祝日金曜日
高野街道1 河内長野から紀見峠へ     
集合:南海高野線線・河内長野駅 改札口 午前9:35

行程:河内長野駅-長野神社-天野酒-高札場・増福寺-三日市宿-八里石
-石仏(いしぼとけ)-曼陀羅山阿弥陀寺-岩瀬(いわぜ)-七里石-天見駅
-ダイアモンドトレール分岐-紀見峠-六里石-紀見峠駅
距離:13㎞ 高低差:100―400―300m
難度:山歩きハイキング・ストック

御参考に:下見編でございます

2016 1223 047 高野街道2 紀見峠まで

医王山薬師寺  五輪塔  暦応4年(1341)  北朝の年号

2016 1223 047 高野街道2 紀見峠まで

医王山薬師寺  五輪塔前で

2016 1223 047 高野街道2 紀見峠まで

御所の辻

2016 1223 047 高野街道2 紀見峠まで

御所の辻

2016 1223 047 高野街道2 紀見峠まで
紀見峠・六里石

寒さの為に歩きのペースがちと速かったかな・・・
みなさんも日頃から散歩して耐寒性つけてくださいね。

来月はいよいよ伏見街道です、
寺社が春の竹の子の如くニョキニョキと乱立の中を歩きます。
あくまでも街道歩きですので、
踊り子さんに決して触れないよう御願い申し上げます。
あっ、大変失礼いたしました、ペコリン。
寺社等に決してむやみに入らぬよう御願い申し上げます。
タイム スケジュールに影響しますので。

第49回   1月29日 第5日曜日
京古道シリーズ 伏見街道 三条大橋から伏見へ    

集合:京阪三条駅 中央改札口 午前9:30
(降水確率は京都府南部をご覧ください)

行程:京阪三条駅―建仁寺T―六波羅蜜寺―方広寺(国家安康の梵鐘)大仏殿跡―豊国神社―東福寺T―伏見稲荷―藤森 神社T―丹波橋―伏見
―伏見桃山駅・桃山御陵前駅
距離:15㎞  高低差:体感ゼロ 80―110―30m  難度:ハイキング


まさか来年は雨にたたられないと思いますが、諸行無常でございます。

歩く・石仏の辻 | Comments(0)
2016/12/19

古道歩きのお知らせ

2017 0109 宝山寺から暗峠道
暗峠の地蔵堂ヨコに
不動明王の種子、

北 鬼取山(元薬師)十二丁
宝山寺廿五丁
享保十七年(1732)

2017年1月9日 成人の日   宝山寺から暗峠への古参道
参加費:無料

集合:旧鶴林寺跡  10:40  直接行かれる方
生駒ケーブルの方は、鳥居前駅  9:40発  私はここで乗ります。
                             宝山寺駅  9:49発
集合:                   生駒山上駅  9:56着 

安全管理は自己の責任において、行ってください。
注意:健脚廃道歩き道の無い部分もアリ!ハイキング道ではありません!
         山靴  ストック  汚れてもいい服装にて  弁当 水
*天気が怪しい時ブログにて中止を表示します、必ず確認してください。

薬師山鶴林寺跡(570)-うつぶせ地蔵・峯の薬師跡十三仏-髪切峠〔昼食〕
-暗峠の地蔵(455)-裏暗峠道-西畑町-鬼取町-門前町-生駒駅

薬師山鶴林寺跡-髪切峠  この間1㎞ばかしがほぼ廃道状態になってます。

御参考に
宝山寺古参道
生駒の古道  生駒民俗会 



2017 0109 宝山寺から暗峠道


宝山寺古参道 | Comments(2)
2016/12/17

2016 12 下見 高野街道 河内長野から紀見峠まで その1

2016 1202 下見 高野街道2 紀見峠まで
長野神社・榧(かや)の木

先日、
はあ~るば~る来たぜ~「函館ではなっくって、高野街道1 河内長野から紀見峠へ 」に。
下見に行って参りました。

前回は二人で、本日は一人で晩秋に漂う落ち葉のごとくユラユラと歩いて来ました。
12月になっても紅葉が残ってるのには、うれしいプレゼント。
鉄道写真を撮ってる人に聞いたら。
この辺の紅葉はこんなもんですよと。
ただし今年の色は良くないそうです。

第48回   12月23日 祝日金曜日

高野街道1 河内長野から紀見峠へ     

集合:南海高野線線・河内長野駅 改札口 午前9:35
(降水確率は大阪府をご覧ください)
行程:河内長野駅-長野神社-天野酒-高札場・増福寺-三日市宿-八里石
-石仏(いしぼとけ)-曼陀羅山阿弥陀寺-岩瀬(いわぜ)-七里石-天見駅
-ダイアモンドトレール分岐-紀見峠-六里石-紀見峠駅
距離:13㎞ 高低差:100―400―300m
難度:山歩きハイキング・ストック

注意:七里石は危ない国道横にあり断念いたします、
写真だけで見て、逢った気になってくださいませ。

2016 1202 下見 高野街道2 紀見峠まで
天野酒

どんなお酒が待ってるのか、甘口だそうですが・・・

2016 1202 下見 高野街道2 紀見峠まで

烏帽子形八幡神社あたり

2016 1202 下見 高野街道2 紀見峠まで

烏帽子形八幡神社あたり

2016 1202 下見 高野街道2 紀見峠まで

三日市宿    いつまでも残ってもらいたいものです。

2016 1202 下見 高野街道2 紀見峠まで

八里石

2016 1202 下見 高野街道2 紀見峠まで

石仏(いしぼとけ)  地名、
これぞ街道歩きの風景でしょうか。

2016 1202 下見 高野街道2 紀見峠まで

融通念仏宗の曼陀羅山阿弥陀寺(まんだらさんあみだじ)
通称石仏寺(いしぼとけでら)
本尊は空海が彫ったという石の阿弥陀如来さんだそうです。
拝観できないかなと思って、
前の家の方にお聞きしたら。
まずは市に連絡してからこちらの自治会に連絡あって・・・だそうでした。
前にどこかの見学団体さんがトラブルで拝観できなかったとか。
前の家の方も、なにもそんなに面倒くさいことしなくても~のニュアンス。
ミステリアスな阿弥陀如来さん、ガラス越しに拝んでくださいませ。
空海さんのフォースの御加護あれ。

2016 1202 下見 高野街道2 紀見峠まで

廃線跡

2016 1202 下見 高野街道2 紀見峠まで

医王山薬師寺の入り口

2016 1202 下見 高野街道2 紀見峠まで

医王山薬師寺から

2016 1202 下見 高野街道2 紀見峠まで

医王山薬師寺  五輪塔  暦応4年(1341)  北朝の年号
小さいながら、なかなかグラマラスな 五輪塔。
由美かおるさんを想ってしまうのでありました。
 
2016 1202 下見 高野街道2 紀見峠まで

御所の辻

右 かうや 
左 ハかうんこうセミち

2016 1202 下見 高野街道2 紀見峠まで

この窓の見える部屋で天野酒を味わいたいものです。

2016 1202 下見 高野街道2 紀見峠まで



2016 1202 下見 高野街道2 紀見峠まで

高野山女人堂江七里

この歩道の狭さでは、あぶれる方が多数いそうなが気がして。
七里見学は断念す!

2016 1202 下見 高野街道2 紀見峠まで

ここも廃線跡の様です。

2016 1202 下見 高野街道2 紀見峠まで

高野街道は車がビュンビュン走る川向こうの国道だそうです。

2016 1202 下見 高野街道2 紀見峠まで

安明寺

2016 1202 下見 高野街道2 紀見峠まで

南海電車の変電所跡

2016 1202 下見 高野街道2 紀見峠まで

旧高野街道の痕跡は消えてるようです。
旧国道を紀見峠へと。
2016 1202 下見 高野街道2 紀見峠まで


2016 1202 下見 高野街道2 紀見峠まで

紀見峠・六里石    お疲れさんです。

2016 1202 下見 高野街道2 紀見峠まで

この眺めを見たいがために、高野山の山々かと想いますが。

2016 1202 下見 高野街道2 紀見峠まで

紀見峠駅前の

あくまでもですが、天気は大丈夫そうです、あくまでも・・・
12月23日 祝日金曜日に南海高野線線・河内長野駅 改札口 午前9:35にて、
皆々様をお待ちしてます~


大阪 | Comments(0)
 | HOME | Next »