FC2ブログ
2018/12/13

2018 11 京の辻11 亀岡から保津峡 嵯峨嵐山

2018_1129
はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「保津峡」に。
日頃の私の性格の悪さが祟ったのございましょうか!?
雨に三度祟られ、ようやく四度目の正直。

本日のコース
JR亀岡駅-高橋-請田神社-JR保津峡駅-トロッコ保津峡駅-落合橋
-書物岩-六丁峠-小倉山-嵐山公園-JR嵯峨嵐山駅・京福電鉄嵐山駅

2018_1129 保津川沿いに沿って歩きます。

2018_1129 一度は乗りたやトロッコ電車
2018_1129 請田神社

2018_1129

2018_1129 お不動様

2018_1129 まだ亀岡が・・・

2018_1129 あちこちに倒木ありましたが、
歩行できるよう整備されてました。
お手入れ、ありがとうございます~

2018_1129 JRの鉄橋が。

2018_1129

2018_1129 大昔に乗ったことがあります。

2018_1129

2018_1129

2018_1129
これもJRの鉄橋。

2018_1129
2018_1129


2018_1129 小倉山

2018_1129 ようやく京の町が。

2018_1129 ココからの眺めがなんとも。

2018_1129 日本の秋、キンチョウの秋でしょうか。

本日をもちまして、私の歩きもお役目御免とあいなりました。
かれこれ15年にわたって完歩ありがとうございます~
次回は天国(
大方の方は、まちがいなく地獄ですが)でお逢いしましょう!?

おまけ
2015 12 亀岡から保津峡沿い 嵯峨嵐山まで その1
2015 12 亀岡から保津峡沿い 嵯峨嵐山まで その2
京都 | Comments(0)
2018/11/10

能勢町 山田下 本光寺

2018_05_能勢町001
はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「能勢町 山田下  本光寺」に。
先日、
2018 04 野間の石造物 妙見山 を歩いてる時にあれっ!
この佇まいの石仏に逢ったような気がする、この近くで・・・
そんなわけで、だいぶ前ですが
本光寺さんで出逢った石造物のみなさんを御覧あれ。

2018_05_能勢町001
乱世の世、むかしも今も、
乱世の世。
人が存在する限り
乱世の世は終わらないのでしょうか。
そんな中に、
この顔が、なんとも。

明日にでも中国とアメリカがドンパチやっても。
この石仏が残るだけでも。
ホモサピエンスが存在した意義があったのかもです、たぶん。

2018_05_能勢町001
宝篋印塔    鎌倉
隅飾りの散蓮  一茎蓮  散蓮 

2018_05_能勢町001
近江の
宝篋印塔と伊派&大蔵派はクロスオーバーは一切合切無いんでしょうか!?

2018_05_能勢町001
釈迦三尊石仏
なんともの味がでてます~

2018_05_能勢町001

2018_05_能勢町001
質素でありながら・・・
いつ頃のものなのでしょうか、江戸末期かな。

2018_05_能勢町001
石幢の六地蔵と呼んでもいいのかな。

2018_05_能勢町001
六地蔵石幢

2010 03 能勢町
地蔵自然石板碑  永正14年(1517)

2018_05_能勢町001
大黒天

以前は密教系の寺院、寛永五年から臨済宗へとだそうです。

この能勢町も中世の石造物が濃厚にあちこちに点在。
西大寺系の大工制作もみられるとか。
心阿とか伊派に逢えるのが楽しみであります。
奈良からは遠いですが、何年かかるかわかんないけど。
これからは自由な時間もとれるようなりましたし。
楽しんで歩いてお尋ねしようと思ってます。


大阪 | Comments(0)
2018/11/04

信楽 多羅尾 岩洞山不動尊

2018 06 信楽
はあ~るば~る来たぜ~「岩洞山不動尊」に。
岩洞山不動尊に向かう途中に体が反応すっ!
左手を見れば
岩山に何かが!
ボロボロながら三尊なのか、亡霊の如く。
仏が亡霊してどないすんの。
しかしながら、なんともいえない味を醸しだしてるのではございませんか。
これ、これ、これですがな、山椒は小粒でもぴりりと辛い、コレだよ!


2018 06 信楽
左から地蔵、不動、阿弥陀かなと。
かすかに錫杖と剣と頭部らしきから、自己責任で。
辛うじて区別がつくぐらいで。
ドンドコ風化中でございます~そんな感じです。

2018 06 信楽
私はこのトリオの磨崖でお目にかかるのはお初ではありませんか。
阿弥陀と不動のピンクレディは逢ったことあるけど。
最強のトリオでみんなで成仏するぞ~そんな思いが浮かびますね。
これがホントの一石三鳥なんでしょうか、たぶん。

2018_06_666
お不動様はこのお堂の中に。
結局この扉、開けなかったんですよね、何してんだか、まったく。
しかしながら、周りの石仏も見どころありと思うんですが。

2018 06 信楽
この石仏さんは誰なんだ!?
三尊とおなじく風化がいちじるしく・・・



滋賀 | Comments(0)
2018/10/30

御伽峠の阿弥陀さんと地蔵さん

2018 06 信楽
はあ~るば~る来たぜ~「御伽峠
」に。
大昔からSZ会の人には聴いてましたが、
御伽峠の阿弥陀さんに御対面!
ようやく御対面すっ。
ココは伊賀市となってます。

清水さんの本によると
御伽峠付近にはたくさんの磨崖仏があると・・・
そんなことを読んでしまいますと妄想が妄想を呼んでしまいますよね、ホント。


2018 06 信楽
御斉峠といえば徳川家康の伊賀越え道として有名ですが。
最近ではココではなそう説が有力とか、
まあ色々な資料が出てくれば変わってくるんでしょが。
私としては
徳川家康が今居るこの道を
逃げてもらった方がリアリティー倍増ですが。


2018 06 信楽
「室町初期の造立かと思われる」 by近江の石仏  清水俊明

この仏を拝めば極楽浄土への道が・・・
私には無理、手遅れ、足遅れ、地獄行きが予約されてます。

2018 06 信楽
ここには地蔵様が、岩盤から落下したとか。
「錫杖を持たず、右手を下げた古式な地蔵で」
by近江の石仏  清水俊明
何人、何百人、何千人、何万人、何十万人を見つづけたんでしょうか・・・


2018 06 信楽
「鎌倉後期の作風を見せた」
by近江の石仏  清水俊明

2018 06 信楽
御伽峠から伊賀国を、伊賀の影丸が活躍した~

2018 06 信楽
赤丸が現場でございます。
皆さんも歩いてください御伽峠道。
と、偉そうに言う私は峠から阿弥陀・地蔵様まで往復しただけ。
情けないやっちゃ、ホンマ。
歩かんかい~西山から!


三重 | Comments(0)
2018/10/26

2018 08 星田園地へと

2018 08 星田園地 室池  新池

はあ~るば~る来たぜ~「室池からほしだ
園地の空中ブランコ  」に。
この夏の生駒山歩きもさすがに飽きが・・・
そういえば
ほしだ園地やら、交野山はすっかり御無沙汰になってますな。
ほしだ園地へ行ってみますか、と申しましても。
真夏の平地の道を
飯盛霊園まで歩くと、
完全にくさや状態になるのは火を見るより明らかだと。
ほんなら
室池経由ですかと出かけました。

本日のコース
生駒山麓公園―室池―堂尾池―飯盛霊園―星田園地―空中ブランコ―磐船神社
北田原口

2018 08 星田園地 瓢箪池

どこも釣り禁止ですが、釣り師で賑わってます~

2018 08 星田園地 堂尾池

ここは一人だけ、車で入って来れないから~
歩きする釣り人はほぼ皆無のようです、性格上分離なのか。

2018 08 星田園地 一番奥に見えるのは音場三山、すっかり御無沙汰ですが。

カンカン照りの中を北上して。
ようやく
飯盛霊園の上までこぎ着けました。
途中にトレランの方、何人も。
生駒トレイルラン大会のトレーニングなんでしょうか。
十年前ではほとんどトレランの人なんて皆無でした生駒山山系。
ここ数年の夏場では歩く人よりトレランの人の方が多し!

2018 08 星田園地
まつかぜの路を歩けばハンバーガーストーン

2018 08 星田園地 展望スポット

左から茨木、高槻、京都方面
8月も下旬というのに、写真撮ってるだけで体が燃えそうだ~

2018 08 星田園地
ここのところ歩いて来た、ポンポン山柳谷観音、天王山愛宕山が見えてると思う、たぶん。
ポン山はもっと左手でしょうか?

2018 08 星田園地
こちらも、比叡山に、その前の山々はつい先日歩いた
一本杉あたりではと。

2018 08 星田園地
歩くと長い、往復するともっと長い。

2018 08 星田園地 磐船神社
お不動さま  天文15年(1545)    近くに寄ったら必ず御挨拶
十回近く逢ってるのではありませんか。

2018 08 星田園地
間に合いました、一時間一本のバスに。
運ちゃんがすぐ出るよ~
帰り道歩けば、
ほぼ炎天下の中をゆうに一時間以上かかりましょう。

大阪 | Comments(0)
2018/10/25

滋賀県 湖南市 龍王山 観音寺 その4

2018_10_06

はあ~るば~る来たぜ~「
観音寺」に。
台風の風で無残にもモチの木がボッキリと。
左手に南北朝の六角型石灯籠

2018_10_06
折れた
モチの木の右手に見えたのが。
この
六角柱九体石仏。

2018_10_06
はじめは六地蔵かと思ったのですが・・・

2018_10_06
三面二階建て
三面一階建て
なんとも、この手のデザインは記憶にありませんね。
いや、あったかな~ボケ気味でそれ以上ムリ。
それにしても、珍しい。

2018_10_06
大和の臭いがする石仏ですが。

2018_10_06
当尾の阿弥陀さんかいな!?

2018_10_06
石造物さん達の最後のワンダーランドがここ観音寺なのでしょうか。
まだ1%と逢っただけ~タイムアウト~
ゆったりと見てみたかったが。
まだまだ私との合コンを待ってる石造物がゴマンといるはず、たぶん。


滋賀 | Comments(0)
2018/10/24

滋賀県 湖南市 龍王山 観音寺 その3

2018_10_03
はあ~るば~る来たぜ~「観音寺」に。
またまた出ました、なんとお呼びしていいのやら?
役行者さんがおられますが~
修験道、庚申、道教、全員野球内閣関連の、たぶん。
賢明なる石仏愛好家の意見を待つことにしましょうか。
 
2018_10_03
何故か真ん中に空白地帯と思われる空間があるように私は感じましたが?
文字を削ったワケでは無いと。
こんなデザインにしますか、この石工さん!?
ミステリーですね。

2018_10_03
なにやらオリエンタルなムードが漂ってますが、
気のせいでしょうか・・・

2018_10_03
2018_10_03
2018_10_03
いいですね、この役行者の表情が。
この石工の人のRカーブの使い方がまろやかでナイスです!

どうでしたでしょうか観音寺の怒濤のワンダーな三石造物。
中にはタイガースの
怒濤のワンダーなバックスクリーン三連発の記憶が蘇った方もいたことでしょう。
私は玉造村の居酒屋さんでブラウン管を眺めてましたが。
その当時私はジャイアンツ・ファンだったんですが \(^o^)/
その槇原選手がワンダーなパーフェクト・ピッチャーになるとは・・・
ちなみに、その時も森ノ宮の居酒屋で
ブラウン管を眺めてました  (^_-)-☆

滋賀 | Comments(0)
 | HOME | Next »