2016/11/27

2016 11 粟生路・丹波街道


2016 1124 野口さんと あお路
大原野神社・鯉沢の池

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「粟生路(あおじ)・丹波街道」に。
先日、Nさんと粟生路を歩いてきました。

Nさんと一緒の京古道、
去年から歩き始めて200㎞以上は歩いているのでしょうか、たぶん。

本日のコース
JR向日町駅-向日町バス停-南春日町バス停-大原野神社-花の寺・勝持寺
-正法寺-長峰寺-早尾大明神-三鈷寺-善峰寺-十輪寺-光明寺-長岡天満宮
-JR長岡京駅

2016 1124 野口さんと あお路
大原野神社
狛鹿さんです。

2016 1124 野口さんと あお路
勝持寺


2016 1124 野口さんと あお路
勝持寺


2016 1124 野口さんと あお路
大原野石作町

ここちょっと上がったところから昼食を!
素晴らしい景観を見つつ食べる菓子パンに幸アレ by MK氏捧ぐ

2016 1124 野口さんと あお路
三鈷寺

山道を辿りくれない萌ゆる三鈷寺にと。

2016 1124 野口さんと あお路
三鈷寺

比叡山に奥の山はウォームスでちょびっと歩いたびわ湖バレイあたりなのか、たぶん。
京都の北から東から南へと丸見えでございます。

2016 1124 野口さんと あお路
善峰寺

東山とちがって静かなのが素敵ですね。

2016 1124 野口さんと あお路
善峰寺

宝篋印塔 鎌倉時代後期

2016 1124 野口さんと あお路
善峰寺

330年前の地蔵様だとか。

2016 1124 野口さんと あお路
善峰寺

今年の紅葉は奈良も京都も例年にくらべて早いようです。

2016 1124 野口さんと あお路
大原野小塩町


2016 1124 野口さんと あお路
光明寺

ここは東山なみの人の多さが。
外人さん指定観光地なんでしょう。

2016 1124 野口さんと あお路
長岡天満宮


2016 1124 野口さんと あお路
長岡天満宮

今年の紅葉もほぼ11月で終了のようですね。


古道 | Comments(3)
2016/05/28

2016 西高野街道 道標を辿り 堺から極楽橋まで その2


2016 0216 西高野街道 堺から千代田

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「 高野山女人堂一里石」に。
その1からそうとう間が空いてしまって、ペコリン。
わたし自身の記憶も曖昧、または記憶消失中。
たしか真冬頃歩き始めて、極楽橋につく頃には山桜がチラホラと。
今は初夏の香り漂う30℃がチラホラとなってますが、
皆様方は御元気でしょうか?ボケてませんか?
歩きの空き時間とかで「病気自慢」に花咲かせてませんでしょうか。
俺たちには明日は無い!
そんな合い言葉を各自したためて、
パッタリ倒れるまで歩きたおしましょうではありませんか。

全コース    赤色が今回紹介
堺駅(南海本線)-堺東駅(南海高野線)-高野山女人堂十三里石・竹内街道分岐-仁徳天皇陵-JR三国ヶ丘駅-百舌鳥八幡宮--白鷺公園-関茶屋・十二里石- 薬師如来道標-惟妙寺(ゆいみょうじ)-中茶屋-興源寺・五刧思惟阿弥陀如来-野ざらしの地蔵・享保17年(1732)-法界地蔵尊・天明5年 (1785)-太神宮夜燈・伊勢灯籠-十一里石-道標・天野街道分岐-牛瀧地蔵-三津屋大師堂-酒かけ地蔵尊-十里石-中高野街道合流地点-千代田駅-原町-晴明塚 -旧阿弥陀寺・十三仏-吉野町-九里石-割坂地蔵尊-河内長野駅-長野神社-木屋堂-長野神社-天野酒-別久坂(びっくざか)-烏帽子形山(え ぼしがたやま)-烏帽子形八幡神社-地蔵の辻・道標「右 さかい 大坂道 左 いづみ」-高札場・増福寺-旧三日市派出所-油屋跡-三日市宿-八里石-石仏(いしぼとけ)-曼陀羅山阿弥陀寺-岩瀬(いわぜ)-薬師寺-五輪塔 暦応四年(1341)-御所の辻-七里石-天見駅-変電所跡-ダイアモンドトレール分岐-紀見峠-六里石-愛宕神社-柱本-慶賀野-大福寺-五里石-御幸 辻-長尾山 阿弥陀寺・天授五年(1379年、南朝)-小原田-東家-大和(伊勢)街道追分-四里石・常夜灯-橋本駅-橋本橋(紀ノ川)-三軒茶屋常夜灯-第一の地 蔵・西行庵(跡)-清水-清水不動寺-成就寺-第二の地蔵--三里石-かむろ大師-興山寺領御国領境界標石-学文路駅-西光寺-学文路-幡天神社-第三の 地蔵-大師の硯水-第四の地蔵-河根-丹生神社-本陣跡・中屋旅館-二里石-千石橋-梅畑-桜茶屋-日本最後の仇討ちの跡-一里石-神谷-極楽橋駅

2016 0216 西高野街道 堺から千代田

野ざらしの薬師如来
東 ふじい寺 なら 道
薬師か地蔵か超越した、この手の「アッチ」感覚がナイスです。

2016 0216 西高野街道 堺から千代田

右 かうや   大みね
左 たき々  金剛山

2016 0216 西高野街道 堺から千代田
興源寺・五刧思惟阿弥陀如来

出ましたビリープレストン似の
五刧思惟阿弥陀如来。
京都の
五刧思惟阿弥陀如来に較べるとあっさり味ですが、
つのだひろさん似と言うことで手打ちをば。
Mary Jane on my mind  ♪  ♪  ♪

2016 0216 西高野街道 堺から千代田

ようやく十一里石

2016 0216 西高野街道 堺から千代田

ホテル カリフォルニア風の金剛山

しかし、当日は寒うござんした。

2016 0216 西高野街道 堺から千代田

右 あまの山二里
左 かうや山十里

2016 0216 西高野街道 堺から千代田

狭山池と知多半島の土木技術集団と関係あるんでしょうか?

2016 0216 西高野街道 堺から千代田

 十里石
2016 0216 西高野街道 堺から千代田

下に中高野街道ですか、是非歩きたいですね。

2016 0216 西高野街道 堺から千代田

右  平野  四里
左  さかい  大阪

2016 0216 西高野街道 堺から千代田 
四国八十八カ所遥拝道    天保八年(1837)

2016 0216 西高野街道 堺から千代田

南海本線の堺駅から歩いているのですが、
春の筍の如く、あちこちにニョキニョキと、
ほとんどが1800年代モノ。
どんだけ~の人々が歩いたのか西高野街道。

まだまだ極楽橋は遠いです、続く~



古道 | Comments(2)
2016/03/31

2016 西高野街道 道標を辿り 堺から極楽橋まで その1

2016 0216 西高野街道 堺から千代田

ただいま、この道標を目ざして歩いてます。

2016 0216 西高野街道 堺から千代田

町石道を歩いても京大坂道を歩いた人は少ないのではないでしょうか・・・

2016 0216 西高野街道 堺から千代田
2003 03撮影    高野山女人堂一里石

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「 高野山女人堂一里石」に。
いやいや、はるばるやって参りました一里石に・・・
ではなくって、現時点ではまだ橋本まででございます、四里石までですね。
上の写真は2003 03に 南鉄 紀伊神谷駅から 京大坂みちを下った時のもの。

Mさんが堺から高野山までの道標が13本みんな残ってます!
そう~なんです安政4年(1857)に茱萸木村(くみのきむら・狭山市)小左衛門、
五兵衛が発起人となって、一里ごとに13本建てられた道標が現存してるんです!
と言うわけで只今高野山女人堂一里石に極楽橋を目指して歩いてます。

2016 0216 西高野街道 堺から千代田
高野山女人堂十三里石

堺駅(南海本線)から歩いて竹内街道分岐前に。
一本目の高野山女人堂十三里石が。

全コース    赤色が今回紹介
堺駅(南海本線)-堺東駅(南海高野線)-高野山女人堂十三里石・竹内街道分岐-仁徳天皇陵-JR三国ヶ丘駅-百舌鳥八幡宮--白鷺公園-関茶屋・十二里石-薬師如来道標-惟妙寺(ゆいみょうじ)-中茶屋-興源寺・五刧思惟阿弥陀如来-野ざらしの地蔵・享保17年(1732)-法界地蔵尊・天明5年(1785)-太神宮夜燈・伊勢灯籠-十一里石-道標・天野街道分岐-牛瀧地蔵-三津屋大師堂-酒かけ地蔵尊-十里石-中高野街道合流地点-千代田駅-原町-晴明塚-旧阿弥陀寺・十三仏-吉野町-九里石-割坂地蔵尊-河内長野駅-長野神社-木屋堂-長野神社-天野酒-別久坂(びっくざか)-烏帽子形山(えぼしがたやま)-烏帽子形八幡神社-地蔵の辻・道標「右 さかい 大坂道 左 いづみ」-高札場・増福寺-旧三日市派出所-油屋跡-三日市宿-八里石-石仏(いしぼとけ)-曼陀羅山阿弥陀寺-岩瀬(いわぜ)-薬師寺-五輪塔 暦応四年(1341)-御所の辻-七里石-天見駅-変電所跡-ダイアモンドトレール分岐-紀見峠-六里石-愛宕神社-柱本-慶賀野-大福寺-五里石-御幸辻-長尾山 阿弥陀寺・天授五年(1379年、南朝)-小原田-東家-大和(伊勢)街道追分-四里石・常夜灯-橋本駅-橋本橋(紀ノ川)-三軒茶屋常夜灯-第一の地蔵・西行庵(跡)-清水-清水不動寺-成就寺-第二の地蔵--三里石-かむろ大師-興山寺領御国領境界標石-学文路駅-西光寺-学文路-幡天神社-第三の地蔵-大師の硯水-第四の地蔵-河根-丹生神社-本陣跡・中屋旅館-二里石-千石橋-梅畑-桜茶屋-日本最後の仇討ちの跡-一里石-神谷-極楽橋駅

2016 0216 西高野街道 堺から千代田

安政4年(1857)頃には、この地には茶店があったのでしょうか。
安政4年と言えば佐吉の狛犬 奈良県 生駒郡 斑鳩町  輿留東 素盞鳴社が。

2016 0216 西高野街道 堺から千代田

百舌鳥八幡宮
文政十三年(1830)

2016 0216 西高野街道 堺から千代田

百舌鳥八幡宮
年号がはいって無いようです。
シンプルにしてこの顔、忘れがたい。
1700年代終わり頃(推定)だそうです。

2016 0216 西高野街道 堺から千代田

小寺さんが「住吉型狛犬」と呼んでるタイプのようです。

2016 0216 西高野街道 堺から千代田

この流麗なる地蔵

2016 0216 西高野街道 堺から千代田

京から舟で川を下り、堺からは担がれて高野へと。

2016 0216 西高野街道 堺から千代田

のんびり歩けば関茶屋の高野山女人堂十二里石

2016 0216 西高野街道 堺から千代田

道標地蔵がお堂の中に入れらてしまって。
御拝見できないパターンが多くって残念。
よだれかけグルグル巻きにて。
「真知子巻き」ではあるまいし~
「すず巻き」なら我慢するけどね~


古道 | Comments(2)
2016/03/23

2016 03 下見 東海道・小関(こぜき)越

2016 0308 下見 東海道・小関(こぜき)越

長安寺宝塔(関寺の牛塔)
JR大津駅から近し・・・
噂には聞いてましたが、その存在感は圧倒的でございます!
デカイのはあたりまえ、その度迫力!参りました。

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「東海道・小関(こぜき)越」に。
先日、ブラブラと石仏&道標見学がてら下見に行ってきました。

道順などは下からどうぞ。
御参考に  2015 10 東海道・小関(こぜき)越 三条大橋から大津

今回のブログは道標に何が書いてあるのか、
みんなで見眺めてみましょう。

2016 0308 下見 東海道・小関(こぜき)越

白川橋道標  延宝6年(1678)
[北] 三条通白川橋
[東] 是よりひだり  ちおんゐん  ぎおん  きよ水みち
[南]  延宝六戊午三月吉日  京都為無案内旅人立之
      施主   為二世安楽

市内最古の道標だそうです。
知恩院  祇園  清水道への御案内。

2016 0308 下見 東海道・小関(こぜき)越

五条別れ
北面「右ハ三条通」
東面「左ハ五条橋」
    「ひがし 六条大仏/にし 今ぐまきよ水 道」
南面 「宝永四 丁亥 年十一月吉日」1707年

昔あった大仏、五条への御案内。

2016 0308 下見 東海道・小関(こぜき)越

[東] 伏見六ぢざう
[南] 南無地蔵菩薩
[北] 癸 元禄十 六未(1703)
[西] 沢村氏 施主 道

伏見の六地蔵への御案内

2016 0308 下見 東海道・小関(こぜき)越

四ノ宮明神 石仏
阿弥陀三尊石仏 南北朝   
弥勒石仏であろう~と清水さんは書いてます。 鎌倉時代

2016 0308 下見 東海道・小関(こぜき)越

役行者  いつの時代やら

2016 0308 下見 東海道・小関(こぜき)越


2016 0308 下見 東海道・小関(こぜき)越

ついつい引き込まれてしまう~

2016 0308 下見 東海道・小関(こぜき)越

近江側に下って。
「左り 三井寺 是より半丁」
「右小関越 三条五条いまくま京道」
「右 三井寺」

三井寺に京方面への御案内。

2016 0308 下見 東海道・小関(こぜき)越

江戸時代中頃の道標とか。

2016 0308 下見 東海道・小関(こぜき)越

歩く・石仏の辻&ウォーキング娘は今月から13年目に入ります。
今までの集合写真をPDFにしてDVD-Rを作りました。

ウォーキング娘001~063(002は欠損)&歩く・石仏の辻001~041.pdf
歩く・石仏の辻の地図  001-041.pdf
おおばこ  古道紀行 私が撮影をスタートして2015 0822まで.pdf

私の石仏訪ねて五千里
石仏の辻 001-037.pdf
ホームページはココから。
ご希望の方は、件名に御自身の名前をフルネームで書いて。
タケチャンマンまでメールを送ってください。





第42回   3月27日 第4日曜日
京古道シリーズ 東海道・小関(こぜき)越

桜咲き始めに出逢えそうです・・・たぶん。
琵琶湖疎水T(桜見物)を歩いてJR山科駅まで桜漫遊をと考えてます。
伏見駅ではありませんので、決してお間違い無い様(わたしでした)
なを、その時は「五条別れ」道標は見られませんので(桜別れ)あしからず。

藤尾磨崖仏を見学の方は志納金を御用意ください。
300円または+αだと思います。
寂光寺 藤尾磨崖仏
冥土の土産に手を合わされてはいかがでしょうか。

集合:京阪三条駅 中央改札口  午前9:00  
        
行程:三条駅-三条大橋-蹴上-日ノ岡峠-天智天皇陵-琵琶湖疎水T(桜見物)
-(五条別れ)-四ノ宮地蔵堂-三井寺観音道-寂光寺-藤尾磨崖仏T-普門寺
-琵琶湖疏水第一竪坑-小関峠-喜堂(よろこびどう)-小関越道標
-札ノ辻-JR大津駅         
距離:15㎞  高低差:50―230―100m  難度:ハイキング・(ストック)

藤尾磨崖仏のちょっと前のコンビニから山科駅行きのバスがあります。
14:35   15:15.55   16:35
JR大津駅まではチョットの方は御利用ください。

皆様方の御参加をお待ちしてます~

PS:先月お初に参加されたST様メール出しましたら、
エラーで届いてません、
walmusu@infoseek.jp宛にメールお願いします。

古道 | Comments(0)
2015/12/21

2015 12 西国街道 東寺から山崎へと

2015 1216 野口さんと 西国街道
東寺

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「西国街道」に。
先日、Nさんと西国街道を歩いてきました。
ひさしぶりに東寺に、前を通っただけですが。

本日のコース
近鉄東寺駅-東寺-羅城門跡-唐橋川久保町-吉祥院運動公園
-桂川・久世橋-厳嶌神社-JR向日町駅-史跡長岡宮跡-一文橋
-新神足村道路元標-神足石仏群-清水ヶ口-勝竜寺城公園
-与市兵衛の墓-中野家住宅-調子八角-安養院-阪急大山崎駅
-離宮八幡宮-JR山崎駅

2015 1216 野口さんと 西国街道
羅城門

ここに羅城門があったんですか!
どうしても黒澤明の羅生門がイメージがこびり付いてますが。
今はコテコテの住宅地では再現は無理ですね・・・

2015 1216 野口さんと 西国街道
唐橋川久保町

九条通りから、この道を入ります。

2015 1216 野口さんと 西国街道

農作業車が置いてありました。
こんな町のど真ん中に。

2015 1216 野口さんと 西国街道
桂川  久世橋

数日後には亀岡から保津峡・桂川沿いを歩きました。

2015 1216 野口さんと 西国街道
西国地下歩道前の生コン工場

休業中なんでしょうか?

2015_1216_0008.jpg

フォードのマスタングがニョッキリ
駐車違反ではないのか!?

2015_1216_0009.jpg  
須田家住宅

左  たんばみち
中  あたごみち
右 西国街道


2015_1216_0010.jpg 
史跡長岡宮跡

2015_1216_0011.jpg

清水ヶ口

2015_1216_0012.jpg
勝竜寺城公園

とても静かでゆっくり出来るおやすみ所。
来年以降の歩く・石仏の辻に順次京古道コースを予定してます。
歩く・石仏の辻と言うよりは、歩く・京古道そのまんまですが。

興味ある方はここから今昔マップをどうぞ!
脳内は明治時代に。


古道 | Comments(2)
2014/04/28

2014 0311 日下の直越 谷筋下り道

2014 0311 日下の直越 谷筋下り道 峠地蔵

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「日下直越道」に。
すっかり御無沙汰の日下直越道辺りを二回歩いてきました、その二回目です。

本日のコース
古提街道(南コース)にて-生駒山麓公園-峠地蔵-八丁門峠(灯籠ゲート)
-管理道-日下直越道(谷筋道)への入り口-分岐-神武天皇顕彰碑大龍寺
-分岐-大龍弾寺不動院-日下遊園地跡-孔舎衙坂駅跡-石切駅

2014 0311 日下の直越 谷筋下り道

古提街道(南コース)を俵口から歩くと、
ここ信貴 生駒山スカイラインに出ます。
信貴 生駒山スカイラインが出来る前には、
ここから荒池への道があったそうな。

2014 0311 日下の直越 谷筋下り道

八丁門峠そして管理道に入って南下すれば、
日下直越道の入り口です。
私は日下直越道・谷筋コースと呼んでます。

2014 0311 日下の直越 谷筋下り道

夏場になると、入り口は、入り口でなくなる場合があります、たぶん。

2014 0311 日下の直越 谷筋下り道

イノムラ古墳はこちらへ道標

2014 0311 日下の直越 谷筋下り道

ここが、前回行った時の辻に上がる分岐です、
ほんとに、すぐソコです。

2014 0311 日下の直越 谷筋下り道

谷筋から道標を

2014 0311 日下の直越 谷筋下り道

下り道は1時間とちょっとで、またたくまに大龍弾寺不動院。

2014 0311 日下の直越 谷筋下り道

大正四年の道標、元日下駅からの。

2014 0311 日下の直越 谷筋下り道

大正3年、日下駅
大正7年、鷲尾駅
昭和15年、孔舎衛坂駅
昭和39年、新生駒トンネル開通の路線変更により廃駅跡
今の石切駅東上にあり。

本日の谷筋コースを日下直越道と呼ぶのには!?
かといって、ホントの日下直越道は・・・
愛とロマンが溢れる「日下直越道」に乾杯!
これからはビールが旨いぞ、たぶん。




古道 | Comments(0)
2014/04/14

2014 03 善根寺街道 日下の直越を歩く その1

2014 0311 善根寺街道 日下の直越
八丁門峠(灯籠ゲート)の管理道

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「日下直越道」に。
すっかり御無沙汰の日下直越道辺りを二回歩いてきました。
10年以上たってた・・・
なんとまあ年月の流れの速いこと、
昨日とは言いませんが、瞬く間ですね。
記憶もハードディスクの様に、
断片的な記憶があちこちに分散して、関連があるやら無いやら不明。

本日のコース
古提街道(南コース)にて-生駒山麓公園-峠地蔵-八丁門峠(灯籠ゲート)-善根寺道
-龍の口霊泉-神武天皇顕彰碑-五瀬命負傷碑-八丁門峠(灯籠ゲート)
-荒池道(八丁門峠)越え参道-分岐-善根寺道(大ふじ池)-谷田

2014 0311 善根寺街道 日下の直越
善根寺道と日下直越道(尾根道の分岐)

日下直越道(神武天皇東征と雄略天皇)は超強力ブランドになってますね。
中高年のおじさん達に熱きロマンと淫らな想像をかき立ててくれる日下直越道。

2014 0311 善根寺街道 日下の直越
14年3月撮影

まずは善根寺道(ぜんごんじみち)を歩いてます。
このアイスのミルク・バーモドキを見た時に、
なつかしき想い出がフツフツと湧き上がったのでございます。

2014 0311 善根寺街道 日下の直越
98年3月撮影

なんでかな~と思ったら、
デジカメ画像が残ってました。

石出し道の名残でしょうか、落とし物~たぶん。

2014 0311 善根寺街道 日下の直越
龍の口霊泉

長髄彦軍の流れ矢で負傷した五瀬命(いつせのみこ)がこの霊泉で傷を洗った

私はココでコーヒー一服いただきました。

2014 0311 善根寺街道 日下の直越
龍の口霊泉

春の訪れですね。

2014 0311 善根寺街道 日下の直越
龍の口霊泉から神武天皇顕彰碑への分岐

ここから尾根にチョイ登り。

2014 0311 善根寺街道 日下の直越
神武天皇顕彰碑

ようやく辿り着きました。
神武天皇もはあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「草香邑・くさかのむら」に。

2014 0311 善根寺街道 日下の直越
神武天皇顕彰碑


2014 0311 善根寺街道 日下の直越
池之端への道でしょうか

日下直越道は池之端町の春日神社辺りへと続いていたのでは説もアリとか。
しかし400年代の道を今の世からアレコレ想像し妄想するのは、
ウルトラマンとレッドキングとどっちが強い論議と同じですな、たぶん。

2014 0311 善根寺街道 日下の直越
大龍時・石切駅への分岐

ココを下れば石切駅へと。

2014 0311 善根寺街道 日下の直越
五瀬命負傷碑


2014 0311 善根寺街道 日下の直越
鉄塔からの眺め

ココでまたコーヒー戴きパンをかじって。

2014 0311 善根寺街道 日下の直越

八丁門峠(灯籠ゲート)へ帰って参りました。
右へは谷田への善根寺道へと続いてた様です。

2014 0311 善根寺街道 日下の直越

本日ではありませんが以前に朝日地蔵に水の神  中倉さんから山頂に登って下りてきた時の撮影。
古地図にはここから中腹を辿り 中倉さん経由の宝山寺までの道があったようですが。
石出し道だったとか。
車道が出来るまでは、至るところ道だらけだったようです。

日下直越道とあるからには大和側からの名称。
大和側の道筋はどこだったんでしょうか?
谷田か俵口か、はたまた、暇な時に妄想するの面白いのではありませんか。

その2に続きます。


古道 | Comments(0)
 | HOME |