--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2015/06/27

石仏巡礼会のお知らせ

2015_0711
美しすぎる五輪塔
五輪塔 応仁二年(1468)筒井光宣 逆修

石仏巡礼会  毎月第二土曜日に歩きます(8月は休み)
2015年  7月11日 土曜日
奈良坂から南下(奈良県・奈良市)

■ 近鉄奈良線 奈良駅 東改札口 午前9時30分集合
バスにて、青山住宅行き、奈良坂まで
本日のコースの候補です、皆様方のお心次第でお訪ねいたします。
豆比古神社T-西福寺T-奈良坂共同墓地-般若寺(外から十三重塔を)-夕日地蔵
-東坂共同墓地-五劫院T-空海寺-知足院-東大寺内T-法華堂・石灯籠-十三重塔
-俊乗堂裏の層塔残欠-若草山・南麗・地蔵-洞の仏塔石-南大門・石獅子
-博物館前・宝篋印塔-興福寺 五重塔前 石燈籠基礎

参加費はタダです。
申し込み不要。
始めての方は奈良駅 東改札口でたむろする、
いかにもそれ風の美男美女の方に声をおかけください。
「石仏巡礼会さんですかと」そして「誇大広告だな・・・」



お訪ね予定の石造物
1奈良豆比古神社前
京街道の道標 弘化四年(1847)

2奈良豆比古神社  奈良坂町 T
多聞天像 室町時代初期 多聞山毘沙門堂への
丁石と考えられる
狛犬  江戸時代中期

3西福寺  奈良坂町 T
六字名号板碑 慶長十四年(1609)
地蔵石仏 室町末期
背光五輪板碑  天文二年 慶長六年 慶長十年

4奈良坂共同墓地  奈良坂町
十一面観音立像
三尊梵字碑 天正年号 三基

5般若寺  般若寺町
外から眺めるだけ~
十三重塔  建長五年(1253)宋人 伊行末(いのゆきすえ)か
外からは見えません、たぶん。
笠塔婆  弘長元年 (1261)伊行吉(いのゆきよし)
             
6夕日地蔵  興善院町
おなじみの。
地蔵石仏  永正六年(1509)

7東坂共同墓地  興善院町
確認できなかった記憶がしますが。
背光五輪板碑  文亀三年 慶長九 慶長十八

*伴墓の石造物 川上町
けっこう高い所にあります~
五輪塔  鎌倉時代前期 
東大寺俊乗房重源関係の塔と考えられる

8五劫院  奈良市 北御門町 T
見返り地蔵石仏  永正13年(1516)
地蔵石仏 室町時代
地蔵十王像
五輪塔 慶長六年(1601)
六字名号板碑 天正五年(1577)
阿弥陀種子板碑 天正九年(1581)

9空海寺  雑司町
地蔵十王像 桃山時代
神像石  室町時代

10知足院  雑司町
近年眺めることさえもままならぬ別石十三仏
別石の十三仏 室町時代
美しすぎる五輪塔、本日のアメ玉、もとい目玉。
五輪塔 応仁二年(1468)筒井光宣 逆修

東大寺内
11法華堂・石灯籠 建長六年(1254)伊行末

12十三重塔 鎌倉時代後期

13俊乗堂裏の層塔残欠 藤原時代と思われる

14南大門・石獅子 建久七年(1196)伊行末

15若草山・南麗・地蔵  三笠山麗町
若草山入り口から双眼鏡あれば見れます~
地蔵 天文十九年(1550)

16洞の仏塔石  三笠山麗町
仏塔石 永正十七年(1520)
地蔵 建長六年(1254)

17博物館前・宝篋印塔

18興福寺
五重塔前 石燈籠基礎 奈良時代後期、花崗岩、径 88Cm
五重塔前 四角型石燈籠 天文十四年(1545)


暑いのでのんびり行きますので御願いします。
9月も近鉄奈良駅の北方面を歩く予定してます。
10月は菟田野方面の青蓮寺から宇太水分神社を予定してます。


スポンサーサイト
石仏巡礼会 | Comments(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。