2009/07/29

0001 哀愁の「ネンド」に 初瀬ダムは見えただろうか

哀愁の「ネゾン」に 初瀬ダムは見えただろうか 奈良県 桜井市 三谷

001  哀愁の「ネンド」に 初瀬ダムは見えただろうか

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「寝地蔵」さんに。

本日のコース
近鉄大阪線 榛原駅---バス・奈良交通---並松(なんまつ)---藺生(いう)---青龍寺
---三谷 寝地蔵(ネンド)
---瀧倉・西法寺---樹齢400年のしだれ桜---滝倉明神---小夫
---笠---荒神社---妙円寺---初瀬山
---白河(しらが)---近鉄大阪線 長谷寺駅
地図1:25000  大和白石、初瀬

ネンド
これが寝地蔵さんですか、
いや、いや、とうとう来ました寝地蔵さんに。

榛原からバスに乗って並松で降りて、青龍寺前の旧道をと思い、
農作業のおじさんに聞いたら、
手入れがあんまし、してないから行けるかな~と。

ひぇ~本日は道中長いから旧道をあきらめて、
コンクリート道をテクテクと産業廃棄物置き場なんぞを見つつ、
ようやく着いたのであります。

見事に転けてます。ほんま!
右に阿弥陀、左に地蔵を彫った磨崖仏さんが、コロリンと寝てます。

しかし自然に割れまっかという素朴な疑問が?
なんかいわれがあるかもと?
延慶二年(1309)「ネンド」と呼ばれてるそうです。

すぐ脇には建武二年(1335)地蔵
「光背面に計十個の小月輪を刻んで「カ」地蔵の種子を刻んでいる」奈良県史より

この丸いのがそうなんですね、
ところで小月輪て?ナゾがナゾを呼びます。
そこで広辞苑から、なんとゲツリンではなくって、ガチリンなんですね。
「清浄な悟りの心」わたしとは対極の心でございます。

こうして石仏好きおじさんの旅は「清浄な悟りの心」を求めて、
今日も続くのであります、たぶん。

哀愁の「ネゾン」に 初瀬ダムは見えただろうか
青竜寺  宝篋印塔
哀愁の「ネゾン」に 初瀬ダムは見えただろうか
滝倉へ滝倉へ
ネンドさんを後にして、
ここからはようやく地道へと、三谷を経て滝倉へ滝倉へと、

哀愁の「ネゾン」に 初瀬ダムは見えただろうか

この道がいいんです、
これがまたハイ!と言うてるうちに、
滝倉の永禄七年(1564) 十三仏が迎えてくれました。

哀愁の「ネゾン」に 初瀬ダムは見えただろうか

そして西法寺 地蔵石仏 天文十年(1541)
重厚な面もちを持ちながら、
フーテンの寅さんを想ってしまう、そのお顔が、お顔が~

石段を上がった西法寺には、
ワンコとおばあちゃんが出迎えてくれました。
ここからの眺めも絶景かな絶景かな~。

哀愁の「ネゾン」に 初瀬ダムは見えただろうか
樹齢400年のしだれ権現桜

哀愁の「ネンド」に 初瀬ダムは見えただろうか
滝倉明神には弥勒仏 鎌倉末期

味がありますよね、しげしげとお顔に体中を眺めてしまいました。
このずんぐり、ブリブリがいい~

哀愁の「ネゾン」に 初瀬ダムは見えただろうか
小夫の名号磨崖碑   天正11年(1583)  

哀愁の「ネゾン」に 初瀬ダムは見えただろうか
奈良県 桜井市 小夫  天神社      石灯籠  嘉暦2年(1327)

笠への道
小夫までいったん出て、
「小夫の名号磨崖碑」を探そうとしましたが、
断念することに、時間が押してますから。

しかし、ここ小夫から笠まで長いのなんのって、
コンクリート道をひたすら、テクテク&テクテクと、
へたばってきますし、ガッツ、だぜ~と励まして、

哀愁の「ネゾン」に 初瀬ダムは見えただろうか
笠の応永二十二年(1415)不動磨崖仏
なにやら可愛らしい不動明王さんが佇んでおられます、
当時はこの川の横に道があったんでしょうか。

不動明王には、
可愛らしい系とか、ユーモラス系が多い様な気がするんですが、
皆様はどうお感じでしょうか?

それとも怖い、怖い不動明王が、
チョッピリでもブリッコして可愛いらしかったりすると、
その印象が心に残ったりするんでしょうか。

哀愁の「ネゾン」に 初瀬ダムは見えただろうか

つうわけで、可愛いらしい不動明王さんから、
元気をもらい、荒神社の不動石仏  室町後期

妙円寺にて地蔵、室町後期とご対面して、後は帰るだけです。

そして、この時には、この後起こるであろう、
悲惨な出来事など、想像もできなかったのでございます、
南無阿弥陀仏です。

哀愁の「ネゾン」に 初瀬ダムは見えただろうか
迷子になる前に最後に見た!初瀬ダム

初瀬ダムとのご対面は
しかし帰るつうたって、たって・・・
結論は纒向までゴーです。

西へ、西へ、ひたすら西へコンクリート道を。
へたばり心の中では、高橋尚子選手だって、こんな道は走りまへんで~

その時です、心の中の悪魔君が囁いたのです!
「旦那 ダンナ だんな こないだ長谷寺から龍王山まで歩きましたがな、
あの道、あの道ですよ、やっぱ山道が一番でっせ」

我に返った時は、もう山道を歩いてました。
へたばり体には、やっぱ山道が、一番よねえと独り言を言いながら~
そして、そのまんま道に迷っちゃいました。
(どうやったら、この道で迷うの&災難は忘れなくとも、やって来る)

迷って、迷ってコンクリート道に出ました、
思わず私はちっちゃい声で叫びました「不動明王さま~」遅いつぅうの。
どうも初瀬山と巻向山の真ん中の道に、出たようです。

その後は南へ、南へとひたすら南へと、コンクリート道を長谷寺駅まで。
駅に着いた時は、御約束道理に真っ黒毛の毛でございました。

みなさんも一度や二度や、こんな経験していらっしゃいますよね?
三度の人もいらしゃるかと思います、たぶん。

えっ!四度ですか、負けました BY 麻性太郎でございます

あとがき
みなさん、どでしたでしょうか?
愛と真実と石仏を追い求めたおじさんの記録である、
石仏の辻、記念すべき第一号は。

きっと!好き嫌いがハッキリすると思いますが。
嫌いな人は、見なかったと言うことで手打ちで。

おもろいやないけ~と思われた方は、
ずずい~と、引き続き御観覧くださいまし。

本文でも書きましたが、ネンドさんから、三谷そして滝倉への道が最高です~
騙されたと思って歩いてください、お礼はいりまへん、メールください。

近年、小夫からのバス路線が消滅いたしました、
誠に残念、無念、珍念でございます。
帰りは歩くしか無いと言う事になってしまいました。

足腰が適当に動くうちに、このコースを歩く事を御奨めいたします。
都祁方面から、自然の摂理に従って上から下への長谷寺へと。

元気が余ってる者は笠でソバを食して、
纒向へ、初瀬山へ、巻向山へと駆け抜けてくださいませ。


石仏の辻 | Comments(3)
2009/07/23

帰ってきた峯垣内 裏の谷磨崖仏 5

はあ~るば~る来たぜ~「函館ではなっくって、帰ってきた峯垣内 裏の谷磨崖仏その5」に。

皆様方御元気だったでしょうか、二日の御無沙汰でした。

本日の私のコース
近鉄生駒線 元山上駅---生駒山口神社---清滝石仏群---千光寺手前の分岐---鳴川水源地 分岐
---峯垣内 裏の谷磨崖仏---鳴川峠手前の分岐---北の道を千光寺へと戻る---僕らの広場
---暗峠---西畑---鬼取町---ラッキガーデン---宝山寺---近鉄 奈良線 生駒駅

皆様方、お手元の国土地理院の地図1:25000信貴山、千光寺の南西辺り見てますか?

また、また続き始めます、
鉄塔67を後にして、地図上では池の北北西1㎝の鉄塔66を目指して歩きます。
しかし、まったくハイキングの人と逢うのはまれなコース、

先程の旦那が山下清風のスタイル、嫁ハンが登山家風と言うペアに逢う確率なんて、
それこそ、自分党が来る衆院選で一人勝ちして、
麻性太郎元内閣掃除大臣と中河秀直元幹事長が抱き合って、
大喜びをする場面を目撃する位の確率でございましょう。

そんな、こんなで鉄塔66を通過して、地図には載ってない分岐から北西へと下って参りますと。

帰ってきた峯垣内 裏の谷磨崖仏

整理整頓の行き届いた田畑が狭いながらもの地に、
軽四も入れない場所にお見受けいたしましたが、トリックがあるのか?

そして、ようやく千光寺から鳴川峠への本道にカムバック。

しかし、道の方はモトクロス野郎のおかげでグチャ、具茶、ぐちゃでございます。

ここの所の雨でぬかるんだ所を、バイクでこねくり回した、そんな感じでしょうか。

帰ってきた峯垣内 裏の谷磨崖仏

暗峠に行くのにはココから鳴川峠へ出て、縦走路を行けばOKですが。
それではオモロナイから、この道のもう一本北側の道に入って、
なつかしのバイパス道を選択。

しかし、以前とは全く違うムードが、

むかし、むかしは薄暗い道を歩いたはずが、
本日は丸裸のスッポンポン道に変身してますがな。

いくら、鉄塔、電線の為とは言え、
進駐軍にDDTを掛けられた気分ですな、たぶん。

帰ってきた峯垣内 裏の谷磨崖仏
どうしても絵になるのは、飛鳥、吉野、奥駆けの山々、

あの山々のデコボコに沿って歩いたんだなと思い出されます。

体がタッシャなうちにまた歩きたいと誓うのでありました。

帰ってきた峯垣内 裏の谷磨崖仏
手前から、信貴山、葛城山、金剛山、

でも、見晴らしがグッドになってます。
でも、すぐに草木が成長して、あっと言う間にノーグッドになるのでしょうが。

やがて府民の森の東手に、
ココ東へ尾根をたどれば、庄兵ヱ道との分岐に出られます。

帰ってきた峯垣内 裏の谷磨崖仏
ようやく暗峠まで辿り着いたのでございます。

世が明治時代なら暗峠から旧鶴林寺経由の宝山寺へと参った事でしょう。

写真右手の白いモノが第二阪奈道路の通気口でございます。
この下を暗峠から宝山寺の道、通ってるわけなんですね、
見れば遠いけど、歩けば、歩けば、それなり・・・

次回は最終回です。


生駒・矢田丘陵 | Comments(2)
2009/07/22

アイル ビー バック カエル

アイル ビー バック カエル

はあ~るば~る来たぜ~「函館ではなっくって、アイルビーバック カエル」に。
二年ぶりではございませんか、ベランダにカエルが帰って参りました。

このお湿り具合が心地が良いのか、
はたまたエサ具合なのか、
ともかく、アイル ビー バック カエル。

アイルビーバック カエル

疾如風、徐如林、侵掠如火、不動如山

疾(はや)きこと風の如く、
徐(しず)かなること林の如く、
侵(おか)し掠(かす)めること火の如く、
動かざること山の如し

アイルビーバック カエル

このカエルのハンターぶりをガラス越しに拝見してて、
風林火山でんな、ホンマに。

すっすっと近寄り、瞬時にパックリと、理路騒然たる面もちで、
アイアム ア カエル、
ユー アー ホモサピエンスと言ったとか言わなかったとか、たぶん。



その他 | Comments(2)
2009/07/21

帰ってきた峯垣内 裏の谷磨崖仏その4

はあ~るば~る来たぜ~「函館ではなっくって、帰ってきた峯垣内 裏の谷磨崖仏その4」に。

皆様方御元気だったでしょうか、四日の御無沙汰でした。

本日の私のコース
近鉄生駒線 元山上駅---生駒山口神社---清滝石仏群---千光寺手前の分岐---鳴川水源地 分岐
---峯垣内 裏の谷磨崖仏
---鳴川峠手前の分岐---北の道を千光寺へと戻る---僕らの広場
---暗峠---西畑---鬼取町---ラッキガーデン---宝山寺---近鉄 奈良線 生駒駅


今までのあらすじ
帰ってきた峯垣内 裏の谷磨崖仏その1
帰ってきた峯垣内 裏の谷磨崖仏その2
帰ってきた峯垣内 裏の谷磨崖仏その3

皆様方、お手元の国土地理院の地図1:25000信貴山、千光寺の南西辺り見てますか?

続き始めます、
峯垣内 裏の谷磨崖仏からカムバックして、千光寺方面への分岐に戻ります。
目指すはココ地図に載ってる道を歩いて、暗峠へまでの道。

帰ってきた峯垣内 裏の谷磨崖仏

そんでもって歩きましたら、御約束のOH!NO!のっけから間違えた様でございます。
この辺りに二本の電線が平行して南北に通ってますが、
西の方を選択しなきゃあいけないのに、東に方を勘違い!

鉄塔66前を通過しなきゃあいけないのに、鉄塔67を完全に勘違い!
当然この勘違いとナンバーは後から知った、いや確認した。

みなさんもしっかりと面倒臭がらずに、鉄塔ナンバーメモりますと、後から幸せになります。
かといって迷えば、迷ったで道のお勉強になるんですが、
しかしながら、とても心臓には良くないですから避けたいですね、やっぱし。

なおかつ、このタイミングで前方から話し声が、近づいて来るではありませんか。

出、出ました、旦那が山下清風のスタイル、ほんま。
嫁ハンが登山家風と言う、とてもシュールな組み合わせ。
ほんとは愛人関係にあるのかは、その時は識別不可。

そんな二人に、この道行けますかと問えば。
この道はひっちゃか、めっちゃかだよと、キッパリ。

一瞬、私の脳味噌がスパーク、
そんなに変な道ではなかったハズ!

嫁ハン登山家風さんが、最近ココ荒れてるからね、分かり難いよと。
前歩いた事(勘違い中でございます)がありまっから行ってみますわとタケチャンマン。

帰ってきた峯垣内 裏の谷磨崖仏

目指せ暗峠へと歩き始めるのですが、
洪水でえぐれた様な地形がファンタスティック。
まるでグランドキャニオンでんがな、1:25000のスケールですが。

何か変と思いつつも(まだ、まだ、勘違い中でございます)道は微かにある、あると勝手に思ってるのか、
はたまた信じるモノが救われるのか。

帰ってきた峯垣内 裏の谷磨崖仏

でも、微かに道が、甘い、甘い誘惑に誘われる様に、やがて尾根の様な下り道に、
そして池の畔へと出てきたのでございます。

ここで、タケチャンマンは扇子で膝をペタと叩き、
ココ前来たと!そうなんです、鳴川水源地 分岐にも繋がる池ではございませんか。

まあ、前回コーヒータイムした池の麓は、薮で茫々になってましたが。
早いお話しが、前歩いた道では、無い、無い、無いで、あ~り~ませんか。

なんとまあ、ようやくココで大勘違いを自覚するので至ったのであります、ハイ。
しかし悪運が強いと言うのか、無謀と言うのか、単なるアホと言うのか、

でも、これって南から北へ、北から南へのバイパス道と言えばバイパス道ですが、
千光寺近くに戻ってしまったわけです、今現在は。

そんな訳で、また鉄塔67元に戻って、
自らの勘違いをしっかりと自覚したのでございます。

しかしながらヒョウタンからコマならぬ、
鉄塔67からバイパス道(道筋妖しい、要注意)も一応発見したし、良しとしましょう。

帰ってきた峯垣内 裏の谷磨崖仏

鉄塔67からの見晴らし素晴らしい、そしてお昼のお弁当場所にもOK。
畝傍山、飛鳥方面、高取山、そして奥には奥駆けの山々がクネクネと目前に。
しばしの展望を楽しんでください、道迷いの脂汗タラリ~も過去の事となりましょう、たぶん。

それにしても、まったく、この辺りも縦横無尽に道が張り巡ってあるようでございます。
そこへ、縦横無尽的なる人間が入り込んだら、ひっちゃか、めっちゃかになりますね、ホンマ。

そんな訳で、なかなか暗峠まで辿り着けないまま、まだまだ続きます。


生駒・矢田丘陵 | Comments(0)
2009/07/17

ブログしてます

皆様方御元気だったでしょうか、

夜中に何回も目が覚めて、両院議員総会に行くブログのタケチャンマンです。

自分党の皆々様方、もうすこし分り易く揉めてもらわないと。
ギャグにし難いんですけどね、ホンマ。

ブログのお勉強中でございます、HTMLと言うんですか、
理解できたら良いんでしょうけど、超~ワカンナイ~

下手にテンプレート編集なんぞいじくったら、
ブログが自分党化しちゃいました、お後がよろしい様で。

前回に続き、大阪府ぬかた園地のアジサイ園からどうぞ。

ブログしてます



ブログしてます



ブログしてます



ブログしてます



ブログしてます

どうにか、こうにか今週いっぱい、残りあじさいまだ見れるのではないでしょうか。




その他 | Comments(2)
2009/07/14

帰ってきた峯垣内 裏の谷磨崖仏その3

はあ~るば~る来たぜ~「函館ではなっくって、帰ってきた峯垣内 裏の谷磨崖仏その3」に。

皆様方御元気だったでしょうか、二日の御無沙汰でした。
司会の自分党の古蛾誠元選挙対策委員長です、
中河秀直元幹事長が、あまりにも五月蠅いもんで、
やめちゃいました~

そこで、早速携帯で小沢君にそっち空いてないと聞いたら、
たった今、大田代表から連絡あって、空席が埋まったそうな。

大田代表とな、どっかで聞いた名前ではござらんか、
オイ、オイ、オイ、これから選挙だ、つうのぉ~

本日の私のコース
近鉄生駒線 元山上駅---生駒山口神社---清滝石仏群---千光寺手前の分岐---鳴川水源地 分岐
---峯垣内 裏の谷磨崖仏---鳴川峠手前の分岐---北の道を千光寺へと戻る---僕らの広場---暗峠
---西畑---鬼取町---ラッキガーデン---宝山寺---近鉄 奈良線 生駒駅

今までのあらすじ
帰ってきた峯垣内 裏の谷磨崖仏その1
帰ってきた峯垣内 裏の谷磨崖仏その2

峯垣内 裏の谷磨崖仏
奈良県 生駒郡 平群町  擽原  峯垣内 裏の谷磨崖仏      紀年無し   仏身45

前回の分岐を草木を掻き分け、掻き分けて下れば、やがて右手に地蔵さまが。

初めての方は、目を河童の皿の如くにして探索してください。
西国原英夫知事の髪の毛の如く、まばらな薮の間に地蔵さまがおられます。

峯垣内 裏の谷磨崖仏  
シンプルでいて、そこはかとなく味わい深い地蔵さまでございませんか、
ずずずいとお近くに寄って御覧くださいませ、要広角レンズ、広ければ広い程グッド。

もう、まもなく、このままでは幻の裏の谷磨崖仏化するのでありませんか、
その前に是非お逢いくださいませ。

峯垣内 裏の谷磨崖仏

地蔵さまから下ればスグ出口、擽原からは入り口となる所。

もうこの辺りから、道自体が排水溝化してます、要長靴。

無理して陽の当たる所に出れば、目前に拡がるは、
ゴジラやモスラ、果てはエヴァンゲリオンのぬた場でんがな、ホンマ。

峯垣内 裏の谷磨崖仏

擽原からはココ奥からも入れましたが、現在この水田奥はイノシシ除けで柵して通り抜け不可。
無理矢理通過しても、人食いワニがウヨウヨ居そうな、一面大湿地帯が目前に拡がっています。

地蔵さまは右手の緑鮮やかな竹林の向こう側でございます。

完全なる隔離状態と申せましょう、新型の豚インフルエンザウイルスも地蔵さまに感染は不可!

まだ、まだ続きます。


生駒・矢田丘陵 | Comments(0)
2009/07/12

はじめまして、引っ越しました。

皆様方御元気だったでしょうか、すっかり御無沙汰してました、
ブログのタケチャンマンです。

ココの記事は東京都議選の結果出る前に書いてますので、あしからず、

いよいよ始まりますね派遣切り、もとい、もといでございます。
自分党総裁切りの間違いでございました、
内閣掃除大臣の麻性太郎さんには大変失礼いたしました、
ここで謹んで舛泰要二厚生労働大臣に、
おめでとうございますと祝辞を申し上げます、たぶん。

皆さん今晩は、石仏の辻のブログ御覧くださって、ありがとうございます。
なんとなく、ホームページからの引っ越しましたが、
ホームページの方も残して置きますので、
この機会に隅から隅までずずずいと見てやってくださいまし、
笑ってスラスラと読めると思います、たぶん。

ヒマな時にホームページの本編石仏の辻を、
ブログ用にボチボチ移し替えようかなとも思ってますので、よろしく。

かつ、その上に、これまたホームページの本日のネタとお知らせに書いた、
ネタの数々を再編集して、ブログ上に再録するという、
なんともエコ時代の申し子の如きの暴挙も予定してますので、よろしく。

「思ってます、予定してます、は役所の言葉では、ほとんどしないということ。実行することとは全然違う」
BY宮崎県の西国原英夫知事

「もし書かなかったら、思っている以上に反発が強い。逆風どころじゃない、頭の毛がなくなるぞ」
BYヒートたけし

「グーグルに育毛とか、植毛とかを打ち込んでみた、ホンマ」
BYタケチャンマン

はじめまして、引っ越しました。



はじめまして、引っ越しました。



はじめまして、引っ越しました。



はじめまして、引っ越しました。



はじめまして、引っ越しました。

あじさいにはじまり、あじさいに終わる、東京都議選



石仏の辻 | Comments(2)
2009/07/10

帰ってきた峯垣内 裏の谷磨崖仏その2

はあ~るば~る来たぜ~「函館ではなっくって、帰ってきた峯垣内 裏の谷磨崖仏その2」に。

突然ですが、皆々様方も自分党総裁候補になりたいでしょうか?
そして、小泉純二郎モドキに核秘密文書をぶっ潰す!

関西在住の歩きピニストなら必ずや、一度や二度や歩いた事があるという、近鉄奈良線 瓢箪山駅---鳴川峠
---千光寺---近鉄生駒線 元山上駅
あるいは、近鉄奈良線 瓢箪山駅---鳴川峠---暗峠---枚岡神社---近鉄奈良線 枚岡駅

本日は前者の千光寺辺りの南回遊コースと申しましょうか、ジンベエザメの「海くん」になったつもりで、
峯垣内 裏の谷磨崖仏を目指して回遊してみましょう。

本日の私のコース
近鉄生駒線 元山上駅---生駒山口神社---清滝石仏群---千光寺手前の分岐---鳴川水源地 分岐---峯垣内 裏の谷磨崖仏---鳴川峠手前の分岐---北の道を千光寺へと戻る---僕らの広場---暗峠---西畑---鬼取町---ラッキガーデン---宝山寺---近鉄 奈良線 生駒駅

峯垣内 裏の谷磨崖仏
千光寺手前の分岐を左手を歩くと、水道設備らしき建物が、

峯垣内 裏の谷磨崖仏
チョイ上がればココに到着、いよいよ魔界の地へと足を進めてまいります。
ここからは、迷ってもOKと仰る人以外は、地図とコンパスを持参が無難でございます。
GPSが理想ですが、貧乏にGPSはナスの私。

峯垣内 裏の谷磨崖仏
またココ分岐、地図の道は左手へと上がっていきますが、本日は手前の道を選択。
まあ早い話が農道だったんでしょうが、
いつの日からほったらかし水田への道へとなってます。

峯垣内 裏の谷磨崖仏
ココ右へ、モノは試しにと直進しましたが道が消滅気味、
地図からするとストンと下れば鳴川集落に出れると思います、
と言うか道があったんでしょうその昔は、今はモウ~

峯垣内 裏の谷磨崖仏
ココも右へと、左へと水田跡を辿れば、
信貴フラワーロードの擽原トンネルの北口に出られましたが、
今回は薮茫々でキッパリ、キャンセル、好き者なら挑戦してください!

峯垣内 裏の谷磨崖仏
6、7年前に比べてもドンドンと悪条件へ、悪条件へと水田跡はなってるようです。
戦後しばらくは、この辺も狭いながらものどかな田園風景だったんでしょうが、
人手が入らないとあっと言う間に御覧のとうり。

あまりにも水田跡が条件悪しで、ココを強引によじ登りました。
前回は畦道跡らしきを歩いたんですが、
ココまで来るとまるでアマゾンの湿地帯でございます、人食いワニがいないだけOK!

しかし、冬場でコレですから、冬以外歩か無い方が無難でございます、
マムシが黒服着て旦那どうですか、いい娘おりまっせと勧誘しますから、たぶん。

峯垣内 裏の谷磨崖仏
そんな、こんなで分岐にようやく到達いたしました、ココを下れば裏の谷磨崖仏。
今までの道が、いや道は無い所も、道なので、ココからの道がまともに見えちゃます、ホンマ。

その昔は擽原からの鳴川、千光寺、鳴川峠、瓢箪山への道だったんでしょう。
裏の谷磨崖仏には毎日花が咲き乱れ、手を合わせ、そして河内へと旅発たれたことでしょう。

まだ、まだ、続きます、ホンマ。

生駒・矢田丘陵 | Comments(0)
2009/07/07

帰ってきた峯垣内 裏の谷磨崖仏その1

はあ~るば~る来たぜ~「函館ではなっくって、帰ってきた峯垣内 裏の谷磨崖仏その1」に。

時は平成のとある年、悪運(この場合は悪雲では無い)立ちこめたるは、
まるで 昭和の機動隊が取り囲む、昭和44年の東大安田講堂の如く、
全く近づく事も、お触りする事も出来ずの「峯垣内 裏の谷磨崖仏」

機動隊の前に立ちはだかるは、恐怖の底なし水田跡、草茫々、薮バリケードに降り注ぐは蚊炎瓶、
どうする御妖聞き評輪家、佐々厚行に策はあるのか!

ありました、キッパリ、裏口入学、たぶん。

裏の谷磨崖仏とは、奈良県 生駒郡 平群町 擽原 峯垣内 裏の谷に在住の地蔵磨崖仏 仏身45でございます。
信貴フラワーロードの擽原トンネルの南口前を東西に走る河内越の道から、
水田を横切ってチョイ上がった所に鎮座しております。

しかしながら現在(2009 03)では、チョ~自然状態の極地保存状態となっております。
入り口にはイノシシ捕獲箱が設置されてました、わたくし危うく捕獲されかかりました、たぶん。

時が時なら河内越の道から十分弱で行ける裏の谷磨崖仏まで、一時間弱かけて楽しく歩いてまいりました。

なお、今回はどうせ裏口入学なら、これまたひさしゅうの千光寺方面からの進入路を選択。
6年も前に歩いた、いや、這いずった道、

国土地理院の地図には威風堂々と載ってました廃道!
というのか水田跡の畦道跡の、跡跡三昧を、
また再訪しようという、なんともまあ無茶苦茶な暴挙に出たのでございます。

まあ今回はその時のバカバカしいお話しを御一席。

今回のきっかけの 2008 7/8 夏のソナタ

今回スポンサーの都合で 石造物版 川口探検隊  では無くタケチャンマン探検隊で行動してますが、あしからず。

峯垣内 裏の谷磨崖仏
奈良県 生駒郡 平群町  擽原  峯垣内 裏の谷磨崖仏      紀年無し   仏身45     

この写真はLIVE、

これが噂の裏の谷磨崖仏   通称薮殿下、たぶん。

峯垣内 裏の谷磨崖仏
この写真はLIVE

この道が河内越の道、この辺から斜めに下って、水田跡へ裏の谷磨崖仏へと辿りますが、
今は全くの荒れ放題、今時の自分党も荒れ放題、雀山代表の会計も荒れ放題、

河内越の道をドンドコ歩けば、信貴 生駒 スカイラインと生駒山 縦走路に出ます、
なお、かつ河内側へと。

峯垣内 裏の谷磨崖仏

ココから3点の写真はすべて6年と4ヶ月前のモノです。

なんじゃコレ、寝癖の悪いオヤジの後頭部の髪の毛か!(毛があるだけ幸せ)

峯垣内 裏の谷磨崖仏
農機具置き場だったと、

これじゃあ、幽霊も出れません、出られません、成仏できません、キッパリ。

峯垣内 裏の谷磨崖仏

この中央が裏の谷磨崖仏への入り口、
あくまでも6年と4ヶ月前の現状、

初めてコレ見て進入を試みる人が居るだろうか?
8年前が無かったら、死んでも行かない地獄道、

現在はまったく、面影もヘチマも無い有様に突入しております。

人食いワニがウヨウヨ居そうな、一面大湿地帯の趣となっております、
その内に蓮の花が見られ事でしょう、たぶん。

逆に裏の谷磨崖仏から湿地帯を通り抜けようと想いましたが、
その想いは一瞬の内に砕け散りました。

川の流れの中でする、鮎の友釣り用装備ならば可能でしょうが。
コレでは、ゴジラやモスラのぬた場でんがな、ホンマ。

足を一歩投じて、スグに引っこ抜きました、
この辺一体の水田跡としての排水機能も跡になってる様でございます。

生駒・矢田丘陵 | Comments(6)
2009/07/01

石仏の辻とはなんだ!

石仏の辻となんだ!



みなさん今日は、タケチャンマンと申します。

石仏(石造遺物)と道、それは人類に残された、
最後の世界的なる文化遺産である、たぶん。

それらには人類の想像を絶する古い石仏、新しい石仏、
古い道、新しい道が待ち受けているに違いない。

これは人類最初の試みではありませんが、
タケチャンマンとしては最初の試みとして、

無期限の調査歩きに旅立ったタケチャンマンの
笑いとロマンと失敗の驚異に満ちた物語である、自信ないけど。




2001年秋   紙モノA4で2枚でスタートする、その後、
                時と場合でA4で4枚とか6枚に増殖。


2003年夏   ホームページをスタートする、紙モノをホームページに変換する?
                その内にホームページがメインになって、紙モノをサボる。

2009年夏   頭出し(リンクと検索)が便利だからとブログに引っ越し、
               コレまた、ホームページからブログ用に変換中でございます(現在)




左手の下の方にある、ブログ内検索の欄に適当な語句を入れてください。
たとえば、イケメンの旦那とか・・・
あくまでも、たとえでございます、決して入れないでください!

検索ボタンを押すと、アラ不思議、石仏の辻の中を検索して、
イケメンの旦那がモニター上に、ズラズラ、ズラリと現れる次第でございます。

コレ、コレ、そこの普通の旦那、藤あや子風の女房と入れたって、出まへんで。
アラジンの魔法のランプとは、ちがいまっせ~

                   
石仏の辻 | Comments(2)
 | HOME |