--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/01/24

萌えろ陸山会ではなく、燃えろ若草山

萌えろ陸山会ではなく、燃えろ若草山


はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、
「若草山焼き」に。

ようやく念願かなって、10年ぶりに若草山焼き行って参りました。
毎年、行こう、行こうと思いつつ、寒いし、面倒臭いし、漬け物石。

それなら、散歩ついでに行こう若草山焼き・・・
春の桜見物時の様に、また、ならやま大通り経由の奈良公園へと。


本日のコース
近鉄奈良線 生駒駅-阪奈道路-南田原-白庭台-(ならやま大通り)-真弓-登美ヶ丘-押熊町-秋篠寺-西大寺-平城京跡-宇和奈辺古墳-不退寺墓地-興福院-大仏鐵道記念公園-奈良公園-若草山-近鉄奈良線 奈良駅


寒いから知らず、知らずにうちにオーバースピードだったようです、
帰ったら足がチカレタビービー状態になってました。




萌えろ陸山会ではなく、燃えろ若草山


オイ、オイ、オイ、どこを切っても、工事の金太郎飴状態の平城京跡、

1月から平城遷都1300年祭スタートしたのでは?

北京オリンピック、1年前の北京でんがな・・・




萌えろ陸山会ではなく、燃えろ若草山


不退寺墓地入り口にある、私のお気に入り。





萌えろ陸山会ではなく、燃えろ若草山


大仏鐵道記念公園の横を流れる佐保川に残る、大仏鐵道陸橋跡。

来る1月31日にウォーキング娘にて、鹿背山(かせやま)城跡と大仏鉄道跡 跡跡コンビで

歩きますので、御来店お待ち申し上げております。





萌えろ陸山会ではなく、燃えろ若草山


音からして、大迫力、

平城遷都1300年祭のおかげで、増量だそうです、例年の三倍、太っ腹、タマヤ~





萌えろ陸山会ではなく、燃えろ若草山







萌えろ陸山会ではなく、燃えろ若草山


最高潮に達しようかと・・・

まだ、行かないでね・・・

行く時は一緒に~

そんな時代もあったのね~

(今回は、ココしか笑うとこ無いもんで、ヨロシク)




萌えろ陸山会ではなく、燃えろ若草山


行ちゃいました~

燃えちゃいました~




萌えろ陸山会ではなく、燃えろ若草山


燃え、燃え、

見てる人は、萌え、萌え、




萌えろ陸山会ではなく、燃えろ若草山

興福寺と若草山


19時05分ばかしにて。

興福寺の阿修羅像も見てるかもね、たぶん。





スポンサーサイト
奈良盆地 | Comments(2)
2010/01/21

旧道ながさか道から当尾へと その1

旧道ながさか道から当尾へと
京都府  木津川市  加茂町  美浪



旧道ながさか道から当尾へと  その1

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、
「旧道ながさか道から当尾へと」に。

「旧道ながさか道」この甘美なる言葉の響きに魅せられて、
どれくらいたったのでしょうか。

どれくらいも、これくらいも、本日知ったんですけどね、
JR加茂駅にある観光案内地図で、ほんま。


本日のコース
JR大和路線/・加茂駅ー草畑ー旧道ながさか道ー北下出ー森八幡宮ーずんど坊笠塔婆・鎌倉後期
ー青地蔵・室町時代ー赤地蔵 永禄八年(1565)ー勝風墓地・迎え地蔵 元亀二年(1571)
ー大畑大福寺・地蔵石仏 室町中期 永享十三年(1441)ーバス停・大畑口ー岩船寺
ーわらい仏・阿弥陀三尊磨崖仏・末行の銘ー藪の中三仏磨崖ー大門石仏(年齢不詳)
ー西小ー上梅谷ーバス停・青山住宅




皆様方、お元気でしょうか。
東京地検特捜部とは仲良くしてるでしょうか?

石仏の宝庫でありハイキング・コースの王道であります、当尾の里を訪ねた事はあるでしょうか?
私なんぞは口をしっかりと閉じて、当尾地検まで歩けるくらい、
もとい、もといでございます、当尾地検ではなく、当尾の里でございました。
ここに、事情聴取に応じる次第でございます。
カツ丼を食べるのが楽しみでございます、たぶん。



毎度、毎度の当尾の里訪問は、奈良側からのアタックばかっしで、
京都側からのナイスな道は無いのかなと思いを抱いて三千年経ってしまいましたが。

本日、念願かなって加茂駅からアタックとあいなったしだいでございます。
そして、なんと歩こうとした道に「旧道ながさか道」と立派な名前まで付いているではありませんか。
誠にもって他人とは思えない道と感慨にふけったのでございました。

まあ、そんな訳で東京地検も五月蠅い事ですし、来週へと続くのでございます。


ただ、続くだけでは御無礼なので、
以前、私が「ホームページ石仏の辻」で紹介した、当尾シリーズでも、
今また再び、マタタビ、ゴロニャンと御覧なってくださいませ。


005  裏当尾の旅 その1 当尾の里は泣く子も笑い仏 しかし今回は泣く子もずんど坊笠塔婆
みなさんは当尾の里といえば「わらい仏」に「大門阿弥陀?磨崖仏」を頭の中に思い浮かべますね、
わたしもそうなんですが、
でもそれはほんの一部なんですね、当尾の石仏さんの。こりゃあまたと!


006  裏当尾の旅 その2
はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「辻千日墓地」に。
わたしはこの「辻千日墓地」に足を踏み入れた瞬間に、
雷に撃たれたような衝撃を感じたのであります。
そんなオーバーなと思われる方がいれば、
この地に一歩足を踏み入れた瞬間にあなたは、
もう石造遺物(石仏)の桃源郷のまっただ中というわけでございます。


008  裏当尾の旅 その三
たしかに裏当尾の旅に入れるのには、
ちとメジャーやないのと突っ込まれてもいたしかたがないかもしれませんが。
当尾の観光コースにはあまり?入ってないようですから紹介を 、
はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「岩船寺墓地六地蔵石龕仏」に。


045 今日も当尾の里は春だった
はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「当尾の里」に。
本日は「当尾の里の石仏」こと由緒正しき文部省推薦の
コテコテコース&奈良までは魔境の山岳地帯(標高200m)を行く!でございます。
なんとメリハリのついたコースではありませんか、



当尾・笠置・南山城 | Comments(0)
2010/01/07

アイル ビー バック 佐吉の観音山

アイル ビー バック 佐吉の観音山


久しぶりの石山観音、佐吉の観音山、東海道の関宿の三点セット行って参りました。

先日、Nさんとの会話の中で、松坂までドライブしたけど、そのまま帰ってきたよと・・・
なんと、そのまま帰ってきたとな、

大阪へ来て、たこ焼き食べずに帰った・・・
名古屋に来て、ミソカツ食べずに帰った・・・
民住党本部に行って、小沢二郎に逢わずに帰った・・・
その発言から、ソレ位の衝撃を受けたのでございます。

そんな訳で、ヨッシャ松坂へ行って「吉野家の牛丼を食べるか」国家予算の都合にて。
それも、即時に事業仕分けの連舫さんによって却下。
連舫は松坂を見放したのか・・・


車は名阪を通らずに、163号に25号(伊賀街道・大和街道)を通って関到着でございます。

えっ、松坂はどないなったかと?
松坂氏の後任は佐吉の観音山でございます。
小沢二郎も文句ねぇ~だろ~




アイル ビー バック 佐吉の観音山

三重県 安芸郡 芸濃町 大字楠原                         石山観音     


JR関駅からは歩くしか無い石山観音、
私は三回歩いて、一回は裏口からアッタクして失敗いたしました。




アイル ビー バック 佐吉の観音山

石山観音






アイル ビー バック 佐吉の観音山

石山観音





アイル ビー バック 佐吉の観音山

石山観音

亀丼大臣ではありませんので、あしからず。

違いの判る男のゴールドブレンドならぬ、地蔵さまでしょうか。

駐車場の下にありますから、見逃さずべからず。



アイル ビー バック 佐吉の観音山

三重県 亀山市 新所町               観音山


見れば見る程に、引き込まれる、佐吉の世界。




アイル ビー バック 佐吉の観音山

佐吉の観音山


うなじが、たまりまへんな、たぶん。




アイル ビー バック 佐吉の観音山

佐吉の観音山


帰りも殆ど車も無しの25号(大和街道)を通って、奈良へと。

国家予算の都合でステーキはカット、ローソンの弁当なり。

佐吉の夢、また、しかと感じさせてもらいました。



丹波の佐吉 | Comments(0)
2010/01/01

南田原の12月 紅葉と雨雲


南田原の12月 紅葉と雨雲

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「南田原の12月」に。
時は1月なのに12月ネタであい、すいません。

皆様方、あけましておめでとうございます。
本年もヒマな時でけっこうでございますから、覗いてやってくださいませ。


南田原の12月 紅葉と雨雲
生駒山をバックに

稲刈りが終わると、すっかり寂しげな南田原界隈でございます。

南田原の12月 紅葉と雨雲

紅葉は光無しでは映えません、
人間から見るとですが。

南田原の12月 紅葉と雨雲

稲刈り跡の孫稲も育っている様でございます。

南田原の12月 紅葉と雨雲

ここは去年休田でしたから、冬の雑草スクスク育ち、雨降り跡の水だまり。

南田原の12月 紅葉と雨雲

落ちる葉は、どこもかしこも、落ちた、そんな12月も後半。

南田原の12月 紅葉と雨雲

空模様が風雲嵐を告げる、そんな感じになってきました。

南田原の12月 紅葉と雨雲

生駒市を覆い尽くすであろう、怪しげな雨雲、
私も十分怪しげなんですが、ほっといて。

南田原の12月 紅葉と雨雲


これは、これは、龍でも出てきそうなムードになってきました。
キング ギドラでも、モチ可ですが。

南田原の12月 紅葉と雨雲

ひとり、なに想う柿

南田原の12月 紅葉と雨雲

生駒山の夕暮れ

昨日レコーダーに録っておいた、教育TV クラシック ハイライトを聴きながら・・・
映像の方が電波状態悪しで、サンドペーパー掛けた様なありさまになってます、音はまともですが。

大昔からからクラシックも聴きたいと思ってましたが、
何故か御縁が全く無く今に至ってましたが、

最近、DVDレコーダー(BDでは無くアナログの)でNHK クラシック番組を片っ端らから録画して聴いてます。
カセット代わりに重宝してます。

ラン ランさんとおっしゃる方が只今ピアノでバルトークやってます、
ラン ランと言えば、リンリン・ランランは外せんでしょう、
ここは、ひとつリンリン・ランランとのトリオで「恋のインディアン人形」やってもらいたいものでございます、ダメか。

青から黒への隙間の音がバルトークの味のひとつなんでしょうか、たぶん。


生駒・矢田丘陵 | Comments(5)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。