2010/08/30

国道福住から 下見行って来ました

国道福住から 下見行って来ました


はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、
「国道福住から」にでございます。

燃え~萌え~の真夏の先日、歩いてきました。
休憩時間が2/5、石仏訪問時間が1/5、歩き時間が2/5とこんな割合でしょうか。
塔の森以外はアスファルト歩きで、血液沸騰しかねない程です、たぶん。、

福住から横田へ南北への歩きは、ひさしゅうの10年ぶりの三回目。
各ブロックは何かと縁があって、
あれこれ石仏会にウォーキング娘に国見山にと歩いてましたが。
南北縦断は10年ぶりですか、
円高になるはずです~関係ないけど~

本日のコース
上入田墓地-不動寺-阿弥陀笠石仏-八幡寺跡-氷室神社T-阿弥陀-寺永照寺 下之坊
-七曲峠石龕地蔵(受け取り地蔵)-双仏石 泥かけ地蔵-ゴルフ場T-塔の森十三重石塔
-日吉神社-切りつけ地蔵(阿弥陀磨崖仏)-南田原の地蔵石仏T-阿弥陀寺跡
-鉢ヶ坪墓地-白山神社

慎重なる審議の末に、オペックホースは失格で~す~
元、もとい、元でございます~
寺永照寺 下之坊と七曲峠石龕地蔵(受け取り地蔵)の間違いでございました、ペコリ。

改めて、
12月の「福住から白砂川を下り、田原へと歩きます」に予定してた、
寺永照寺 下之坊と七曲峠石龕地蔵(受け取り地蔵)
は、
米谷町、中畑町との別途コースで開催予定でございます、御期待下さい。


御参考に、
018    紅葉中の米谷町に「米谷庵山の双仏石」を見た!                                         

2004  10/03  SZ会十月例会 

004     涙に暮れる大和高原に 「受け取り地蔵」を見た!



下見 2010 1204 福住から

福住町 下入田
阿弥陀笠石仏  鎌倉後期応長元年(1311)

初めて訪ねた時の、正にディス  イズ 石仏のただずまいの阿弥陀笠石仏。




下見 2010 1204 福住から


今は陸に上がったカッパ状態になってます。

割とモダンに見えたり、
福住のスカイ ツリーと呼んでね・・・無理あるけど~




下見 2010 1204 福住から

寺永照寺 下之坊

このたたずまいが貯まりませんね、癖になります。

婆羅門杉(推定800年)の間を歩けば、あなたはもう、
民住党代表選挙真っ直中へと~入られよう~



下見 2010 1204 福住から
標高585㍍にある七廻峠  福住町 別所
七曲峠石龕地蔵(受け取り地蔵)鎌倉時代 建長5年(1253)像高190

何人の人が、この地蔵に手を合わせて、米谷へと下って行ったことでしょう。

婆羅門杉が赤ちゃんの時には、ここに立っていたわけなんですね。



下見 2010 1204 福住から

奈良市  長谷町  標高660m
塔の森十三重石塔  (六角層塔)現行240
二重基壇の上に建つ六角十三重石塔

奈良時代から平安時代とか。



下見 2010 1204 福住から
田原 南田原町
10切りつけ地蔵(阿弥陀磨崖仏)像高167
来迎相の阿弥陀像    伊派の行恒の銘

涼しげに伊ブラザーズ作、私はフラフラ状態。



下見 2010 1204 福住から

阿弥陀寺跡  田原 茗荷町
一石六地蔵 天正
一石六地蔵 室町時代

この写真7年前、今では後ろの風景が望めませんでした、残念、無念、珍念でございます。

大和高原もどこを歩いても、正に石仏の金太郎飴状態、
是非、皆様方もお逢いしてくださいませ。
小沢二郎さんも逢ってもいいよと、言ったとか言わなかったとか、たぶん。




歩く・石仏の辻 | Comments(0)
2010/08/25

歩く・石仏の辻 御挨拶

歩く・石仏の辻」でございます


はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、
歩く・石仏の辻」でございます。

いよいよ、「歩く・石仏の辻」を、
10月2日 土曜日 午前9時30分集合 JR桜井線  柳本駅 
オープンの運びになりました。

道+石仏=歩く・石仏の辻

私の石仏の発祥の地でもあります、たぶん。
柳本町に中山町辺りを、「善教さんに建治型を訪ね歩きます

涼しくなってたら、のんびり~
暑いままなら、それなりに足早に~

なお、お弁当に飲料水、傘をお忘れなく御願い申し上げます。
お代はニコニコ現金払いの、ぼったくり無しの、
明瞭会計のお一人様五百円でございます。


今年のスケジュール
10月2日 土曜日  午前9時30分集合  JR桜井線  柳本駅
「善教さんに建治型を訪ね歩きます」

11月6日 土曜日  午前9時30分集合  近鉄生駒線  萩の台駅 
「生駒谷・南生駒周辺を訪ね歩きます」

12月4日 土曜日 午前9時集合      近鉄天理線  天理駅
「福住から白砂川を下り、田原へと歩きます」

チョットでも心が動いた人は、ずーずーずいと先に進んで、


第1回 10月2日 土曜日 
善教さんに建治型を訪ね歩きます(奈良県 天理市)
■ JR桜井線 柳本駅 午前9時30分集合
光光蓮寺跡-五智堂・真面堂-観音寺-専行院-櫛山古墳・地蔵石仏-柳本共同墓T
-トレイルセンターT-柳本城主の墓-長岳寺山門前-長岳寺・奥の院道
-みろく丘・弥勒石龕仏-不動池の不動石仏-中山観音T-念仏寺・墓地-天満神社
-並木不動-大和神社T-長柄駅

行けましたら・・・素盞嗚神社-関の地蔵-旭寺跡
■歩行距離約7㎞ 高低差約50m 



第2回 11月6日 土曜日 
生駒谷の石仏・南生駒周辺を訪ねます
(奈良県 生駒市)
■ 近鉄生駒線  萩の台駅 午前9時30分集合
石福寺-庚申の杜-宝幢寺-往生院-竹林寺T-興融寺T-円福寺-大門磨崖仏
-大福寺-鶴林寺-鬼取墓地-教弘寺-小倉藪の地蔵石仏-南生駒駅前-南生駒駅
■歩行距離約7㎞ 高低差約150m 
   


第3回 12月4日 土曜日 
福住から白砂川を下り、田原へと歩きます
(奈良県 天理市 奈良市)
■ 近鉄天理線  天理駅 午前9時集合
   バスにて 9時20分発  三重交通 上野産業会館行き  国道福住まで710円
上入田墓地-不動寺-阿弥陀笠石仏-八幡寺跡-氷室神社T-阿弥陀-双仏石・泥かけ地蔵
-ゴルフ場T-塔の森十三重石塔-日吉神社-切りつけ地蔵(阿弥陀磨崖仏)
-南田原の地蔵石仏T-南田原の五輪塔-阿弥陀寺跡-鉢ヶ坪墓地-白山神社-バス停

■歩行距離約10㎞ 高低差約150m 
*七廻り受け取り地蔵は、別途コースで歩きますので、よろしく~



■ 参加料 500円  
■ 地図は参加者に当日に配布します。
■ 安全管理は自己の責任において、行ってください。
■ 当日の都合によりコース変更することがあります。
■ 小雨決行、大雨以外歩きます。
■  弁当、飲料水、傘、お忘れなく。

お問い合わせにメールは、
ココまで。



1060_001 御挨拶

奈良県 天理市 柳本町                  地蔵石仏 貞治三年(1364)   光蓮寺跡


全ての始まりは、この石仏さんからナヌかを授かったと言うことでしょうか。

「この日のコースは、天理ダムでバスを降りて、
竜王山そして下って長岳寺へ。

夕刻迫る中にて柳本へやって来て、
最後に訪ねたのが、ここ光蓮寺跡。

ハッキリ言ってもう、真っ黒毛の毛状態でしたが、
暗闇の中で、黄菊灯りに照らされた石仏に、
わたくしめは完全にノックアウトに陥ったのでございます、
TKO負けと言う奴ですね


ホームページの石仏の辻  「
015 見参 柳本町 夕刻の光蓮寺跡に黄菊を見た」より


これが運命の出逢いなんでしょうか、
南無阿弥陀仏でございます。



1060_001 御挨拶

光蓮寺跡


さらに建治形の阿弥陀石仏の後ろからは、
灯りのついた窓から夕飯の香りが~
流れて来るではありませんか



これトドメですね、
秋も深まりつつあるこの日、
天理ダムから歩いて、
ヘロ~ヘロ~

夕飯の香りが~
ほんとに、腹へった~たぶん。



1060_001 御挨拶

奥の院不動石仏

何度も何度も埋もれているんでしょうか?

不死鳥の様に蘇って、見参~

パンチ パーマのペドロ モラレス似ですが



1060_001 御挨拶

専行院 柳本町

古い奴だとお思いでしょうが、
古い奴こそ新しいものを欲しがるもんでございます。

この日のデジカメは、13年前の80万画素の最新鋭型!
味わい深いでありませんか、たぶん。

まだ持ってますこのデジカメ、10年以上使ってませんが・・・

捨てられませんよね、
想い出の染みこんだ、このカメラ。


1060_001 御挨拶

専行院 柳本町          阿弥陀石仏 建治型


今では後ろの壁までリニューアルされて、
住みにくい世の中になったモンです~と~



1060_001 御挨拶

五智堂  柳本町




1060_001 御挨拶

五智堂  柳本町
 
これも建治型 あれも建治型
たぶん建治型 きっと建治型

建治型の水中花~


どうですか皆様方、
またもや13年前の想い出にドップリ浸かってしまいました。


皆様方も石仏(石造遺物)から思いを、想いを感じてみませんか、
心の黒板を黒板拭きで真っ白にして、
オバQでも描いてやってください。

全ての石仏ひとつ、ひとつにエンドレス ストーリーが込められています、たぶん。
私はお金レス ストーリーですけど~

皆様方の御参加を心より御待ちしておりま~す~

ホームページの石仏の辻にも、
「歩く・石仏の辻」のスケジュール記載する予定ですのでよろしく。




歩く・石仏の辻 | Comments(4)
2010/08/18

2033 あじさい園 その2

2033 あじさい園  その2


はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、
「あじさい園」にでございます。


先日(ダイブ前)また、また、あじさい園を通りました。
まだ、まだ残りあじさいが、チラ、ホラと。

本日のコース
生駒駅-光陽台-池の北コース-生駒山山麓公園 西-生駒山系縦走コース-あじさい園
-あじさい新道-生駒山上-生駒駅


続  あじさい園ではなく、あじさい園  その2。
なんでだろ~
なんでだろ~
なんでだろ~
お笑いの人、まだやってんのかな~


2033 あじさい園02

セミもそろそろ、終盤でしょうか。

蝉の声が途絶える時、夏の終わりが、何故か寂しい気持ちに・・・

幼年期の夏休み消滅のあの心が、脳味噌の片隅にへばり付いて、いるからでしょか?



2033 あじさい園02





2033 あじさい園02





2033 あじさい園02





2033 あじさい園02





2033 あじさい園02




2033 あじさい園02


何故かまだアジサイの写真を~

気分的に2011年6月になった様な気分になりませんか?

そうアナログ放送が終わる前の月ですね。
(私のTV関連は、まだすべてアナログです~)
(デジタル、デジタルって五月蝿い~つうの~)

歳をとりますと、流れる年月が加速度的に流れるのは何故?

目の前に極楽浄土がそびえ立っているのか!

私の場合は、閻魔大王がそびえ立っているんでしょうか!

それではみなさん、地獄でお逢いしましょう、たぶん。


生駒・矢田丘陵 | Comments(2)
2010/08/17

2305 2010 8月の柳本 中山町

2305 2010 8月の柳本 中山町


はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、
「柳本駅から中山町」にでございます。

先日(ダイブ前)SZ会で柳本駅から中山町辺りを歩いてきました。

先月歩いた柳本駅からの8月編でございます。

それにしても暑い 、熱い、厚い、夏。


2305 2010 8月の柳本 中山町

手と手を取り合って、あなたとわたし、たぶん、ちがうか?




2305 2010 8月の柳本 中山町

天理市  柳本町           五智堂

上街道に立つは、一本足の五智堂。

正確には1+4状態ですが・・・




2305 2010 8月の柳本 中山町

天理市  柳本町           五智堂   

建治形ブラザーズ作でしょうか、

本家のように裾広がり風に御願いしたいところでございます。

口五月蝿くてごめんね。




2305 2010 8月の柳本 中山町

天理市  岸田町  観音寺       地蔵石仏か・・・

それなりに古そうですが、このお姿では、なんとも・・・




2305 2010 8月の柳本 中山町

天理市  中山町                        観音堂      阿弥陀

この目元、口元、鼻あたりがポイントでしょうか。

建治さん今なら、IKKO(イッコー)さんみたいな人だったんでしょうか、たぶん。




2305 2010 8月の柳本 中山町

天理市  中山町                           大和神社境外末社 歯定神社

なぜか、手塚治虫の火の鳥を想ってしまう、この顔。




2305 2010 8月の柳本 中山町

天理市  萱生町                         並木不動   室町時代

この前の道を登れば、竜王山へと辿り着くそうです、今では・・・




2305 2010 8月の柳本 中山町

天理市  中山町     
不動池の不動石仏  天文11年 (1552)

この日確認できませんでしたが、
翌日、二上山人が行って来たよ~と、
送ってくれた写真です。

探した所が、ワンブロック北過ぎたようでございます。

どんな時も~どんな時も~と歌ってる、槇原敬之さん似ですかね。


本日は柳本&中山辺りの主演男優賞クラスだけではなく、
なくてはならない、助演男優賞のみなさんに出演してもらいました。



奈良盆地 | Comments(0)
2010/08/08

2033 あじさい園 その1

2033 あじさい園 その1


はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、
あじさい園」にでございます。


先日(ダイブ前)また、また、あじさい園を通りました。
まだ、まだ残りあじさいが、チラ、ホラと。

本日のコース
生駒駅-光陽台-池の北コース-生駒山山麓公園 西-生駒山系縦走コース-あじさい園
あじさい新道-生駒山上-生駒駅



2033 あじさい園01

色違いが~並んでましたけど、土壌の違いで?




2033 あじさい園01





2033 あじさい園01

おこぼれちょうだい、




2033 あじさい園01





2033 あじさい園01





2033 あじさい園01





2033 あじさい園01


本日は久しぶりに、日曜日に家でマッタリ~と、

NHKーFMの今日は一日プログレ三昧を聴きながら~
10月からの「歩く・石仏の辻」のコース設定をアレコレしてます。
みなさんも参加してね~


Wishbone Ashがかかってます、プログレなのか。
NHKーFM担当プロデューサーの好みが色濃く反映されてるのか?
それともルーズ駐日大使の思惑なのか、たぶん。



生駒・矢田丘陵 | Comments(2)
2010/08/08

2034 瓢箪山から 東大阪 八尾

2034 瓢箪山から 東大阪 八尾

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、
「浄慶寺 十三仏地蔵石仏」にでございます。

先日(ダイブ前)OSK会で東大阪 八尾を歩いてきました。
この日は36度もあろうかと思われる灼熱アスファルトの上を這いずり回り。
浄慶寺 十三仏地蔵石仏に逢ってきました。



2034 石巡 瓢箪山から 東大阪 八尾

東大阪市  池島町        浄慶寺 十三仏地蔵石仏   天文15年(1546)

チョロQ地蔵の廻りに乱舞する十三仏達の醸し出すハーモニーを、
しっかりと体温37度以上ヒートアップした五感に受感さしていただきました。
ありがたや、ありがたや、でございます。



2034 石巡 瓢箪山から 東大阪 八尾

東大阪市  玉串元町    橋詰貝塚地蔵尊(玉串貝塚地蔵 )   大永四年(1524)



2034 石巡 瓢箪山から 東大阪 八尾

おねがいネコ   平成年代のモノだと推測されるが、詳細は調査中だとか、

一刻も早く「おねがいネコ」の全貌が明らかになる事を熱望す~たぶん。



2034 石巡 瓢箪山から 東大阪 八尾

八尾市 泉町       高塚地蔵石仏

このナイスなコンクリート ブロックの中から~

大阪夏の陣のとき、若江合戦で大阪方の吉田内匠が、
大阪方の吉田内匠がこのコンクリート ブロックの陰から槍をもってとび出し、
東軍の藤堂民部をおそったが、かえって討死したという。

一目見た時から名の有る、コンクリート ブロックだと思いました、たぶん。



2034 石巡 瓢箪山から 東大阪 八尾

高塚地蔵石仏       正安三年(1301)

一部しか見えませんが、正安三年の頃には~




大阪 | Comments(0)
2010/08/04

7004 古道紀行 飛鳥から 吉野への道 飛鳥川を遡行する

7004 古道紀行 飛鳥から 吉野への道 飛鳥川を遡行する


はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、
古道紀行の吉野への道」にでございます。


本日のコース
飛鳥駅ー中尾山古墳-稲渕-男綱ー飛鳥川上坐宇須多岐比賣命神社
ー栢の森ー女綱ー加夜奈留美命神社ー芋峠ー千股ー大和上市駅


この日は、2031 比叡山 松尾道(松尾坂)の前日でございます。
当然、繰り返しになりますが、

梅雨明けたトタン屋根に猛暑がやってきた日に、
先日(ダイブ前)たくさんの人達と吉野への道を歩いて参りました。

かんべえして~チョモランマ~と叫びたくなるぐらいの日差しの中、
一路、飛鳥川上坐宇須多岐比賣命神社へと。



7004 古道紀行 飛鳥から 吉野への道 飛鳥川を遡行する

二上山、畝傍山、生駒山


7004 古道紀行 飛鳥から 吉野への道 飛鳥川を遡行する
稲渕、棚田、



7004 古道紀行 飛鳥から 吉野への道 飛鳥川を遡行する

稲渕、男綱、



7004 古道紀行 飛鳥から 吉野への道 飛鳥川を遡行する

栢の森、加夜奈留美命神社、ココでお昼、



7004 古道紀行 飛鳥から 吉野への道 飛鳥川を遡行する

栢の森、



7004 古道紀行 飛鳥から 吉野への道 飛鳥川を遡行する

栢の森、ここから登り道、踏ん張りどころ、



7004 古道紀行 飛鳥から 吉野への道 飛鳥川を遡行する

役行者前で休憩


7004 古道紀行 飛鳥から 吉野への道 飛鳥川を遡行する

芋峠に到着!

前の方、美女、美男過ぎましたので、ぼかし入れましたので、
御了承御願い申し上げます。



7004 古道紀行 飛鳥から 吉野への道 飛鳥川を遡行する

ラッキー!なんと、幻の旧道が復活!

サンキュー!あすか劇団時空、吉野町、様々でございます。

真夏には砂漠のオアシス。



7004 古道紀行 飛鳥から 吉野への道 飛鳥川を遡行する

快適な道が、



7004 古道紀行 飛鳥から 吉野への道 飛鳥川を遡行する  

近鉄吉野線の鉄橋

チョイ南伊勢街道を歩き、ようやく大和上市駅が目前まで。

この辺、もうヘロヘロ状態になってます~

衆院予算委員会での管直人首相状態な訳ですね、たぶん。




古道紀行・おおばこ | Comments(0)
 | HOME |