2010/11/26

これからの歩く・石仏の辻のスケジュール

来たぞ我らの~「ウルトラマン~」ではなくって、
来たぞ我らの~「これからの歩く・石仏の辻のスケジュール」でございます。


2010年のスケジュール
           はトイレです

完歩いたしました、当日の愛と涙の記録はココからどうぞ
第1回 10月2日 土曜日
善教さんに建治型を訪ね歩きます(奈良県 天理市)
JR桜井線 柳本駅 午前9時30分集合
光蓮寺跡-五智堂・真面堂-観音寺-専行院-櫛山古墳・地蔵石仏-柳本共同墓T
-トレイルセンターT-柳本城主の墓-長岳寺山門前-長岳寺・奥の院道
-みろく丘・弥勒石龕仏-不動池の不動石仏-中山観音T-念仏寺・墓地-天満神社
-並木不動-大和神社T-長柄駅
■歩行距離約7㎞ 高低差約50m 


完歩いたしました、当日の愛と涙の記録はココからどうぞ
第2回 11月6日 土曜日
生駒谷の石仏・南生駒周辺を訪ねます(奈良県 生駒市)
近鉄生駒線 萩の台駅 午前9時30分集合
石福寺-庚申の杜-宝幢寺-往生院-竹林寺T-興融寺T-円福寺-大門磨崖仏
-大福寺-鶴林寺-鬼取墓地-教弘寺-小倉藪の地蔵石仏-南生駒駅前-南生駒駅
■歩行距離約7㎞ 高低差約150m 


皆様方、お変わりないでしょうか?
紅葉真っ盛りの中「歩く・石仏の辻」も段々と歩き色(ハイキング)が濃くなって参ります。
12月は大和高原へと落ち葉の上を歩いて、阿弥陀笠石仏に奈良時代後期?
の塔の森十三重石塔を、さらに伊行恒の切りつけ地蔵(阿弥陀磨崖仏)
これぞ奈良の石仏(石造物)天こ盛り状態でございます。

第3回 12月4日 土曜日
福住から白砂川を下り、田原へと歩きます(奈良県 天理市 奈良市)
近鉄天理線 天理駅 午前9時集合
バスにて 9時20分発 三重交通 上野産業会館行き 国道福住まで710円
上入田墓地-不動寺-阿弥陀笠石仏-八幡寺跡-氷室神社T-阿弥陀
-双仏石・泥かけ地蔵-ゴルフ場T-塔の森十三重石塔-日吉神社-切りつけ地蔵
(阿弥陀磨崖仏)-南田原の地蔵石仏T-南田原の五輪塔-阿弥陀寺跡
-鉢ヶ坪墓地-白山神社-バス停
■歩行距離約10㎞ 高低差約150m 
*七廻り受け取り地蔵は、別途コースで歩きますので、よろしく~

2011年のスケジュール
           はトイレです

第4回 2月13日 日曜日
奈良坂・京街道を東大寺へと(奈良県・奈良市)
ディスカバリー・イン・奈良
京街道から、ひとつ、ひとつと石仏を訪ねます。
■ 近鉄奈良線 奈良駅 改札口 午前9時30分集合
バスにて、青山住宅行き、奈良阪まで200円
豆比古神社T-西福寺T-奈良坂共同墓地-般若寺(外から十三重塔を)-夕日地蔵
-東坂共同墓地-五劫院T-空海寺-知足院-東大寺内T-法華堂・石灯籠-十三重塔
-俊乗堂裏の層塔残欠-若草山・南麗・地蔵-洞の仏塔石-南大門・石獅子
-博物館前・宝篋印塔-興福寺 五重塔前 石燈籠基礎
■歩行距離約5㎞ 高低差約10m 

春の列車・バスの時刻変更に御注意ください(2010年11月現在時)

第5回 3月13日 日曜日
宝山寺旧参道 峯の薬師跡十三仏 髪切峠へ(奈良県・生駒市)
鎌倉時代に繁栄を極めたと言う、たぶん、旧鶴林寺から峯の薬師跡十三仏を訪ね、
そのまま幻の旧道を暗峠・髪切峠へと歩きます。
足元はしっかりした物を、お履き下さい、ほとんど下りです。
■ 近鉄奈良線 生駒駅 午前9時20分集合
ケーブルにて生駒山上へ、350円
生駒山上駅T-八大龍王・龍岳院-薬師山鶴林寺跡-八大ノ滝
-うつぶせ地蔵・峯の薬師跡十三-髪切峠-慈光寺-府民の森・なるかわ園地T〔昼食〕
-暗峠の地蔵-笠塔婆-近鉄奈良線・枚岡駅
■歩行距離約4㎞ 高低差 99%下りです 約450m 


第6回 4月10日 日曜日
宇陀市の丹波の佐吉を訪ね歩きます(奈良県・宇陀市)
二上山人の丹波の佐吉シリーズの第一回目でございます。
佐吉の心意気をしかと感じ取って下さいませ。
■ 近鉄大阪線 榛原駅 午前9時45分集合
バスにて、曽爾村役場行き、10時15分発 赤埴口まで000円
赤埴-平井・八王子神社(狛犬)-平井・大師寺(石祠ほか)T〔昼食〕
-平井・八王子神社(狛犬)-見田・大沢-宇陀水分神社(狛犬)
-宇陀水分神社前バス停(15時24分発「榛原行」バスに乗車します)
■歩行距離約6㎞ 高低差 無し


第7回 5月8日 日曜日
旧道ながさか道を歩き東当尾を訪ねます(京都府・加茂町)
浄瑠璃寺-岩船寺方面がニューヨーク・ヤンキーズなら、
旧道ながさか道-森八幡宮方面はサンフランシスコ・ジャイアンツでしょうか。
歩きなら文句なく、当コースです、歩きのワールドシリーズ制覇でございます。
■ JR関西線 加茂駅 午前9時10分集合
加茂駅-草畑-旧道ながさか道-北下手-大蔵墓地-ずんど坊笠塔婆
-森八幡宮T〔昼食〕-青地蔵-赤地蔵-勝風墓地-大畑・大福寺-弥勒の辻
-バス停・岩船寺口
■歩行距離約9㎞ 高低差約250m 


予約不要、気軽にお越し下さい。
■ 参加料 500円  御夫婦も500円
■ 地図は参加者に当日に配布します。
■ 安全管理は自己の責任において、行ってください。
■ 当日の都合によりコース変更することがあります。
■ 小雨決行、大雨以外歩きます。
■  弁当、飲料水、傘、お忘れなく。

お問い合わせにメールは、ココまで。


歩く・石仏の辻 | Comments(2)
2010/11/23

橿原市 小槻町の佐吉


橿原市 小槻町の佐吉

奈良県 橿原市 小槻町

来たぞ我らの~「ウルトラマン~」ではなくって、
来たぞ我らの~「丹波の佐吉~」

インターネットを見てましたら、下のブログさんが、
http://blogs.yahoo.co.jp/tastumi228400/14203586.html

2010年の丹波の佐吉の春の新作を発表したとありましたので、
早速、佐吉ハンターの二上山人に速達電報を打ちましたところ。

数日後に、逢ってきましたよメールと共に画像ファイルが。
どこを切っても佐吉の金太郎飴状態の役行者でございませんか。

なおかつ先日、古道紀行でニアミスすると言う事でよってもらって。
御対面でございます。

それでは、もう一度、
来たぞ我らの~「ウルトラマン~」ではなくって、
来たぞ我らの~「丹波の佐吉~」



橿原市 小槻町の佐吉

この、ほっぺ。



橿原市 小槻町の佐吉

この宝篋印塔のどこかに、
佐吉自筆の「サルでも良くわかる狛犬」
隠されてませんかね・・・



橿原市 小槻町の佐吉

与楽寺の佐吉・・・?・・・たぶん、誤報だと思います。



橿原市 小槻町の佐吉

与楽寺の名物ニャンコ、3年ぐらい前にも(この写真)
寺前の公園で昼食してたら、さりげない目線で・・・

華族の出でございましょうか、
けっして、自らの口からは、頂戴とは申しません、たぶん。



橿原市 小槻町の佐吉

天神社       

わたしもニャンコ・・・もとい、もといでございます、狛犬。



丹波の佐吉 | Comments(0)
2010/11/20

歩いてたら佐吉


歩いてたら佐吉

奈良県 宇陀市 菟田野区 古市場                               宇太水分神社

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「丹波の佐吉」に。

皆さん今晩は、柳田稔法想です。

「法想はいいですよ。(佐吉は)二つだけ覚えておけばいい。
『やっぱ宇太水分神社の狛犬ですよ』。
分からなかったら、これを言う。
これでだいぶ切り抜けてきた。
あとは『法と証拠に基づいて関の観音山で決まり』」



歩いてたら佐吉

奈良県 宇陀市 菟田野区           

これぞ「歩いてたら佐吉」

佐吉のおでこ、佐吉のほっぺ、佐吉のサイン付き。

平井太師山のついでバージョンなのか?

来春の桜見物時にて御覧になってはいかがでしょうか。



歩いてたら佐吉

奈良県 宇陀市 菟田野区   平井                       平井太師山

こちら本家の、まあ、長男?



歩いてたら佐吉

奈良県 明日香村 越         道標

前々から佐吉の狛犬を見てたんですが、

この佐吉を見て、たまげました。

実質的な佐吉の初体験ですな、「やさしく、してね・・・」



歩いてたら佐吉

飛鳥駅のスグの西裏にありますから、

見ないと人生失敗するよ~

失敗した本人が言うから説得力あるよね~



歩いてたら佐吉




歩いてたら佐吉

誰か綺麗に掃除してくださいまし。



歩いてたら佐吉

奈良県 宇陀市 大宇陀区 上新       正寺境内     合掌地蔵



歩いてたら佐吉

奈良県 宇陀市 大宇陀区 上新       神楽岡神社



歩いてたら佐吉

奈良県 宇陀市 大宇陀区 岩屋         徳源寺

歩きで、何回も、何回も見ました佐吉。

たぶん、 宇太水分神社よりも沢山見ました。



歩いてたら佐吉

奈良県 橿原市 久米町          久米御縣神社



歩いてたら佐吉

奈良県 橿原市 久米町          久米御縣神社



歩いてたら佐吉

奈良県 生駒郡 斑鳩町 神南             神岳神社



歩いてたら佐吉

奈良県 生駒郡 斑鳩町 神南             神岳神社


どうでしょうか、「歩いてたら佐吉」
歩きで出逢った、佐吉の数々、
でも、これも終わりです。

次からは、はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、
                    はあ~るば~る来たぜ~「佐吉」です。

次回からは、佐吉マイスターの二上山人に寄生して、
快楽の花園、悦楽の神秘、涙の函館連絡船、
押しては寄せる、佐吉の神髄に追います、乞う御期待アレ、たぶん。


歩く・石仏の辻   来年の4月に二上山人の御案内で、詳しくは近日中に。
第5回 4月10日 日曜日
宇陀市の丹波の佐吉を訪ね歩きます・その1(奈良県・宇陀市)
■ 近鉄大阪線 榛原駅 午前9時45分集合
バスにて、曽爾村役場行き、10時15分発  赤埴口まで
赤埴-平井・八王子神社(狛犬)-平井・大師寺(石祠ほか)T〔昼食〕
-平井・八王子神社(狛犬)-見田・大沢-芳野川土手(大師像)
-宇陀水分神社(狛犬)-宇陀水分神社前バス停(15時24分発「榛原行」バスに乗車します)

こうして、あなたは佐吉の海へと身を投げるんですね・・・




丹波の佐吉 | Comments(10)
2010/11/09

第二回 2010年 11月 生駒谷の石仏・南生駒周辺を訪ねます(奈良県 生駒市)


全国一千万の石仏ファンの皆さん今晩は、
今宵第二回目の「歩く・石仏の辻」は南生駒にやって参りました。


第2回 11月6日 土曜日
生駒谷の石仏・南生駒周辺を訪ねます(奈良県 生駒市)
■ 近鉄生駒線 萩の台駅 午前9時30分集合
石福寺-庚申の杜-宝幢寺-往生院-竹林寺T-興融寺T-円福寺-大門磨崖仏-大福寺
-鶴林寺-鬼取墓地-教弘寺-小倉藪の地蔵石仏-関の辻-南生駒駅前十三仏板碑
-南生駒駅
■歩行距離約7㎞ 高低差約150m


1.石福寺 乙田町 萩の台 乙田町
十三仏板碑 天正二年 慶長五年 慶長七年
六字名号板碑 天正四年 慶長六年

泉光寺 乙田町 萩の台
法華層塔 亨保二年 214

2.庚申の杜 小平尾
五輪塔 (室町時代)三基

3.宝幢寺 小平尾  
宝篋印塔 紀年なし
五輪塔 紀年なし
向拝柱礎石 (鎌倉)
石船 70
名号板碑 弘治二年

4.輿山往生院(こしやまおうじょういん) 有里町
南の入口近
六字名号板碑 天正十三年
宝篋印塔 正元元年 (1259)
五輪卒塔婆 (鎌倉時代)

五輪塔 紀年なし 162 南頂上付近
卒塔婆型五輪塔 天正十一年 68 北入り口
十三仏板碑  紀年なし 116 下部に二尊
十三仏板碑  天正十六年
十三仏板碑 (室町時代)

5.竹林寺 有里町
行基の墓
地蔵 永正十五年
忍正性募塔 (鎌倉)
五輪塔 (鎌倉)
結界石 (鎌倉)

6.興融寺 有里町
五輪塔 文永10年(1273)
六字名号板碑 亨禄四年
十三仏板碑 天文18年(1549年)

7.円福寺 有里町
宝篋印塔 北塔 永仁元年(1293)
宝篋印塔 南塔

8.大門磨崖仏 大門町
磨崖十三仏 天正十一年

9.大福寺 大門町
十三仏板碑 元亀四年
六字名号板碑 天文十三年
六字名号板碑 慶長十一年
五輪塔 永亨五年

10.鬼取墓地 鬼取町
地蔵 112
十三仏種子板碑
五輪板碑 天文二十一年
11.鶴林寺 鬼取町
六字名号板碑 永禄十年

12.小倉藪の地蔵石仏
地蔵 (室町時代)

13.教弘寺  小倉寺町
五輪塔 正慶2年(1333)
石龕役行者像 天正6年
十三重塔

14.関の辻 有里町
関の地蔵 紀年なし
京街道と旧暗峠道の四ッ辻
名号板碑 天正十三年


15.南生駒駅前 小瀬町
十三仏板碑 天文十七年 180
六字名号板碑 天正九年

観泉寺 小瀬町
十三重石塔  康永4年
十三仏板碑  天文17年

美努岡萬墓  青山台
美努岡萬の墳墓
明治5年に土取り中に偶然、墓誌が発見された。

無量寺 一分町
五輪塔 嘉元2年  大工井行氏(いのゆきうじ)



002 第二回 南生駒から

円福寺    有里町             宝篋印塔 北塔 永仁元年(1293)  右手



002 第二回 南生駒から

本日も快晴、私的には暑い・・・



002 第二回 南生駒から

大福寺  大門町         ここらで標高250mばかしかと、



002 第二回 南生駒から

庚申の杜 小平尾       お堂の中に庚申さんと地蔵さまが。


御参加の皆さんで、まだパソコン・メール登録まだの方は、
ホームページの石仏の辻から、
息子さん、娘さんのアドレスでもけっこうですので、お知らせ下さい。
集合写真並びに、これからのスケジュールをお送りします。



第3回 12月4日 土曜日
福住から白砂川を下り、田原へと歩きます(奈良県 天理市 奈良市)
近鉄天理線 天理駅 午前9時集合
バスにて 9時20分発 三重交通 上野産業会館行き 国道福住まで710円
上入田墓地-不動寺-阿弥陀笠石仏-八幡寺跡-氷室神社T-阿弥陀
-双仏石・泥かけ地蔵-ゴルフ場T-塔の森十三重石塔-日吉神社
-切りつけ地蔵(阿弥陀磨崖仏)-南田原の地蔵石仏T-南田原の五輪塔
-阿弥陀寺跡-鉢ヶ坪墓地-白山神社-バス停
■歩行距離約10㎞ 高低差約150m 
*七廻り受け取り地蔵は、別途コースで歩きますので、よろしく~

御参考に、国道福住から 下見行って来ました

また来月も来てください~


撮影:二上山人   タケチャンマン
歩く・石仏の辻 | Comments(0)
2010/11/04

不動明王と庚申さん


不動明王と庚申さん

平井大師山石仏群    奈良県 宇陀市 菟田野区 平井


不動明王と庚申さん

奈良県 宇陀市 菟田野区 宇賀志      庚申像  江戸時代たぶん


はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「丹波の佐吉」に。

「歩く・石仏の辻」の4月予定で宇陀の「丹波の佐吉」BY二上山人、を歩くことになって、
グーグルで検索してたら、なんと、なんと、
宇賀志の庚申像を紹介してるブログさんが出てきました。

この人も私同様の佐吉ウィルスに冒された人の様です、合唱!
もとい、もといでございます。
コーラスして、どないすんねん、
合掌の間違いでございました、関係者各位にペコリ。

まあ、この方も冗談半分、ブラックユーモアだと思いますが、たぶん。

真実は、その瞳の中に。


不動明王と庚申さん


このお不動さんのほっぺが良いですね、

佐吉のR・カーブ使いが絶妙なんですね、

木感、ならぬ石感の息吹。


不動明王と庚申さん


この庚申さんの瞳は実に危険ですね、
事業仕分けの連舫さん位危険ですね、

「佐吉じゃないとダメと言う理由は何があるんでしょうか?」
「弟子ではダメなんでしょうか?」

完全にTV意識しとるな、たぶん。


不動明王と庚申さん


佐吉のとっつあんに、NYの自由の女神を頼みたかったな~

と、アメリカ合衆国の茶会の皆々様方が言ったとか、言わなかったとか、たぶん。


不動明王と庚申さん

奈良県 宇陀市 菟田野区 宇賀志           宇賀神社前


不動明王と庚申さん


佐吉プロデュース、佐吉の弟子、佐吉フォロワー、佐吉本人、
いずれの方が彫ったにせよ、
ある意味で佐吉を凌駕してしまった庚申像(前口検事談)

真相はまた闇の中へと・・・

みんなマスコミが悪いのよ~(日本国民談)


丹波の佐吉 | Comments(0)
 | HOME |