2011/11/26

2011年佐吉の旅

2011年佐吉の旅

2011年佐吉の旅

とある日に、三重県下で佐吉か?の石造物が目撃される。
やがて、その謎を解明するために、
5人の佐吉ウィルスに感染した川口浩探検隊が立ち上がったのでございます。

一行を乗せた双発のプロペラ機は、
前人未踏の名阪を一路東へ東へと進むのであった。

辿り着いたるは毒蛇に毒蜘蛛がうじゃうじゃと徘徊するジャングル!
と思ったら、小ちゃな橋のたもとのお堂。
本日はココにてテントを張って野営し、
これからの困難な探検を前に鋭気を養うでありました。

どうでも、いいけど、お堂に着いたなら、とっとと調査せんかい~
そんなワケで前人未踏のお堂に首を突っ込んで調査開始!キリリ。


2011年佐吉の旅



2011年佐吉の旅



2011年佐吉の旅



2011年佐吉の旅


どうですか皆々様
銘は無しだそうです。
佐吉にしてはドラエモン体型!
あんよがな~発言多し
あいかわらず芸は細かいぞ~

さあ~あなたは、どっちだ!

私は佐吉かと感じてるしだいでございますが。

詳しく知りたい方は、歩く・石仏の辻のCEOこと二上山人に直にどうぞ。
直に見て、感じて、触らないと、分かんないモンね。



丹波の佐吉 | Comments(0)
2011/11/10

2011 紅葉後の久安寺へ その弐 信貴畑から久安寺

2011  紅葉後の久安寺へ その弐  信貴畑から久安寺

2010 1212 紅葉後の久安寺へ
信貴畑から南東方面を          標高250mあたり

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、平群谷の「ちょっと遅い紅葉へ」
ただし、去年に歩いた道、石仏を追い求め歩いた道、その2

本日のコース
竜田川駅信貴畑久安寺-福貴畑-福貴-平群駅


2010 1212 紅葉後の久安寺へ
信貴畑から北東方面

程良い太陽光線が、紅葉末期の渋色がいっそう引き立っております。


2010 1212 紅葉後の久安寺へ
信貴畑墓地

古式古来の風情


2010 1212 紅葉後の久安寺へ
信貴畑

ここは三辻、信貴山朝護孫子寺もすぐソコでございます。


2010 1212 紅葉後の久安寺へ
久安寺スカイツリーこと山形名号碑  紀年不明
中央を貫くは「立石越え」の道。

やって参りました、「大和の天空都市マチュピチュこと久安寺」へと。
こと、こと、と五月蠅いのですが久安寺に入って参りました。


2010 1212 紅葉後の久安寺へ
久安寺               舟形十一面観音立像 明和六年(1769)


2010 1212 紅葉後の久安寺へ
久安寺

THIS IS  道標


2010 1212 紅葉後の久安寺へ
久安寺               子供達の墓地だそうです、久安寺に生まれ、久安寺へと帰って行く。

「大和の天空都市マチュピチュこと久安寺」で繰り広げられる、
石造遺物の艶姿を御覧アレ。

つづきはその3にて・・・


生駒・矢田丘陵 | Comments(2)
2011/11/09

2011 紅葉後の久安寺へ その壱 椹原から信貴畑へ

2011  紅葉後の久安寺へ その壱  椹原から信貴畑へ

2011  紅葉後の久安寺へ
椹原

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、平群谷の「ちょっと遅い紅葉へ」
ただし、去年に歩いた道。

本日のコース、サラリと書けば、中身は濃かった・・・とても・・・
竜田川駅椹原信貴畑-久安寺-福貴畑-福貴-平群駅


2011  紅葉後の久安寺へ
信貴畑

12月に入ったとある日、歩き始めました。


2010 1212 紅葉後の久安寺へ
信貴畑

葡萄畑の世話するオバチャンと話し込めば、
今年の紅葉は「とてもグッドだった」だったった・・・
一週間遅かったですか、
ズレ、ズレ、ズレ人生に幸アレ、

アレから一年、一度も幸は訪れた事は無い、かすった事も無い。
それでも今年も紅葉の季節が巡って来た、幸が巡って来る、たぶん。


2010 1212 紅葉後の久安寺へ

霞んで遠くに見えるのは、音羽三山。
見えない人は、目を細めて見てください!
それでも見えない人は、液晶モニターを買い換えましょう・・・


2010 1212 紅葉後の久安寺へ
信貴畑

THIS IS  道


2010 1212 紅葉後の久安寺へ
信貴畑

THIS IS  日本


2010 1212 紅葉後の久安寺へ
信貴畑

お堂の中に石仏


2010 1212 紅葉後の久安寺へ
信貴畑      勧請の地

勧請の地と申しても、レジが置いてある場所では無いので、
お間違いない様、御願い申し上げます。

舟形十三仏板碑  天文二十一年(1552)
舟形如来座像 紀年なし  室町前半期頃


2010 1212 紅葉後の久安寺へ
信貴畑

タル地蔵    舟形十一面観音立像 明和五年(1768)

小沢二郎さんはプラスティックのビール箱の上で演説しましたが、
こちらは、樽の上に乗った十一面観音さん、
TPPについて、樽の上で記者会見する模様でございます、たぶん。

八回シリーズの平群谷の「ちょっと遅い紅葉へ」の第一回目どうでしたでしょうか。

ここまでなら、歩いた人が多いでしょうが、
次回は歩いた人しか歩いたことが無いと言う(あたりまえか)
大和の「
天空都市マチュピチュこと久安寺」へと参ります~



生駒・矢田丘陵 | Comments(2)
2011/11/07

あれから十年も~

あれから十年も~

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、
「ミヤマグチの地蔵石仏」に、
磨崖舟型地蔵立像 天文十二年(1543)


先日、ウォームス三人衆で、
11月27日のウォーキング娘例会予定の、
平群谷の紅葉を満喫しながら十三峠への道を辿り、杵築神社で昼食~
の下見に行って参りました。

本日の下見コース
平群駅-福貴-藤田家住宅-福貴寺跡-ミヤマグチの地蔵石仏-福貴畑-杵築神社T
 -久安寺-素盞雄神社T-信貴畑-椹原-竜田川駅


2011 古道 生民 ミヤマグチからの道


平群駅から、藤田家住宅の前を通って、福貴寺跡(白山神社)へと、
ここから少々道を上がって星ノ尾墓地に辿り着く前の妖しげな道を下ると。


2011 古道 生民 ミヤマグチからの道
2011年10月のミヤマグチの地蔵石仏      磨崖舟型地蔵立像     天文十二年(1543)

母を訪ねて三千里の如しに辿り着いたのが、およそ十年前~
それから訪ねるごとに環境の大異変が
ミヤマグチの地蔵
を襲っております。

まあ、ぶっちゃけたオハナシ、手入れしてないと、
藪の中に埋もれるミヤマグチの地蔵石仏
また、ある時は、それ以前に、
辿り着くハズの道自体が藪の中とか。


2011 古道 生民 ミヤマグチからの道
2001年4月の
ミヤマグチの地蔵石仏

10年前は葉緑素の粉末がかかって無い様です、たぶん。


2011 古道 生民 ミヤマグチからの道

2001年4月の
ミヤマグチの地蔵石仏前を通ってスグの、
福貴から福貴畑への旧道の入り口の写真です。


2011 古道 生民 ミヤマグチからの道

10年後の2011年11月の写真

しかしながら、10年後の今日はウォームス三人衆残りの二名に「どこが道ジャイ、ボケ!」
ボロくそに怒鳴られてしまったのでございます。
誠にもって、コレこそを「諸行無常」と申せましょう。

この道歩くと福貴から福貴畑へのバイパス道としてグッドだったんですが、
グッドもバットもドッグも歩けない道と成り果ててしまったしだいでございます。
しかたがないので、てくてくマップ御用達の自動車道を歩行。


2011 古道 生民 ミヤマグチからの道
寿盞鳴(スサノオ)神社         久安寺   文化二年丑三月吉日(1805)

杵築神社で昼食いただき、十一面観音 六地蔵碑に御挨拶して、
一路久安寺へと久安寺へとちょっと歩くと寿盞鳴神社 に、
それなりに古手なんでしょうか?


第50回 11月27日 第4日曜日    担当:タケチャンマン

  平群谷の紅葉を満喫しながら十三峠への道を辿り、杵築神社で昼食。
    午後からは久安寺へとこれでもか、これでもかと紅葉を堪能して、
    トドメは椹原の紅葉で目一杯赤一杯お楽しみくださいませ。

集合 近鉄生駒線線「平群」駅改札口 9時35分


行程 平群駅-福貴-藤田家住宅-福貴寺跡-福貴畑-杵築神社T
        -久安寺-信貴畑-椹原-竜田川駅

距離 約10㎞   高低差 高低差300m     難度  ハイキング
参考 国土地理院1/25000「信貴山」

当日は紅葉見学最優先しますので、多少コース変更あるかもしれませんが御容赦をば。
いずれ「歩く・石仏の辻」で久安寺に福貴畑コースしますのでこう御期待を!



生駒・矢田丘陵 | Comments(0)
2011/11/05

009 2011 1030 佐吉シリーズ 第二回 謎の大五輪と大宇陀を行く

009 2011 1030  佐吉シリーズ 第二回 謎の大五輪と大宇陀を行く
奈良県  宇陀市  神楽神社      佐吉の狛犬

先日、なんとか昼食まで雨もってくれ~願いむなし~
雨中の中に盛大かつ特盛りに、なおかつ華やかに「歩く・石仏の辻」が催されました、たぶん。

今回も「佐吉ファン」の方が二名も新参加!
同じ穴の狢ならぬ、同じ穴の佐吉。

本日のコース
榛原駅 バス停母里南―十八柱神社―栖光寺跡(大五輪塔)-八幡神社
-春日神社T石塔基礎(石大工行元銘)-神楽神社(狛犬)-正法寺(地蔵像)
-大願寺(地蔵石仏)-徳源寺T(布袋像)-五十軒バス停-榛原駅


009 2011 1030  佐吉シリーズ 第二回 謎の大五輪と大宇陀を行く
十八柱神社


009 2011 1030  佐吉シリーズ 第二回 謎の大五輪と大宇陀を行く
栖光寺跡  大五輪塔


009 2011 1030  佐吉シリーズ 第二回 謎の大五輪と大宇陀を行く
八幡神社


009 2011 1030  佐吉シリーズ 第二回 謎の大五輪と大宇陀を行く
神楽神社


009 2011 1030  佐吉シリーズ 第二回 謎の大五輪と大宇陀を行く
正法寺  佐吉の地蔵

詳しくは、下見しました「歩く・石仏の辻編」下の方を見てください。

二回にわたって歩いた「宇陀の佐吉ツアー」どうでしたでしょうか。
来年は大和盆地の佐吉を訪ねる予定です、御期待アレ。



歩く・石仏の辻 | Comments(4)
 | HOME |