2013/03/23

2013 0320 下見 ウォームス 多田銀銅山 その2

2013 0320 下見 ウォームス 多田銀山

代官所跡からお休み所の悠久の館を見てます。
甘露寺についたと同時に雨がポツポツと、
春雨じゃ濡れて参ろう~なんて思ってたら、
けっこうな雨足で、ありゃあランランでございます。
結局、梅田あたりまで降りっぱなし~

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「多田銀銅山」に。
全国一億三千万の埋蔵金ファンの皆様方お今晩はでございます。

只今、秀吉の埋蔵金の在処を示した地図と共に一歩、
一歩現場に近づいてる所でございます、たぶん。
あと3.7㎞で億万長者になると思うと、足どりも軽く、目は花粉症で痒いの~

本日は31日のウォーキング娘の下見にきてます。
その片手間に秀吉の埋蔵金を戴こうという寸法でございます。

本日のコース
第55回 3月31日(日)
―秀吉と埋蔵金伝説の郷― 多田銀
山跡を訪ねて
埋蔵金発見したら、私まで即御一報をばよろしく~

集合:能勢電鉄・日生中央駅 9時30分集合


行程:日生中央駅・T―紫合・T―南田原―ジャリ池―大露頭―台所間歩―瓢箪間歩
         ―青木間歩―金山彦神社・昼食―代官所の門―甘露寺―代官所跡―悠久の館・T
         ―らせん階段―広根の道標―静思館・T―日生中央駅・T


距離:14㎞ 高低差:100m 国土地理院1/25000:広根・武田尾

2013 0320 下見 ウォームス 多田銀山

広根の道標  明治36年

2013 0320 下見 ウォームス 多田銀山

妙けんさんへの御案内

2013 0320 下見 ウォームス 多田銀山

文政元 戊寅 (1818)

2013 0320 下見 ウォームス 多田銀山

みょうけん

2013 0320 下見 ウォームス 多田銀山

安養寺から東(南東か)を、たぶん。
妙見山では無い様な、ずずっと左手かな妙見山、
判ると人教えてください。

2013 0320 下見 ウォームス 多田銀山

ここから狛犬コーナー  下見つつ狛犬見学もちゃっかりんこ。
お昼を食べる金山彦神社の狛犬
寛政11か?12か?(1799)
けっこう古手なんですね。

2013 0320 下見 ウォームス 多田銀山

こちらは寄りませんが、広根  素盞嗚神社の狛犬
似たもの同士でも、味付けがちがいます。

2013 0320 下見 ウォームス 多田銀山

金山彦神社

2013 0320 下見 ウォームス 多田銀山

広根  素盞嗚神社
狛犬はデザインから年号とか石工・石屋を割り出すのは大ナンセンス!
だそうです、まったく物理の法則には当てはまらない、カオスの世界!
素粒子理論もなんの園、狛犬の園。
狛犬界の大統一理論をうち立てたらノーベル賞間違い無しと噂されてます、たぶん。

ここで4月の歩く・石仏の辻のお知らせ!
なんとも危うし!
「桜三昧でお目目がピンクに染まってゴメンナサイませ」
このままでは、
「葉桜三昧でお目目がグリーンに染まってゴメンナサイませ」
になっちゃいそうでございます、その時はペコリン、ペコリンでございます。

第17回 4月6日 第1土曜日
桜満開 飛鳥駅から甘樫丘経由で高家へと(奈良県・明日香村 桜井市 )

桜三昧でお目目がピンクに染まってゴメンナサイませ。

集合:近鉄吉野線・飛鳥駅 午前9時35分

行程:飛鳥駅ー鬼の雪隠ー亀石ー甘樫丘Tー飛鳥坐神社Tー八釣ー高家
ー高家・春日神社Tー今井谷・八講桜Tー安倍文殊院Tー桜井駅

距離:14㎞ 高低差:200m 国土地理院1/25000:畝傍山

桜は無くとも、飛鳥辺りの山里風景を御覧アレ!


ウォーキング娘 | Comments(4)
2013/03/21

2013 0320 下見 ウォームス 多田銀銅山 その1

2013 0320 下見 ウォームス 多田銀山  
はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「多田銀銅山」に。
全国一億三千万の埋蔵金ファンの皆様方お今晩はでございます。

只今、秀吉の埋蔵金の在処を示した地図と共に一歩、
一歩現場に近づいてる所でございます、たぶん。
あと3.7㎞で億万長者になると思うと、足どりも軽く、目は花粉症で痒いの~

本日は31日のウォーキング娘の下見にきてます。
その片手間に秀吉の埋蔵金を戴こうという寸法でございます。

本日のコース
第55回 3月31日(日)
―秀吉と埋蔵金伝説の郷― 多田銀
山跡を訪ねて
埋蔵金発見したら、私まで即御一報をばよろしく~

集合:能勢電鉄・日生中央駅 9時30分集合


行程:日生中央駅・T―紫合・T―南田原―ジャリ池―大露頭―台所間歩―瓢箪間歩
         ―青木間歩―金山彦神社・昼食―代官所の門―甘露寺―代官所跡―悠久の館・T
         ―らせん階段―広根の道標―静思館・T―日生中央駅・T

距離:14㎞ 高低差:100m 国土地理院1/25000:広根・武田尾

2013 0320 下見 ウォームス 多田銀山

ジャリ池だそうです、ほんとにジャリ池でズッコケそうになりました。

2013 0320 下見 ウォームス 多田銀山

なにやら皆さんが石を拾って何かしてるので、
お約束のギャグを 「化石ですか~」
「鉱物ですよ~」 返事がかえってきました。
たぶん、このおっさん!ボケとんのか~と、思ったでしょうね。

2013 0320 下見 ウォームス 多田銀山

ようやく南北の谷に出てまいりました。
2013 0320 下見 ウォームス 多田銀山

北行けば道の駅、南へ行けば多田銀銅山、
と申しても、この辺一帯から鉱物がザックザックのようです。

2013 0320 下見 ウォームス 多田銀山

大露頭、ブッチャケほったらかしの跡。

2013 0320 下見 ウォームス 多田銀山

徳川時代の様子が。

2013 0320 下見 ウォームス 多田銀山

儲け頭の間歩だったそうです。

2013 0320 下見 ウォームス 多田銀山



2013 0320 下見 ウォームス 多田銀山

青木間歩の中、けっこう中まで入れます。

2013 0320 下見 ウォームス 多田銀山

むかしの青木間歩、手掘り跡がわかるそうです。

その2に続きます。


ウォーキング娘 | Comments(7)
2013/03/14

2013 02 八丁岩を訪ねて

 2013 02 八丁岩
てっぺん辺りが八丁岩

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「北田原の八丁岩」に。
全国一億三千万の八丁岩ファンの皆様方お今晩はでございます。

まさしく七年ぶりの八丁峠(自称)に帰って参りました。
見事に何にも無いゴルフ場建設中の地でございます。

七年前の「八丁岩の東に」
御覧ください。

以前来た時はグランド状態でありましたが、今は見事なるサバンナ状態であります。
いつ何時に草陰からライオンが現れて、私に襲いかかるやら!
しかしながら、私は見るからに不味そうですから大丈夫でしょう、たぶん。

そして「北田原の八丁岩」は八丁池(自称)の北西に鎮座す!
北田原から上がって来て、池を左に回り込んで、ちょい歩けば八丁岩。
困難な道を期待したんですけど、小学生でもOKの道。
ここで生駒山を眺めての昼ご飯なんか最高でありませんか。

そう言うわけで、いつもは八丁池を通り過ぎて八丁峠と、
高山への道を歩いてて、八丁岩とは縁が何故か無かったんですが。
こうして八丁岩に立てば生駒谷が眼下にワイドに。
近くの人はちょっと長い散歩コースでいかがでしょうか。

その後御約束道理に、
八丁岩から北上して「何にも無いゴルフ場建設中の地」に降りたって、
円を描いてぐるりと歩いて、まあ工事中の道を歩けば自然と。
北田原と高山(ひかりが丘)の辻(八丁峠)へと辿り着きました。
この道は明治の地図に載ってますから、
帰りに北田原・大角のおばあちゃんに前回にめげずお尋ねたら。
「知らないよ~」
やっぱしね。
そこで、八丁岩での祭り事は?
「今はやってないよ~」
リストラされた様です。

本日は高山方面行きはボツ、暑くってへたばってますもんで、
帰りは北田原の石仏見物に変更!

2013 02 八丁岩

八丁池を左に辿ればそのまま八丁岩へと。

2013 02 八丁岩

砦跡なんでしょうか、見張るのにはもってこいの場所ですから。

2013 02 八丁岩

昔はバス道からも八丁岩が見えてたそうです。

2013 02 八丁岩  

トータル12年間ほったらかし状態のママですが、
それは、あくまでも、私が歩いた時のお話しで、
バブルの遺産ということでしょうか?

2013 02 八丁岩

便宜上私が八丁峠と呼んでる所に来ました、
こちらは八丁池へと続いてます、7年前よりは道筋がハッキリしてるような。
反対側が、高山(ひかりが丘)への道があります。

2013 02 八丁岩

やがて八丁池に戻ってきました。
正にぐるりと輪を描いて戻ってきました。

みなさんも気になっていませんでしたか?
国土地理院の地図にも八丁岩とデカデカと載ってますから!
いつも地図持って歩いてる人ならラクチンで行けます。

私としてはぐるりと散歩して、
高山開発に交野市のゴミ焼却場建設計画なんぞを思い出してはいかがでしょうか?


その他 | Comments(2)
2013/03/02

2013 02 久曽麻留石を訪ねて

2013 02 久曽麻留石を訪ねて
久曽麻留石

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「生駒山の久曽麻留石」に。
全国一億三千万の久曽麻留石ファンの皆様方お今晩はでございます。

なんと香ばしい臭いが辺り一面に漂うネーミングでは無いでしょうか!
あくまでもネーミングだけなので、心配御無用でございます。
心配性の方は鼻にキムコでも括り付けてはいかがでしょうか、鼻が重いけど。

とある日、「久曽麻留石探険隊」は生駒山上のケーブルーカー駅に威風堂々と到着す。
サ・ム・イ 生駒山のテッペンは寒いです。
日陰にはしっかりと残雪が残って、下界は雨でも山上は雪の様だった様でございます。

まずは「久曽麻留石探険隊」御一行様は「鬼取山 鶴林寺跡」に寄ることになりました。
そうです、名号板碑 文亀二年(1502)八月 を見学、
「うつぶせ地蔵・峯の薬師跡十三仏  永正七年(1510)」より古い~と力説するS氏の言葉に、
その差8年の重みに考え耽ったのでございました、たぶん。

なお、鬼取町に下山した現鶴林寺にも、六字名号板碑 永禄十年(1567)が、
いったい戦国時代の「鬼取山 鶴林寺跡」に何がおこったのか?

「久曽麻留石探険隊」は乱立する電波塔の下を歩き、暗峠へと下山開始。
途中ドライブウェイの展望台を越えてチョイ下れば、
そこが「久曽麻留石」でございます、登山道から丸見え。

「探険」してないんですけどね、まるっきり。
それでも「久曽麻留石探険隊」の前に「久曽麻留石」がそびえ立ってるわけです。
正確に表現するのならば、横たわってるです。

本日のコース
生駒山上駅ー鬼取山 鶴林寺跡ー乱立する電波塔の下ードライブウェイの展望台
ー久曽麻留石ー暗峠ー裏暗峠街道(自称)ー鬼取町ー小倉ーカンジョウの森 地蔵
ー生駒駅(美◎座)

2013 02 久曽麻留石を訪ねて

久曽麻留石の大きさがわかる様に、
久曽麻留石探険隊に乗かってもらいました。

ところで「久曽麻留石」って何とおっしゃるあなたに。

生駒市の寺院2   鬼取山鶴林寺     新田義円
ふるさと生駒  第3号   昭和55年7月   生駒民俗会より

一般には役行者が前鬼後鬼の二鬼を獲らえた所が鬼取山で、
そこに開いた寺が鶴林寺であるとする。
又生駒山を西に越えて河内側で二鬼の髪をおろさせた所が髪切山と言い、
そこに創めた寺を慈光寺だとするのである。
クソマル石、奇妙な名だが、切られた前鬼後鬼の髪を埋めた所に据られたものだと言う。

民俗編   久曽麻留石の探索   藤本寅雄
ふるさと生駒  第10号   昭和57年4月   生駒民俗会より

役行者が「カミソリ」を砥いて前鬼後鬼を坊主にした伝説のある、

なる程~そういうわけだったんですか・・・
で、なんで、「久曽麻留石」のネーミングなの?
そんな突っ込みは、許されません。

2013 02 久曽麻留石を訪ねて
鬼取山  鶴林寺跡    名号板碑 文亀二年(1502)  八月

けっこう、お逢いになって無い人が多いんではありませんか。
うつぶせ地蔵・峯の薬師跡十三仏は見てても。

2013 02 久曽麻留石を訪ねて

落ち葉に埋まってました、右下に、文亀二年と。

2013 02 久曽麻留石を訪ねて

裏暗峠街道(自称)を歩いて生駒駅へと。

2013 02 久曽麻留石を訪ねて

この道は暗峠道より歴史は古いのでは、
文字どおりの住みかと住みかを結ぶ道だったのでは。

2013 02 久曽麻留石を訪ねて
カンジョウの森(春日の森)

バラバラになってた地蔵様が合体完了!
タブーであるはずのカンジョウの森が、
なんとGIカットされちゃってます。
南無阿弥陀仏でございます。
橋上政権下の日本もこんな状態になるんでしょうか!?


生駒・矢田丘陵 | Comments(10)
 | HOME |