--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/09/13

12年前の岩湧山(何も見えずの)

2001 0503 栄村 岩湧山
今でも入り口は同じなんでしょうか?

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「岩湧山」に。
「あの山は今」シリーズの二回目は。

雨で私は行かなかった「おおばこ・西国巡礼  滝畑から施福寺」
と言えば、「岩湧山」以前歩いたはずではと調べてみれば。
12年前に歩いてました。

かすかに、断片的に記憶が残っていたんですが。
デジカメデータをホ、ホーと呟いて眺めていると、
フツフツとその当時の思い出が・・・
湧き出て来ないではありませんか。
ボケですな、ボケ。
そこで笑ってるあなた!他人事ではありません、キッパリ!
ココまでまったく前回と同じでございます。

ボケはボケなりに記憶を一生懸命に捻り出した結果、
判明したのが、下のコースです。

本日のコース
滝畑ダム・バス停-岩湧山897-五ツ辻-三合目-越ケ滝分岐-紀見峠駅

2001 0503 栄村 岩湧山

写真は順番にです、
南の方を撮影してるのでしょうか。

2001 0503 栄村 岩湧山

ここまで来れば、スグソコです。

2001 0503 栄村 岩湧山

さすがは、この荷物引っ張り上げ機は、
アリスの今はモ~ウ~無いでしょう?

2001 0503 栄村 岩湧山

見晴らし、無惨にもダメでした。
この日GW中、寒かったと記憶してます。

2001 0503 栄村 岩湧山

ドコを眺めても、ガスの金太郎飴状態。
諦めがつくってもんですね。

2001 0503 栄村 岩湧山

晴れてたら、最高なんでしょうけど、
本日最低でございました。

2001 0503 栄村 岩湧山

ダイヤモンドトレイルの一部を歩いたと思えばOK!
快楽の園、悦楽の神秘、押して返す愛のさざ波は山頂だけでございます。

あとは、ひたすら減量して、来るべく反省会に備える、
正しく業でございますな、たぶん、あやまっとこ、ペコリン。
12キロばかしでしょうか。

ウォーキング娘で歩きコースを考えてます。
みなさんどうでしょうか。

夏コースにいいかもしれませんね、8月下旬、
鉄道会社の企画モノとダブルブッキングかな、考慮。


スポンサーサイト
大阪 | Comments(5)
2013/09/05

2013 0902 快慶の最古の作品 それも石仏 その2

2013 0902 快慶の最古の作品 その2
奈良県  生駒郡  三郷町              西勢野墓地  阿弥陀石仏

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「一針薬師笠石仏」に。
本日はその2でございます。
前回に紹介した。

奈良県史7  石造美術441~444Pにも、今思えばのアレコレ載ってます。
ということはですね、
西勢野墓地の阿弥陀石仏に瘡神社の弥勒仏石仏も快慶作ということですね。
一針薬師を真ん中に左右にそれぞれが!

の写真をどうぞ、どうぞと言っても。
阿弥陀さんはラッシャー木村 vs ジプシー・ジョーの金網デスマッチ状態で、
流血が激しくって、とても像容どころではありません。

みなさんも是非その目で御覧ください。
快慶なのか、東京オリンピックなのか?

2013 0902 快慶の最古の作品 その2
奈良県  生駒郡  三郷町             瘡神社  弥勒仏石仏

弥勒さんだそうですが。
こちらも、40年ぶりに逢った、同級生の可愛いミヨちゃん状態に。
なみだ、涙、ナミダでございます。

しかし、750年前頃に一針の薬師を真ん中に、阿弥陀、弥勒で、
快慶のキャンディーズって、ホンマにありですか?
石仏ファンとしてはあって欲しいけど。

仏像研究家にとってはマズイ台本かな、たぶん。
ともかく、大本営発表を待ちましょう。
11月には誰もかれもが忘れているでしょうけど・・・

2013 0902 快慶の最古の作品 その2
奈良県  生駒郡  三郷町              持聖院  地蔵石仏

これも快慶  あれも快慶  たぶん快慶 
きっと快慶  だって淋しいものよ
愛の快慶花

この地蔵さまも快慶色ありだそうです。
快慶は仏師であり石仏師でもあったわけですね。

生駒・矢田丘陵 | Comments(11)
2013/09/02

2013 0902 快慶の最古の作品 それも石仏

2013 0902 快慶の最古の作品
奈良県  三郷町

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「一針薬師笠石仏」に。

なんと一針薬師さんの正体が仏師・快慶であることが判明したそうです。
サインが入っていたそうです。
傘の裏面に発見だそうです。
正確には判読したということですね。
快慶の石仏、初見参ということです。

詳しくはココみて快慶。

奈良県史7  石造美術441~444Pにも、今思えばのアレコレ載ってます。
ということはですね、
西勢野墓地の阿弥陀石仏に瘡神社の弥勒仏石仏も快慶作ということですね。
一針薬師を真ん中に左右にそれぞれが!
これこそが私が崇拝する「トリオ・ザ・パンチ」そのものでございませんか。
あれ、また、やっちゃいましたか、失礼、大ペコリン子。
これこそが私が崇拝する「快慶」そのものでございませんか、たぶん。

あくまでも、たぶん、でございますので、
大本営発表を待ちましょう!?

2013 0902 快慶の最古の作品

疑ってた人は、むかしから一杯いたみたいですね、
でも自白がないと、
いや、自白だけでは有罪にできませぬ。
残された道は、DNA検査だけなのか。

2013 0902 快慶の最古の作品

DNAならぬ拓本とってコツコツと判読されたんでしょうね。

2013 0902 快慶の最古の作品

これで、仏像ガール、山ガール、に次いでの石ガール来るかな、
来ないか、来るわけ無いか、妄想か、アベノミクスか。

このさい夢子ガールで手打ちするか、法華の件もあるしね (^_^;)

補足:また、トリオ・ザ・パンチの、「おら、ハードボイルドだど!」 聞いてみたいな~


生駒・矢田丘陵 | Comments(5)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。