2013/12/31

020 2013 1223 当尾の里から奈良まで歩きます

020 2013 1223 当尾の里から青山住宅(奈良)まで歩きます
わらい仏

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「当尾の里から奈良まで歩きます」に。
本日は歩く・石仏の辻で当尾の里にやって来ました!
今日はどちらかと言うと裏街道を辿って、当尾の里から奈良を目指す道。

第20回 12月23日 祝日 第4月曜日      歩く・石仏の辻
当尾の里から青山住宅(奈良)まで歩きます(京都府・木津川市 加茂町 奈良市)
ドデカイ大門石仏を見た後に、変わり者しか歩かない(道はありますので安心を)
浄瑠璃寺奥之院の西手の山道を南下して中ノ川・旧伊勢街道分岐へと歩きます。
早く帰りたい人は青山住宅T(バス亭) でバイバイして、
京街道(奈良街道)を辿り、般若寺(外から十三重塔を)をチラッと見て、
近鉄奈良駅まで歩きます

集合:下のバス停にて
JR奈良駅西口  バスのりば1番 系統番号96  下狭川行き9:21発 岩船寺口下車 500円
近鉄奈良駅     バスのりば4番 系統番号96   下狭川行き9:28発 岩船寺口下車 500円

行程:バス停・岩船寺口ーわらい仏ーヒトクワ地蔵ー水呑み地蔵ー浄瑠璃寺T(昼食)ー東小
       ー大門石仏ー西小ー中ノ川・旧伊勢街道ー青山住宅T(バス亭)
       ー(明るかったら奈良駅まで)ー京街道(奈良街道)ー般若寺(外から十三重塔を)
       -夕日地蔵ー近鉄奈良駅

距離:約9㎞(奈良まで13㎞)   高低差:約50m   国土地理院1/25000:奈良 柳生
難度:山歩きハイキング

005 裏当尾の旅 その1 当尾の里は 泣く子も笑い仏
006 裏当尾の旅 その2 辻千日墓地に足を踏み入れた瞬間に
008 裏当尾の旅 その3    岩船寺墓地六地蔵石龕仏に
045 今日も当尾の里は春だった


020 2013 1223 当尾の里から青山住宅(奈良)まで歩きます

冬枯れの浄瑠璃寺。
これはこれで、味のあるものですが。
池掃除中にてカックン~でございますが。

秋の浄瑠璃寺は、ココ見てくださいマシ。

020 2013 1223 当尾の里から青山住宅(奈良)まで歩きます
大門石仏

年齢不明と噂される大門石仏!
ちなみに、大門石仏にへばり付いてる方やら、
手前で交通整理中の方も年齢不明です。

020 2013 1223 当尾の里から青山住宅(奈良)まで歩きます

残念ながら般若寺の十三重塔    建長五年 (1253)は、
門のすだれ(?)に隠れて見えてません。
ココから見てください。

いつもの如く、今年も後数時間で終わりでございます。
また来年もお暇があれば、気が向いたら、
是非ウォーキング娘に歩く・石仏の辻にお越しくださいませ。
お待ちしてます。

明日はもう来年、ついでに来月。
来月は大和三山をはしごいたします。
飛び石の如くあちこちに存在してますが。
当日は面倒くさがらずにお訪ねします。

そして、春日神社・佐吉の狛犬も御期待ください!
けっこう、まだお逢いしてない人が多いのでありませんか。
是非、佐吉を体で感じとってください。

第21回1月26日 第4日曜日    歩く・石仏の辻
大和三山 早春の道  春日神社の佐吉狛犬も見学

集合:近鉄橿原線 橿原神宮前駅 中央改札口 午前9:35

行程:橿原神宮前駅ー畝火山口神社ー畝傍山198ー本薬師寺跡Tー阿弥陀石仏
          ー香具山152ー伊弉冊(いざなみ)神社ー天香山神社ー藤原宮跡T
          ー養国寺・春日神社・佐吉の狛犬ー耳成山139ー耳成山口神社ー大和八木駅

距離:14㎞  高低差:150m  難度:ハイキング

参考に御覧ください
2013 0922 下見 大和三山秋景色 その1
2013 0922 下見 大和三山秋景色 その2
2013 0922 下見 大和三山秋景色 その3

では、皆様方、良いお年を!


歩く・石仏の辻 | Comments(6)
2013/12/16

2013 12 松明調進の道 一台峠の阿弥陀 その2

2013 1201 針インターから 一台峠

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「一台峠の阿弥陀磨崖」に。
その2でございます。

意を決して、いよいよ旧一台峠から切りつけ地蔵(阿弥陀)への道へと突入開始す!
写真だけ見たら何が何やらわけわからん状態ですが、
右手の落ち葉が見えてる部分が堰堤、
これを乗り越えて進みます。

そして本日のコースは、
榛原駅・バスー針インター・道の駅ー針ー針ヶ別所ー馬場ー杣ノ川一台峠(阿弥陀磨崖仏)ー切りつけ地蔵(阿弥陀)ー南田原町(地蔵石仏)ー茗荷町ー和田町(ど真ん中突っ切る道)ー須山町ー上誓多林ー峠茶屋ー石切峠(地蔵・十一面観音)ー滝坂道 近鉄奈良駅

2013 1201 針インターから 一台峠

旧一台峠から地図にある道を・・・
一般的なニッポン人なら道とは言わないでしょうけど。

途中に南コースからと思われる道に突入するも、引っ返す。
コレがホントお勉強になるんですね。

2013 1201 針インターから 一台峠

旧一台峠から流れ出してるせらぎを渡れば、
それなりの道幅の道が。

2013 1201 針インターから 一台峠

やんれ、やんれ、やんれ。
と申しましても、思ったより、わりとスムーズに現世に帰還す!
ついに、一台峠付近の旧道を走破いたしました。

旅人は何百年もこの道を歩いて、
しかしながら、最近では私達だけかな、たぶん。

2013 1201 針インターから 一台峠

この道は山田町から南田原町への車道。

2013 1201 針インターから 一台峠

切りつけ地蔵(阿弥陀)
前にあったドデカイ蔦は、いつごろから、何処へ!?

2013 1201 針インターから 一台峠

ちょうどお天道様が照って・・・
秋の定番風景ですね。

2013 1201 針インターから 一台峠

進路を一路西から北へととり、上誓多林にて。
右手は与願印に見えますが、地蔵様がぽつんと。
和束の撰原峠地蔵石仏と同じ古式の印相でないでしょうか、たぶん。

顔がツルツルに、上誓多林の辻に立ってたのか・・・

2013 1201 針インターから 一台峠  
オット~ようやく石切峠の地蔵 十一面観音に御対面すっ!
最初に探して15年以上たっての御対面、Tさんあんがとさんです!
この区間の旧峠道を何回往復して歩いたことか。
当時の自分の姿が再現フィルムの様に今だにリアルに再現できます。

2013 1201 針インターから 一台峠

離れた所にポツリと地蔵様、
こりゃあ、わからんわ~

この辺をウロウロするのは、
石切峠から芳山へ行く人だけでしょう。

2013 1201 針インターから 一台峠

こうして、首切り地蔵の前でお約束の休憩をとり、
夕陽に映える逆光紅葉を見つつ近鉄奈良駅へと。

歩く・石仏の辻で、松明調進の道(名張街道)是非やりたいですね。
問題はいつもながらの交通の便を考えてのコース設定。

そして、旧一台峠からの切りつけ地蔵にいたる旧道を、
みんなで歩くのか?
微妙ですね、でも歩けないことは無いけど。
念書でも書いて貰えればOKかな!?

今からだと再来年の2015年コースか~
赤目口駅からの針インター前半と、
針インターから鉢伏せ峠を下った鹿野園町の後半コースの2パートで。
その頃にはみんな鉢伏峠からの長い道のこともすっかり忘れているでしょう、たぶん。
鉢伏峠の磨崖仏で二月堂との関係する銘文のお話しを聞いてもらわないと、
この松明調進の道(名張街道)を歩いた価値(個人差アリ)ないでしょう。
黒田荘の悪党のお話とか映画になりそうですね。

これだけは言えます、松明調進の道(名張街道)を歩けば、
石仏がレナウン娘の如く。
ワンサカ ワンサ ワンサカ ワンサ
イェーイ イェーイ イェイ イェーイ  でございます。

なお、石仏好きで無い人でも感無量になりますので、
御心配は御無用でございます。


歩く・石仏の辻 | Comments(4)
2013/12/13

2013 12 松明調進の道 一台峠の阿弥陀 その1

2013 1201 針インターから 一台峠
一台峠の阿弥陀磨崖

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「一台峠の阿弥陀磨崖」に。

紅葉も終わりかなの中、Tさんと針インターから一路北上し、
松明調進の道(名張街道)に合流し、
旧道を辿って再び一台峠の阿弥陀磨崖に逢ってきました。

かれこれ、むかしから、歩く・石仏の辻で
「松明調進の道」歩きたいな~と思ってたところに。
先日、一台峠の阿弥陀磨崖と御対面し。
前を横切る道が「松明調進の道」そのまんまの旧道と知り
「ヨッシャアー」と叫んだのでございました。
極楽寺から二月堂まで旧道がらみで歩けると・・・たぶん。

松明調進の道としては、
極楽寺ー坂ノ下ー黒田坂ー笠間峠ー上笠間(阿弥陀磨崖仏)ー小原(つちんどの阿弥陀三尊)ー小倉(川尻地蔵)ー針ヶ別所ー馬場(辻の地蔵石仏)ー杣ノ川ー一台峠(阿弥陀磨崖仏)阿弥陀磨崖仏ー切りつけ地蔵(阿弥陀)ー南田原町(地蔵石仏)ー茗荷町ー鉢伏峠(地蔵磨崖仏)ー鉢伏町ー鹿野園町ー高畑町ー二月堂
赤色は本日歩いたパート。

実際はその昔、奈良から名張方面への最短距離道に、
お伊勢参りの道として機能してた様でございます。
当時の男性の旅人なら一日のコース(8里から10里)にあたるのではないでしょうか。

参考
日本史研究  1993年  鈴木景二
「一台峠の古道と阿弥陀磨崖仏  黒田荘から東大寺への道」
史迹と美術  2002年  鈴木景二
「奈良東山中の石仏と古道  続・黒田荘から東大寺への道」
あまり参考にならない
ホームページ  石仏の辻
027  笠間街道ひとり旅  咲くのは花か石仏か
ブログ  石仏の辻
ウォームス 042 にほんの里100選に選ばれた深野、そして東大寺二月堂のお水取り松明調進の道
2012 0610   おおばこ  赤目口から 深野 三本松へ

そして本日のコースは、
榛原駅・バスー針インター・道の駅ー針ー針ヶ別所ー馬場ー杣ノ川ー一台峠(阿弥陀磨崖仏)ー切りつけ地蔵(阿弥陀)ー南田原町(地蔵石仏)ー茗荷町ー和田町(ど真ん中突っ切る道)ー須山町ー上誓多林ー峠茶屋ー石切峠(地蔵・十一面観音)ー滝坂道 近鉄奈良駅

2013 1201 針インターから 一台峠


榛原駅からのバスの中から残雪が見えて、ビックリっ子です。
大和高原はもう冬でした。

2013 1201 針インターから 一台峠
カヤの木

奈良市の看板が出てて保存樹だそうです。
自然には残らせてくれないのかな。

2013 1201 針インターから 一台峠
むかし、むかしの看板だけが残されていました。

ナショナル全製品販示店、と読めますが。
昔は販売店のことを販示店と呼んでいたのか?

2013 1201 針インターから 一台峠  
杣ノ川から旧道に入ってしばらく行ったところ。
まもなく一台峠へ向かう道が分岐する手前でございます。
地図上には北と南コースが、
阿弥陀様は北コースを辿ります。
現状では道はある様で無い様な、よくあるパターンでございます。

2013 1201 針インターから 一台峠

しばらくすると、再び御対面でございます。

2013 1201 針インターから 一台峠  
地元の方は弥勒地蔵と呼ばれてるそうです。

旅人は旧名張街道に佇む弥勒地蔵を拝み、奈良へと旅立って行ったことでしょう。
本日の私達は同じ奈良行きでも、
峠茶屋、石切峠、滝坂道経由の奈良行きでございます。
10月のウォーキング娘に鉢伏峠を下ったしね。

Tさんのお話しだとココまではどうにか道はあるけど、
旧一台峠からの切りつけ地蔵(阿弥陀)いたる道が・・・

その2に続くのでございます。
二人はこの世に生きて帰還できるのか!?
はたまた、旧一台峠付近で迷い猫(そんな可愛いものでは無いけど)になるのか、
乞う御期待アレ。


歩く・石仏の辻 | Comments(2)
2013/12/12

2014年 ウォーキング娘&歩く・石仏の辻 スケジュール

これからの、
ウォーキング娘&歩く・石仏の辻 スケジュール


各スケジュール、決まり次第、順次更新しますので、よろしくお願い致します。
変更もあるかも知れませんので、必ず確認お願いします!



第20回 12月23日 祝日 第4月曜日      歩く・石仏の辻
当尾の里から青山住宅(奈良)まで歩きます(京都府・木津川市 加茂町 奈良市)
ドデカイ大門石仏を見た後に、変わり者しか歩かない(道はありますので安心を)
浄瑠璃寺奥之院の西手の山道を南下して中ノ川・旧伊勢街道分岐へと歩きます。
早く帰りたい人は青山住宅T(バス亭) でバイバイして、
京街道(奈良街道)を辿り、般若寺(外から十三重塔を)をチラッと見て、
近鉄奈良駅まで歩きます

集合:下のバス停にて
JR奈良駅西口  バスのりば1番 系統番号96  下狭川行き9:21発 岩船寺口下車 500円
近鉄奈良駅     バスのりば4番 系統番号96   下狭川行き9:28発 岩船寺口下車 500円

行程:バス停・岩船寺口ーわらい仏ーヒトクワ地蔵ー水呑み地蔵ー浄瑠璃寺T(昼食)ー東小
       ー大門石仏ー西小ー中ノ川・旧伊勢街道ー青山住宅T(バス亭)
       ー(明るかったら奈良駅まで)ー京街道(奈良街道)ー般若寺(外から十三重塔を)
       -夕日地蔵ー近鉄奈良駅

距離:約9㎞(奈良まで13㎞)   高低差:約50m   国土地理院1/25000:奈良 柳生
難度:山歩きハイキング

005 裏当尾の旅 その1 当尾の里は 泣く子も笑い仏
006 裏当尾の旅 その2 辻千日墓地に足を踏み入れた瞬間に
008 裏当尾の旅 その3    岩船寺墓地六地蔵石龕仏に
045 今日も当尾の里は春だった


2014年
注意!電車とバスの時刻は2013年11月21日現在のモノです、
2014年3月の時刻改正あれば訂正しますので、必ず確認よろしくお願いします。

第21回1月26日 第4日曜日    歩く・石仏の辻
大和三山 早春の道  春日神社の佐吉狛犬も見学

集合:近鉄橿原線 橿原神宮前駅 中央改札口 午前9:35

行程:橿原神宮前駅ー畝火山口神社ー畝傍山198ー本薬師寺跡Tー阿弥陀石仏
          ー香具山152ー伊弉冊(いざなみ)神社ー天香山神社ー藤原宮跡T
          ー養国寺・春日神社・佐吉の狛犬ー耳成山139ー耳成山口神社ー大和八木駅

距離:14㎞  高低差:150m  難度:ハイキング

参考に御覧ください
2013 0922 下見 大和三山秋景色 その1
2013 0922 下見 大和三山秋景色 その2
2013 0922 下見 大和三山秋景色 その3



第22回 2月23日 第4日曜日    歩く・石仏の辻
宝山寺正面参道 幻の参道  大正3年の大阪電氣軌道の開通で幕を閉じた・・・

集合:近鉄奈良線 東生駒駅 午前9:30

行程:東生駒駅ー東菜畑地蔵堂ー菜畑身替地蔵ー水越峠ー西旭ヶ丘ー宝山寺T
      ー荒池道(八丁門峠)越え参道ー朝日地蔵ー生駒駅

距離:10㎞  高低差:200m  難度:ハイキング・ストック 山靴

参考に御覧ください
石仏の辻036  宝山寺 正面参道+朝日地蔵 この甘美なる言葉の響きに魅せられて



第60回 3月23日 第4日曜日    ウォーキング娘
音羽三山 春景色  観音寺上の新たなる展望台から眺めます

集合:近鉄大阪線・JR万葉まほろば線 桜井駅南口バス停 午前9:15

      談山神社行コミニィティバスにて9時25発 下居まで 320円

行程:桜井駅南口T-下居(おりい)-音羽山観音寺T-音羽山(851)
      -経ヶ塚山(889)昼食-熊ヶ岳(904)-大峠-針道
      -バス停 八井内・多武峯-近鉄・JR桜井駅

距離:9㎞  高度差:700m  難度:山登り・ストック 山靴

参考に御覧ください
2013 08 真夏の音羽三山 展望台初見参
2012 1229 快晴の音羽三山



第23回 4月27日 第4日曜日    歩く・石仏の辻
奈良・京都・大阪 三国境に至る三都物語  三県股にかけて歩きます

集合:近鉄奈良線 富雄駅東口 バス乗り場 午前8:45

      傍示行き 9時00分発 バスにて出発します         
      バス停 学研北生駒駅では、9時16分発になります。

行程:バス停高船口(奈良)ー高船の極楽寺(京都)ー天王の極楽寺T(京都)
      ー朱智神社(京都)ー三国境(大阪)ー笠上神社(京都)
      ー狭戸・せばと(奈良)ー高山城跡ー高山竹林園T
 
距離:10㎞  高度差:150m  難度:ハイキング

参考に御覧ください
石仏の辻009 「奈良 京都 大阪の三都石仏物語」高船峠に桜を見た!
石仏の辻038  極楽街道 高船の極楽寺から天王の極楽寺への道




第61回 5月25日 第4日曜日    ウォーキング娘   
須磨アルプスは眺めアルプス  眺めの金太郎飴状態を体感いたします

集合:山陽電鉄・須磨浦公園駅 午前9:30


行程:山陽電鉄・須磨浦公園Tー敦盛塚の石造五輪塔(室町時代後期から桃山時代)
      ー鉢伏山展望広場Tー旗振山(253)ー鉄拐山・てっかいさん(234)
      ーおらが山(高倉山)公園・おらが茶屋(200)Tー高倉台団地・商店街T
      ー栂尾山・とがおさん(274)ー横尾山(312)ー須磨アルプスー東山(220)
      ー板宿八幡宮Tー山陽電鉄・板宿駅

距離:8㎞  高度差:300m  難度:山登り・ハイキング・ストック 山靴

参考に御覧ください
2013 08 夜のハイウェイにガオーの鉄人28号に登ってきました その1
2013 08 真夏の山にガオーの須磨アルプスに登ってきました その2



第62回 6月29日 第5日曜日    ウォーキング娘
今年はのんびりと、額田駅からアジサイ園・生駒山  ショート コースです

集合:近鉄奈良線・額田駅 午前10:00


行程:額田駅ー枚岡展望台ー摂河泉展望ハイキング コースーアジサイ園T
      ー生駒山上駐車場ー経塚ー経塚北からの宝山寺下山道ー宝山寺T・奥の院
      ー生駒駅

距離:6㎞  高度差:500m  難度:山歩き・ハイキング・ストック 山靴



第24回 7月27日 第4日曜日    歩く・石仏の辻
松尾寺から矢田山磨崖仏 巡礼僧の旧道  佐吉の千手観音&矢田山磨崖仏巡礼

集合:近鉄生駒線・平群駅 午前10:00


行程:平群駅-長屋王墓-白石畑-佐吉の千手観音石仏・松尾寺T
      -国見台-矢田山磨崖仏-金勝寺墓地-元山上駅

距離:10㎞  高低差:200m  難度:山歩き・ハイキング・ストック 山靴

参考に御覧ください
2013 0828 下見 歩く・石019 平群から 松尾寺 矢田山磨崖仏 その1
2013 0828 下見 歩く・石019 平群から 松尾寺 矢田山磨崖仏 その2



第63回 8月31日 第5日曜日    ウォーキング娘
山科から大文字山・銀閣寺 思う存分燃え尽きてください(自己責任で)

集合:JR山科駅 午前9:30


行程:JR山科駅ー毘沙門堂ー後山階稜分岐ー大文字山466ー大文字火床ー銀閣寺
      ー哲学の道散策ー南禅寺ー地下鉄蹴上駅
距離:10㎞  高度差:350m  難度:山歩き・ハイキング・ストック 山靴




ココからは日時は決定です
コースは予定です、変更もありです。


09月28日 第4日曜日  都祁から寝地蔵さんへと 
参考に御覧ください
石仏の辻001  哀愁の「ネゾン」に 初瀬ダムは見えただろうか
ウォーキング娘023   都祁から桜吹雪の寝地蔵(ネンド)そして三谷をへて瀧倉の枝垂れ桜へと


10月26日 第4日曜日  泉南 飯盛山
参考に御覧ください
2013 0429 泉南 飯盛山


11月30日 第5日曜日  六甲・摩耶山  
参考に御覧ください
2012 1201 下見ウォームス 摩耶山


12月23日 祝日火曜日  庄兵ヱ道
参考に御覧ください
石仏の辻003  魔境の生駒山系に「庄兵ヱ道」を見た!
石仏の辻022  続 魔境の生駒山系に「庄兵ヱ道」を見た!


大雨以外は歩きますが、天候が微妙な場合は、ホームページを御覧ください。
前日中に決行か中止かを提示します・PC&携帯メールで連絡します。

Tはトイレです
ウォーキング娘 | Comments(0)
2013/12/09

2013 12 高船の極楽寺 佐吉の阿弥陀三尊かな

2013 12 佐吉の阿弥陀三尊 京田辺市  高船  極楽寺

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「佐吉の阿弥陀三尊」に。
高船峠(自称)を越えて高船の極楽寺さん到着。

さてと石造卒塔婆に御挨拶・・・
瞬時に佐吉と脳味噌がピコピコと警報が発する!
なんとお隣さんの阿弥陀三尊が佐吉に見える、嘘でしょ。
顔をしげしげ、下ぶくれ、口元を見れば、佐吉でしょ。
船形光背の彫りは、佐吉でしょ。

いかん、いかん、完全に正気を失ってる!
今の状態ではマツコ DX見ても、佐吉でしょ状態ですな。
でも、なんか、しあわせ・・・とても、たぶん。

2013 12 佐吉の阿弥陀三尊 
ともかく、銘文を探せ、文久二がつじつまは合う、とりあえず。
佐吉のロゴ マークは見あたらなかった・・・
見逃してるかも、埋もれてるかも。
150年の歳月を経てこの姿。
シャーワーでも浴びてから、見てみたいな~

2013 12 佐吉の阿弥陀三尊

なんとも、極楽寺さんには7年ぶりで、本日やっとかめ。
たぶん、7回目の御訪問だと想います。
御丁寧に昔のデジカメ データ 阿弥陀三尊が残ってます、1999 03からです。
それからも繰り返し写ってます・・・何回も。
が、しかし、私にとってはその時は佐吉以前の出来事、諸行無常ですな。

2013 12 佐吉の阿弥陀三尊

光背が先端にいくにしたがってのRの絶妙なバランスが佐吉。

2013 12 佐吉の阿弥陀三尊


2013 12 佐吉の阿弥陀三尊

文久二(1862)

2013 12 佐吉の阿弥陀三尊 
台座の曲線美、佐吉らしい細やかな技。
こちらともお比べくださいまし。

2013 12 佐吉の阿弥陀三尊


2013 12 佐吉の阿弥陀三尊

ノミ跡も佐吉か、正気をまだ失ってる様でございます。
みなさんの判定はどうでしょうか?
御感想、イチャモン、お書き下さいませ。
コメント待ってます。

ここなら盗難の心配もありませんでの安心です。

このコースは4月の歩く・石仏の辻で歩きますのでよろしく~
第23回 4月27日 第4日曜日    歩く・石仏の辻
奈良・京都・大阪 三国境に至る三都物語  三県股にかけて歩きます

集合:近鉄奈良線 富雄駅東口 バス乗り場 午前8:45

      傍示行き 9時00分発 バスにて出発します         
      バス停 学研北生駒駅では、9時16分発になります。

行程:バス停高船口(奈良)ー高船の極楽寺(京都)ー天王の極楽寺T(京都)
      ー朱智神社(京都)ー三国境(大阪)ー笠上神社(京都)
      ー狭戸・せばと(奈良)ー高山城跡ー高山竹林園T
 
距離:10㎞  高度差:150m  難度:ハイキング

参考に御覧ください
石仏の辻009 「奈良 京都 大阪の三都石仏物語」高船峠に桜を見た!
石仏の辻038  極楽街道 高船の極楽寺から天王の極楽寺への道

丹波の佐吉 | Comments(0)
2013/12/05

2013 11 下見 歩く・石仏の辻 当尾の里から奈良まで歩きます その4

2013 1126 下見 当尾の里から奈良まで歩きます

本日はこの道を歩かないのですが、
ココへと進めば、丘陵地帯の畑の中を縫う様に上梅谷へと参ります。
色々迷ったんですが、「歩く・石仏の辻」では、
山中コースの中川へ向かうコースを選択しました。

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「当尾の里 その3」に。
やって来ました、歩く・石仏の辻12月の下見で、
紅葉真っ盛りの中歩いてきました。

行程:バス停・岩船寺口ーわらい仏ーヒトクワ地蔵ー水呑み地蔵ー浄瑠璃寺T(昼食)ー東小
       ー大門石仏
ー西小ー中ノ川・旧伊勢街道ー青山住宅T(バス亭)
       ー京街道(奈良街道)ー般若寺(外から十三重塔を)-夕日地蔵ー近鉄奈良駅

2013 1126 下見 当尾の里から奈良まで歩きます

上の上梅谷行かず、真っ直ぐに進めばこの入り口。

2013 1126 下見 当尾の里から奈良まで歩きます

最初の部分は雨水で道がえぐられてます。
新しい砂利が撒かれてますから、
手入れがされてるようです。

この尾根道の途中から前回紹介した、
浄瑠璃寺奥之院への道があると推測してるのですが?
探索まではいたってません。
GPSログからすると標高60mばかし・・・
この道が開拓できると、帰り道が便利に。

2013 1126 下見 当尾の里から奈良まで歩きます

やがて、中ノ川墓地との分岐です。
私達は右手の青山住宅方面奈良までコースを。

ある情報によると写真の手前左手を通って歩くと、
先日紹介した水呑み地蔵の赤門下の道に接続する古道があるそうです。
尚かつ、その途中には浄瑠璃寺奥之院へと通ずる分岐も?

となるとここは三辻ですね、手前左手に下る様な道筋があるような無い様なにお見受けしましたが。
それが古道でしたか!?
歩きたい様な、歩きたくない様な、妖しげな道、やっぱし、歩きたいな。
今年から導入したGPSたる飛び道具もありますしね。
いつかは白いクラウンいたしましょう、たぶん。

2013 1126 下見 当尾の里から奈良まで歩きます

この傾いた石橋、なつかしい~
と申しましても、まだ三回目の御対面です。
ここから、ひと登りすれば。

2013 1126 下見 当尾の里から奈良まで歩きます

中ノ川・旧伊勢街道分岐

層塔、石龕仏、ふたつとも鎌倉後期かとか、
板碑は元和二年(1616)伊勢参詣供養碑であるとか、
ここから伊勢参詣へと旅立ったんですね。


2013 1126 下見 当尾の里から奈良まで歩きます  
北側の遠望がナイス!
先月、歩いた三上山に海住山寺見えてます~

2013 1126 下見 当尾の里から奈良まで歩きます  
やがて京街道(奈良街道)を辿りついて、しばし歩けば。
般若寺の十三重塔    建長五年 (1253)
伊グールプのCEOの伊行末(いのゆきすえ)作
タダで見れます(外から門を通して・般若寺太腹!)

ナイスな絶妙なバランス美!南宋直輸入の一品御覧アレ!

2013 1126 下見 当尾の里から奈良まで歩きます

夕日地蔵  永正6年(1509)
500年もこの顔でんがな。

2013 1126 下見 当尾の里から奈良まで歩きます

奈良坂に夕暮れが、銀杏の黄がまぶしい。

私にしては珍しく!
綿密に時間を計測、まあデジカメの記録を見るだけなんですが、ペコリン。
近鉄奈良駅には4寺から4時半着。

お時間がとれた人、気が向いた人。
オーソドックスな
当尾の里とは、
ひと味も、ふた味もちがう道、味わってくださいませ。

第20回 12月23日 祝日 第4月曜日      歩く・石仏の辻
当尾の里から青山住宅(奈良)まで歩きます(京都府・木津川市 加茂町 奈良市)
ドデカイ大門石仏を見た後に、変わり者しか歩かない(道はありますので安心を)
浄瑠璃寺奥之院の西手の山道を南下して中ノ川・旧伊勢街道分岐へと歩きます。
早く帰りたい人は青山住宅T(バス亭) でバイバイして、
京街道(奈良街道)を辿り、般若寺(外から十三重塔を)をチラッと見て、
近鉄奈良駅まで歩きます

集合:下のバス停にて
JR奈良駅西口  バスのりば1番 系統番号96  下狭川行き9:21発 岩船寺口下車 500円
近鉄奈良駅     バスのりば4番 系統番号96   下狭川行き9:28発 岩船寺口下車 500円

行程:バス停・岩船寺口ーわらい仏ーヒトクワ地蔵ー水呑み地蔵ー浄瑠璃寺T(昼食)ー東小
       ー大門石仏ー西小ー中ノ川・旧伊勢街道ー青山住宅T(バス亭)
       ー京街道(奈良街道)ー般若寺(外から十三重塔を)-夕日地蔵ー近鉄奈良駅

距離:約9㎞(奈良まで13㎞)   高低差:約50m   国土地理院1/25000:奈良 柳生
難度:山歩きハイキング

005 裏当尾の旅 その1 当尾の里は 泣く子も笑い仏
006 裏当尾の旅 その2 辻千日墓地に足を踏み入れた瞬間に
008 裏当尾の旅 その3    岩船寺墓地六地蔵石龕仏に
045 今日も当尾の里は春だった


お待ちします。




歩く・石仏の辻 | Comments(6)
2013/12/02

2013 11 下見 歩く・石仏の辻 当尾の里から奈良まで歩きます その3

2013 1126 下見 当尾の里から奈良まで歩きます
東小阿弥陀石龕仏     首切地蔵     弘長2年の銘

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「当尾の里 その3」に。
やって来ました、歩く・石仏の辻12月の下見で、
紅葉真っ盛りの中歩いてきました。

行程:バス停・岩船寺口ーわらい仏ーヒトクワ地蔵ー水呑み地蔵ー浄瑠璃寺T(昼食)ー東小
       ー大門石仏ー西小
ー中ノ川・旧伊勢街道ー青山住宅T(バス亭)
       ー京街道(奈良街道)ー般若寺(外から十三重塔を)-夕日地蔵ー近鉄奈良駅

2013 1126 下見 当尾の里から奈良まで歩きます
大門石仏群

荘厳なる石仏群。

2013 1126 下見 当尾の里から奈良まで歩きます
大門阿弥陀?磨崖仏

阿弥陀か弥勒か。
奈良時代か平安時代か鎌倉時代か。
色々もめてるみたいですけど。

このカットでみなさんの記念写真を撮ろうと思ってますので。
協力よろしくお願いします!
2013 1126 下見 当尾の里から奈良まで歩きます

この石仏さんの下にズラリと並んでくださいませ。

2013 1126 下見 当尾の里から奈良まで歩きます

大門磨崖仏から下ってきますとココに出てきます。

2013 1126 下見 当尾の里から奈良まで歩きます
たかの坊地蔵    西小地蔵石仏

矢田型の地蔵様、鼻の形がキーポイントです。

その4に続きます。


歩く・石仏の辻 | Comments(2)
 | HOME |