2014/01/18

2014 01 P6への道 その2

2014 01 P6への道 その2

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「ウィンドウズ8.1」に。
ウィンドウズ8から8.1にしてみました。

XPからなら「8も8.1」も同じではないかと思ったしだいです。
左下にスタートボタンが出てきて、ちょっとはマシになりましたでしょうか。

去年からパソコン作り始めて一ヶ月経過してますが、
まだこんなところをウロウロしてます。
いつになったらXPからバトンタッチできるのやら、
まあ楽しんでやらしてもらいます。
当分はDSDモドキ音楽用PCで慣らし運転と考えてます~

2014 01 P6への道 その2

インストールしたウィンドウズ8.1をバックアップ。
お世話になりたくないバックアップ。

2014 01 P6への道 その2

話しコロリコンと変わって、
生駒駅の北側が一部通行可能に、
4月にオープンのベルテラスいこまと言うそうな。

2014 01 P6への道 その2

右手のガラスの中には近商が入るとか、
今のよりは広くなりそうな・・・

2014 01 P6への道 その2

20年前にはこの辺に商店街がまだ残ってた気がするんですが、
本屋さんとか、
夜になるとこの道路を走る車も少なかったのにね。


その他 | Comments(6)
2014/01/16

2013 12 松明調進の道・名張街道 赤目口駅から針インターまで 前編

2013 1229 松明調進の道 前半
165号道路から坂之下の入り口の地蔵様(道標)

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「松明調進の道・名張街道」に。

先日の2013 12 松明調進の道 一台峠の阿弥陀 
に続いて、赤目口駅から針インターまでをのんびり石仏見物しながら、
これからの「歩く・石仏の辻」のコース下見がてら歩いてきました。

これで松明調進の道・名張街道を歩いたということでヤレヤレ納得。
Tさんのおかげで一台峠あたりでは、旧道体験まできて感激。
「歩く・石仏の辻」でも前半と後半に分けて、
できれば一台峠も旧道体験と考えています。
江戸時代の伊勢道を是非御堪能くださいませ。

本日のコース
近鉄・赤目口駅ー坂之下ー黒田坂ー笠間峠ー上笠間(阿弥陀磨崖仏)ー小原(つちんどの阿弥陀三尊)
ー小倉町(川尻地蔵)針ヶ別所ー針インター・道の駅

2013 1229 松明調進の道 前半
この背景地図等データは、国土地理院の電子国土Webシステムから配信されたものである

前編地図を載っけました、前編と後編に分けてあります。
マウスを地図上でダブルクリックしてください、
横幅1500×491まで拡大できます

2013 1229 松明調進の道 前半

坂之下で振り返れば。

2013 1229 松明調進の道 前半

坂之下

2013 1229 松明調進の道 前半

坂之下の一石六地蔵
大和高原はあちこちで
一石六地蔵見られます。

2013 1229 松明調進の道 前半

笠間峠への道、黒田坂。


2013 1229 松明調進の道 前半

笠間峠を後にして上笠間へと。
この道が名張街道だと思うんですが。

2013 1229 松明調進の道 前半

上笠間阿弥陀磨崖仏 天文三年(1534)
この辺りではわりと新しめの
磨崖仏と言えるんではないでしょうか。
ホームページ  石仏の辻  027  笠間街道ひとり旅  咲くのは花か石仏か

2013 1229 松明調進の道 前半

つちんど墓地  小原
阿弥陀三尊 永仁六年(1298)  笠塔婆が二基 永仁七年(1299)
以前と比べて、すっかり明るくなった
つちんど墓地。

2013 1229 松明調進の道 前半

何回来ても魅せられます!
歩きびとは黙ってつちんど墓地

2013 1229 松明調進の道 前半

つちんど墓地から東の家の前に。
ここから先が旧道だったようです。
地元の方にお聴きしたら、この道で学校に通ってたそうです。
上の地図でグリーンの部分です。

参考:史迹と美術  2002年  鈴木景二
「奈良東山中の石仏と古道  続・黒田荘から東大寺への道」

当日なは厳寒を覚悟したのですが、陽が出ると心地よい・・・
風の通り道は真真真冬~
雪の上を歩き回った小動物に鳥の足跡なんぞを見つつの道中。
後編に続く。




歩く・石仏の辻 | Comments(2)
2014/01/12

2014年型パソコンへの道

2013 12 P6への道

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「2014年」に。
皆様いまさらながら、あけまして、おめでとうございます。
今年も見捨てないでウォーキング娘&歩く・石仏の辻をよろしくお願いします。

上の写真に写ってるのは、今制作中のパソコンの部品です。
今メインで使ってるパソコンが、時にストライキを起こし、
数時間に渡ってウンとも、スンとも言わなくなるのでございます。
年齢は6歳後半と申しますより7歳目前。
中に入ってるOS・XP自体も7歳目前。
毎年、XPをリフレッシュ・インストールしようと思うのですが。
みなさんが御存知の様に面倒臭いものですから、後回し~
そんでもって7年の月日が・・・
まあ、よくもOS・XP七年モノがデカイ・トラブル無しに動いてたと。
ちなみに、昨日は正暦寺の菩提酛(ぼだいもと)清酒祭で、
15年モノお酒戴きました  \(^o^)/ 

2013 12 P6への道

パソコンのケースです。
前回狭くて組み立てにメンテナンスが大変だったので、
今回はゆとりのケースを選択、でもデカイ!

万物すべてのものが年月がたてばガタが来る・・・
私の老眼もすすんで、とうとう遠近両用になりました。
そこでパソコンも新調することにしたのでございます。

2013 12 P6への道

たこ足配線の大元が電源です。
これがけっこう高いのです。
15年前にはケースを買えばへっ付いてきたのにね (^^)/~

2013 12 P6への道

この小さいのがCPU、ここで計算するんです!
人間だと脳味噌ですね、
ちなみに私は赤味噌が好きですね、なんと言っても。

2013 12 P6への道

直方体のハリセンボン・モドキは上のCPUの上に取っつける冷却塔になります。
それだけ膨大な熱が出るそうな。
皆さんの昔のノート・パソコン夏場に熱暴走シマセンでしたか?アレです。

2013 12 P6への道

ハリセンボン・モドキには扇風機まで取っつけます。
扇風機の下の成金かつ悪趣味なゴールドはメモリーと呼ばれてる物。
只今メモリー高&円安ですので16Gと思ったのですが、
8Gで様子見でございます。

2013 12 P6への道

左がSSDと呼ばれてる新手の記憶装置。
時代の流れを感じさせますな、まったく。
右手がハードディスクと呼ばれてるおなじみさん。

2013 12 P6への道

蚕棚の様なところに安置いたします。

2013 12 P6への道

何となくパソコンらしくなってきました。
ゆくゆくは今使用中のパソコンから、
蚕棚にハードディスクやらCDーRやらを移植スル予定でございます。
そうしてパソコン・ケースも混みいってくるわけですね。

2013 12 P6への道

こちらはケースの裏面です、
最近のケースはコードを裏面に這わせる様になってます。

2013 12 P6への道

電源を入れたところです。
初期不良は今のところ無いようです。

2013 12 P6への道

BIOS画面が出てくればヤレヤレ。
正確にはUEFI  BIOSですか。
マウスで操作ができるという、なんともいやはや。

そんでもってウィンドウズ8をインストール。
ウィンドウズ7も考えましたが、どうせまた5年ばかしほったらかし~
その頃にはウィンドウズ7もXP同様に御家断絶処分も十分予測できますので。
苦渋の選択で安売りしてた  (^_-)/  ウィンドウズ8を選択す。
でも、あまり考えなくとも人気の無いウィンドウズ8&8.1の方が、
ウィンドウズ7より先に見捨て去られる可能性が大だと・・・
安物買いの銭失い、天災は忘れないでも何回でも襲ってくる、
タケチャンマン家の教訓でございます、たぶん。

SSDの威力絶大!
ウィンドウズ8をインストール開始してトイレから帰ってきたら、
お・わ・っ・て・た

けど、けど、けど、噂には聞いてましたけど。
液晶のモニター展開する異様なる模様は何なの!?
奇々怪々万物変調模様に目を丸くスルのでございました。

まあ、慣れるしかないな・・・
調教されるしかないのでしょうか。
タケチャンマンが天井から吊されるのか、
はたまた、ウィンドウズ8を天井から吊して蝋燭を垂らしてやるのか、
どんな結末が待ってるのか!?

話題はコロリと変わって。
1月は歩く・石仏の辻でございます。

第21回1月26日 第4日曜日    歩く・石仏の辻
大和三山 早春の道  春日神社の佐吉狛犬も見学

集合:近鉄橿原線 橿原神宮前駅 中央改札口 午前9:35

行程:橿原神宮前駅ー畝火山口神社ー畝傍山198ー本薬師寺跡Tー阿弥陀石仏
          ー香具山152ー伊弉冊(いざなみ)神社ー天香山神社ー藤原宮跡T
          ー養国寺・春日神社・佐吉の狛犬ー耳成山139ー耳成山口神社ー大和八木駅

距離:14㎞  高低差:150m  難度:ハイキング

参考に御覧ください
2013 0922 下見 大和三山秋景色 その1
2013 0922 下見 大和三山秋景色 その2
2013 0922 下見 大和三山秋景色 その3

コタツで丸くならないで、お越し下さいませ。

その他 | Comments(4)
 | HOME |