2014/03/27

2014 0323 ウォーキング娘60 音羽三山 春景色

060 2014 0323 音羽三山 春景色 観音寺上の新たなる展望台から眺めます
展望台(約750)     ココの下からよじ登って来ました!

一昨年に開催予定が雨で中止になって、
はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「音羽三山」に。
ウォーキング娘でようやく「音羽三山」にやって来ました。
春の足音が一歩一歩近づく日にて。

第60回 3月23日 第4日曜日    ウォーキング娘
音羽三山 春景色  観音寺上の新たなる展望台から眺めます
集合:近鉄大阪線・JR万葉まほろば線 桜井駅南口バス停 午前9:15
      談山神社行コミニィティバスにて9時25発 下居まで 320円

行程:桜井駅南口T-下居(おりい)-音羽山観音寺T(600)-展望台(約750)昼食-音羽山(851)
-経ヶ塚山(889)-熊ヶ岳(904)-大峠-針道-不動の滝
-バス停 八井内・多武峯T(16:40)-近鉄・JR桜井駅
距離:10㎞  高度差:700m  難度:山登り・ストック 山靴

060 2014 0323 音羽三山 春景色 観音寺上の新たなる展望台から眺めます
展望台(約750)

経ヶ塚山で昼食予定でしたが、
やっぱ、ココでしょうということで。
 
060 2014 0323 音羽三山 春景色 観音寺上の新たなる展望台から眺めます

尾根は風が吹き抜けて。
アップダウンの登りにはちょうど良いかな。

060 2014 0323 音羽三山 春景色 観音寺上の新たなる展望台から眺めます
経ヶ塚山(889)

石幢  塔身に刻まれた梵字は室町初期の書体と考えられる  そうです。

ここまで担ぎ上げた御苦労が。

060 2014 0323 音羽三山 春景色 観音寺上の新たなる展望台から眺めます
大峠

笹をかき分けて、ヤレヤレ大峠まで全員無事到着。

女坂・男坂
日本書紀の神武天皇即位前紀戊午年九月の条に
「女坂置女軍。男坂置男軍(女坂(めさか)に女軍を置き、
男坂(おさか)に男軍を置く)」とあり、大峠はこのうちの女坂と考えられている。
そのため峠には、昭和15年(1940年、紀元2600年祭の一環として)
「女坂傳稱地」の碑が建てられ、現在も当地に残る。
なお、男坂は、北にある半坂峠と考えられ「男坂傳稱地」の石碑が建っている。
ウィキペディアから


4月は歩く・石仏の辻で若葉の三国境を歩きます。
丹波の佐吉の阿弥陀三尊をその目で、
その体で感じてくださいませ。

第23回 4月27日 第4日曜日    歩く・石仏の辻
奈良・京都・大阪 三国境に至る三都物語  三県股にかけて歩きます
丹波の佐吉の阿弥陀三尊も訪ねてしまいます

集合:近鉄奈良線 富雄駅東口を出て、南に
     奈良交通バス乗り場 午前8:45
までに
      系列統番号 153  乗り場 2番
      傍示行き 9時00分発 バスにて出発します         
      バス停 学研北生駒駅利用の方は、9時16分発になります。

行程:バス停高船口(奈良)ー高船の極楽寺(京都)丹波の佐吉の阿弥陀三尊
   ー天王の極楽寺T(京都)
      ー朱智神社(京都)ー三国境(大阪)ー笠上神社(京都)
      ー狭戸・せばと(奈良)ー高山城跡ー高山竹林園T
 
距離:10㎞  高度差:150m  難度:ハイキング

参考に御覧ください
石仏の辻009 「奈良 京都 大阪の三都石仏物語」高船峠に桜を見た!
石仏の辻038  極楽街道 高船の極楽寺から天王の極楽寺への道


御参加お待ちしてます。

ウォーキング娘 | Comments(9)
2014/03/22

生駒の古道

出版記念講演会のお知らせ

暗峠地蔵堂    享保十七年(1732)
不動明王の種子、
北   鬼取山(元薬師)十二丁    宝山寺廿五丁
宝山寺から暗峠への道標です。

『生駒の古道』の出版を記念して。

『生駒の古道』出版記念講演会

◎内容
生駒の歴史・風土と古道  暗越大坂街道
        生駒市文化財保護審議会会長  今木義法
文化遺産としての古道   歩く・聞く・伝える
        生駒民俗会副会長  吉田伊佐夫

◎とき=5月11日(日)午後1時30分~4時
◎ところ=生駒市コミュニティセンター4階
◎費用=無料
◎定員=130名(先着順)
◎問い合わせ=生駒民俗会 0743・76・7201

主催・生駒民俗会
後援・生駒市・生駒市教育委員会

生駒地域は平城・難波・山城をむすぶ交通の要衝の地。
街道は人が往来し、物資の交易がおこなわれるとともに、
各地の文化を伝播する役割を果たしてきた貴重な文化財です。
生駒民俗会では、平成22年度から生駒市教育委員会の補助事業として、
市内全域の古道調査を実施し、
その成果を「生駒の古道」にまとめて出版することになりました。

◎内容の紹介=生駒の歴史・風土と古道
  暗越大坂街道
  古堤街道
  大和・清滝街道
  上津鳥見路(磐船街道)
  かいがけ道(傍示越道)
  高山・伊勢街道
  辻子谷越 など
  コラム:幻の古道
          神話伝承地の風景 など
  こぼれ話:三国境を駆けた家康の逃避行
            一休さんの通い道
            新茶屋で捕らえられた伴林光平 など
◎頒価・頒布窓口=千円・
当日  生駒ふるさとミュージアム


当日に頒布いたします。
当日に来れない人でも私に御連絡ください。
walmusu@infoseek.jp  まで。

この本を持って歩き会も予定してますので、御期待ください。


生駒民俗会 | Comments(2)
2014/03/14

2014 0104 岩戸から金華山周遊

2014 0104 岩戸から金華山周遊
岩戸公園

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「金華山」に。
斎藤道三で有名な「稲葉山城」がそびえ立ってた金華山でございます。
信長によって「岐阜城」になったそうな。

本日のコース
岩戸公園ーー妙見峠ー大参道ハイキングコースー鼻高ハイキングコース
ー金華山ー掘割ー水道山ー粕森公園

2014 0104 岩戸から金華山周遊

ココからは岐阜城には行かず、
ぐるりんこと廻って景色を堪能コースを選択します。

2014 0104 岩戸から金華山周遊

岩戸からスタートするならグリーンの道がグッド。

長良川の流れに身を浸して尾根を歩きます。

2014 0102 百々ヶ峰 行き帰りはバス

緑が金華山周遊コース 
中央流れるは長良川
赤が百々ヶ峰を歩いたコース

マウスを地図上でダブルクリックしてください、
横幅1000×750まで拡大できます

2014 0104 岩戸から金華山周遊

風味も、味付けも最高。

2014 0104 岩戸から金華山周遊

向こうに見えますは、先日登った百々ヶ峰
右手から左手へと尾根を歩いたのが、
良く見えてます。

2014 0104 岩戸から金華山周遊

長良川が郡上八幡、さらには白山から流れ下って参りました。

2014 0104 岩戸から金華山周遊
金華山から

右手手前が百々ヶ峰
左手奥あたりが白山辺りだと。

2014 0104 岩戸から金華山周遊
長良川が伊勢湾へと流れ下って参ります。

グリーンの線が明日歩いた中山道。
加納宿から美江寺宿までの一部が見えてます、後日紹介。
その先には関ヶ原、伊吹山が。


2014 0104 岩戸から金華山周遊

水道山の手前でこんな看板が!
まったく知りませんでした・・・
瑞龍寺山頂遺跡

小学生の頃、水道山(瑞龍寺山)まで駆け上がって遊んでましたけど~

2014 0104 岩戸から金華山周遊

金華山から水道山への道もナイス。
途中には展望台もあって木曽川、名古屋方面、養老山脈、伊吹山と御覧アレ。
のんびり歩いて3時間ばかし、真夏でもOK!午前中にてお奨めですが。

岐阜 | Comments(5)
 | HOME |