--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2014/07/30

2014 0727 歩く・石仏の辻024 平群から松尾寺そして矢田山磨崖仏へと

2014 0727 歩く・石仏の辻024 平群から松尾寺そして矢田山磨崖仏へと
松尾寺

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「矢田山磨崖仏」に。
第24回  歩く・石仏の辻で佐吉の千手観音石仏と矢田山磨崖仏に。

前日までの猛暑も一服してくれまして、やれやれの曇り空の下を歩いてきました。
寒冷前線の雨もパラパラ程度ですんで、
まだまだ、今年の晴れ男の御加護ありの歩く・石仏の辻。

第24回 7月27日 第4日曜日    歩く・石仏の辻
松尾寺から矢田山磨崖仏 巡礼僧の旧道  佐吉の千手観音&矢田山磨崖仏巡礼

集合:近鉄生駒線・平群駅 午前10:00


行程:平群駅-長屋王墓-三里古墳-白石畑-佐吉の千手観音石仏・松尾寺T
         -国見台・展望台-矢田山磨崖仏-金勝寺墓地-金勝寺-元山上駅

距離:12㎞  高低差:200m  難度:山歩き・ハイキング・ストック 山靴

2014 0727 歩く・石仏の辻024 平群から松尾寺そして矢田山磨崖仏へと

松尾寺

2014 0727 歩く・石仏の辻024 平群から松尾寺そして矢田山磨崖仏へと

金勝寺

今回も山ベイビーが来てくれたぞ~

2014 0727 歩く・石仏の辻024 平群から松尾寺そして矢田山磨崖仏へと 2004  06    矢田山磨崖仏

梵字は、「ア」 胎蔵大日と考える種子が彫られ、刷毛書、字幅の狭さ、深く彫る表現も、
室町様式だそうです。   

2014 0727 歩く・石仏の辻024 平群から松尾寺そして矢田山磨崖仏へと
2006  04    矢田山磨崖仏

磨崖仏の左手に「宗善」の銘があり、
地蔵左手側面にある、合掌して拝む僧形像が、
宗善という念仏聖の姿であろうか・・・

「野ほとけ」より

2014 0727 歩く・石仏の辻024 平群から松尾寺そして矢田山磨崖仏へと
金勝寺    地蔵    康正二年(1456)

たしかに似てますね、ほぼソックリさんかと。
石工の方も私達と同じ道を歩いたものと考えられます、たぶん。

「峯垣内 裏の谷磨崖仏」
も同じ頃かもしれませんね。

2014 0727 歩く・石仏の辻024 平群から松尾寺そして矢田山磨崖仏へと
2014  07

金勝寺墓地    船型如来立像  延宝六年(1678)
手に華皿を持つ
「平群谷」より

華皿とは、やはり仏教の儀式の一つ、散華の花を載せる丸く平たい皿状に、
きれいな花唐草や花紋をあしらったものが多いことから、
花文的な連続文を独鈷と符節を合わせて名づけたものと思われる。
「丁稚の呟き・きもの愛: 献上(けんじょう)」より

2014 0727 歩く・石仏の辻024 平群から松尾寺そして矢田山磨崖仏へと
2012 05    千手観音  

すいません、説明する時に「十一面観音」とうっかり言ったそうです。
当日は涎掛けがかけてあったのですが。
当然、千手観音ですがな~
千手観音 は松尾寺の御本尊にて秘仏、11月3日だけのみ開扉。

本人は千手観音と言ったつもり~
最近、いちじるしくこのパターンが増えてます。
ボケですかね~自覚してるだけましかな、たぶん。
少しでも遅らせることができれば・・・無理か・・・

この石仏には始めて逢ったのが20年ぐらい前で、
私が石仏巡りをする、きっかけを作ってくれた、
石仏さんのひとつなんですけど、それを間違えるとはね。

2014 0727 歩く・石仏の辻024 平群から松尾寺そして矢田山磨崖仏へと 2011  12

ここから特別付録
矢田山磨崖仏から下って草木が生い茂る水田跡に出て、
ちょっと南下すればココに出てきます。

2014 0727 歩く・石仏の辻024 平群から松尾寺そして矢田山磨崖仏へと 2011  12

いわゆる湿原へを通過して、国見台、松尾寺への山道。
あまり山道を歩いてない人はパスするのが無難です。
グーグルで検索してたら過去行方不明者が出たとか・・・
その後どうなったやら?
あなたの背後の方は誰・・・

2014 0727 歩く・石仏の辻024 平群から松尾寺そして矢田山磨崖仏へと 2011  12

いまから二年半前の画像ですが、ここが入り口。
この時、私はこの道を行かずして、ドンドンと直進しました~
そして、なんか変・・・道が消えてますがな、お疲れさん~
藪の中を往復いたしました、12月なのに藪漕ぎ。

後で地図で確認するとちゃんと道が書いてあるんですね。
微かに踏み跡があって、けっこう奥まで突っ込んでみたけど。
踏み跡もいつのまにやら消えていた、御苦労様です。
地図からだと、あとひと登りしたら矢田峠から松尾寺への縦走路に飛び出した可だった模様。

結局はまたここに戻ってきて、なるへそ~再スタート。
途中で親子だと思うんですが、見るからに年期のはいった山ママと出逢ってお話しを。
よくこの道を歩いてるそうです。
たしかに自然の中を歩くのがヒシヒシの道です。

そんな私は20年以上前に松尾寺からの歩きの時に、
湿原のキーワードに釣られて~
この道を御丁寧にも廃棄物置き場までを往復したんですね。

まだ地図を持ってない時だった・・・
廃棄物置き場ではなんか燃やしていて、行き止まりやんけ~
地図があれば元山上に平群にとぬけられたのに。
御丁寧に往復したわけですね、
まあ、危ないなと思ったら引っ返せ!

しかし湿原って、私の目には単なるイノシシのぬた場の親方にしか見えませんでしたけど。
それが、ほんとの湿原なんですね。
ホモサピエンスを中心にしてモノを見るなと言うことですね、たぶん。




スポンサーサイト
歩く・石仏の辻 | Comments(8)
2014/07/26

2014 07 夏の三郎岳から原山へ

2014 0719 オカモンと三郎岳 1999  11    高城山(岳)

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「三郎岳」に。
8年ぶりの三郎岳に7回目ぐらいでしょうか、記憶もいいかげんぐらい登ってます。
榛原駅からも近いし、ラクチン登山に、見晴らし360度の大パノラマ!
だったんですけどね・・・草木が育ち
展望に支障。
しかしながらこれも自然、
人間の飽くなき欲望なんでございましょうか、大パノラマ願望。

本日のコース
榛原駅バス停-高井バス停-仏隆寺-児玉稲荷-高城山(岳)-三郎岳-岩根石仏群(磨崖仏)-明開寺奥の院-明開寺本院-原山-青松山・法圓寺-田口水分神社-ふるさと元気村-龍穴神社-室生寺バス停

最後にちっとノンビリしすぎて、室生寺バス停まで飛ばし飛ばして、ギリギリ セーフ。
O氏はペース上がらず、間一髪でバスに間に合う!
まだまだ極楽車生活から脱却してない様でございます。

2014 0719 オカモンと三郎岳 2001  05    若葉の頃の袴ヶ岳

1995年の11月に始めて来た時の紅葉の袴ヶ岳が忘れられずに、
これで何回も三郎に登ることになりました。


2014 0719 オカモンと三郎岳 高井から室生寺まで 2005  12

三郎に登ると、そこはいちめん雪だった。

2014 0719 オカモンと三郎岳 高井から室生寺まで 2014 07    三郎岳

詳しい当日記録はO氏ブログからどうぞ。
 
2014 0719 オカモンと三郎岳
2014  07    岩根石仏群

写真は年代バラバラで、本日歩いた順にて。

2014 0719 オカモンと三郎岳
2004  12

雪の下田口・原山

2014 0719 オカモンと三郎岳
2001  05

本日歩いたら、水田は何処へ?

2014 0719 オカモンと三郎岳 2001  05

こんな風景は見られませんでした。

2014 0719 オカモンと三郎岳
2001  05

まったく残念ですね、原山の棚田。


2014 0719 オカモンと三郎岳 2014  07

本日のコースは、若葉と紅葉時がお奨めです。

2014 0719 オカモンと三郎岳 2005  09

2005 0919 ウォームス 011 室生村から 伊勢本街道 仏隆寺
を歩いた時の写真です。

2014 0719 オカモンと三郎岳 2005  09

三郎岳から歩いてくると、谷をはさんでのお向かいさん。
むかしとほとんど同じですね。

本日は三郎岳と日本の原風景が味わえるという贅沢な一品でございました。
高井からなら、室生寺バス停まで13㎞ばかし。
真夏のこのコースは好き者しかお奨めはしませんが、
日本人なら一度は歩いてみたいコースですね。


榛原・宇陀・吉野 | Comments(4)
2014/07/25

2014 07 下見 歩く・石024 平群から 松尾寺 矢田山磨崖仏 その2

2014 0712 下見 歩く・石024 平群から 松尾寺 矢田山磨崖仏
佐吉の千手観音石仏・松尾寺

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「佐吉の千手観音石仏」に。

また今年も松尾寺の佐吉の千手観音石仏に逢ってきました。

2014 0712 下見 歩く・石024 平群から 松尾寺 矢田山磨崖仏

金色の彩色跡が。
オールカラーで見たかった。

2014 0712 下見 歩く・石024 平群から 松尾寺 矢田山磨崖仏

何回見ても、見とれてしまいます。
見れば、見るほどに。

2014 0712 下見 歩く・石024 平群から 松尾寺 矢田山磨崖仏

生駒からだと関の観音山は遠いですが、松尾寺なら近い。

2014 0712 下見 歩く・石024 平群から 松尾寺 矢田山磨崖仏

関の観音山と同じシリーズものかと。
サイズ的にはやや大きいかな、誤差範囲内か。

2014 0712 下見 歩く・石024 平群から 松尾寺 矢田山磨崖仏

製作年代はわかりませんが、
九兵衛とのコラボだと・・・
関の観音山より微妙に前なのか?
それとも・・・

2014 0712 下見 歩く・石024 平群から 松尾寺 矢田山磨崖仏

佐吉の石仏、まだまだ、あちこちに絶対眠ってますね。
京都伏見にも現存するかもです~

2014 0712 下見 歩く・石024 平群から 松尾寺 矢田山磨崖仏
松尾寺  西墓地

去年寄りませんでしたから、今年は御挨拶。
松尾寺の方も毎日来てる様な気配はないのですが。
松尾寺とは関係無いのか?

2014 0712 下見 歩く・石024 平群から 松尾寺 矢田山磨崖仏
笠塔婆  文安三年(1446)

笠塔婆の笠が行方不明なのが、まま見受けられます。
USBメモリーのキャップが行方不明になるのと、同じ理由なんでしょうか?


部屋の中にいても暑いなら、歩いて暑い方が健康的、たぶん。
同じ暑いなら、歩かにゃソン、ソン、ソン。
自称日陰率90%弱の歩き堪能くださいませ。
7月27日 第4日曜日 お待ちしてます。

第24回 7月27日 第4日曜日    歩く・石仏の辻
松尾寺から矢田山磨崖仏 巡礼僧の旧道  佐吉の千手観音&矢田山磨崖仏巡礼

集合:近鉄生駒線・平群駅 午前10:00


行程:平群駅-長屋王墓-三里古墳-白石畑-佐吉の千手観音石仏・松尾寺T
         -国見台・展望台-矢田山磨崖仏-金勝寺墓地-金勝寺-元山上駅

距離:10㎞  高低差:200m  難度:山歩き・ハイキング・ストック 山靴

参考に御覧ください
注釈:2013年8月予定が雨で流れて、今年の7月に回りました。
2013 0828 下見 歩く・石019 平群から 松尾寺 矢田山磨崖仏 その1
2013 0828 下見 歩く・石019 平群から 松尾寺 矢田山磨崖仏 その2

2012 05 平群発 松尾寺の佐吉を訪ねて その1
2012 05 平群発 松尾寺の佐吉を訪ねて その2
2012 05 平群発 松尾寺の佐吉を訪ねて その3

矢田山地蔵磨崖仏は何処と?二回目のアタックへと旅立ちました
上はホームページ時代の 石仏の辻の 2006  5/02 を見てください


丹波の佐吉 | Comments(0)
2014/07/23

2014 07 下見 歩く・石024 平群から 松尾寺 矢田山磨崖仏 その1

2014 0712 下見 歩く・石024 平群から 松尾寺 矢田山磨崖仏
矢田山磨崖仏

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「矢田山磨崖仏」に。

先日、矢田山磨崖仏からの帰り道の状態を見てきました。
最近あちこちの山々は手入れする人がドンドン減って、
去年あった道が今年は藪に飲まれてしまってる・・・


そんなわけで、平群駅から歩き始めました。
日陰率90%弱だと自負。

家に引きこもらずに、真夏のダイエットしませんか!?
その後の処置によっては、増量という悲惨な結末もありえますが。
鉄の意志を持った皆々様なら問題なし、たぶん。

第24回 7月27日 第4日曜日    歩く・石仏の辻
松尾寺から矢田山磨崖仏 巡礼僧の旧道  佐吉の千手観音&矢田山磨崖仏巡礼

集合:近鉄生駒線・平群駅 午前10:00


行程:平群駅-長屋王墓-三里古墳-白石畑-佐吉の千手観音石仏・松尾寺T
         -国見台・展望台-矢田山磨崖仏-金勝寺墓地-金勝寺-元山上駅

距離:10㎞  高低差:200m  難度:山歩き・ハイキング・ストック 山靴

参考に御覧ください
注釈:2013年8月予定が雨で流れて、今年の7月に回りました。
2013 0828 下見 歩く・石019 平群から 松尾寺 矢田山磨崖仏 その1
2013 0828 下見 歩く・石019 平群から 松尾寺 矢田山磨崖仏 その2

2012 05 平群発 松尾寺の佐吉を訪ねて その1
2012 05 平群発 松尾寺の佐吉を訪ねて その2
2012 05 平群発 松尾寺の佐吉を訪ねて その3

矢田山地蔵磨崖仏は何処と?二回目のアタックへと旅立ちました
上はホームページ時代の 石仏の辻の 2006  5/02 を見てください

2014 0712 下見 歩く・石024 平群から 松尾寺 矢田山磨崖仏
奈良県  斑鳩町  矢田山地蔵磨崖仏  室町時時代

前の道は北へは矢田寺、南へは分岐を西へは金勝寺そして千光寺、分岐を東へ松尾寺へ。


2014 0712 下見 歩く・石024 平群から 松尾寺 矢田山磨崖仏

矢田山磨崖仏前(北)の分岐

2014 0712 下見 歩く・石024 平群から 松尾寺 矢田山磨崖仏

ここですね、ちょうど一年前に下見時は、どうにかこうにか状態で。
これは、まずいのではと・・・
それで、今年も下見に行ったんですが、去年よりはましな・・・
皆さんの目からすると、区別はつかないでしょうが。

2014 0712 下見 歩く・石024 平群から 松尾寺 矢田山磨崖仏

山中のコースはなんら問題なく歩いて、
いつものように小さな田んぼのある谷間に出てきたら!
草木に埋もれていました~

まあ、草木の大海を渡り向こう岸に辿り着けますので、御心配は無く!

2014 0712 下見 歩く・石024 平群から 松尾寺 矢田山磨崖仏

ちょっと前の写真から、
いつもここで座ってコーヒーなんぞ飲んでた場所なんですが。
左手の農機具置き場二棟の屋根が、
上の写真だと埋もれてるのが分かりますか?

2014 0712 下見 歩く・石024 平群から 松尾寺 矢田山磨崖仏

別角度のアングルから。
二度と水田が復活することは無いでしょうね。

2014 0712 下見 歩く・石024 平群から 松尾寺 矢田山磨崖仏
金勝寺墓地

金勝寺墓地から金勝寺への旧道もすっかり草木覆われて。
今回の皆さんに歩いてもらうのは断念、足場も悪いしね。

地元の人さえ歩いていない・・・
車で墓参り、そのうち車で地獄入りするでしょうね。
運ちゃん:お客さんどこまで~
O氏:閻魔通りから地獄まで行ってんか~

2014 0712 下見 歩く・石024 平群から 松尾寺 矢田山磨崖仏
平群川にかかる椣原の勧請縄(しではらのかんじょうなわ)

数百年後の山国日本は藪の中に埋ってしまってるかもしれませんね。

その2に続きます。


歩く・石仏の辻 | Comments(2)
2014/07/11

佐吉のトライアングル その2

2014 0522 佐吉_舎利尊勝寺
大阪市  生野区舎利町  舎利尊勝寺
准胝観音

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「佐吉のトライアングル」に。

どうですか皆々様方、この彩色は佐吉かと推測しますが。
細密に綿密に色を塗り分けていたと・・・

色彩の万幻鏡世界へと踏み込んだのではありませんか、たぶん。
ルドンとは逆コースでんな。

2014 0522 佐吉_舎利尊勝寺

関・観音山の准胝観音とはちがって、中華テイストなフェイス。
スポンサーが中華資本だったかもしれませんね。
それは、ちょっと~

2014 0522 佐吉_舎利尊勝寺

ホッペがたまりませんな。

2014 0522 佐吉_舎利尊勝寺

すべてに彩色されていたんでしょうか?

オールカラーだったと信ずる次第でございます。

寺社でスケッチしてる段階で彩色もしてたと。

佐吉のことですから、

佐吉のオリジナル・カラーが存在してたと考えるのが妥当ではないでしょうか。

2014 0522 佐吉_舎利尊勝寺

見てみたかったですね、佐吉の色。

今残ってる色は劣化し難い色。
消失した色は何処へ。

佐吉には、まだやりたいことが一杯あったはずなのに、
何処へ佐吉

佐吉~カムバック~



その他 | Comments(4)
2014/07/09

2014 0705 沢モドキ道の前人未踏の難壁を登頂す!

2014 0705 オカモンと沢モドキ道に
沢モドキ道

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「沢モドキ道」に。

今にも雨が降りそうな天気の中、O氏と「沢モドキ道&日下直越道(谷筋道)」
を歩いてきました。

さいわい雨も降らず、そして沢モドキ道崩壊後の前人未踏(たぶん)の難壁を登頂す!
これにて、下りも、上がりも走破す!

本日のコース
生駒駅ー北新町ー沢モドキ道ー前人未踏の難壁(たぶん)ー山麓公園コースB 分岐
ー八丁門峠(灯籠ゲート)-管理道-日下直越道(谷筋道)への入り口-分岐
-神武天皇顕彰碑-五瀬命負傷碑-八丁門峠(灯籠ゲート)-分岐
-善根寺道(大ふじ池)-谷田-生駒駅

2014 0705 オカモンと沢モドキ道に

ここが大崩落部分でございます!

O氏がびびって右側の軟弱コースを選択。
口ほどでもないやっちゃ、まあ、これくらいにしといたるわ~

私は躊躇なく前人未踏の難攻不落の岩場を洗濯、失礼!
選択まちがいでした、ペコリン。

2014 0705 オカモンと沢モドキ道に

セニョール・O氏がよじ登っている様子でございます。
登頂後に、このコースは「ワールドカップのドイツ」ぐらい危険な道だとがなりたてていました。

私てきには『ブラジルが弱いだけだ』  ブラジルのみなさんゴメンナサイ。

個人的にはとても楽しき道なんですが、
人が変われば、感想も変わるですね。

2014 0705 オカモンと沢モドキ道に

この辺が大雨で崩壊して、沢に土砂を運んだようです。

2014 0705 オカモンと沢モドキ道に

上から沢を覗き込んでも、むちゃくちゃで、何がなんやら。わかりまへん状態!
二点目をドイツに取られた直後のブラジル選手の心境であります。

2014 0705 オカモンと沢モドキ道に

やがて、民家が見えてくれば、
短いながらの楽しき沢モドキ道も終わりです。

何回も往復するのも有りだと思いますが、
ホントにする人は、病院にも行ってくださいね。

2014 0705 オカモンと沢モドキ道に

野犬・イノシシも通らない道だと思います。
これだけは事実でございます。

2014 0705 オカモンと沢モドキ道に

いい味出してます。

2014 0705 オカモンと沢モドキ道に

本日二回、ななふし君と出逢ってます。

二回目は勝手に右手にへばりついってました。
緑一色の中での茶色目立つけどね。

2014 0705 オカモンと沢モドキ道に

神武天皇顕彰碑から帰り道に。

この色合いがたまりませんな。

人間も自然の一部。

急ぐことなく生い茂る草花の中を、ありのまま歩けば楽しきの一日でした。


生駒・矢田丘陵 | Comments(7)
2014/07/02

2014 0629 ウォームス 062 額田駅からアジサイ園・生駒山

2014 0629 ウォームス 062 額田駅からアジサイ園・生駒山 長尾の滝・天龍院
上の集合写真の左手の白い軌跡が長尾の滝の下段です。

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「あじさい園」に。
また今年も「あじさい園」に行って来ました。
けど、来年はどないしたもんかと、
日陰多しの夏向けコース設定には困ったもんだ!

本日、ウォーキング娘に「山ベイビー」が参加す!
苦節11年目での快挙!
ヤング山ファミリーの参加で、
ウォーキング娘の平均年齢が100億歳若返りました、たぶん。
なおかつ、「生駒の古道」をとっくのむかしにお買い求め~
タケチャンマン、感激!

第62回 6月29日 第五日曜日    ウォーキング娘
今年はのんびりと、額田駅からあじさい園・生駒山  ショート コースです

集合:近鉄奈良線・額田駅 午前10:00
行程:額田駅ー楠正行首塚ー長尾の滝・天龍院Tーあじさい園T
      ー生駒山上駐車場ー経塚ー経塚北からの宝山寺下山道ー宝山寺T
      ー滝寺経由ー生駒駅

距離:6㎞  高度差:500m  難度:山歩き・ハイキング・ストック 山靴

2014 0629 ウォームス 062 額田駅からアジサイ園・生駒山
あじさい園

シチダンカと一緒なんですけど・・・
可愛らしい花なので、白いのがそうですよ~

2014 0629 ウォームス 062 額田駅からアジサイ園・生駒山
シチダンカ

130年も人しれず~

2014 0629 ウォームス 062 額田駅からアジサイ園・生駒山
シチダンカ

何十回も来てるあじさい園なのに、
正確には何十回も通過してたあじさい園なのに。

本日、まじまじと御拝見す。

2014 0629 ウォームス 062 額田駅からアジサイ園・生駒山 宝山寺  奥の院

当日の夜中にけっこうの雨が降った生駒山。
経塚の下り道はいかがなものかなと迷いましたが。
正式な下り道(ハイキングコース)はほとんどが石畳状態で、
下りだと滑りやすい。
ジージーバーバー軍団が石にこけたらエライこっちゃ!
予定通りの自然のままの経塚の下り道を下ってきました。


今月は歩く・石仏の辻
90%日陰のコースです。
松尾寺で佐吉の千手観音石仏を御拝見して、
矢田山の旧道の磨崖仏を拝んで、金勝寺へと。

第24回 7月27日 第4日曜日    歩く・石仏の辻
松尾寺から矢田山磨崖仏 巡礼僧の旧道  佐吉の千手観音&矢田山磨崖仏巡礼

集合:近鉄生駒線・平群駅 午前10:00


行程:平群駅-長屋王墓-白石畑-佐吉の千手観音石仏・松尾寺T
         -国見台-矢田山磨崖仏-金勝寺墓地-元山上駅

距離:10㎞  高低差:200m  難度:山歩き・ハイキング・ストック 山靴

参考に御覧ください
注釈:2013年8月予定が雨で流れて、今年の7月に回りました。
2013 0828 下見 歩く・石019 平群から 松尾寺 矢田山磨崖仏 その1
2013 0828 下見 歩く・石019 平群から 松尾寺 矢田山磨崖仏 その2


お待ちしてます~


ウォーキング娘 | Comments(7)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。