--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2016/06/25

2016 06 下見 奈良街道 一分から奈良へ

2016 0611 下見 奈良街道 一分から奈良へ

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「上田酒造」に。
一分駅からスタートするもうひとつの暗越奈良街道は、
ちょうど「上田酒造」の前を通過いたします。
そのままスルーなんかいたしますと。
MU氏が「上田酒造」へは行かないの!?
「EUからの離脱しないの」!?
などの発言が予想できましたので、
「上田酒造」によります~
日曜日なのに「上田酒造」さん開けてくれてるそうです。
みなさんもドンドンこうてくれや~
私はチャッカリ・マイカップ持って、
昼食場所(子供の森)でのみなさんの御接待期待してます~

なお私からは、「たまうさぎのお団子」をみなさんに御接待!
こんな太っ腹なタケチャンマンは当分見られないと思いますので、
後悔先に立たず、皆様方のお越しをお待ちいたしてます~

第三章は、竹林寺からのつづきで、別院川を辿り榁木峠へと、
(旧道は一部分完全に廃道化なので現代の道で)
第45回   6月26日 第4日曜日
暗越奈良街道三部作 第三章 もうひとつの暗越奈良街道
集合:近鉄生駒線 一分駅 改札口  午前9:00

行程:一分駅-上田酒造-もうひとつの暗越奈良街道-榁木峠-子供の森T
-中町-砂茶屋-赤膚町-垂仁天皇陵-たまうさぎのお団子-尼辻
-縁切り地蔵T-横領天神社-大将軍神社-JR奈良駅                 
距離:12㎞  高低差:110―270―67m  難度:ハイキング

2016 0611 下見 奈良街道 一分から奈良へ

東生駒からの尾根道の分岐まで来ました。
本日の登りはココまで。

2016 0611 下見 奈良街道 一分から奈良へ

ボケ天気ですが、生駒山を。
右から一ノ谷、二の谷(薬師谷)三の谷(暗越道)

2016 0611 下見 奈良街道 一分から奈良へ

榁木峠

2016 0611 下見 奈良街道 一分から奈良へ

子供の森への分岐に

2016 0611 下見 奈良街道 一分から奈良へ

追分
ここから眺める奈良盆地、大和高原、南山城

2016 0611 下見 奈良街道 一分から奈良へ

追分梅林はリフレッシュ工事に入ったみたいです。
「ますぞえさん」のヒタイみたいになってました。
憶えてますか「ますぞえさん」

2016 0611 下見 奈良街道 一分から奈良へ

砂茶屋
間男地蔵と呼ばれてるそうな。
なんとも味わい深いネーミングではないでしょうか。

2016 0611 下見 奈良街道 一分から奈良へ

こちらは食して味わい深い、たまうさぎのお団子。
「食べてけ~ドロボ~」byタケチャンマン
「タダほど高いモノはない~」たぶん

2016 0611 下見 奈良街道 一分から奈良へ

シンプルでありながら、なかなかのデザイン。

2016 0611 下見 奈良街道 一分から奈良へ

鼻欠けてはますが、
この存在感は「間男地蔵」以上でございます、ホント。

2016 0611 下見 奈良街道 一分から奈良へ

文永二年(1265)
暗越奈良街道を歩けば鎌倉期の石造物がゴロゴロニャンニャンと。
日本中捜してもこの道だけでしょう、たぶん。

ただいまパソコンをW8.1から10へと移行中で、
目の前の人参(今なら無料)をぶら下げられて、ついつい。
ブログ記載が大幅に遅れたことをペコリン。

最近マイクロソフトが、
「W7やめますか、それとも人間やめますか?」
キャンペーンしてますが。
みなさんはW7でがんばりますか!
まだ3.5年(サポート終了)も残ってるし~
3.5年後には天国(たいていの方は地獄)に行ってるかもしれないし~

私はXPからW8.1(魑魅魍魎の世界)へと移行しましたから、文句なくW10へと。
噂に聞くとW7は居心地がよろしい様で、
なかなか腰は上げられないみたいですね。
ではみなさん3.5年後、地獄で逢いましょう (^^)/~ 

スポンサーサイト
奈良盆地 | Comments(4)
2016/06/12

1999 03 島ヶ原から 補陀落寺 伊賀上野まで

1999 0316 島ヶ原から 観菩薩寺 補陀落寺 伊賀上野まで

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「島ヶ原から  補陀落寺 伊賀上野まで」に。
今月の古道紀行(おおばこ)の伊賀街道パート2にも行けませんので、
17年前の禁断の単独未公開写真を御開帳いたします。
ミュージック スタート~してますが、
絶対に踊り子さんには触れない様御願い申し上げます~

本日のコース
島ヶ原駅-峰の六地蔵磨崖仏 室町時代-行者堂阿弥陀磨崖仏 南北朝時代-薬師堂 薬師磨崖仏 鎌倉時代-薬師沢 六地蔵磨崖仏 慶長九年(1604)-西念寺 阿弥陀石仏 永禄七年(1564)-正月堂-大道-中矢-高坂-西山-高倉神社-廃補陀落寺町石-西高倉-東高倉-伊賀上野駅

1999 0316 島ヶ原から 観菩薩寺 補陀落寺 伊賀上野まで

この大和街道はまだ歩いてません~
関宿まで歩いてみたいものです、佐吉に逢いに・・・

1999 0316 島ヶ原から 観菩薩寺 補陀落寺 伊賀上野まで

素朴でさりげなくの峰の六地蔵磨崖仏 室町時代

1999 0316 島ヶ原から 観菩薩寺 補陀落寺 伊賀上野まで

今でもしっかり記憶してる正月堂のカモちゃん。
なんか食べるものが欲しいんだがと、
ガーガーガーとがなり立ててました。

1999 0316 島ヶ原から 観菩薩寺 補陀落寺 伊賀上野まで

愛宕ブランド強し。

1999 0316 島ヶ原から 観菩薩寺 補陀落寺 伊賀上野まで

西山にて

1999 0316 島ヶ原から 観菩薩寺 補陀落寺 伊賀上野まで

奈良方面の山々が。

1999 0316 島ヶ原から 観菩薩寺 補陀落寺 伊賀上野まで

ようやく辿り着いた高倉神社

1999 0316 島ヶ原から 観菩薩寺 補陀落寺 伊賀上野まで

高倉神社

1999 0316 島ヶ原から 観菩薩寺 補陀落寺 伊賀上野まで

廃補陀落寺町石


1999 0316 島ヶ原から 観菩薩寺 補陀落寺 伊賀上野まで  
島ヶ原あたりの石造物とこの廃補陀落寺町石見たさに、
ここまで歩いてきました、

1999 0316 島ヶ原から 観菩薩寺 補陀落寺 伊賀上野まで

特別付録  多宝塔  鎌倉時代  仏土寺  2012撮影

どうでしょうか、17年前の記憶はけっこう憶えてるものです。
かといってその後石仏会のみなさんで廃補陀落寺町石は、
何回も行ってますので。
記憶が勝手にリミックスされていることでしょう。
廃補陀落寺から御斉峠まで行きたかったのですが。
歩きではヤメトケ~でございました。

三重 | Comments(0)
2016/06/07

2016 06 春日山原始林(補足)

2016 06 春日奥山
夕日観音(弥勒仏)

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「春日山原始林」に。
ひさしぶりに、のんびりと春日奥山あたりを巡ってきました。

本日のコース
洞の仏頭石 永正十七年(1520)-洞の地蔵 建長六年(1254)-春日山石窟仏-水船 正和四年(1325) -阿弥陀磨崖仏-首切地蔵-朝日観音(弥勒仏)文永二年 (1265)-滝坂地蔵-夕日観音(弥勒仏)-三体地蔵-寝仏 大日如来座像

2016 06 春日奥山

洞の仏頭石 永正十七年(1520)
ココからスタート

2016 06 春日奥山
Mさんが、阿弥陀磨崖仏の向かい側下に!

2016 06 春日奥山

自然ではないですよねと・・・
この像が彫ってありました、
なんとも~良い感じでありませんか。
リーマンショック前と似た状況下での制作でございましょう、たぶん。

2016 06 春日奥山

阿弥陀さんと御対面するがごときに。
拝んでる姿を彫ったんでしょうか、たぶん。
まったくの自己本位の意見でございますが。

何回も来てるんですが、まったく気づきませんでした。

2016 06 春日奥山

水船  正和四年(1325)   高山神社(こうせん)
「東金堂施入高山水船也 正和四年 乙卯 五月日置之 石工等三座」

生駒民俗会の講座・見学会
6月19日(日曜日)10時から、生駒ふるさとミュージアム
Wさんによる講座「石風呂の謎」。長弓寺や寶幢寺(ほうどうじ)、
上田原の住吉神社に残る石風呂と古代からの入浴の習俗について学びます。

ココの水船の話題とは微妙に大きくちがうかもしれませんが!?
興味ある方はお越し下さい。

2016 06 春日奥山

ひさしぶりの春日山原始林の歩きから、
山中の石造物達から、
時の中の人々のおもいをしかと感じさせてもらいました。

年号がある石造物は1200年代中頃からが多いですね。
生駒あたりでも同様で。

東大寺復興でやって来た、
「伊行末がやって来たヤァ!ヤァ!ヤァ!」の大流行なんでしょうか。

只今Mさんから借りた「仁義なき戦い」シリーズを見てるのですが。
伊組も形を変えて関東制圧へと忍性共々旅立ったのか~たぶん。


奈良盆地 | Comments(6)
2016/06/06

2003 1019 古道紀行 伊賀街道 笠置から 島ヶ原まで

2003 1019 古道紀行 笠置から 木津川沿い 観菩薩寺 島ヶ原まで

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、
「2003 1019 古道紀行  伊賀街道  笠置から  島ヶ原まで」に。
先月の古道紀行(おおばこ)行けなかった腹いせに、
13年前の禁断の未公開写真を御開帳いたします。
なを!絶対に踊り子さんには触れない様御願い申し上げます~

本日のコース
JR関西本線・笠置駅-甌穴(おうけつ)群-飛鳥路-潜沈橋
-十一面観音磨崖仏-恋志谷神社・天満宮社-春光寺-今山
-従是東伊賀国-山菅-正月堂-島ヶ原駅

13年前というと、ちょうど私が二十歳になった頃ですね。
関係ないけど、ちょうど「二十歳の原点 高野悦子」の映画を見た頃でもあります。
なを!年齢詐称疑惑についての第三者の調査は絶対いたしません、
あしからず。

2003 1019 古道紀行 笠置から 木津川沿い 観菩薩寺 島ヶ原まで

ココに写ってる皆さんは穴ぼこを調査してるようでございます。

2003 1019 古道紀行 笠置から 木津川沿い 観菩薩寺 島ヶ原まで

Tさんの胸には銀塩カメラです~

2003 1019 古道紀行 笠置から 木津川沿い 観菩薩寺 島ヶ原まで

とても大きな盃状穴でございます~
う~んな、わけないだろ~甌穴(おうけつ)だそうです。

2003 1019 古道紀行 笠置から 木津川沿い 観菩薩寺 島ヶ原まで

飛鳥路

2003 1019 古道紀行 笠置から 木津川沿い 観菩薩寺 島ヶ原まで

潜沈橋    ここで記念写真でしょう。

2003 1019 古道紀行 笠置から 木津川沿い 観菩薩寺 島ヶ原まで

十一面観音磨崖仏

2003 1019 古道紀行 笠置から 木津川沿い 観菩薩寺 島ヶ原まで


2003 1019 古道紀行 笠置から 木津川沿い 観菩薩寺 島ヶ原まで

春光寺    Tさんの歩き方、今も昔もかわってません、キリリ。

2003 1019 古道紀行 笠置から 木津川沿い 観菩薩寺 島ヶ原まで


2003 1019 古道紀行 笠置から 木津川沿い 観菩薩寺 島ヶ原まで

来ましたね。

2003 1019 古道紀行 笠置から 木津川沿い 観菩薩寺 島ヶ原まで

Tさんカメラのプリントを私のデジカメで撮って・・・

今も古道紀行に来てる人は、YKさん、KBさん、TM・Wさん、ぐらいかな。

2003 1019 古道紀行 笠置から 木津川沿い 観菩薩寺 島ヶ原まで


2003 1019 古道紀行 笠置から 木津川沿い 観菩薩寺 島ヶ原まで


2003 1019 古道紀行 笠置から 木津川沿い 観菩薩寺 島ヶ原まで


2003 1019 古道紀行 笠置から 木津川沿い 観菩薩寺 島ヶ原まで

記憶にまったく無い・・・

2003 1019 古道紀行 笠置から 木津川沿い 観菩薩寺 島ヶ原まで

ココ部分、北に向かって歩いてます。

2003 1019 古道紀行 笠置から 木津川沿い 観菩薩寺 島ヶ原まで

ビリの私達は遅れて正月堂へ。

2003 1019 古道紀行 笠置から 木津川沿い 観菩薩寺 島ヶ原まで

石仏をのんびり見て歩いて、
本隊より一時間遅れの電車に乗ったかと。

歩く・石仏の辻で、笠置駅から伊賀駅までの歩きを考えてたら、
先手打たれちゃいました~
ここの道は味があってホント良いですよ。

今月の古道紀行(おおばこ)の伊賀街道パート2にも行けませんので、
17年前の禁断の単独未公開写真を御開帳しようと思ってます、
乞う御期待くださいませ!
それではミュージック スタート~
古道紀行・おおばこ | Comments(2)
2016/06/05

044 2016 0529 大仏鉄道

044 2016 0529 大仏鉄道
大仏鉄道記念公園
その昔、ここいら辺りに大仏駅があったそうです。
さらに今の奈良駅まで延長されたのに、
短命で消え去った大仏鉄道

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「大仏鉄道」に。
心配した雨も反省会を反復した後の帰り道パラパラ。
地獄の閻魔大王に愛された男の面目躍如でございます、たぶん。

第44回   5月29日 第5日曜日
若葉の頃の大仏鉄道                              
集合:JR奈良駅 改札口  午前9:00

行程:JR奈良駅-船橋通り商店街-佐保川橋脚跡-大仏鉄道記念公園
-黒髭山トンネル跡-旬の駅-梅美台公園T-城山台公園T-赤橋
-梶ケ谷隊道-鹿背山橋台-観音寺橋台-地蔵院T-JR加茂駅
距離:15㎞  高低差:80―110―30m   難度:ハイキング・(ストック)
御参考に  
ウォームス 041 鹿背山(かせやま)城跡と大仏鉄道跡 跡跡コンビで

2015 11下見 大仏鉄道

044 2016 0529 大仏鉄道

赤橋
西側の住宅地にはホント、たまげますね!

044 2016 0529 大仏鉄道

赤橋

044 2016 0529 大仏鉄道

鹿背山橋台
ここに来る途中で道を間違えてしまいました。
まるっきり、するりと、ちがう道へと。
思い込みとはちがう、ボケが忍びよってるかも~

その後、数日後に集合時間をまるっきり勘違いをするという大ボケ!
たぶん、生まれてはじめて・・・
さり気ない油断からボケがはじまる。
人間止めますか、ボケ止めますか。

044 2016 0529 大仏鉄道

観音寺橋台
ボケ予備軍の皆様方、たぶん。

044 2016 0529 大仏鉄道

ここから特別付録。
2008年に歩いた時から、残念石。

044 2016 0529 大仏鉄道

けっこう遠かった~
わざわざ、わざわざ来たけれど、私も残念でしたね、ホント。

044 2016 0529 大仏鉄道

今の地図からは消えてしまった、観音寺峠への道の入り口。
入り口だけはほったらかしでしたが、峠道はしっかりしてます。

044 2016 0529 大仏鉄道

道標     やま    きす
今時ハイキングは鹿背山不動経由ですが、
古道 峠道 道標歩きの方々にお奨めいたします。
12月の「こばこ」で道標 だけでも拝めないかな。


もうひとつの暗越奈良街道第三章は、
竹林寺からのつづきで、別院川を辿り榁木峠へと、
(旧道は一部分完全に廃道化なので現代の道で)
第45回   6月26日 第4日曜日
暗越奈良街道三部作 第三章 もうひとつの暗越奈良街道
集合:近鉄生駒線 一分駅 改札口  午前9:00

行程:一分駅-上田酒造-もうひとつの暗越奈良街道-榁木峠-子供の森T
-中町-砂茶屋-赤膚町-垂仁天皇陵-たまうさぎのお団子-尼辻
-縁切り地蔵T-横領天神社-大将軍神社-JR奈良駅         
距離:12㎞  高低差:110―270―67m  難度:ハイキング

ええじゃないか~ええじゃないか~
500えんで伊勢参り気分で、ええじゃないか~
皆様方のお越しをお待ちしてます~

歩く・石仏の辻 | Comments(2)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。