--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/02/16

平井太師山の謎の石祠

平井太師山の謎の石祠
平井大師山    平井八十八ケ所霊場       奈良県 宇陀市 菟田野区 平井

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「平井太師山 」に。

突然ですが私は今、美登路本家の跡地に立っています。
ナゼ立ってるかを説明すると短くなりますので、省きます。

問題はこの「謎の石祠」でございます。
金森敦子著「旅の石工 丹波佐吉の生涯 」を一読した人ならピ~ン~と来たかと思いますが。
ピ~ン~と来なかった人は、角界関係者かと思われますが、
どう言うオチをでっち上げるのか楽しみにしております、
角界関係者各位様方へ。

話しは強引に、なおかつわざとらしく逸れてしまいましたが。
そうなんです、
「謎の石祠」なんですね。

「旅の石工 丹波佐吉の生涯 」によると、
佐吉に対抗して地元の石工の八十八カ所の全景の石彫が納められてると・・・




平井太師山の謎の石祠


そんでもって覗いて見てみました・・・

わたし「KM氏は小説家、IB氏は数学者、関の観音山は無視かいな、責任者呼んでこい~」

TVの人「ぜいたく言うな!」

わたし「この謎の石祠はどう説明するんだ、責任者呼んでこい~」

TVの人「両者とも商売でやってるんだ、ぜいたく言うな!」

TVの人「ちゃっかり、お世話になってるくせに、ぜいたく言うな!」

わたし「確定申告始まりましたよ」

TVの人「ぜいたく言うな!国税庁!」



不動明王と庚申さん

奈良県 宇陀市 菟田野区 宇賀志      庚申像  江戸時代たぶん

そこで思うのが、このボス・贅沢庚申像です。
なんか、関係あるのか、他人の空似か、でっち上げか、数字のマジックか?
KM氏にIB氏に、なおかつ前口検事ばりに台本を書くと、

あんさん(佐吉)が狛犬界のビートルズなら、
あっし(贅沢庚申像の人)は庚申界のセックス・ピストルズになる!

しかし、すごいです、この「謎の石祠」は。
覗いた瞬間に私の脳味噌はすっ飛びました、ホンマ。
石造物の世界は大石統一理論で動いていると信じて疑っていなかったのですが。
その瞬間から、神も仏もボス・贅沢微糖も綺麗サッパリ消えて無くなりました。
そうなんです、ビッグ・バ~ン~以前の
美登路本家の跡地なんです、たぶん。

歩く・石仏の辻の
第6回 4月10日 日曜日で訪ねますので、
「謎の石祠」体験して下さいませ。

第6回 4月10日 日曜日
宇陀市の丹波の佐吉を訪ね歩きます(奈良県・宇陀市)
二上山人の丹波の佐吉シリーズの第一回目でございます。
佐吉の心意気をしかと感じ取って下さいませ。
■ 近鉄大阪線 榛原駅 午前9時45分集合
バスにて、曽爾村役場行き、10時15分発 赤埴口まで
赤埴-平井・八王子神社(狛犬)-平井・大師寺(石祠ほか)T〔昼食〕
-平井・八王子神社(狛犬)-見田・大沢
-宇陀水分神社(狛犬)-宇陀水分神社前バス停(16時37分発「榛原行」バスに乗車します)
■歩行距離約6㎞ 高低差 無し


丹波の佐吉 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。