2011/04/29

第六回 2011年 4月 歩く・石仏の辻 宇陀市の丹波の佐吉を訪ね歩きます

宇陀市の丹波の佐吉を訪ね歩きます
平井・八王子神社

全国一千万の石仏ファンの皆さん今晩は、
今宵第六回目の「歩く・石仏の辻」は宇陀市の丹波の佐吉を訪ね歩きます、
にやって参りました。

本日のコースは、
■ バス停 赤埴口-八滝・五社神社(狛犬)-平井・大師寺(石祠ほか)T〔昼食〕
-平井・八王子神社( 狛犬)-見田・大沢-宇陀水分神社(狛犬)T
-バス停 宇陀水分神社前

本日の口上
4月は二上山人の丹波の佐吉シリーズの第一回目でございます。
大和で佐吉を語らせたら、この人有りと言われた(賛否両論)二上山人の登場でございます。

先日は蛭子神社(戎子神社)大和郡山市  西町で佐吉の狛犬を再発見!
(地元の人は毎日再発見?)
なおかつ先先日には、川西町 正念寺で十一面観音を発掘!
佐吉界のゴッド・ハンドと称されてる方(愛妻家)でございます、たぶん。

まずは佐吉の新宿ゴールデン街である宇陀市を飲み歩きます。
失礼!宇陀市をみんなで、のんびり歩きます。

平井大師山の平井八十八ケ所霊場 十九番立江寺 石祠の中の地蔵様、
しかと、御覧くださいませ。
関観音山の三十三観音石仏群へと辿る「佐吉覚醒」の一品ではないでしょうか?
狛犬に石仏に、丹波の佐吉の心意気をしかと感じ取って下さいませ。

宇陀市の丹波の佐吉を訪ね歩きます

バーバード大学のマイケル・サンダル教授も大絶賛した日本の原風景、たぶん。

宇陀市の丹波の佐吉を訪ね歩きます



宇陀市の丹波の佐吉を訪ね歩きます
奈良県 宇陀市 榛原区 八滝    五社神社         1860 萬延元        

硬い花崗岩のために、佐吉としては、
借りてきた狛犬状態です、たぶん。

宇陀市の丹波の佐吉を訪ね歩きます

平井大師山の平井八十八ケ所霊場 十九番立江寺 石祠の中の地蔵様

宇陀市の丹波の佐吉を訪ね歩きます



宇陀市の丹波の佐吉を訪ね歩きます

全高16センチしかないです~
度肝を抜かれる、そのホリエモン(懲役2年6ヶ月)失礼しました、
その彫り!

そして私は確信したのでございます、
この地蔵を彫り進めるうちに、佐吉の魂が覚醒したのでございます。
彫りは爆発だぁ~~~たぶん。

佐吉の心は関の観音山へ飛翔。

宇陀市の丹波の佐吉を訪ね歩きます

奈良県 宇陀市 菟田野区 平井        平井大師山  平井八十八ケ所霊場

宇陀市の丹波の佐吉を訪ね歩きます

四十五番岩谷山 不動明王

宇陀市の丹波の佐吉を訪ね歩きます
奈良県 宇陀市 菟田野区 平井            平井八王子神社           1852  嘉永五年

佐吉の狛犬処女作と称される、はたして・・・

宇陀市の丹波の佐吉を訪ね歩きます
奈良県 宇陀市 菟田野区 古市場            宇太水分神社            1854  嘉永七年

佐吉の狛犬としては、
世界で一番見られてる一品ではないでしょうか、たぶん。

それにしても、佐吉はどこへと去っていったんでしょうか。
宇陀の山奥で今も彫って、彫って、彫りまくっているんでしょうか?
佐吉待ってる         亀山市教育委員会




歩く・石仏の辻 | Comments(2)
Comment
No title
タケチャンマンさんおばんですおひさです。
いやぁ~皆さん歩いてはりますね!八王子神社の前ではお行儀よく並びまるで段飾りおひな様のようではございませぬか。16センチのお地蔵様とは!三条一間の小さな下宿でも部屋に置けますがな。これからも新緑のいい気候。歩いて歩いて歩きまくってくださいまし。
16センチのお地蔵様
かま猫さん、お今晩は。
こうして瞼を閉じると、
左目に16センチのお地蔵様、
右目に黄金に輝くかま猫様の16センチ×2四方のお顔が、
ありがたく降臨されております、たぶん。

16センチのお地蔵様、是非かま猫様に眺めてもらいたいもんでございます。
たかが16センチ、驚異の16センチ、歩いて16センチ。
奈良の大仏サン使用の携帯ストラップに程良い大きさでしょうか?

管理者のみに表示