2011/05/10

007 2011 0508 旧道ながさか道を歩き東当尾を訪ねます

007 2011 0508 旧道ながさか道を歩き東当尾を訪ねます
京都府  木津川市  加茂町                  弥勒の辻

全国一千万の石仏ファンの皆さん今晩は、
今宵第七回目の「歩く・石仏の辻」は旧道ながさか道を歩き東当尾を訪ねます。

本日のコースは、
■ 加茂駅-草畑-旧道ながさか道-北下手-大蔵墓地-ずんど坊笠塔婆
-森八幡宮T〔昼食〕-青地蔵-赤地蔵-勝風墓地-大畑・大福寺-弥勒の辻
-バス停・岩船寺口

本日の口上
加茂駅を旅立ち、田園風景豊かな山里を、緩やかな坂道をエッサ、エッサと歩きつ、
若葉の緑が目に眩しく、この眺めは最高です~とずんど坊へと向かいます。

ずんど坊と言っても奥様のウエストのことではございません。
むかし、むかし、ずんどぼうと呼ばれる力持ちがおったとさと言うお話でございます。
ずんど坊笠塔婆は阿弥陀さんと地蔵さんが二階建てなっているという、
めずらしデザイン、森八幡のスカイツリーとは呼ばれてはい無いそうです。

浄瑠璃寺-岩船寺しか歩いたことがない人は、是非このコース歩いてください。
当尾の里は石仏の数だけではなく、歩く道もとても奥が深いです、たぶん。


007 2011 0508 旧道ながさか道を歩き東当尾を訪ねます
森八幡宮  線刻石仏不動明王

最近屋根付きになったため、見にくくなってしまいましたが、
保護のためには、箱入り娘もしかたがないのでしょう。


007 2011 0508 旧道ながさか道を歩き東当尾を訪ねます
森八幡宮

すっかり明るくなった森八幡宮さん。


007 2011 0508 旧道ながさか道を歩き東当尾を訪ねます
ずんど坊笠塔婆

地元の方は、ずんど坊の杖と呼んでる様です。

007 2011 0508 旧道ながさか道を歩き東当尾を訪ねます

緑が目に眩しいです。


007 2011 0508 旧道ながさか道を歩き東当尾を訪ねます
勝風墓地

六地蔵が原子力発電問題を嘆いております。


加茂駅からスグ入られる、ながさか道どうでしたでしょうか。
歩きファンなら一度は足を踏み入れてくださいませ。

鬼も大笑いする年末のお話でありますが、
当尾の里シリーズ二回目は。

第10回 12月18日 日曜日
石仏の総本山の当尾の里を千日街道を辿り加茂へと(京都府・加茂町)

■ 集合:バス停・岩船寺口となります、各駅からバスにお乗りください。
    JR奈良駅 バスのりば6番 系統番号96 下狭川行き 9:24発 岩船寺口下車 500円
    近鉄奈良駅 バスのりば4番 系統番号96 下狭川行き 9:27発 岩船寺口下車 500円
■ バス停・岩船寺口-弥勒磨崖仏・ミロクの辻-岩船寺墓地六地蔵石龕仏-観音寺跡
    -岩船寺T〔昼食〕-わらい仏-千日墓地-宝珠寺-金蔵院-JR・加茂駅
■歩行距離約9㎞ 高低差約10m

■ 犬も歩けば棒に当たる、人も歩けば石仏に出逢う、それが当尾の里
当尾の里シリーズもいよいよ佳境に入って参りました、たぶん。

冬なのに、春のつくしんぼうの如くあちこちにニョキニョキの石仏を摘んで歩きます。
失礼、見て歩きます、決して摘まない様お願い申し上げます、重いから。
定番のコースとはふた味もみた味もちがう、歩行極楽浄土(千日街道)へと辿ります。

是非一度は騙されたと思って、千日街道を歩いてくださいませ。
極楽浄土は歩かなければやっては参りません。


歩く・石仏の辻 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示