2011/09/02

2011 0710 008 下見 歩く・石仏の辻 佐吉パート2 その5

2011 0710 008 下見  佐吉パート2
奈良県 宇陀市 大宇陀区 春日         春日神社  石塔基礎(石大工行元銘) 正応四年( 1291)

Episode5 
石大工行元

伊ブラザーズの 石大工 井行元(いのゆきもと)
五輪塔の地輪か層塔の基礎を借用してのお手洗い場か。

談山神社に十三重石塔  永仁六年 1298年  「大工井行元」の銘が。
伊賀市下柘植  霊山山頂  宝塔  永仁3年  1295年  「大工伊行元」の銘が。

2011 0710 008 下見  佐吉パート2

今は石で出来た、水ようかん(水輪か)が浮かんでました~

2011 0710 008 下見 佐吉パート2

奈良県 宇陀市 宇陀区 栗野       大蔵寺  十三重石塔      延応二年(1240)

こちらは、伊組初代の組長の伊行末(いのゆきすえ)作
島口紳助さんとはネンゴロの仲だったそうです、たぶん。

狛犬ファンには、東大寺南大門の石獅子  建久七年(1196)
石仏ファンには、般若寺  十三重石塔  建長五年(1253)
東大寺  法華堂(三月堂)石燈籠   建長六年(1254)

歴史ファンの人も知らず、知らずに眺めてる伊行末(いのゆきすえ)
私は小学校の修学旅行で見たはず、たぶん。
お土産に奈良漬けを買いました~

日本が気に入ったのか、
宋が気にくわなっかたのか、
日本のおける伊ブランドは、石造物の一大ブランドへと、
今なら、さしずめAKB48とタメを張るかと、たぶん。


丹波の佐吉 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示