2011/10/14

008 2011 0828 帰ってきた峯垣内 裏の谷磨崖仏

008 2011 0828  帰ってきた峯垣内 裏の谷磨崖仏
奈良県  平群町  擽原

あまりにも皆さんが美男美女でしたので、
カメラがぶれてます、すんません、ペコリんこ。

ここからの眺めが大好きなんですけど。
矢田丘陵から飛鳥、音羽三山、奥駆けの山々へと。

先日、盛大かつ厳かに、なおかつ華やかに「歩く・石仏の辻」が催されました。

本日のコース
元山上口駅-千光寺・鳴川T-夫婦岩-裏の谷磨崖仏-擽原墓地-光明寺跡-元山上口駅

暑いから山中コースを組んでみましたが、どうでしたでしょうか。
その昔ゴルフ場の話しが盛り上がったという山中を歩いてみました。


008 2011 0828  帰ってきた峯垣内 裏の谷磨崖仏
八尺地蔵磨崖   鎌倉中期

当日の写真でありませんが、ホームページに使ってる写りの良いモノを。


008 2011 0828  帰ってきた峯垣内 裏の谷磨崖仏
千光寺      宝塔  鎌倉初期


008 2011 0828  帰ってきた峯垣内 裏の谷磨崖仏
千光寺

日曜日に千光寺へ来れば、必ずやハイキングの人に逢う場所。
私にとっても庄兵ヱ道へ、裏の谷磨崖仏、暗峠への中継ポイントとなってます。


008 2011 0828  帰ってきた峯垣内 裏の谷磨崖仏
裏の谷磨崖仏 紀年無し 仏身45

今年、三回目の御対面です、トータル何回目なんでしょうか、
不思議と御縁のある磨崖仏さんでございます。
近くを歩けば寄りたくなる仏様~


歩く・石仏の辻の今後のスケジュール
楽しく歩いて、楽しく石造物に古道を拝見、再発見しましょう~

第9回 10月30日 日曜日
佐吉シリーズ 第二回 謎の大五輪と大宇陀を行く(奈良県・宇陀市)

■ 集合:近鉄大阪線 榛原駅 午前9時30分
  奈良交通バス   9時33分発  菟田野行き  4番のりば  母里南まで  390円
■ 榛原駅 バス停―十八柱神社―栖光寺跡(大五輪塔)-薬師寺跡
   -春日(梵字仏・石塔残欠)-春日神社T石塔基礎(石大工行元銘)
   -神楽神社(狛犬)-正法寺(地蔵像)-大願寺(地蔵石仏)-徳源寺T(布袋像)
   -五十軒バス停-榛原駅
■ 歩行距離約8㎞ 高低差30m

■ 十月は二上山人の丹波の佐吉シリーズの第二回でございます。
圧倒的な大好評(予想では)で終えた第一回目から、ほとぼり冷めずの中。
大和で佐吉を語らせたら、この人有りと言われた(定説、たぶん)
帰ってきた男、二上山人が、マタタビ、股旅、再びの登場でございます。
佐吉界のゴッド・ハンドと称されてる二上山人の次の孫の手は、失礼、次の一手は何か!

ともかくドデカい、バラバラの岩清水の大五輪塔!
バラ4トンくださいと岩清水肉店で注文しない様、御願い申し上げます。

佐吉と言えば狛犬!ノーノーでございます!
本日は、狛犬に地蔵に布袋まで。石造物の総合商社、それが丹波の佐吉でございます。
そのむかし、菟田野&関合同地検特捜部が弱制捜査に着手したと
噂されたこともある、たぶん。
その後のどうなったかは、古文書にも記載無しで無罪放免か?

二上山人から語られる佐吉の最新情報の数々、
なおかつ驚愕の事実が今、二上山人の口から~(当たり、はずれ有り)
ともかく、丹波の佐吉の幕ノ内弁当をお召し上がりませ。




第10回 12月18日 日曜日
石仏の総本山の当尾の里を千日街道を辿り加茂へと(京都府・加茂町)

■ 集合:バス停・岩船寺口となります、各駅からバスにお乗りください。
    JR奈良駅 バスのりば6番 系統番号96 下狭川行き 9:24発 岩船寺口下車 500円
    近鉄奈良駅 バスのりば4番 系統番号96 下狭川行き 9:27発 岩船寺口下車 500円
■ バス停・岩船寺口-弥勒磨崖仏・ミロクの辻-岩船寺墓地六地蔵石龕仏-観音寺跡
    -岩船寺T〔昼食〕-わらい仏-千日墓地-宝珠寺-金蔵院T-JR・加茂駅
■歩行距離約9㎞ 高低差約10m

■ 犬も歩けば棒に当たる、人も歩けば石仏に出逢う、それが当尾の里
当尾の里シリーズもいよいよ佳境に入って参りました、たぶん。

冬なのに、春のつくしんぼうの如くあちこちにニョキニョキの石仏を摘んで歩きます。
失礼、見て歩きます、決して摘まない様お願い申し上げます、重いから。
定番のコースとはふた味もみた味もちがう、歩行極楽浄土(千日街道)へと辿ります。




第11回 2月26日 日曜日
再び、宝山寺旧参道 峯の薬師跡十三仏 髪切峠へ(奈良県・生駒市)

今回は、ぼくらの広場から「庄兵ヱ道と千光寺」の辻を経て、
向井山そして宝幢寺、南生駒駅と下ります。

庄兵ヱさんが管理した「庄兵ヱ道」が、宝山寺から千光寺なら。
宝山寺から髪切峠、そして暗峠への道は「うつぶせ地蔵道・私が命名す」

鎌倉時代に繁栄を極めたと言う、たぶん、旧鶴林寺から峯の薬師跡十三仏を訪ね、
そのまま幻の旧道を暗峠・髪切峠へと歩きます。
暗峠の地蔵様に御挨拶をして、府民の森でお弁当を食べて、
向井山そして宝幢寺、南生駒駅と下ります。

足元はしっかりした物を、お履き下さい、ほとんど下りです。

鬼取山 新聞

どうですか皆さんの前頭葉を直撃しませんですか?
そのむかし、むかしにうつぶせ地蔵・峯の薬師跡十三仏はどこだい~
と探索中に、旧鶴林寺にさり気なく張ってありました・・・

そして、ようやく峯の薬師跡十三仏に辿り着いたら、
髪切峠への道は、はどこなのだ!
限りないホモサピエンスの強欲が、
素粒子よりも速く、光よりも速く、爆発したしだいでございます。

暗峠からラッキーガーデン経由の宝山寺ではなく、
暗峠から髪切峠、そして峯の薬師跡十三仏経由の宝山寺へ。
みなさんも今後バイパス道として利用されてはいかがでしょうか、悪路ですが、たぶん。

■ 集合:近鉄奈良線 生駒駅中央口 午前9時15分
               9時30発ケーブルにて宝山寺へ、280円
■ 宝山寺駅T-薬師山鶴林寺跡-八大ノ滝-うつぶせ地蔵・峯の薬師跡十三仏
    -髪切峠-慈光寺-暗峠の地蔵-府民の森・なるかわ園地T〔昼食〕
    -向井山-宝幢寺-近鉄生駒線・南生駒駅
■歩行距離約8㎞ 高低差 80%下りです 約450m 

歩く・石仏の辻 | Comments(2)
Comment
No title
8月に10月30日の石の辻参加お願いしたんですが
数日前ですが改めて1名で参加よろしくお願いします。
 榛原駅でお会いできればと思います。
雨天の場合は中止なんでしょうか
 
 
No title
kari様、参加ありがとうございます。
大雨以外は決行予定です。

天気が微妙な場合は当日の朝6時頃に、
ホームページとブログにお知らせを出しますので、
確認してください。
または、walmusu@infoseek.jpにメールください。
お知らせメールを送らせてもらいます。

通り雨程度であることを祈ってます~

管理者のみに表示