2012/06/12

2012 06 小倉寺 檜のモリ 圭頭状板碑 延徳三年

2012 06 小倉寺  檜のモリ  圭頭状板碑  延徳三年  
奈良県  生駒市  小倉寺  大門  桧のモリ  圭頭状板碑  延徳三年(1491)

奈良県史、生駒市石造遺物調査報告書漏れの、
レアな石仏さんです、タケチャンマン感激でございます。
小倉寺と大門と有里の三境辺り。

2005  10/18のホームページ石仏の辻にて。
あらためて、萩の台から南生駒を 下見に行ってきました
で紹介した石仏さん出所わかりました、
生駒民俗会の「第35号 ふるさと生駒」生駒谷の七森信仰7  今木義法  (著)
生駒民俗会の「生駒谷の七森信仰」 今木義法(著)
文珠山丘陵の尾根道にて合掌。

七年前ですか、どこから入ったのか記憶にありません。
東からすんなり入った気が?いやいやよじ登ったのか?
抜けたのは萩の台から南生駒を 下見に行ってきましたにある道路に出てきました、たぶん。
この藪を突破すれば五分もかからないで行ける気がする~自信ないけど・・・

私も機会ががあれば訪れようと思ってて七年ですが・・・
市街地を歩兵銃(これがホントのタマ無し、サオ付き、なんちゃって)担いで歩く男気あれば、
必ず到達できます、キリリ。

2012 06 小倉寺  檜のモリ  圭頭状板碑  延徳三年

矢田寺地蔵さんでしょうか。

2012 06 小倉寺  檜のモリ  圭頭状板碑  延徳三年

小倉寺  大門  桧のモリの中で521年眠りつづけています。

みなさんも、生駒民俗会の「生駒谷の七森信仰」 今木義法(著)
をガイドブックにして生駒谷の七森を訪ね歩いてはいかがでしょうか?
一日一万歩軽くオーバーいたします。

生駒市役所にて絶賛発売中、生駒民俗会の「生駒谷の七森信仰」 今木義法(著)


生駒・矢田丘陵 | Comments(2)
Comment
萩の台から南生駒、歩いたことがありません。萩の台駅近くにラスクを買いに時々出かけますが。521年の歳月を経た石仏、これからも、ずっと私達を見守って欲しいものです。ナタとカマは持っていますが、ダニが厄介ですね。当時撮影された画像を見る限りでは石仏へ通じる踏み跡がありそうに見えます。
No title
生駒谷も石仏の宝庫ですよ、
伊ブラザーズの肌の艶々見てくださいませ。

桧のモリ 圭頭状板碑への地図送ります。
だいたいですが、藪突破すればすんなりかと。
中は陽が当たりませんので、
むかしのままと推測するしだいであります。
注:モリさんの中ですので、邪が出るか、鬼が出るか、
間違っても仲良くならないよう、
引きずり込まれます~

管理者のみに表示