2012/08/10

補陀落寺跡 三重県

補陀落寺跡
三重県  上野市  西高倉

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「近いうち」に。
失礼いたしました、ペコリンコン。
「補陀落寺跡 」のマチガイでございます。

本日SZ会で暑さもなんのその目指すは、補陀落寺跡の町石!
その前に佛土寺の多宝塔を拝んでからですが・・・

ロンドンが羨ましいですな、涼しいそうですねロンドンは。
ビーバーエアコンいらずなのか?

補陀落寺跡

ようやく辿り着いたのが十五丁石(標高170mだいたい)
ここから補陀落寺跡までカウントダウン形式の町石が、
今は十基残ってるそうです。

補陀落寺跡

15、13、12そして九丁へと。
ここで二人、ここで待ってます~コール。

補陀落寺跡

八丁石  昭和29年4月に掘り出されたとか、
行方不明の町石もこの辺りに眠って居る様でございます~
まさか伊勢湾までは流れ着いてはいないでしょう、たぶん。

補陀落寺跡

刑務所で面会状態の七丁石、
思わず花子と太郎は大きくなったか?と叫んでしまいました。

補陀落寺跡

なんでもかんでも年号入れとくべきですな、
ただし入れ墨はアカンヨ、大坂市長 橋上さんに目の敵されるからね、
ただし北新地の高級クラブのオネエチャンはOK!

申し遅れましたけど、四丁石  建長五年 (1253)
銘のある町石で日本で一番古いそうです。

補陀落寺跡

ツチノコですか、ツチノコがダイエットしたら、タダの蛇、たぶん。

補陀落寺跡

補陀落寺跡に到着(標高310mだいたい)
ココまで辿り着いたSZ会人はたった二人でございます。

補陀落寺跡

基石    建長五年癸丑  八月廿一日

補陀落寺跡

760年ばかしの鎌倉時代のこの地は、まったくの山中の中だったのか~
古文書の記録もほとんど無いも同然なのか・・・

補陀落寺跡

あなたも補陀落渡海へと旅立っているわけですね、
二度と出ることが出来無い人間社会へと、南無阿弥陀仏でございます。



三重 | Comments(2)
Comment
補陀落渡海、中世において、このような捨て身の修行があったのですね。知りませんでした。
井上靖の小説を読んでみるかな。
No title
本心は行きたくない・・・
そんな住職が居てもワンダーではありませんね。

ホモサピエンスの補陀洛世界はロンドンに現存してるのか!
はたまた、うたたかの想いなのか。

管理者のみに表示