2009/07/10

帰ってきた峯垣内 裏の谷磨崖仏その2

はあ~るば~る来たぜ~「函館ではなっくって、帰ってきた峯垣内 裏の谷磨崖仏その2」に。

突然ですが、皆々様方も自分党総裁候補になりたいでしょうか?
そして、小泉純二郎モドキに核秘密文書をぶっ潰す!

関西在住の歩きピニストなら必ずや、一度や二度や歩いた事があるという、近鉄奈良線 瓢箪山駅---鳴川峠
---千光寺---近鉄生駒線 元山上駅
あるいは、近鉄奈良線 瓢箪山駅---鳴川峠---暗峠---枚岡神社---近鉄奈良線 枚岡駅

本日は前者の千光寺辺りの南回遊コースと申しましょうか、ジンベエザメの「海くん」になったつもりで、
峯垣内 裏の谷磨崖仏を目指して回遊してみましょう。

本日の私のコース
近鉄生駒線 元山上駅---生駒山口神社---清滝石仏群---千光寺手前の分岐---鳴川水源地 分岐---峯垣内 裏の谷磨崖仏---鳴川峠手前の分岐---北の道を千光寺へと戻る---僕らの広場---暗峠---西畑---鬼取町---ラッキガーデン---宝山寺---近鉄 奈良線 生駒駅

峯垣内 裏の谷磨崖仏
千光寺手前の分岐を左手を歩くと、水道設備らしき建物が、

峯垣内 裏の谷磨崖仏
チョイ上がればココに到着、いよいよ魔界の地へと足を進めてまいります。
ここからは、迷ってもOKと仰る人以外は、地図とコンパスを持参が無難でございます。
GPSが理想ですが、貧乏にGPSはナスの私。

峯垣内 裏の谷磨崖仏
またココ分岐、地図の道は左手へと上がっていきますが、本日は手前の道を選択。
まあ早い話が農道だったんでしょうが、
いつの日からほったらかし水田への道へとなってます。

峯垣内 裏の谷磨崖仏
ココ右へ、モノは試しにと直進しましたが道が消滅気味、
地図からするとストンと下れば鳴川集落に出れると思います、
と言うか道があったんでしょうその昔は、今はモウ~

峯垣内 裏の谷磨崖仏
ココも右へと、左へと水田跡を辿れば、
信貴フラワーロードの擽原トンネルの北口に出られましたが、
今回は薮茫々でキッパリ、キャンセル、好き者なら挑戦してください!

峯垣内 裏の谷磨崖仏
6、7年前に比べてもドンドンと悪条件へ、悪条件へと水田跡はなってるようです。
戦後しばらくは、この辺も狭いながらものどかな田園風景だったんでしょうが、
人手が入らないとあっと言う間に御覧のとうり。

あまりにも水田跡が条件悪しで、ココを強引によじ登りました。
前回は畦道跡らしきを歩いたんですが、
ココまで来るとまるでアマゾンの湿地帯でございます、人食いワニがいないだけOK!

しかし、冬場でコレですから、冬以外歩か無い方が無難でございます、
マムシが黒服着て旦那どうですか、いい娘おりまっせと勧誘しますから、たぶん。

峯垣内 裏の谷磨崖仏
そんな、こんなで分岐にようやく到達いたしました、ココを下れば裏の谷磨崖仏。
今までの道が、いや道は無い所も、道なので、ココからの道がまともに見えちゃます、ホンマ。

その昔は擽原からの鳴川、千光寺、鳴川峠、瓢箪山への道だったんでしょう。
裏の谷磨崖仏には毎日花が咲き乱れ、手を合わせ、そして河内へと旅発たれたことでしょう。

まだ、まだ、続きます、ホンマ。

生駒・矢田丘陵 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示