--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/09/27

2012 0917 古道紀行 童仙坊 原山へ

2012 0917 古道紀行 童仙坊 原山へ
京都府  相楽郡  和束町か南山城村?  バックは鷲峰山

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「童仙坊」に。

ようやくの秋が巡って来ての日々、お元気でしょうか?
ちょい前になってしまいましたが、童仙坊へ行った時の写真載せます。

童仙坊とは、なんとも香しい名前ですね。
明治になっての開拓地だそうです。

私にとって5年ぶりの童仙坊、前回も蒸し暑かったけど、
当日も予想外に暑かったです~9月と言うのに~

本日のコース
笠置駅ー下有市ー童仙房ー門前ー原山ーバスー加茂駅

2012 0917 古道紀行 童仙坊 原山へ
下有市

のっけから登りの、プチ峠越え、真夏の陽差しが~

2012 0917 古道紀行 童仙坊 原山へ
下有市

木津川がカーブを描いて。

2012 0917 古道紀行 童仙坊 原山へ

鷲峰山が前面に、来月の古道紀行はその鷲峰山に宇治方面からアッタクだそうです。


2012 0917 古道紀行 童仙坊 原山へ
和束町

どこを切っても、茶畑の金太郎飴状態。

2012 0917 古道紀行 童仙坊 原山へ
和束町

だんだんと高度を下げてまいりました。

2012 0917 古道紀行 童仙坊 原山へ
和束町

茶畑でヤングでアダルトで老若男女をパチリ。

2012 0917 古道紀行 童仙坊 原山へ

飲み疲れた後の釜飯到着に、
「赤子泣いても蓋とるな」状態の皆様方。


ウォーキング娘    第54回 9月30日 第5日曜日
古くから眼病平癒に霊験があり<音羽の観音さん>と親しまれています、
音羽三山に挑戦しましょう。残暑が残っているかな・・・

集合:近鉄大阪線・JR万葉まほろば線 桜井駅南口バス停 午前9時15分
       談山神社行コミニィティバスにて 9時25発 下居まで 320円

 
行程:桜井駅南口T-下居(おりい)-音羽山観音寺T-音羽山(851)
       -経ヶ塚山(889)昼食-熊ヶ岳(904)-大峠-針道
       -八井内・多武峯T-近鉄・JR桜井駅

距離:約9㎞   高度差:700m    国土地理院1/25000:畝傍山・古市場

なんとも、今日現在、天気が台風17号次第で微妙になってきましたが。
29日土曜日の20;00頃までには、シロクロはっきりさせますので、
ここのブログ覗いてくださいませ。

古道紀行・おおばこ | Comments(4)
Comment
No title
堂千坊、一時期、この高原に毎週ほどクルマで通っていました。

クノスケ、三ケ岳、牛塚山、国見岳、コウモリ岩、三国境など標高は低いですが、探索ゴッコには、手ごろな山々が連なっています―笑。

随分と昔になりますが、実は、私の知人のその親戚の方が、この地へお嫁に行かれて、ここでの生活について、いろいろと知人から聞いたことがあります。
なんというか、周りから隔離されたような地形に位置していますね。

最初、この地を訪れて驚いたこと、それは、私のような他所者でも、丁重に挨拶されたことです。
道端で会えば挨拶はされるでしょうが、こちらは徒歩、地元の方はクルマを運転していてのことです。

普通、田舎では、他所者を、警戒するのですけどね。
開拓地ということで、元は皆さん、他所者だったからでしょうか。

それはさて置き、反省会は、どこでされたのでしょうか。

週末の台風の動きも気になります。
No title
okaさんは、まるで地方検察官のごとく、
行った事がないヤマは無い様ですね、
夜道に気おつけてくださいませ。

反省会は一品300円ばかしの「は、は、は」です。

週末の台風、避けてくれませんかね。
まあ、ホモサピエンスも自然の一部ですからね。
自然の一部の台風と馴染まないとしかたがありませんか。

開拓者
その昔、京都から移り住んだ方々は都に近い所から一番・二番と地域を名づけたとか…。

札幌に住んでいた頃、奈良の十津川村から移住した人達の「新十津川村」へ ドライブしました。今は「町」となり、去年の災害の支援もされたそうです。

故郷を想いやる気持ちは何処も同じですね。

和束のお茶は宇治茶として販売されるのですって。
こんな急峻な山道、ぽやぽや歩くだけでもしんどいのに、茶畑のお婆ちゃん、とてもお元気そうでした。
お茶パワーかしら(^_^)v

「こんなに沢山の茶畑なのに『わづか』…」とダジャレを飛ばしていたのはだぁれ?


No title
> 『わづか』…とダジャレを飛ばしていたのはだぁれ?
まったく素晴らしい究極のダジャレですね、
誰なのか、まったく想像もできません!?
そんなハイセンスでエレガントなダジャレを飛ばせる様な人居ましたっけ・・・(^_^)v

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。