2012/10/01

2012 09 忍辱山から白砂川を鉢伏峠へと

2012 0929 忍辱山 白砂川 鉢伏峠
「阿弥陀磨崖仏」鎌倉後期 像高91㌢ 来迎印阿弥陀如来像

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「こまわり君に、もとい、
もといでございます、阿弥陀磨崖仏」に。

彼岸花がようやく咲き始めた頃、忍辱山から白砂川を遡上し太安万侶墓を拝見し、
鉢伏峠を下って参りました。

本日のコース
バス停 忍辱山-白砂川-こまわり君こと阿弥陀磨崖仏-下誓多林-此瀬町-太安万侶墓
-和田墓地-須山町-鉢伏峠-東金坊地蔵尊-鹿野園町-バス停 高畑町

2012 0929 忍辱山 白砂川 鉢伏峠

バス停 忍辱山からしばし歩くと地蔵磨崖仏に、
薄味にて見過ごす事請け合いですから、
細心の御注意にて御覧くださいませ。

2012 0929 忍辱山 白砂川 鉢伏峠
忍辱山から南下すれば、視界が開け白砂川が。

忍辱山から白砂川への道中に、
XとYの磨崖仏があると聞いたんですが、
ちょうどバイクで通りかかったおじさんに聞いたんですけど???
結局Xとしか逢えず、Yはバイパス道の方なのか?

2012 0929 忍辱山 白砂川 鉢伏峠

白砂川と言えば、そうです白砂川の門番こと、
「こまわり君に、もとい、もといでございます、阿弥陀磨崖仏」
に逢わないことにゃあ~始まりません~

と言う事で、ちょっと白砂川を下流へと歩くんですが・・・
歩き始めてちょっと、ちょっと、オイオイ、なんだんねん、
この密林状態はボルネオかはたまた錦糸町か、
道を間違えたの~
8年ぶりの道ですけど~
本日で6回目の道ですけど~
間違える様な道でもなかったハズ!?
オイオイ、どんどん、どつぼにはまって行く気がヒシ、ヒシ、ヒシと。
今更戻るにも、戻れない、借金人生~

向こうの方に見えるは、懐かしの風景?気だけか?
進むしかないのか!ないでしょうね、
「天は我々を見放した」
正確には「天は我を見放した」むかしからですけど。

2012 0929 忍辱山 白砂川 鉢伏峠 
命からがら、抜け出した先に、
「土砂崩れのため、通行止」
なる程、そう言う訳か~なる程、
「土砂崩れのため、通行止」
どアホ~向こうにも、立てとかんけ~(河内のおっさん風に)
普通の日本国民だったら遭難してたぞ~(クレヨンしんちゃん風に)

2012 0929 忍辱山 白砂川 鉢伏峠

この顔、この顔です、こまわり君ことがきデカさんでございます。
鎌倉後期のこまわり君をとくと御覧アレ、ミスター石仏。

2012 0929 忍辱山 白砂川 鉢伏峠
ココ左に行くと中誓多林、上誓多林、峠茶屋、滝坂道へと。
本日はカメラを撮ってる方向へ参ります~田原横田方面へと。

そんな訳で、鎌倉後期のこまわり君から、
当然の如く来た道をイヤイヤ引き返したのでございます。
しかし、道の手入れをしないつもりなんでしょうか?
それなりに交通量もありましょうに、日に数人の・・・

2012 0929 忍辱山 白砂川 鉢伏峠 
此瀬町  春日大社      如意輪観音石仏

田原横田方面の此瀬町に到着。

2012 0929 忍辱山 白砂川 鉢伏峠

太安万侶墓  丸っこいのが円墳とか。
瓢箪から駒、茶畑から古事記。

2012 0929 忍辱山 白砂川 鉢伏峠 
竹西さんの事が載ってます。

2012 0929 忍辱山 白砂川 鉢伏峠  
このおかげでパチモン扱いの「やすまろはん」も一躍、
人気作家に格上げしたわけですね、たぶん。

2012 0929 忍辱山 白砂川 鉢伏峠

ココに、ああだ、こうだと書いてある様でございます。

2012 0929 忍辱山 白砂川 鉢伏峠

太安万侶墓から眺めると、穏やかに茶畑が広がってます~

2012 0929 忍辱山 白砂川 鉢伏峠

和田墓地  阿弥陀三尊  永禄七年(1564.)

2012 0929 忍辱山 白砂川 鉢伏峠

ようやく鉢伏峠までこぎ着けましたか、
永照寺のおばあちゃんも、
>むかしは正月前には奈良に市が立って、
>まだ暗いうちから友人と提灯持って、
>矢田原 鉢状峠を通って奈良まで買い物に行ったそうです。

松明調達の道でもあるそうですが。
みなさん歩きましたか極楽寺から?
私はバラバラに70%ばかし歩いてるみたいです!?
まあ、みんな石仏探索での歩きなんですけど。

2012 0929 忍辱山 白砂川 鉢伏峠

東金坊地蔵尊  重厚なる峠の地蔵。
峠の場所柄としては超メジャー級ですが、
銘が無いもんでスッタモンダあるそうな。

2012 0929 忍辱山 白砂川 鉢伏峠

ひっそりと地蔵様が。

2012 0929 忍辱山 白砂川 鉢伏峠

奈良盆地が正に今話題の4Kテレビの如く~3K(さんけい)じゃないよ、
ここにて、直射日光を避けながらコーヒータイム。
彼岸花が咲くって言うのに、暑いのなんのってもう。

2012 0929 忍辱山 白砂川 鉢伏峠

上の方「東山魁夷」の世界になっちゃいましたが、
ちょうど、青サギが魚をゲットしてましたが、呑み込んじゃったかな。

2012 0929 忍辱山 白砂川 鉢伏峠
今日の締めも鹿野園墓地の阿弥陀さんです。

このコースは紅葉時がイチバン~
白砂川を取り巻くは、紅葉の万幻境でございます~


歩く・石仏の辻 | Comments(8)
Comment
No title
こまわり君とは、出来るだけ近いうちに、お会いしたいものです。
本番はいつでしょうか。待ちきれないなぁ、せっかちなんです―笑。

それにしても、いいロケーションですね。
山が遠くに見えて、道端の彼岸花もご愛嬌です。

ところが、どっこい、ここへ行くまでが大変なんですよね。
草ぼうぼうでは、引っ付き虫も手ごわそうです。

矢田原、この集落は十津川村から移住されて来た人達が、新たに築かれた地と聞きました。

鹿野園は、ロクヤオンと読みますが、土地の人は、ロッキャオと、呼んでいます。
小学生の頃、友達と鹿野園から田原を目指して歩いたことがあります。
友達の親戚の家が田原にあったのです。
道中、切り通しになった地層に、貝の化石を見つけ、大騒ぎしました。
道を歩くおじさんに声をかけられ、ここから田原までは遠く、今日中には着けないから、引き返すように云われ家路につきました。

私にとっては、やはりここが地元になるのでしょうね。
そういえば、この前歩いた地獄谷は、中学校の遠足でした。

No title
okaさんは鹿の国出身なのですね。私の周りは新住民、異邦人ばかりなので、これからは地モッテイ代表としてその言動をウォッチしたいと存じます。

石仏のことは全く素人なので、このブログの「永照寺のおばあちゃん」をクリックしたら、壮大なレクチャーの嵐でした。タケチャンマンは歩いている時はむしろ寡黙なのに…。能ある鷹は爪を隠す?

前回の「台風のお知らせワンコ」は南明寺の柴犬ですか?

それと如意輪観音さまは、いつも蓮華座の上で片膝付いて頬杖ついて錫杖を斜めがけしているのですか?
茶畑でもこんな感じでしたから…。
なんか緩やかな感じが良いですね。

鷺の池は、正に東山魁偉さんの絵画を髣髴とさせます。
風景以外にも珍しく「トウモロコシ畑の兎の絵」を描いておられ、吸い込まれそうな淡いブルーなのです。
この写真で葉書を作っても良いですか?

今日の夕刊に太安万侶の出身地とされる田原本町の多神社界隈が出ていました。ゆかしい本殿はパワースポットだと感じます。

十五夜は見られなかったけれど、昨日は十六夜の月を見ました。
7時過ぎ、丁度、古墳の南東上空の雲間に燦然と輝いていて、思わず手を合わせたことでございます(*^_^*)

いにしえ人は満月から欠けていく月を「立待月、居待月、寝待ち月…」と数えて、欠けゆく月に人生の寂しい思いを投影させつつ愛でたそうですよ。
欠けていく中にもきっと幸せはあると伝えたいな。

It´s up to you !(お前次第)by矢沢永吉





okaさんへ
okaさん、こまわり君には是非逢ってもらいたいです。
みんなで「死刑!」ポーズしましょう!
http://license-new.shopro.co.jp/products/detail/8
定番は柳生から旧柳生街道そして滝坂の道、
突然変異態コースとして途中から下誓多林 鉢伏峠を推薦します!?
ロッキャオですか、地名図鑑を引きたくなりますね。
いつかは白いクラウンならぬ、いつかはこまわり君。
近日ロードショウ!たぶん。
夢子さんへ
夢子さんお今晩は。
「台風のお知らせワンコ」は、
菟田野区 宇賀志 青蓮寺のワンちゃんです。
旧ホームページ石仏の辻の
http://sekibutu.web.fc2.com/8009_04.html
おケツの方にありますので見てワンコ。

>それと如意輪観音さまは、いつも蓮華座の上で膝片付いて頬杖ついて錫杖を斜めがけしているのですか?

膝片付いて頬杖ついては御約束でございます。
錫杖ではなく蓮華だと思いますが、たぶん。

近世大和高原地域における十九夜講伝播と宗教景観形成に関する社会地理学的研究
http://kaken.nii.ac.jp/d/p/09780119.en.html
要約だけですが、お勉強になります。

欠けゆく月いいですね、
私のは欠けてゆく人生でございます。
生まれた時はもう三日月でした、たぶん。

No title
夢子様 童仙房では、ご尊顔を拝せず失礼しました。
不覚にも、前日、体調を崩し大事をとって休養していました。
病院で検査しましたが、特に異常はなく、その後、普段通り過ごしております。

いつもながらの、叙情的なコメント素晴らしいです。惚れ惚れしますね。
今更なんですが、夢子様は詩人では。
いずれにしましても、高貴なお方に違いないです。

台風のお知らせワンコは、日張山 青蓮寺のワンちゃんでしたか。
尼寺のワンちゃんにしては、おとなしそうですね。
もしかすると、このワンちゃんとは、出会っていたかもしれません。
残念ながら、記憶はありませんが、青蓮寺で尼さんに日張山への取り付きを教えてもらったのですが、おそらく、境内に入ってすぐワンちゃんに吠えられ、尼さんが出てこられた展開だったと、推測する次第です。

旧ホームページ石仏の辻のおケツの方、覗いて見ましたが、ナショのカセットテープには驚きました。
あと山辺の道の桜など、見所満載ですね。
No title
ナショナル・テープは自家製なんでしょうか?
どっかのOEMなのでしょうか。

しかし、なつかしいですね、磁性体テープ自体もう消えて遙か彼方へ。

青蓮寺のワンコにも逢ってますか、
この時はおとなしめだった様な気が~
No title
タケチャンマンさんお久しぶりです~
忍辱山から白砂川への道中XとYの磨崖仏在りとのことですが
薄味にて見過ごす地蔵磨崖仏はXで他にYが在ると言う事でしょうか?
それとも別にXとYがあると言う事でしょうか?
私、薄味地蔵磨崖から白砂川への間の磨崖仏ひとつ知っていますのでもしこれがYであれば場所お教えします~
もしもう一体在るとすれば凄く気になりますので教えて戴きたいです~
たいしんさんへ
たいしんさん御無沙汰です。
わかりにくい表現失礼いたしました。
村の中にあった薄味の地蔵磨崖仏がX。
もうひとつがYと言う事です。
忍辱山から白砂川までに二つの磨崖仏があると聞きました。
たいしんさんYの場所を御存知ですか!
お教え御願いします。
「天は我を見放しはしなかった」


管理者のみに表示