2012/10/15

とある秋に、佐吉の源流を訪ねて三千里。その三 南条神社

2011 1204 龍間 野崎 四条畷 狛犬

この道、けっこう下からのハイキングの人がいました、
寺川新池から飯盛山への道歩きの方の様です。
この時期、枯れ葉が舞う最高の舞台です。

たぞ我らの~「ウルトラマン~」ではなくって、
来たぞ我らの~「丹波の佐吉~」

丹波の佐吉-それは石造物ファンに残された最後のフロンティアである。
そこには石造物ファンの想像を絶する新しい狛犬、
新しい石仏が待ち受けているに違いない。

これは、おじさんの何回目かの最初の試みとして、
紅葉も終盤にかかった中を佐吉の源流を訪ねて旅立った、
タケチャンマンの驚異に満ちた物語である、たぶん。

本日のコース
近鉄線 生駒駅-谷田西墓地-八丁門峠-峠地蔵-龍間神社-龍間の六地蔵
-称迎寺
-龍間不動尊-龍光寺-住吉神社-寺川新池-堂山古墳群
-南條神社
(野崎観音)-菅原神社-北条神社-四條畷神社-住吉平田神社
-御机神社-JR 四條畷駅

2011 1204 龍間 野崎 四条畷 狛犬

通り抜け出来ないため、車もほとんど通らず、河内へと下って参ります。
奈良側からの野崎参りに利用された道だと。

2011 1204 龍間 野崎 四条畷 狛犬

急坂でございますが、見晴らし良く。

2011 1204 龍間 野崎 四条畷 狛犬

野崎観音お隣の南條神社に到着。

2011 1204 龍間 野崎 四条畷 狛犬

大東市   野崎  南條神社   文久二  1862  石工  中兵衛

2011 1204 龍間 野崎 四条畷 狛犬

お馴染みのオウム顔の・・・
この鼻と唇の織りなす絶妙なるハーモニーは~

2011 1204 龍間 野崎 四条畷 狛犬
文久二  1862  石工  中兵衛
佐吉だと狛犬後期の頃かと、
同じ御机ブラザーズでも、こちらは、こちらの道を歩む。
2011 1204 龍間 野崎 四条畷 狛犬

野良猫が数匹狛犬の傍らにゴロニャンと和んでいました。
餌やり爺さんでも存在して居るんでしょうか?

この尻尾いいですね、そして背中への湾曲感がたまりませんな。

まだまだ続く、佐吉の源流を訪ねて三千里の旅。
その果てにタケチャンマンが見た!そしらぬ事実とは!乞う御期待アレ!

さり気ない事実とは!はどこへ行ったのだ?


丹波の佐吉 | Comments(9)
Comment
No title
昨日はお疲れ様でした。足の筋肉痛が心地よいです。

> この時期、枯れ葉が舞う最高の舞台です。

素晴らしい紅葉ですね。黄葉かな。
そういえば、昨日の出発地点T神社の紅葉は有名ですが、ここ数年、京都など有名どころには紅葉狩りに出かけておりません。
ほしだ園地をはじめ、生駒山系に出かけることが多いですね。見頃は12月に入ってからですが。

> 野崎観音お隣の南條神社に到着。
野崎観音には度々行くのですが、南條神社はまったく記憶にありません (>_<)
今度、河内飯盛山へ行く時、寄ってみます。
No title
昨日はお疲れさんです~

奈良は京都に較べて渋い色が魅力!?
完全に紅葉は12月頭になっちゃった感アリですね。
生駒あたりでは、どこの紅葉がお気に入りでしょうか?

南條神社さん、私も一年前までは気づきもしませんでした、
是非、御覧ください、ソンはさせません、たぶん。
> 生駒あたりでは、どこの紅葉がお気に入りでしょうか?
山々の紅葉が広く見渡せるという意味では、月並みですが、ほしだ園地の星のブランコや、展望デッキからの眺めがお気に入りです。

山桜の黄葉では、客坊谷ハイキングコースと、らくらく登山道が交差するあたり。
春、山桜が咲く頃も素晴らしいです。

獅子窟寺奥の院、落葉が凄いです。落葉のラッセル。

矢田丘陵では、数は少ないですが、東明寺のモミジ。

鳴川石仏(清滝石仏群)の紅葉も綺麗ですね。

あと、なんだろう。
いずれにしても、生駒山系は植林がほとんどありません。
奈良県の山は植林が多く、生駒山の自然林は貴重な存在だと思います。

今年は昼夜の気温差が大きく、このまま推移すると、綺麗な紅葉が楽しめるかもしれませんね。

そうそう、私が歩いてみたいコースの一つですが、生駒山地を縦走したいです。
生駒山地の定義、仮に北限を淀川に阻まれた男山に端を発するとすれば、
南限は大和川、高尾山までということになりましょうか。
最短距離を歩くのではなく、例えば、男山~甘南備山~国見山、あるいは、高尾山~高井田古墳群というように、主なピークや要所を踏破して歩きたいものです。
最短距離ですと、ヨーイドンで、時間との勝負になってしまうので。
具体的なルートなどは何も考えていません、漠然とした希望に過ぎないです。
No title
今年は風台風がこのまま来なかったら、
紅葉期待できますか!
去年はスカでしたから、なんとか魅してちょうだい。

甘南備山~国見山とハイキング コースにはどうですか。
前に行った時は、京田辺駅から寺社巡りの一休寺経由でのんびりピストンでしたけど。
No title
甘南備山~国見山は歩いたことがありません。
どちらの山も、クルマで行き、駐車場を起点に周回しただけです。

甘南備山から、R307方向へ下山できるのでしょうか。
最近、山麓の周回道を歩きましたが、下山道はなかったようです。(2012年3月)
ネット情報では、以前、あった取り付きが、なくなっているとか。
別のネット情報では、大津越を下ると、国見山方向へ行けるとのことですが未確認です。

国見山~交野山の縦走路の途中、尊延寺・氷室方向への分岐がありますが、以前歩かれたのは、その道でしょうか。
国見山周辺では、北山(倉治山)や、枚方一高いサンドイッチ山など、ユニークな低山が揃っています。
また、ご存知かも知れませんが、国見山から夫婦岩までの尾根道に立派な展望デッキが作られています。
No title
おっこれは佐吉と、、一瞬見間違えますね
No title
よう考えたら、南條神社行ってました
女の方の病気平穏の神様であったような気がします
まだ そんなに佐吉に関心なかった時ですわ
再訪致します
まだまださんへ
>女の方の病気平穏の神様であったような気がします
娘さんのお参りでしょうか。
是非再訪くださいませ、佐吉とはまた違った進化を辿った狛犬達も御覧なってくださいませ。
okaさんへ
地図によると甘南備山からのR307への下山道は南東方面ですね、
南西方面が消失と言う事でしょうか。

>国見山~交野山の縦走路の途中、尊延寺・氷室方向への分岐がありますが、以前歩かれたのは、その道でしょうか。

天王・朱智神社から穂谷の下り道はハッキリしてましたが、
三境付近の取り付き付近が雑草茫々で、
エ~ココかい状態もありましたので要注意です。
7、8年前の話しですが。
極楽街道 http://www4.kcn.ne.jp/~sekibutu//1038.html
生駒の私は帰りはくろんど池方面がほとんどです。

管理者のみに表示