2012/10/22

とある秋に、佐吉の源流を訪ねて三千里。その五 四條畷神社

2011 1204 龍間 野崎 四条畷 狛犬
四條畷神社  南野

四條畷神社 の看板猫なんでしょうね。
私を撮って~と鳴いてました。

きたぞ我らの~「ウルトラマン~」ではなくって、
来たぞ我らの~「丹波の佐吉~」

丹波の佐吉-それは石造物ファンに残された最後のフロンティアである。
そこには石造物ファンの想像を絶する新しい狛犬、
新しい石仏が待ち受けているに違いない。

これは、おじさんの何回目かの最初の試みとして、
紅葉も終盤にかかった中を佐吉の源流を訪ねて旅立った、
タケチャンマンの驚異に満ちた物語である、たぶん。

本日のコース
近鉄線 生駒駅-谷田西墓地-八丁門峠-峠地蔵-龍間神社-龍間の六地蔵
-称迎寺
-龍間不動尊-龍光寺-住吉神社-寺川新池-堂山古墳群
-南條神社-菅原神社-北条神社-四條畷神社-住吉平田神社
-御机神社-JR 四條畷駅


2011 1204 龍間 野崎 四条畷 狛犬

出雲かまえ型狛猫   明治32年 11月生まれ  1899
どうですか、この狛猫、まるで生きてる様な彫り!
あっ、失礼しました~ペコリンコ。
写真間違えました、編集ミスでございます。

2011 1204 龍間 野崎 四条畷 狛犬

出雲かまえ型狛犬  明治32年  11月建  1899
こちらがホンマものでございます。
ハリセンボンの如く、威嚇行動中にございます。

下見 むろ池 飯盛山 四条畷へ

この問答無用なシュールな謎の人物は、
なんなんなんでしょうか?

下見 むろ池 飯盛山 四条畷へ

頭はツルツル、首の衿飾りはサーカスのピエロさんの如し。

下見 むろ池 飯盛山 四条畷へ

このカットは、斜め上からの描写なのか、
映画監督の如くの映像美でんな、たぶん。

おまけ:謎の人物を探索中に越後獅子に遭遇!
石工のおじさんインスパイアされたんとちゃいまっかと妄想しましたが?

2011 1204 龍間 野崎 四条畷 狛犬

目玉は硝子だそうです。
佐吉ブラザーズでは無いものの、
同じ出雲のDNAを受け継ぐ狛犬。

まだまだ続く、佐吉の源流を訪ねて三千里の旅。
その果てにタケチャンマンが見た!解散なる事実とは!乞う御期待アレ!

虚偽なる事実とは!はどこへ行ったのだ?


丹波の佐吉 | Comments(2)
Comment
> ハリセンボンの如く、威嚇行動中にございます。

今にも噛みつかれそうで、とてもリアル感がありますね。
今度、紅葉見がてら訪れたいです。後、一ヶ月くらいかな。

> この問答無用なシュールな謎の人物は、なんなんなんでしょうか?

どこかで見たような気がするのですが、思い出せません。チャイナっぽいです。
No title
今年の紅葉期待しちゃいます。

そうでしょう、中華ポイでしょ。
中華曲芸団見聞録に出てきそうではありませんか。
またアングルも見モノですけど。

管理者のみに表示