2012/10/25

とある秋に、佐吉の源流を訪ねて三千里。その六 住吉平田神社 御机神社

2011 1204 龍間 野崎 四条畷 狛犬
住吉平田神社    万延元  1860    石工  池ノはた  勘七
映画クレオパトラのバックに彫り込まれていた様な、
この風情はどないでっか!

いいいよ「とある秋に、佐吉の源流を訪ねて三千里」最後の章でございます。
しかしながら、皆さんの佐吉への旅は「永遠と続く」かと。

押しては返す愛欲の波、引いては返す佐吉の波、
いつ果てること無く続く佐吉への旅。

きたぞ我らの~「ウルトラマン~」ではなくって、
来たぞ我らの~「丹波の佐吉~」

丹波の佐吉-それは石造物ファンに残された最後のフロンティアである。
そこには石造物ファンの想像を絶する新しい狛犬、
新しい石仏が待ち受けているに違いない。

これは、おじさんの何回目かの最初の試みとして、
紅葉も終盤にかかった中を佐吉の源流を訪ねて旅立った、
タケチャンマンの驚異に満ちた物語である、たぶん。

本日のコース
近鉄線 生駒駅-谷田西墓地-八丁門峠-峠地蔵-龍間神社-龍間の六地蔵
-称迎寺
-龍間不動尊-龍光寺-住吉神社-寺川新池-堂山古墳群
-南條神社-菅原神社-北条神社-四條畷神社-住吉平田神社
-御机神社
-JR 四條畷駅


2011 1204 龍間 野崎 四条畷 狛犬

小寺慶昭著 『大阪狛犬の謎』によると、
御机神社のコピー狛犬でっせと名指しにされる狛犬でございます。

2011 1204 龍間 野崎 四条畷 狛犬

デカイです、夕映えに映えてよけとデカクかんじます。

2011 1204 龍間 野崎 四条畷 狛犬

夕刊フジじゃないけど、オレンジ色のニクい奴!
しかし、コピ犬扱いは、なんだかな~と思ってるんじゃないの勘七さん。

2011 1204 龍間 野崎 四条畷 狛犬
御机神社    天保12年  1841    大坂石工  九之助橋   大坂屋 与三兵衛

ようやく、ようやくの御机神社 に~
ここで御約束の、
はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「御机神社 」に。

2011 1204 龍間 野崎 四条畷 狛犬

佐吉もこの角度で見てたんですね、たぶん、ですけど・・・

2011 1204 龍間 野崎 四条畷 狛犬

ここから、佐吉は早速筆を取りだしスケッチをしたんでしょう。
関の観音山で佐吉の石仏を見た時から、
この人アチコチの寺社で膨大なスケッチをしてる!と感じたしだいでございます。
モチロン庚申像も・・・たぶん。
抵抗は無意味だ!失礼!反論は無意味だ・・・

そして南堀江の小西家から、佐吉ブランドのニューデザインの石仏、
狛犬を全世界に向けて送り出したんですね。

2011 1204 龍間 野崎 四条畷 狛犬

佐吉の原風景を見た~たぶん (タケチャンマン談)

2011 1204 龍間 野崎 四条畷 狛犬

あの~この~御机神社の先祖さんは、
能勢妙見山の狛犬   文政十丁亥九月吉日  1827  石工西横堀 和泉屋四良兵衛
じゃなかろうかと、小寺慶昭著 『大阪狛犬の謎』によると・・・
なるほど~読まなかった事にしましょ~
結局、狛犬の祖先はアフリカ大陸生まれのルーシー姉さんかいな?

2011 1204 龍間 野崎 四条畷 狛犬

もうすぐ、時計の針は17時を回ろうとしています。
夕暮れと暗闇がが出会う時、クロスオーバー佐吉・・・

これからの日本を暗示するが如くの陽が沈む、
橋上、石源、渡部がしゃしゃり出ようが、陽が沈む、

佐吉が最後に見た風景はどんな?だったんでしょうか。


丹波の佐吉 | Comments(9)
Comment
> 映画クレオパトラのバックに彫り込まれていた様な…

一瞬、鬼瓦に見えました。

住吉平田神社と御机神社の狛犬、大きくて存在感がありますね。住吉平田神社にも行ったことがありませんが、明るくて 参拝者も多いのかな。一方の御机神社はひっそりとした佇まいで、あまり長居はしたくないカンジ。
驚愕の、さり気ない、そしらぬ事実とは…
結局、丹波の佐吉さんを訪ねて違う道に出た?!ということでしょうか…。
ちゃんとお名前書いといてほしいわぁ。
でも、だからこそロマンがあるのかもしれませんね~。
夢子も空想癖がありましてよ。
あ、タケチャンマンさんは妄想癖でしたね、ウフフ。

住吉平田神社の階段…とてつもない筋トレであります。
このコースの一部は、来年の7月に歩くと予定表に。た、楽しみです(^^;)

御机神社の机ってテーブルの意味とか(「津夫江」からと言う説も)か言われています。「飯盛山」とか、やはりその昔、食料を確保することは最重要課題だったのでしょう。

寄せては返す食欲の波(笑)現代では収穫の秋はダイエットの敵ですね。しかし、日本の未来は明るい農業にかかっている…と思うのですが、無理?



現在 過去 未来
okaさんへ

>住吉平田神社にも行ったことがありませんが、明るくて 参拝者も多いのかな。
明るくはないですが、狭いながらも神社らしい神社では。
恋する中高年の愛人関係者にお勧めいたします。

>一方の御机神社はひっそりとした佇まいで、あまり長居はしたくないカンジ。
なにやらoka様の潜在意識を刺激した様でございますね。
映画 ブレードランナーはお嫌いでしょうか?

夢子さまへ

>結局、丹波の佐吉さんを訪ねて違う道に出た?!ということでしょうか…。
>ちゃんとお名前書いといてほしいわぁ。
う~ん~身も蓋も中身も無いことを言われても、天に代わってお仕置きよ!

詳しくは「とある秋に、佐吉の源流を訪ねて三千里。その七 特別付録編」
をお待ち下さいませ、期待しないで・・・

>寄せては返す食欲の波(笑)現代では収穫の秋はダイエットの敵ですね。
夢子様にはダイエットなんぞ、御意見無用でございます。
oka様がなんぼのもんじゃあ~これでOK!

駄目押しと言っちゃあなんですが、
焼き芋がやたらと食べたくなるのが秋ですね、
あつ、アツ、熱と、はぁふぅ~と食べるのが焼き芋ですね。

>日本の未来は明るい農業にかかっている…と思うのですが、無理?
無理と言うより、農業しか残らない。
「お前(日本)はもう死んでいる」たぶん。
No title
お二人とも、先週は鷲峰山でお目にかかれず残念でした。
特に夢子さまにおかれましては、いつも反省会で大変お世話になっていること、身にしみて感じ入った次第です。
お住まいの方向に足を向けて寝ることは控えねばなりません。

ところで、明日はJRふれあいハイキングに参加します。
題して、「千鉾山から甘南備山へ京田辺の雲上を歩く」
http://pamph.jr-odekake.net/view_pamph20.php?ci=jrwest&pi=fureai_hiking12_10-12&no=23&zl=1&zx=1780&zy=930&idx=1
京田辺市観光ボランティアガイドの方がご案内して下さるとのことです。
快晴で何より(^_^)v
本日okaさまは17kmも歩かれるのですねーご健脚!
この冊子、時々駅で見かけますね。いつか私も歩こうと思っているのですが、お家大好き星人なので心裏腹です。

一昨日、久々に八幡市にある外資系会員制の大型店へ繰り出しました。途中で夫が会員証を忘れ!たことに気づき、あり得ない~ドライブとなりました。
学研都市線沿いを走り、「登美ヶ丘A」にて自然食ビュッフェをゴチになりチャラにしてあげました。
リーズナブル価格なのにサラダからメイン・デザートまで充実で美味。お酒はありませんので、反省会は無理ですよ(笑)

生駒高山町に不空羂索観音石仏…とタウン誌にありました。私の好きなタイプです~(*^_^*)生駒谷は大廃寺跡とか阿弥陀寺・法楽寺・福万寺・長弓寺と歩いて見たい道なのですが、ウォームスや石仏で、既に歩きましたか?
No title
>ウォームスや石仏で、既に歩きましたか?

018 2006 9/30 土曜日 秋分の日 担当 タケチャンマン
三都街道物語 奈良から京都そして大阪を通って、また奈良へ
高船峠から極楽街道へと

奈良、京都、大阪の三都を股にかけて歩きます。
高船、天王からの山城、木津方面の眺めがグッド~

集合 近鉄奈良線 富雄駅 バス乗り場 9時20分
9時37分のバスにて出発します
行程 生駒市 高山八幡宮前までバス(370円)
高山町から京田辺市、高船の極楽寺、笠上神社、天王の極楽寺、
    朱智神社から大阪 枚方市を経て、生駒市の狭戸(せばと)
高山城跡、高山竹林園、高山八幡宮
距離  約13キロ 高低差は約150メートル

参考 :
009 「奈良 京都 大阪の三都石仏物語」高船峠に桜を見た!(石仏の辻)
http://www4.kcn.ne.jp/~sekibutu//1009.html
038 極楽街道(石仏の辻)
http://www4.kcn.ne.jp/~sekibutu//1038.html
石仏の辻 の2月22日に
http://sekibutu.web.fc2.com/8008_02.html

このコースの行きの時に訪れてます。
そして、パンダ星人も笑う来年の、
第21回 12月23日 祝日・第4月曜日
三都夢街道物語 奈良と京都と大阪の境界線上のウォーキング(生駒市 京田辺市 枚方市 )
高船から天王そして三境の地へと 予定してます。

本によっては、馬頭観音坐像とか不空羂索とか見分けが難しいそうです。
けど、夢子さんとか私には関係ない話しですけど。
好きになった勝ちですから。
馬頭観音なぜか奈良には少ないんですが、
他ではバリエーション豊富で楽しませてくれます。
夢子さん故郷のパンダ星でも見られるんではありませんか、街道筋あたりで。
石仏の王道
やはり歩いていない訳がないですね~納得しました。

2006年!あの頃君はー若かった♪

日記を見たら、まだ石仏の「せ」の字も知らず、それでも古道を歩き始めていましたから、出会うべくして出会ったのー(^_-)ひとりよがり…たぶん。

石仏の辻も、継続してよくお勉強して来られましたこと本当に感動ものです。敬服。

馬頭観音は大安寺で拝見しました。明らかに頭上に馬。
不空羂索観音は東大寺だったかな…。宝冠をかぶっておられますよね?羂索…獲物を捕らえる網(投げ縄)これが大切。

  たとへば君
    ガサッと落ち葉すくふやうに
      私をさらって行ってはくれぬか(河野裕子)

この煩悩にまみれたおいらも救って頂きたいものです。

そしてまだ先ですが、奇しくも「夢」街道物語のウォーキング、目が離せないね!いつも有難うm(_ _)m
夢子様、タケチャンさん

土曜日はお天気に恵まれ、最高のハイキング日和でした。
暑いくらいで、上着を脱いで歩き、小休止では木陰に入っていました。

例の小冊子、駅でピックアップして、お弁当を食べる時に、下敷きとして利用することが多いです―笑。

一年くらい前から、電鉄会社主催のハイキングイベントに参加していますが、私鉄ばかりで、JRのイベントに参加するのは、これが初めてです。

この企画、予約が必要で面倒臭く、通常だと参加することはないです。
ですが、今回は穂谷から朱智神社への取り付きと、尊延寺から甘南備山へのルートを知りたくて急遽、参加しました。
もしボランティアガイドの方に案内してもらわず、自分で探索するとなると、おそらく、最低3回は現地に通わないと、わからないと思います。

極楽街道、今回は高船の極楽寺のみ訪問しましたが、石造卒塔婆や二つある五重塔について、きちんと説明してくださり、タケチャンさんのHPで再確認した次第です。

高船の地名の由来とされる船石、初見でした。
また、この近くにある、東大寺二月堂礼拝所、今回はコースに入っておらず、後日、確かめたいと思います。
ボランティアガイドの方のお話では、少し前までマムシを飼っていた小屋の近くだそうです―笑。
紅葉まだかいな
夢子さんへ

>生駒谷は大廃寺跡とか阿弥陀寺・法楽寺・福万寺・長弓寺と歩いて見たい道なのですが、
>ウォームスや石仏で、既に歩きましたか?

この道は高山街道と呼んでるみたいです。
富雄川添いの傍示から郡山へと続いてます。
当然、石仏もあちこちと、歩く・石仏の辻でも高山街道をやりたいと思ってますので、
御期待くださいませ。

okaさんへ

>下敷きとして利用することが多いです―笑。
お尻の下ですか、一番役にたってるわけですね、これからは冷えますしね。

やっぱし予約が必要なんですか、主催者として理解できます、ハイ。
けど、参加する立場だと、なんかウザイ~となっちゃうんですけど。
そんなわけで、ウォーキング娘も歩く・石仏の辻も予約不要、その気になったら来てください!
にしてます。

船石ですか?ぜんぜん知りませんでした、忘れてるのかな。
なんか、お話しがおもしろそうですね。

マムシを飼っていたって、なんじゃホイ。
まむし酒の為でしょうか?
飼育なんてできるの?ですけど。
イケテル、ボランティアガイドさんですね。

管理者のみに表示