2013/02/07

下見 歩く・石仏の辻 016 佐吉シリーズ 第四回 奈良盆地の佐吉 後編

016 2013 0124 下見 佐吉シリーズ 第四回 奈良盆地の佐吉
磯城郡 川西町 結崎  糸井神社  天保13年  1842

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「佐吉の狛犬」に。
先日、今月の歩く・石仏の辻のコース下見にあらためて行ってきました。

あらためて皆さんと行く時の昼食はどこで食べると良いの?
トイレはどこにするの?砂の入れ替えはいつ?とか。
道はここでよいのかなとか、
ちょっとでも道無き道を歩くと、
ココは道ではありませんんと、アナウンスするMさん対策に、
まじめに歩いてきました。

第16回 2月11日 祝日・第2月曜日
佐吉シリーズ 第四回 奈良盆地の佐吉(奈良県・大和郡山市 磯城郡 北葛城郡)

金太郎飴じゃないけど、佐吉の狛犬はどこを切っても佐吉の狛犬,佐吉の石仏もどこを切っても佐吉の石仏。

集合:近鉄橿原線・ファミリー公園前 午前10時00分

行程:ファミリー公園前駅T-八王子神社・宮堂町-八幡神社T・下永(佐吉)
-正念寺・下永(十一面観音石仏・佐吉)-杵築神社・伴堂(佐吉)
-田原本線・黒田駅T~池部駅-春日神社・沢(佐吉)-池部駅端駅T

距離:6㎞ 高低差:0m 国土地理院1/25000:大和郡山・桜井・大和高田

奈良県 磯城郡 川西町 下永 八幡神社 1859 安政六年
奈良県 磯城郡 川西町 下永 正念寺 1863 文久3年   十一面観音   八幡神社の隣
奈良県 磯城郡 三宅町 伴堂 杵築神社 1859 安政六年
奈良県 北葛城郡 広陵町 沢 春日神社 1861 文久元年

016 2013 0124 下見 佐吉シリーズ 第四回 奈良盆地の佐吉
磯城郡 川西町 結崎  糸井神社  天保13年  1842

1842年とはけっこう古手ということなんでしょうか。
奈良では、ほとんどが浪速狛犬が座ってます。
大和高原辺りにおチビさん狛犬がいますが・・・

016 2013 0124 下見 佐吉シリーズ 第四回 奈良盆地の佐吉
奈良県 磯城郡 三宅町 伴堂 杵築神社 1859 安政六年

佐吉のキリン タイプと呼んでもいいのかな~
それとも佐吉のろくろ首タイプかな。
噂の御机神社テイストが漂ってます~

016 2013 0124 下見 佐吉シリーズ 第四回 奈良盆地の佐吉

州浜の装飾がデコモリになって来てます。

016 2013 0124 下見 佐吉シリーズ 第四回 奈良盆地の佐吉 
ロールスロイス仕様のラジエターグリルみたいですね、たぶん。

016 2013 0124 下見 佐吉シリーズ 第四回 奈良盆地の佐吉

円安の先には何が待ってるのかと思考中の佐吉狛犬。
日本の民におこぼれが廻って来るのか?

016 2013 0124 下見 佐吉シリーズ 第四回 奈良盆地の佐吉
北葛城郡  広陵町  沢

春日神社 の北にひっそりとお堂の中に。
流れた年月が偲ばれます。

016 2013 0124 下見 佐吉シリーズ 第四回 奈良盆地の佐吉

夕刊フジの様な、燃えるあんちくしょうの赤い仏。

016 2013 0124 下見 佐吉シリーズ 第四回 奈良盆地の佐吉
奈良県 北葛城郡 広陵町 沢 春日神社 1861 文久元年

ようやく沢までやって参りました。
ボッテット感強しの佐吉ですが。

016 2013 0124 下見 佐吉シリーズ 第四回 奈良盆地の佐吉

佐吉のマーキング無し

016 2013 0124 下見 佐吉シリーズ 第四回 奈良盆地の佐吉

よう来てくれたな~われ~と言ってんかな~
佐吉狛犬の中でもマイナー度高しですから、よく見てくださいまし。

016 2013 0124 下見 佐吉シリーズ 第四回 奈良盆地の佐吉

焼き前の若草山が、何故か佐吉前から良く見えてます!

11日の建国記念日に佐吉を訪ねて歩いてみませんか。
高低差0m、距離も短し、歩きと言うより佐吉散歩でしょうか。
奈良盆地のど真ん中の色んなバリエーション風景を見るだけでも飽きないと思います。

皆々様方のおこしをお待ちいたしております。






歩く・石仏の辻 | Comments(8)
Comment
> 伴堂 杵築神社
凄くスマートなカンジで、凛々しいお姿ですね。誰かさんみたい。

> 夕刊フジの様な、燃えるあんちくしょうの赤い仏。
時々、このような赤っぽい石を見かけますが、やはり鉄でしょうか。

> 11日の建国記念日に佐吉を訪ねて歩いてみませんか。
非常に残念ですが、引越し当日なので参加出来ず。ブログにUpdateされるのを、お待ちしています。
No title
>時々、このような赤っぽい石を見かけますが、やはり鉄でしょうか。
鉄分を含んだ石みたいですね。
観音さんでしょうか?

>引越し当日なので参加出来ず。ブログにUpdateされるのを、お待ちしています。
とうとう引っ越しの日が来ましたね。
長年住んだ我が家へのお別れの日でもありますね。
新たなる旅立ち、おめでとうございます。
如月
2月は寒さがつのるので「衣更着」が語源なのですって。昨日は奈良も雪。

歩く石仏の日は「晴れ曜日」らしいですね。
コースの下見されたり、奮闘努力の甲斐あってタケチャンマンさまの願力が届いたんだ。

okaさまは当日お引っ越しとか…。学園前辺りをうろうろすると出会いそうね?
そうでもないか(^^;)

okaさまは、夢子が検索して予習するとそんなにのめり込むと「ドツボに…」とか仰るのに
論文のアドレス知らせてくれとか、いったいどっちやねん(T_T)と突っ込んでおきます。

どうせなら「笑壺」(えつぼ)に入りたい~歩いて話して笑って。
No title
>学園前辺りをうろうろすると出会いそうね?
ザリガニ池とか、さるかに池周辺でしたか?
千鳥足の夢子さん目撃例が増えそうですね。

みんなで「笑壺」(えつぼ)にハマれば怖くないです、たぶん。自己責任で。

あれって表面乾いてると分かんないんですよね、たしか。
屋根付いてると「笑壺」って分かるんですが、
雪の時はむやみに畑周辺をかけずり回るな!です。
ちょっとおぉぉ(-_-)
「笑壺」って美しくまとめたのにタケチャンマンたらやめて。
「笑いの壺」はホラ、箸が転げても可笑しいっていう、お年頃の壺ですよ。

向田邦子さんは「涙壺」について語っておられましたよね。
強いて言えば、その対極にある癒しの壺です。

そうそう、
千鳥足w(*~θ~*)w/なんかで歩かないわ~時に右手と右足が一緒に出るだけ。
なんでっか
>お年頃の壺ですよ。
う~ん~なんか、微妙と言うか、なんつうか~ (^_^;)

>その対極にある癒しの壺です。
「ドツボ」あっての「笑壺」なんですね、
「ドツボ」がなけりゃあ「笑壺」は存在しないとおっしゃりたいワケですね。
大変詳しい解説ありがとうございました~(^^)/

>時に右手と右足が一緒に出るだけ。
イカが空を飛ぶ時代ですから、
夢子様も空を飛びますわ、両手広げてたそうな。
航空力学に合致した飛び方、
接写感服いたしました、失礼!
拙者感服いたしました~(^・^)/^タケチャンマン
お二人の、めちゃめちゃ面白い掲示板のやり取りを読んで、思わず吹き出しそうになりましたわ。

月曜日は楽しめましたか?

私の方は、昨日、無事に引越しが済んだことをご報告しておきます。
片付けはこれからです(>_<)
オカさんへ
>月曜日は楽しめましたか?
佐吉は人気無いからな~と心配してましたけど、
総勢28人と嬉しい悲鳴が~資料が足りませんでした。
行き届かなかった方には必ず届けますので、
すいませんでした。

>片付けはこれからです(>_<)
いつの世も片付けが~かんべえ~です~ね。

私も部屋にあるいらんモノは「こめ兵に売ろう」
と選別をしないといけないのですが、
捨てられない男。
いつもは女に捨てられる男なのに~
諸行無常ですな、まったく。

管理者のみに表示