2013/02/16

2013 野洲 磨崖仏 その2

2013 野洲 磨崖仏  露出ミス、ゴメン。

予定にない磨崖仏出現す!
それにしても、最高のカレー シチューでございませんか!大失礼!
シチュエーションのまちがいでございました、ペコリン。

見た瞬間にいつも御世話になってる、
磨崖仏専門写真家TBさんに現場中継をしようと思いましたが。
佐吉撮影でドップリ1時間かけて、腰が疲れてます~
メンド臭いからやめました、ごめんなさいまし。

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「野洲の磨崖仏」に。
全国一億三千万の磨崖仏ファンの皆様方お今晩はでございます。

本日は佐野町 天神社 佐吉狛犬に御挨拶後、
野洲の三上山周辺の磨崖仏も見物す!
ウォーキング娘で三上山と登ったのに~
磨崖仏はお預けだったので、本日初見参でございます。

一路、中山道を北東へ江戸へと目指し、失礼!
真福寺と目指し、トボトボ歩きます。
やがて辿り着いたる真福寺にて、
コンビニ購入したるおにぎりとパンを食し!
いざ福林寺跡 磨崖仏へ~

本日のコース
野洲駅-中山道-真福寺-福林寺跡 磨崖仏-妙光寺山 地蔵磨崖仏-妙光寺山 270m
-日陽山東光寺 不動明王磨崖仏-三上神社-野洲駅

2013 野洲 磨崖仏

しばし、見とれますね、

2013 野洲 磨崖仏


2013 野洲 磨崖仏


2013 野洲 磨崖仏

近江富士 三上山をバックに、

2013 野洲 磨崖仏

日陽山東光寺 不動明王磨崖仏

2013 野洲 磨崖仏

なんともフレンドリーな不動さまではありませんか。

本日はまったくの実り多き日でございました。

天神社摩気タイプには度肝を抜かれ、
三上山辺りの磨崖仏に、押しては返す快楽のさざ波に身を浸す、
そんな一日でございました、

帰りの電車にて山下達郎を聴きながら、琵琶湖を眺めつつ、
ふと思ったのが、佐吉はアノ磨崖仏を見たのかな~
見たね、佐吉なら、必ず見る、どうしても見る。
不動さまを見て、微笑みましたでしょう、たぶん。


滋賀 | Comments(4)
Comment
No title
ひえ~~
こんな磨崖仏が未だ隠れていましたか~
吃驚仰天です~~
正方形の額縁意匠はあまり見掛けませんね。
やっぱり歩かんといかんなぁ・・・

このお不動さんの扉を入ると子供の頃の秘密基地に居るような気になります~(笑)
スンバラシイ石仏サンたちですね。
何と新鮮な印象を受けるのでしょう。
たわしのようなドシロウトが見てもウトウトします。

そして、三上山は登るより眺める方が楽しめそう。
すぐに山頂に辿りつくので、三回くらい登り返したら、印象に残るでしょう、それにしても、眠いわ~。
たいしんさんへ
>このお不動さんの扉を入ると子供の頃の秘密基地に居るような気になります~(笑)
大、大、大笑いしました。
子供も猫も狭い所が好きですね、まったく。

>こんな磨崖仏が未だ隠れていましたか~
たいしんさんも御存知ありませんでしたか。
地元の野洲郡石造遺物報告書(あれば)には記載がありそうですが、たぶん。
度派手な!磨崖仏さんです。
昔は東光寺から拝めたんでしょうか?
それとも三上山から拝むのでしょうか?

>石仏(石造遺物)と道、それは人類に残された、最後の世界的なる文化遺産である、たぶん。

それらには人類の想像を絶する古い石仏、新しい石仏、
古い道、新しい道が待ち受けているに違いない。

これは人類最初の試みではありませんが、
タケチャンマンとしては最初の試みとして、

無期限の調査歩きに旅立ったタケチャンマンの
笑いとロマンと失敗の驚異に満ちた物語である、自信ないけど。

たいしんさんも歩けるうち歩いてくださいませ。
腹も減るし、アルコールは旨いし、血圧は下がるし、
テンションは上がるけど~
No title
>そして、三上山は登るより眺める方が楽しめそう。
たしかに、眺めるのが一番ですね。

スタンダードは三上山、妙光寺山 、田中山の縦走歩きの様ですね。

不動明王磨崖仏はコースから微妙に外れますので、何回も歩きに来ないとコースに入れてもらえないのではと。

ゆっくり寝て疲れをとってください~

管理者のみに表示