2013/02/19

017 2013 01 下見 歩く・石仏の辻 桜満開 飛鳥駅から甘樫丘経由で高家へと

017 2013 0127 下見 歩く・石仏の辻 桜満開 飛鳥駅から甘樫丘経由で高家へと
春日神社から

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「高家の磨崖仏」に。
全国一億三千万の磨崖仏ファンの皆様方お今晩はでございます。

本日は4月の桜だよ!全集合!の「歩く・石仏の辻」の下見に行って参りました。
若干酒浸りにはなりましたが、どうにかこうにか桜井駅まで辿り着きました!
本番ではどうなることやらの桜コースでございます。

本日のコース
飛鳥駅ー鬼の雪隠ー亀石ー甘樫丘Tー飛鳥坐神社Tー八釣ー高家
ー高家・春日神社Tー今井谷・八講桜Tー安倍文殊院Tー桜井駅

017 2013 0127 下見 歩く・石仏の辻 桜満開 飛鳥駅から甘樫丘経由で高家へと

奈良県  桜井市  高家
高家と入って、遠くは葛城金剛山を眺めつつ、山道をちょびっと歩けば。

017 2013 0127 下見 歩く・石仏の辻 桜満開 飛鳥駅から甘樫丘経由で高家へと

あれっと、とっとっと、磨崖仏ではございませんか、
前もこの前を歩いてるハズ、自信ないけど~
いやいや、確かにこの道です。

017 2013 0127 下見 歩く・石仏の辻 桜満開 飛鳥駅から甘樫丘経由で高家へと

スタートレックに出てくる、転送装置にての転送中の磨崖仏の如しの有様ではございますが。

017 2013 0127 下見 歩く・石仏の辻 桜満開 飛鳥駅から甘樫丘経由で高家へと

さりげない磨崖仏

017 2013 0127 下見 歩く・石仏の辻 桜満開 飛鳥駅から甘樫丘経由で高家へと

役行者さんが、

2003 談山神社から飛鳥へと その5

役行者さんのまえの道をドンドコ登ってまいりますと、
天正13年の地蔵さまへ、
さらに、そのまま上がれば、念誦窟から万葉展望台への道に出ます。
今回は行きませんでしたが。

017 2013 0127 下見 歩く・石仏の辻 桜満開 飛鳥駅から甘樫丘経由で高家へと

高家  春日神社
五輪塔  地輪    大工獏行恒     暦応二年  1339
石仏好きには、高家と言えば伊ブラザーズの五輪塔でございます。

4月の歩く・石仏の辻は
第17回 4月6日 第1土曜日
桜満開 飛鳥駅から甘樫丘経由で高家へと(奈良県・明日香村 桜井市 )
桜三昧でお目目がピンクに染まってゴメンナサイませ。

集合:近鉄吉野線・飛鳥駅 午前9時35分

行程:飛鳥駅ー鬼の雪隠ー亀石ー甘樫丘Tー飛鳥坐神社Tー八釣ー高家
ー高家・春日神社Tー今井谷・八講桜Tー安倍文殊院Tー桜井駅

距離:14㎞ 高低差:200m 国土地理院1/25000:畝傍山

ひたすら桜を追い求めて歩きますので、御期待ください。
その反面、桜こけたら、皆こけた~
いえ、いえ、いえ、亀石も磨崖仏も伊ブラザーズの五輪塔もお待ちしております。

歩く・石仏の辻 | Comments(3)
Comment
No title
またもやぎょへ~~
高家の磨崖仏って此れでしたか!
役の行者ちゃんも天正地蔵ちゃんも知っているのに~
この磨崖ちゃんは知りませんでした。
またしてもタケチャンマンさんにヤラレちゃいましたね。
よ~し、私も歩くぞ~~~ってか・・・
これからも期待してま~す。
高家の磨崖仏、家内に確認すると、この道を歩いて、M先生宅へお習字を習いに通ったそうです。

お習字を教わったのは、M先生ではなく、M先生の長女だったそうです。訂正。
No title
たいしんさんへ

地元の人にとっては「お地蔵さん」と呼ばれてそうですね、たぶん。

>またしてもタケチャンマンさんにヤラレちゃいましたね

いえ、いえ、フォースの導きに従って歩いただけでございます~
正確には石仏さまの導きに従って歩いただけでございます。

まだ、まだ、膨大な未知なる石仏が「たいしんさん」のお越しを待ってることかと。


okaさんへ

>この道を歩いて、M先生宅へお習字を習いに通ったそうです。

奥方は毎度毎度に磨崖仏の徳を得てたわけですね。
それで、okaさまとの出逢いへと繋がっていくわけですか。
五穀豊穣子孫繁栄引っ越しお祝い申し上げます。

桜の4月は磨崖仏様と一緒にみんなで記念撮影ですね、

御利益絶大精力絶倫商売繁盛の高家の磨崖仏様で売り出したら良いのにね(^^)/~

管理者のみに表示