--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/03/02

2013 02 久曽麻留石を訪ねて

2013 02 久曽麻留石を訪ねて
久曽麻留石

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「生駒山の久曽麻留石」に。
全国一億三千万の久曽麻留石ファンの皆様方お今晩はでございます。

なんと香ばしい臭いが辺り一面に漂うネーミングでは無いでしょうか!
あくまでもネーミングだけなので、心配御無用でございます。
心配性の方は鼻にキムコでも括り付けてはいかがでしょうか、鼻が重いけど。

とある日、「久曽麻留石探険隊」は生駒山上のケーブルーカー駅に威風堂々と到着す。
サ・ム・イ 生駒山のテッペンは寒いです。
日陰にはしっかりと残雪が残って、下界は雨でも山上は雪の様だった様でございます。

まずは「久曽麻留石探険隊」御一行様は「鬼取山 鶴林寺跡」に寄ることになりました。
そうです、名号板碑 文亀二年(1502)八月 を見学、
「うつぶせ地蔵・峯の薬師跡十三仏  永正七年(1510)」より古い~と力説するS氏の言葉に、
その差8年の重みに考え耽ったのでございました、たぶん。

なお、鬼取町に下山した現鶴林寺にも、六字名号板碑 永禄十年(1567)が、
いったい戦国時代の「鬼取山 鶴林寺跡」に何がおこったのか?

「久曽麻留石探険隊」は乱立する電波塔の下を歩き、暗峠へと下山開始。
途中ドライブウェイの展望台を越えてチョイ下れば、
そこが「久曽麻留石」でございます、登山道から丸見え。

「探険」してないんですけどね、まるっきり。
それでも「久曽麻留石探険隊」の前に「久曽麻留石」がそびえ立ってるわけです。
正確に表現するのならば、横たわってるです。

本日のコース
生駒山上駅ー鬼取山 鶴林寺跡ー乱立する電波塔の下ードライブウェイの展望台
ー久曽麻留石ー暗峠ー裏暗峠街道(自称)ー鬼取町ー小倉ーカンジョウの森 地蔵
ー生駒駅(美◎座)

2013 02 久曽麻留石を訪ねて

久曽麻留石の大きさがわかる様に、
久曽麻留石探険隊に乗かってもらいました。

ところで「久曽麻留石」って何とおっしゃるあなたに。

生駒市の寺院2   鬼取山鶴林寺     新田義円
ふるさと生駒  第3号   昭和55年7月   生駒民俗会より

一般には役行者が前鬼後鬼の二鬼を獲らえた所が鬼取山で、
そこに開いた寺が鶴林寺であるとする。
又生駒山を西に越えて河内側で二鬼の髪をおろさせた所が髪切山と言い、
そこに創めた寺を慈光寺だとするのである。
クソマル石、奇妙な名だが、切られた前鬼後鬼の髪を埋めた所に据られたものだと言う。

民俗編   久曽麻留石の探索   藤本寅雄
ふるさと生駒  第10号   昭和57年4月   生駒民俗会より

役行者が「カミソリ」を砥いて前鬼後鬼を坊主にした伝説のある、

なる程~そういうわけだったんですか・・・
で、なんで、「久曽麻留石」のネーミングなの?
そんな突っ込みは、許されません。

2013 02 久曽麻留石を訪ねて
鬼取山  鶴林寺跡    名号板碑 文亀二年(1502)  八月

けっこう、お逢いになって無い人が多いんではありませんか。
うつぶせ地蔵・峯の薬師跡十三仏は見てても。

2013 02 久曽麻留石を訪ねて

落ち葉に埋まってました、右下に、文亀二年と。

2013 02 久曽麻留石を訪ねて

裏暗峠街道(自称)を歩いて生駒駅へと。

2013 02 久曽麻留石を訪ねて

この道は暗峠道より歴史は古いのでは、
文字どおりの住みかと住みかを結ぶ道だったのでは。

2013 02 久曽麻留石を訪ねて
カンジョウの森(春日の森)

バラバラになってた地蔵様が合体完了!
タブーであるはずのカンジョウの森が、
なんとGIカットされちゃってます。
南無阿弥陀仏でございます。
橋上政権下の日本もこんな状態になるんでしょうか!?


生駒・矢田丘陵 | Comments(10)
Comment
No title
クソマル?

クソマル谷という名前につく谷が金剛山にあるようです。
ちなみに、私は、まだ登っていませんが。
かなり危険だとか。
金剛山にも、面白い名前の地名が多いです。

No title
なんとクソマル谷ですか。
味わい深い谷なんでしょうね。
香りの違いの判る人に登ってもらいたい谷なんでしょうね。
危険度がますます誘います、私はパスしますが。

しかし、「クソマル」命名の訳はなんなんなの?
ケース バイ ケースなんでしょうが?
う~ん、なんなのでしょうね。

クソマルの神話学(単行本)東 ゆみこ (著)を読めばわかるかも。

ちなみに、この東ゆみこさんと言う方は、某大学の講師をされているれっきとした学者さんだそうでです。


また、Wikipediaには、下記の通り記載されていました。


排泄を意味する古語動詞は「まる」で、「くそまる(脱糞する)」「ゆまる(小便をする)」の ように用いられた。おまるという語に今も残る ...


つまり、クソマル谷は、山のドツボに当たる谷ということになりましょうか。
No title
検索すると、なんと、出るは出るは「クソマル谷」が、
思わず拭き取りましたけどね。

しかし、「久曽麻留石」は出てこないぞ!
便秘気味なのか、はたまた無名なのか。

「久曽麻留石」の現在地は山のドツボでは無く、
南向きでスポットライトが当たる場所なんですけど。
ちょっと、だけよ~のステージを思い浮かべてもらうと、
理解しやすいと思います、たぶん。

鬼の雪隠からのパクリで、同じではおもろ無いから。
「久曽麻留石」でイコカですかな。

「久曽麻留」の関連情報として、Webサイトから、次のような情報を仕入れてきましたので、ご参考まで。
『トイレで笑える雑学』講談社で、南方熊楠が古代の人名を次のように記述しているようです。

☆☆
紀貫之は幼名を阿古久曾麻呂(あこくそまろ)という。
阿古は吾子で久曾は糞と同音。「わがウンコちゃん」というわけ。ほかにも、押坂史毛屎(おしさかのひとけくそ)、錦織首久僧(にしきこりのおびとくそ)、阿部朝臣男屎(あべのあそみおぐそ)、卜部乙屎麻呂(うらべのおとくそまろ)これが男の部門、女性部門では、巨勢朝臣屎子(こせのあさみくそこ)、下野屎子(しもつけくそこ)がある。

今ならイジメに合いそうな名前だが、古代には排泄物には呪力があるという信仰があって、魔よけの意味がある。
「丸」という名前も頻繁に使われている。「丸」はおマル(便器)の意味で、屎の付く名前と同じ願いからつけられた。

『語源辞典』で「おまる」を調べると、幼児や病人が用いる持ち運びできる便器。動詞マル(放る)の接頭語「お」がついてできた語。単に「まる」といっていたこともある。

『古事記』にマルは「殿には尿まり散らかしき」とあり、排泄する意の 動詞とある。
古代は、自分のことを「まろ」といい、卑下した意味に用いていた。が、平安時代から親しみのある言葉となり、果ては小児の名に何丸などと呼んだ。そして、ついには高貴な摘子か寺院のみに用いられるようになり、下層階級でははばかるべき文字になった。☆☆


このことから、「久曽麻留石」には、呪力があるという信仰があって、魔よけとして祀られていたのではありませんか。
No title
お勉強になります!あんがとさんです。
ウンコちゃんの長くて太い歴史が目に浮かぶ様でございます。

「久曽麻留石」には、前鬼後鬼の呪力が宿っているんですね。
暗峠から上がってくる時は必ず、
前鬼後鬼様にお祈りする事にいたします。
「今年もホッケと出合えます様に」
金糞山を知っていますか?
お誕生日の小旅行で富山・金沢を訪ねてきました。

京都からサンダーバードで辿る道々、右手には近江富士(登山したね)も見えたし、
左手には蓬莱山(やがて登るかもね)。
やがて7インチのタブレットが示してくれたのはなんと「金糞山」。
マジですか(^_^;)?

タケチャンマンさまとokaさまのコメント欄で勉強していた私はすかさず
「呪力があり、魔よけとして祀られている山よきっと」と申しました。

夫は「ふーん」と感心しました。
祝 金糞山
出、出、出ましたね「金糞山」
ウォームスらしいではありませんか。
ここは「糞」評論家のokaさんに解説を御願いしたいんですが、
いつまでもokaさん頼っていてはダメですから。
グルグルしたら、出るは、出るは、出るはで、
「金糞山」のてんこ盛りでございます。
絶対に一回では流れない量ですね!

日本人はホントに「ウンコ」が大好きなんですね。
私の生まれた岐阜では「ウンコ」でしたが。
みなさんの故郷ではどんなネーミングでしたか?

当然、私のちびっ子の時はアラレちゃんの様に、
公園でみんなで遊んでて「ウンコ」を発見すると!
小枝で突っついたり、串刺しにしたり、振り回したりと、
それはもう脱法ハーブ状態でございました。
「ウンコ」には、覚醒作用があるのは事実ですね。

>夫は「ふーん」と感心しました。
ここは「ふーん」ではなく「うーん」の方がOK!

最後にサンダーバードは何号でしたか?
私のお気に入りは、なんと申しましても2号です!
コンテナから何が出てくるのかな~
No title
金糞山の登山口に立ったことがあります。

旧春日村の国見峠です。ここから、金糞山とは反対方向の、伊吹山へ尾根伝いに歩きました。
風が強くてね、今でも、ハッキリ覚えています。
そうそう、縦走の途中、ツキノワグマを見たという登山者に出会いました。

> みなさんの故郷ではどんなネーミングでしたか?
父は大阪ですが、ババと呼んでいました。やはり下品ですかね。

昔、今みたいにクルマが走っていなかった頃、馬や牛が荷物を運んでいたのですが、道端に、ババを落として行くのです。
それを、箒と塵取りで、すかさず、片付ける人がおりました。
今で言う、美化ではなくて、自分の畑に、肥料としてまくのです。
昔は、無駄なものはなく、みんな有効利用していたんですね。
No title
>父は大阪ですが、ババと呼んでいました。やはり下品ですかね。
この世に下品なるモノは存在しないのでは、
お下劣な人間はいても、たぶん。

>昔は、無駄なものはなく、みんな有効利用していたんですね。
私は思うんですが、この世には、
何ひとつ無駄なモノなんて無いんではと、
例外がホモサピエンスでしょうか、
自然界の厄介者の決定版、本日二回目のたぶん。
ペコリンコ。


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。