--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/05/28

ウォーキング娘056 緑輝く曽爾高原へ 秋のススキとはちよっと違った趣が

056 2013 0526 緑輝く曽爾高原へ 秋のススキとはちよっと違った趣が
亀山峠から、鎧岳・兜岳・国見山・住塚山・屏風岩をバックに。

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「曽爾高原」に。
皆様方御元気だったでしょうか、一週間の御無沙汰でした。
司会のタケチャンマンでございます。
本日は名張からバスに乗り「曽爾高原」にやって参りました。

第56回 5月26日 第4日曜日      ウォーキング娘
緑輝く曽爾高原へ 秋のススキとはちよっと違った趣が
貧しさに負けた いえ 世間に負けた この街も追われた いっそきれいに歩こうか
新緑見つめ 二人は5月の枯れススキ

集合:近鉄大阪線名張駅(御注意・西口に出てください) 9時45分集合
   10時05分発の山粕西口行バスに乗ります


行程:名張駅西口バス停(720円)―太良路(たらじ)バス停―ファームガーデン・T
        ―曽爾高原・T昼食―亀山峠―二本ボソ―亀山峠―くろそ山荘T―西浦峠分岐―瑞穂
        ―国津神社T―瑞穂バス停17:17(760円)―名張駅18:05

距離:10㎞ 高低差:350m 国土地理院1/25000:倶留尊山

056 2013 0526 緑輝く曽爾高原へ 秋のススキとはちよっと違った趣が

バックに鎧岳を見て東海自然歩道を歩きます。

056 2013 0526 緑輝く曽爾高原へ 秋のススキとはちよっと違った趣が
きこりの皆さん達

東海自然歩道だと思って「きこり道」を歩いた時の記念写真です。
ようするに、わざわざ、いらん道を歩いたのでございます。

その後スグに目の前に道路も見えて・・・
が~その前に、川が、川が、川がと。
道路のための河川設備という奴ですな、
道路を横断する、動物の気持ちが良くわかりました。

056 2013 0526 緑輝く曽爾高原へ 秋のススキとはちよっと違った趣が

おかめ池前で、水一滴ありませんでしたが。

056 2013 0526 緑輝く曽爾高原へ 秋のススキとはちよっと違った趣が

二本ボソにて、
オカモンによると、二本のボソがあったそうな~
なる程、なる程、なる程、そういうことだったのか!

056 2013 0526 緑輝く曽爾高原へ 秋のススキとはちよっと違った趣が
ここからの眺めは最高ですね。
亀山、後古光山 、古光山の奥のとんがりが高見山かと。

暑いけどけっこう風もあって、
下界とはひと味もふた味もちがう、
きこり道まで歩けて、至上なる幸せでございました、ペコリン。

また来月の「歩く・石仏の辻」でお逢いしましょう。

第18回 6月30日 第5日曜日           歩く・石仏の辻
生駒山麓公園から、ぬかた園地のアジサイ園を眺めて千光寺への近道を(奈良県・生駒市 平群町)

蒸し暑いきょう日は楽ちんコースでアジサイ見物。
帰り道は平岡神社では面白くもなんともないので、
「庄兵ヱ道と千光寺」の辻経由で帰還します。

集合:近鉄奈良線・生駒駅 中央口 午前9時50分
生駒駅からバスにて 10時05発 生駒山麓公園まで 100円


行程:生駒駅T~生駒山麓公園T-灯籠ゲート-ぬかた園地-アジサイ園T
        -僕らの広場T-「庄兵ヱ道と千光寺」の辻-千光寺T-近鉄生駒線 元山上駅駅

距離:12㎞ 高低差:200m 国土地理院1/25000:生駒山 信貴山


ウォーキング娘 | Comments(8)
Comment
No title
「きこり道」別名、倒壊自然歩道アップされましたね。

画像を拝見して、すぐにヘルスメーターを出してきて体重を計りました。
64kgだったので、まずまずです。65kgオーバーだと、ヤバイ。

一枚目のお写真、曽爾高原で撮影された写真で、この位置からのものは、あまりないのでは。
例によって、バックの山岳風景がメインですが、素晴らしいです。

> バックに鎧岳を見て東海自然歩道を歩きます

旧道を歩いて正解でしょう。新道じゃ、このアングルはないのでは。

二本ボソ山頂の山名板に980mと表示されていますが、その後の地殻変動に伴い、996mとなっています。
しかし、16mも高くなるものなんですかね。

そうそう、ナビはどうでしょうか。使われましたか。

今日から入梅、アジサイも楽しみです。
教訓 加川良
>そうそう、ナビはどうでしょうか。使われましたか。

部屋の中で利用す!
御近所の細かい道まで出てる、感心する。

本日「SONY MS Pro-HG Duo 16GB MS-HX16B」来ました。
明日国土地理院の地図を入れてみます。

>「きこり道」別名、倒壊自然歩道アップされましたね。

ナビがなかったら、キッパリ、戻ってました。
でも、私の判断間違ってましたね、ペコリン。
良い教訓となりました。
ナビがあるからこそ、戻るべきだったと、今は思ってます。
No title
いやぁ~行きたかったなぁ~魔境の曽爾高原(笑)
そういえばススキの季節以外、行ったこと無かったです。
見れば見るほど行きたかった~~
きこり道
>いやぁ~行きたかったなぁ~魔境の曽爾高原(笑)

早速オカモンGPS大活躍してしまいました。
まさか三週連続で、
道であって、道でない様な道を歩き続けるとは。
なんの因果か運命か(^^)/~

>見れば見るほど行きたかった~~

きこり道、いつ何時でも迷わず御案内できます。
リクエストあればでございますが、たぶん。
藪漕ぎ名人?
私もきこり道に何度騙されたか・・・
あと、山の中の送電線鉄塔点検道、これにも泣かされました。
いまの山ん中は余計な道が多すぎです~
やっぱGPSいりますわ。
騙されやすい男
>何度騙されたか・・・

そうでしたか、たいしんさんも騙されやすい男だったんですね。
どうせ騙されるなら、綺麗な御姉様に騙されたいモノです m(__)m

>山の中の送電線鉄塔点検道、これにも泣かされました。

私も谷越えての向こう側を勘違いして歩いて、
ありゃりゃんの池に舞(迷)い出て来てしまいました。
番号をいいかげんに憶えていた私が悪いのですが。

>やっぱGPSいりますわ。

きこり道、綺麗な御姉様、GPSに騙されるな!?
これを肝に銘じて藪の中へと潜入しようと決意する次第であります。
> 二本のボソがあったそうな~
補足しておきますわ。かつて山頂に二本のホウソの木があったので、二本のホウソ→二本ボソと、呼ばれたと聞きました。ホウソは、この地方独自の呼び方で、コナラのことだとか。ホナラ、サイナラ。
なるほど
>二本のホウソ→二本ボソと、呼ばれたと聞きました。

ホウソがなまってボソですか。

コナラがなまってオナラ、たぶん。
受けなかったみたい・・・

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。