--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/07/24

057 ウォーキング娘 2013 0715 生駒山麓公園からむろ池へ目指すは飯盛山

057 2013 0715 生駒山麓公園からむろ池へ目指すは飯盛山
むろ池

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「飯盛山」に。
突然の雷雨を心配しましたが、
どうにかこうにか免れて、悪運強のタケチャンマンでございます。

当日、朝早くからWEBのXRAIN雨量情報を見っぱなしでしたが、
突如8:00前ごろに王寺から奈良市にかけて雨雲が出現す!
生駒は全然この雨の影響はなかったのですが、
影響あった人ペコリンです、雷雨に変わりまして、もう一回ペコリンです。

問題の生駒山麓公園行きのバスは危機一髪で、
生駒組私入れて三人滑り込みセーフでございました。
しかし、土日祭日ぐらいミニバスではなくって普通のサイズしてくれませんでしょうか。

第57回 7月15日祝日 第3月曜日        ウォーキング娘
―楽ちん飯盛山登山―むろいけ園地から飯盛山に裏口入学
暑いから楽ちん木陰コース、さらに裏口から威風堂々と飯盛山に登ります。

集合:近鉄奈良線・生駒駅 中央口 午前9時50分
生駒駅からバスにて 10時05発 生駒山麓公園まで 100円

行程:生駒駅・T~バス(100円)~生駒山麓公園バス停・T330m―むろいけ園地・T昼食
        ―権現の滝―滝谷楠水の場-楠公寺・T―飯盛山314.3m―四条畷神社・T-JR四条畷駅

距離:8㎞ 高低差:80m 国土地理院1/25000:生駒山

057 2013 0715 生駒山麓公園からむろ池へ目指すは飯盛山
湿生花園


057 2013 0715 生駒山麓公園からむろ池へ目指すは飯盛山
湿生花園


057 2013 0715 生駒山麓公園からむろ池へ目指すは飯盛山
権現の滝


057 2013 0715 生駒山麓公園からむろ池へ目指すは飯盛山
滝谷楠水の場

当日は私達だけでした、いつもは賑わっているのに。

057 2013 0715 生駒山麓公園からむろ池へ目指すは飯盛山
飯盛山

諦めていた展望はけっこう見えて、ヤレヤレです。
予報どうり午後からは天気がメキメキ回復でした。
ほとんど傘いらずで紫外線も少な目かな、たぶん。

8月は歩く・石仏の辻です。

第19回 8月25日 第4日曜日       歩く・石仏の辻
平群から佐吉の千手観音石仏・松尾寺そして矢田山磨崖仏へと(奈良県・平群町 大和郡山)

毎度おなじみの暑いですから木陰だけを厳選して歩くシリーズ、
「灯台もと暗し」なんと、エ~こんな所に佐吉が、知らなんだの千手観音石仏。
さらに眠りについて何百年のに幻の矢田山磨崖仏を信仰の道を辿り訪ねます。

集合:近鉄生駒線・平群駅 午前10時00分

行程:平群駅T-長屋王墓-白石畑-佐吉の千手観音石仏・松尾寺T
        -国見台-矢田山磨崖仏-金勝寺墓地-元山上駅

距離:10㎞ 高低差:200m 国土地理院1/25000:信貴山

矢田丘陵道でもピンからキリまで、
今回は王道コースに古道コースを合体!
お楽しみ下さい。

ウォーキング娘 | Comments(4)
Comment
半夏生きれいだった
夏至から11日目にあたる日から5日間を「半夏生」(ハンゲショウ)と呼ぶそうです。農作業が一段落する時期、「半夏」(カラスビシャク)という毒草が生える頃でもあり注意を促したとか…。

湿生花園で満開だったのは同じ読みの「ハンゲショウ」。本当の花がちょっと地味なので、虫媒花としては「ここよー」と花の傍の葉を白くして誘っている。
歩いてお化粧がとれて、半化粧…ギクッ(>_<)注意を促さねば(笑)
片白草とも呼ばれるそう。

時期が過ぎれば元の緑色に似た色に変わる…。
そのころ見たら、半夏生だって解るかな?一番きれいな時に会えて良かったね。

それにしても、植物の賢さに圧倒されます。
ハンゲショウ
湿生花園には、元々、ハンゲショウは自生していなかったと思います。
しかし、 むろいけ園地から、蟹ヶ坂ハイキングコースを下る分岐付近の湿地では何回か見たことがあります。
登山靴の裏に付着した種が、登山者によって湿生花園へ運ばれたのかもしれません。

夢子さま

マタタビもハンゲショウと同じく、開花期に先端部の葉っぱが白化します。昆虫を誘引するサインでしょう。
受粉が終わると、緑色に戻ります。
時季は、梅雨明けくらいかな。
No title
そうなんだ。

マタタビの花は花らしく可愛いのに、葉っぱをお化粧するんだね。
ヨクバリなんちゃう?(笑)
実際はペット用の粉しかみてないけど(^_^;)

むろいけ湿性花園は2007年には半夏生が群生していますし、府民の森サイトでも森の見所として取り上げています。県外の湿性花園でもこの組み合わせは多いので、むしろ積極的に植えたのではないでしょうか?…と推理したよ。
なるほど、植栽されたのかもしれません。
登山靴の底に種が付着して・・・というのは、定番なんだけど、ハンゲショウは、地下茎を伸ばして繁殖するので、種が付着して・・・は、一寸疑問に感じていた。

府民の森、くろんど園地では、自生するはずのない、ミズバショウが見られるくらいだから、ハンゲショウも植栽された可能性が高いかも。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。