2013/07/31

2013 0828 下見 歩く・石019 平群から 松尾寺 矢田山磨崖仏 その1

2013 0828 下見 歩く・石019 平群から 松尾寺 矢田山磨崖仏
ちょっと前におおばこの忘年会をした椿井城跡の山々が見えてます。

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「佐吉の千手観音石仏」に。
先日、8月の歩く・石仏の辻の下見に行って参りました。

このコースほぼ1年ぶりでしょうか、早いものですね。
松尾寺に佐吉ありの情報を得て、すっ飛んで行って早1年ですか。
みなさんも歳を取るわけでございますね、しみじみと・・・

第19回 8月25日 第4日曜日       歩く・石仏の辻
平群から佐吉の千手観音石仏・松尾寺そして矢田山磨崖仏へと(奈良県・平群町 大和郡山)

毎度おなじみの暑いですから木陰だけを厳選して歩くシリーズ、
「灯台もと暗し」なんと、エ~こんな所に佐吉が、知らなんだの千手観音石仏。
さらに眠りについて何百年のに幻の矢田山磨崖仏を信仰の道を辿り訪ねます。

集合:近鉄生駒線・平群駅 午前10時00分

行程:平群駅T-長屋王墓-白石畑-佐吉の千手観音石仏・松尾寺T
        -国見台-矢田山磨崖仏-金勝寺墓地-元山上駅

距離:10㎞ 高低差:200m 国土地理院1/25000:信貴山

2013 0828 下見 歩く・石019 平群から 松尾寺 矢田山磨崖仏
三里古墳

長屋王墓からの道筋にありますので寄ってこようかと思ってます。

2013 0828 下見 歩く・石019 平群から 松尾寺 矢田山磨崖仏

大正八年製

2013 0828 下見 歩く・石019 平群から 松尾寺 矢田山磨崖仏

道標があると、ひと味もふた味もちがいますね。

2013 0828 下見 歩く・石019 平群から 松尾寺 矢田山磨崖仏

山道を抜けると、里山風景が、たまりませんな。

2013 0828 下見 歩く・石019 平群から 松尾寺 矢田山磨崖仏

白石畑に入って、
風通しの良い場所があったから、どっこらっしょと座って頭を上げると。
ネコも横たわっていました、寝る子は猫。

2013 0828 下見 歩く・石019 平群から 松尾寺 矢田山磨崖仏

朝御飯の「あんぱん屋」デニッシュ ドーナツを食べてたら、
猫がこちらをチラ、チラと流し目を送ったもんで、
チョイあげましたけど、お口に合わなかったみたいで。
それとも、誰かさんみたいに減量中なのか!?
もらった手前、口をつけたけど、後は口まわりをペロ、ペロ、ペロするだけ。

しかし誰も歩いてませんね、ホント。
その2へと。


歩く・石仏の辻 | Comments(5)
Comment
楽しみ・・・
暑い中の下見ご苦労様です~
八月の「歩く石仏の辻」楽しみです。

この猫ちゃん「せめて魚肉ソーセージくらい持ってないんかい!」
と、言わんばかりにメンチ切ってますね~(笑)
平群から白石畑、まだ歩いておりません。
大正時代の道しるべ、味があって良いですね。
落ち葉の積もった道、雰囲気があって酔いしれますわ。酒は飲んでませんが。

それにしても、この猫、ふてぶてしいです。
丸々と太って、栄養過多で、成人病なのかな。
ペットフードを、クッチャーネ、クッチャーネしているんでしょうね。この猫は私にとって、悪い見本、他山の石です。
8月ですがな
ニャ~ン~と御挨拶してました。
飼い猫でしょうか、首輪はつけてませんでしたが、
毛並みは綺麗でした、目ヤニがついてましたが~

猫は基本的には、パン類は好きではないようです。
私は好きですが(^^)/~

減量しなさいと、オカモンに言われるでしょうね。
頭が抜けられても、体が抜けられません状態必至!

みなさんもこの猫の様に家でゴロゴロしてるのなら、
減量効果絶大なる、ほとんど山中コースを歩きませんか。
まあ、その後の特殊麦汁を使用した場合は、自己責任でヨロシク。
大正の道標ですか!
道標のある風景はやっぱりいいですね。
矢田丘陵の古道には、道標が似合う!

この道ですね。
この道の南側にも矢田丘陵越え道ありますけど、
たしか道標無しだと。

この道が一番古道らしい佇まいが良いです。

管理者のみに表示