2009/10/16

談山神社から飛鳥へと その5

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、
「高家から北山そして今井谷へと」に。

本日は談山神社は出てきませんが、親戚と言う事で。

本日のコースはウォーキング娘のTマサさんで歩いた道を。
桜井駅-文殊院-生田-下高家-上高家-高田神社-北山-旧道-今井谷
-聖林寺-桜井駅

文殊院を出たら高家へ、高家へと、登りは西手の道を歩く事を御奨めいたします。
眼下にはエコポイントで買ったアクオスの52インチ(ほんとは37インチで手打ち)
の如くの大パノラマのフル・ハイビジョン映像の奈良盆地が拡がっております、
その先には比叡山が・・・見えた気がする・・・たぶん。
と仰るエコ人生を送っている方々もおられましょう。
猫の子一匹も、誰も歩いてませんので、あなたも歩いてみては。

2003 談山神社から飛鳥へと その5

奈良県  桜井市  北山             地蔵石仏    天正13年

地図には載ってませんが高田神社から、エッサ、エッサと上がって行くと。
戦国時代の談山神社への道のひとつの様です、たぶん。
地元の方しか登らない、現代では仕事道にポツリと。

2003 談山神社から飛鳥へと その5

奈良県  桜井市  横柿              阿弥陀磨崖仏   室町時代


今井谷から北山の道の途中に、

2003 談山神社から飛鳥へと その5

奈良県  桜井市    今井谷・八講桜


時が時なら、花弁の数よりも人の頭の方が、
多い場合がございますので要注意でございます。

2003 談山神社から飛鳥へと その5

奈良県  桜井市    今井谷・八講桜の裏手の墓地          不動

桜咲いても、私を訪れるのは、あなただけ~

2003 談山神社から飛鳥へと その5

奈良県  桜井市    今井谷         阿弥陀磨崖仏  室町時代



今井谷から北山への旧道の傍らにひっそりと。
みんな見に行ってやってや~
年に数人しか訪れる人も居ないのか~

2003 談山神社から飛鳥へと その5

奈良県  桜井市    今井谷         阿弥陀磨崖仏  室町時代

こちらは屋根付き、この待遇の差はなんぞえ?
北山から今井谷への旧道は廃道寸前状態ですが、
2005時点では歩けました。
廃道マニアには目立たない存在ではありますが、
小粒ながらピリリと辛い北山から今井谷への旧道、
正しく石仏マニアには高田神社-北山-旧道-今井谷区間は、
石仏黄金の三角地帯、危険を犯すに十分に値するでありましょう、個人差有り。


飛鳥 | Comments(2)
Comment
やっとこさ~
お久しぶりです~
ず~~~っと気になっていた今井谷から北山への旧道の阿弥陀磨崖仏。
やっとこさ見つける事が出来ました。
画像の順序でつまずきましたが・・・(笑)
八講桜から一旦下の道に降りて民家の横から上られたんでしょうか?
私は竹藪の分岐踏み跡を辿って上からのご対面でした。

このチラ見せ、ずっと気になっていた私は変人?(笑)

これからも期待していま~す。ワクワク
おつかれさんです
たいしんさんお疲れさんです。
>八講桜から一旦下の道に降りて民家の横から上られたんでしょうか?
ちょうど10年前の桜満開の時に訪れた様です。
道を辿ってと記憶してますが、そんなに困難では無かったと・・・
その道も塞がれてしまったかもしれませんね。
2005年のウォームスの北山からの旧道下りの探索でも、
途中で道がそれてしまいましたし、
そのむかしには今井谷と北山の生活道が今は昔です。

先日、ウォームス4月の桜コース下見で高家で磨崖仏を再発見!かな?
前回も前歩いてるハズなのに・・・たいしんさんは御存知かもしれませんが、
いずれブログに載っけますので確認してください、よろしく。

管理者のみに表示