--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/09/02

2013 0902 快慶の最古の作品 それも石仏

2013 0902 快慶の最古の作品
奈良県  三郷町

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「一針薬師笠石仏」に。

なんと一針薬師さんの正体が仏師・快慶であることが判明したそうです。
サインが入っていたそうです。
傘の裏面に発見だそうです。
正確には判読したということですね。
快慶の石仏、初見参ということです。

詳しくはココみて快慶。

奈良県史7  石造美術441~444Pにも、今思えばのアレコレ載ってます。
ということはですね、
西勢野墓地の阿弥陀石仏に瘡神社の弥勒仏石仏も快慶作ということですね。
一針薬師を真ん中に左右にそれぞれが!
これこそが私が崇拝する「トリオ・ザ・パンチ」そのものでございませんか。
あれ、また、やっちゃいましたか、失礼、大ペコリン子。
これこそが私が崇拝する「快慶」そのものでございませんか、たぶん。

あくまでも、たぶん、でございますので、
大本営発表を待ちましょう!?

2013 0902 快慶の最古の作品

疑ってた人は、むかしから一杯いたみたいですね、
でも自白がないと、
いや、自白だけでは有罪にできませぬ。
残された道は、DNA検査だけなのか。

2013 0902 快慶の最古の作品

DNAならぬ拓本とってコツコツと判読されたんでしょうね。

2013 0902 快慶の最古の作品

これで、仏像ガール、山ガール、に次いでの石ガール来るかな、
来ないか、来るわけ無いか、妄想か、アベノミクスか。

このさい夢子ガールで手打ちするか、法華の件もあるしね (^_^;)

補足:また、トリオ・ザ・パンチの、「おら、ハードボイルドだど!」 聞いてみたいな~


生駒・矢田丘陵 | Comments(5)
Comment
アン大工匠人
時の話題ですね。

9月2日、朝日新聞の朝刊一面に「快慶の石仏最古作の可能性」と。
笠石の裏側の銘文には、貞慶(解脱上人)の「本願」でアン大工匠人(アンは梵字)が造立したと記されていた。

快慶が自称した「巧匠アン阿弥陀仏」と似ている…などから、調査委員会は快慶作とほぼ断定し、11月岡山の就実大学のシンポジウムで発表されるそうです。

イラストでは薬師如来像の両側に日光・月光菩薩像なども刻まれていて芸術性も高いものですね。

石仏は持聖院境内に安置され、拝観は事前連絡が必要なんですって。
お目にかかりたいものです。
No title
以前は何時でも見られたがよく見えない状態・・・
今度は石位寺の三尊石仏の様になってしまったんでしょうか?
照明をあてて良く見える様になっていたらいいのにね。
でもきっと撮影禁止なんやろなぁ・・・
アン もう やめて
元の場所に戻らないんですかね、トリオで。
快慶ならナンボって、
捕らぬタヌキの快慶算用って考えてるんとちゃうの、ホンマ。
私だけかな \(^o^)/
石仏さんはみんなのもの
いつでも誰でも逢いに行けるのが一番ええんや~( ^^) _旦~~
ホンマやな~
>いつでも誰でも逢いに行けるのが一番ええんや~( ^^) _旦~~

そや、そや。

石仏はみんなに逢いたがってるんやぁ。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。