2013/10/11

2013 0922 下見 大和三山秋景色 その1

2013 0922 下見 大和三山 蚊がいっぱい 3人
橿原神宮

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「大和三山」に。
いやいや16年ぶりの大和三山巡り。
歩く・石仏の辻の来年コースの下見で廻って来ました。

しかし、誰が「大和三山」を創作したのでしょうか?
万葉集から拝見のトライアングル・マウンテンですね。

本日のコース
橿原神宮前駅ー畝火山口神社ー畝傍山ー本薬師寺跡ー阿弥陀石仏ー香具山
ー伊弉冊(いざなみ)神社ー天香山神社ー月の誕生石ー藤原宮跡ー養国寺
・春日神社・佐吉の狛犬ー耳成山ー耳成山口神社ー大和八木駅

2013 0922 下見 大和三山 蚊がいっぱい 3人

ここから登ります。
たくさんの人が散歩がてら登ってるようです。

2013 0922 下見 大和三山 蚊がいっぱい 3人

こちら、たぶん旧道かと思われる横手に磨崖仏が。

2013 0922 下見 大和三山 蚊がいっぱい 3人

そのまま進めば眼福地蔵さんに、
室町ごろなんでしょうか。

2013 0922 下見 大和三山 蚊がいっぱい 3人

畝傍山頂から葛城・金剛山を眺める。

2013 0922 下見 大和三山 蚊がいっぱい 3人

こちらからは、これから登る耳成山が

2013 0922 下見 大和三山 蚊がいっぱい 3人

本薬師寺跡、バックの山々は左手、音羽三山、ウォームスで来年再アッタクします。
右手は最近、御無沙汰の高取山が。

2013 0922 下見 大和三山 蚊がいっぱい 3人

本薬師寺跡でランチ

2013 0922 下見 大和三山 蚊がいっぱい 3人

飛弾町   阿弥陀石仏 平安時代後期
また、やって来ました。
いったい何回逢ったことか、10回近いのかな。
フレンドリーな仏さまです。

よく残ってくれました・・・ホント。
江戸にあったら国宝か?
まあ、江戸にあるという台本は無理がありかな。


歩く・石仏の辻 | Comments(2)
Comment
大和三山の下見、随分と昔のように思いますが、まだ1ヶ月も経っていないんですね。

私の中では、過ぎ去った、遠い昔の出来事のように、まるで走馬灯のごとく拝見しました。

最後の耳成山には、眺望がなかったのでがっかり。
本番では、パスして反省会場へ直行される輩も現れるのでは。
時の流れに
>まるで走馬灯のごとく拝見しました。

現在 過去 未来 大和三山

>最後の耳成山には、眺望がなかったのでがっかり。

自然は人間の御機嫌はとらないもんです。

>本番では、パスして反省会場へ直行される輩も現れるのでは。

輩と言う言葉は適切ではないでしょう。
反省会場で反省することをお奨めいたします、たぶん。

管理者のみに表示