2014/02/03

2013 12 松明調進の道・名張街道 赤目口駅から針インターまで 後編

2013 1229 松明調進の道 前半
一石六地蔵  小原

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「松明調進の道・名張街道」に。

先日の2013 12 松明調進の道 一台峠の阿弥陀 
に続いて、赤目口駅から針インターまでをのんびり石仏見物しながら、
これからの「歩く・石仏の辻」のコース下見がてら歩いてきました。

前編からチョイ間が空きましたが、後編です。

近鉄・赤目口駅ー坂之下ー黒田坂ー笠間峠ー上笠間(阿弥陀磨崖仏)
ー小原(つちんどの阿弥陀三尊)

ー小倉町(川尻地蔵)ー針ヶ別所ー針インター・道の駅

2013 1229 松明調進の道 後半 この背景地図等データは、国土地理院の電子国土Webシステムから配信されたものである

マウスを地図上でダブルクリックしてください、
横幅1100×545まで拡大できます

2013 1229 松明調進の道 前半
小原

とても青い空が、空気がとても乾いているんでしょう。

2013 1229 松明調進の道 前半
小原

新旧そろい踏み、梵字が彫ってありました。

2013 1229 松明調進の道 前半

小原からちょっと上がって、小倉町へと。

2013 1229 松明調進の道 前半

やがて小倉町が見えてきました。

2013 1229 松明調進の道 前半
小倉町    観音寺

野生のキツネさんだそうです。
アライグマとの生存競争に敗れて、観音寺暮らしだそうです。
観音寺で正月の用意をしてたおじさんにお聴きしました。
大和高原にもグローバル時代が押し寄せているようでございます。

2013 1229 松明調進の道 前半
小倉町(川尻地蔵)  康永元年(1342)

鎌倉時代の名残が漂う地蔵様。

2013 1229 松明調進の道 前半
針ヶ別所    長力寺    多塔五輪板碑

珍しい五輪塔が乱立してる板碑。

2013 1229 松明調進の道 前半
針ヶ別所墓地      一石六地蔵

大和高原では、あちこちに 一石六地蔵がみられます。

2013 1229 松明調進の道 前半
針ヶ別所


2013 1229 松明調進の道 前半
針墓地

名阪の下を通れば針墓地がひっそりと。

どうでしたか「松明調進の道・名張街道」を歩けば石仏に当たる。
これからの歩く・石仏の辻のコースに、二回に分けて歩く予定です。
御期待ください。

参考:ホームページ  石仏の辻  027  笠間街道ひとり旅  咲くのは花か石仏か


歩く・石仏の辻 | Comments(7)
Comment
石仏三昧♪
旦那、石仏好きにゃぁ堪らん道でんなぁ・・・
本番、期待しとりまっせ~
そんなに素敵な道♪♪
登場する下見の写真が美しくて見とれた(はあと)。

傘は奉納?何処有有…と読めるかしら。
何故傘なんだ~(T_T)謎。
たいしんさんへ
>本番、期待しとりまっせ~

まかせといて、おくれやす~

歩けば歩くほど味が出る道でございます~
夢子さんへ
>何故傘なんだ~(T_T)謎。

相合い傘でございます~( ^ω^ )

ピンク(私のイメージ)の天使と天国へ行くのか、
オカモン似の閻魔様と地獄へ行くのか、
日頃の行い次第でございます~

なお、この後、たいしんさんから。
まともな説明があると思いますので、
正座して、しばしばしお待ち下さいませ。
振らないで~
なぜなのかは聞いたことがありません。
一つ解っているのは、あの傘は故人が使っていたもの。
画像のは洋傘ですが、以前はお嫁入り道具の和傘が多かったです。
と言うことは・・・女性だけなのかな?

今度聞いときますm(__)m
なるほどぉ~
タケチャンマンさま、たいしんさまに降れば…じゃなくって振れば、
なんでも解決すると思っているのね。あまーい(笑)

でも、ちゃんと訳あり(中高年の…?)だと判明しました。ありがと。

天国のイメージってピンクなの?
煌めくピンク…日帰りで行ってみたいかも。

面白くて気持ちが上がった。
今日は立春。
私はこれから冬が極まるお国へひとっ走りしてきまーす。
帰ってきたら、また遊んでねー。
振りかけは丸見屋
>今度聞いときますm(__)m

毎度、毎度、お世話になってま~す~

>なんでも解決すると思っているのね。あまーい(笑)

こう見えても、シュークリームが好きなんです。

>天国のイメージってピンクなの?

桃色した病棟でミニスカ白衣の天使に看取られて、
地獄へ堕ちるイメージでしょうか (^_-)-☆
身分をわきまえてるタケチャンマンでございます。

管理者のみに表示