2014/03/22

生駒の古道

出版記念講演会のお知らせ

暗峠地蔵堂    享保十七年(1732)
不動明王の種子、
北   鬼取山(元薬師)十二丁    宝山寺廿五丁
宝山寺から暗峠への道標です。

『生駒の古道』の出版を記念して。

『生駒の古道』出版記念講演会

◎内容
生駒の歴史・風土と古道  暗越大坂街道
        生駒市文化財保護審議会会長  今木義法
文化遺産としての古道   歩く・聞く・伝える
        生駒民俗会副会長  吉田伊佐夫

◎とき=5月11日(日)午後1時30分~4時
◎ところ=生駒市コミュニティセンター4階
◎費用=無料
◎定員=130名(先着順)
◎問い合わせ=生駒民俗会 0743・76・7201

主催・生駒民俗会
後援・生駒市・生駒市教育委員会

生駒地域は平城・難波・山城をむすぶ交通の要衝の地。
街道は人が往来し、物資の交易がおこなわれるとともに、
各地の文化を伝播する役割を果たしてきた貴重な文化財です。
生駒民俗会では、平成22年度から生駒市教育委員会の補助事業として、
市内全域の古道調査を実施し、
その成果を「生駒の古道」にまとめて出版することになりました。

◎内容の紹介=生駒の歴史・風土と古道
  暗越大坂街道
  古堤街道
  大和・清滝街道
  上津鳥見路(磐船街道)
  かいがけ道(傍示越道)
  高山・伊勢街道
  辻子谷越 など
  コラム:幻の古道
          神話伝承地の風景 など
  こぼれ話:三国境を駆けた家康の逃避行
            一休さんの通い道
            新茶屋で捕らえられた伴林光平 など
◎頒価・頒布窓口=千円・
当日  生駒ふるさとミュージアム


当日に頒布いたします。
当日に来れない人でも私に御連絡ください。
walmusu@infoseek.jp  まで。

この本を持って歩き会も予定してますので、御期待ください。


生駒民俗会 | Comments(2)
Comment
辻子越歩いてきました。
当日は、万障繰り合わせて参加します。
楽しみですね。
タイミングよく辻子越の廃道区間を歩いてきました。
残存する丁石は発見できましたが、途中でちと彷徨いました。まだまだ経験値が足りないようです。
大先輩のお話を楽しみにしています。
お疲れさんです
>当日は、万障繰り合わせて参加します。

参加ありがとうございます。

>残存する丁石は発見できましたが、途中でちと彷徨いました。

途中は完全に道が崩落してますから、
迂回すしかありませんね、
ほんの短い距離なんですけど。

茶屋跡も残って、想いがふくらみます。

管理者のみに表示