--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2014/04/14

2014 03 善根寺街道 日下の直越を歩く その1

2014 0311 善根寺街道 日下の直越
八丁門峠(灯籠ゲート)の管理道

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「日下直越道」に。
すっかり御無沙汰の日下直越道辺りを二回歩いてきました。
10年以上たってた・・・
なんとまあ年月の流れの速いこと、
昨日とは言いませんが、瞬く間ですね。
記憶もハードディスクの様に、
断片的な記憶があちこちに分散して、関連があるやら無いやら不明。

本日のコース
古提街道(南コース)にて-生駒山麓公園-峠地蔵-八丁門峠(灯籠ゲート)-善根寺道
-龍の口霊泉-神武天皇顕彰碑-五瀬命負傷碑-八丁門峠(灯籠ゲート)
-荒池道(八丁門峠)越え参道-分岐-善根寺道(大ふじ池)-谷田

2014 0311 善根寺街道 日下の直越
善根寺道と日下直越道(尾根道の分岐)

日下直越道(神武天皇東征と雄略天皇)は超強力ブランドになってますね。
中高年のおじさん達に熱きロマンと淫らな想像をかき立ててくれる日下直越道。

2014 0311 善根寺街道 日下の直越
14年3月撮影

まずは善根寺道(ぜんごんじみち)を歩いてます。
このアイスのミルク・バーモドキを見た時に、
なつかしき想い出がフツフツと湧き上がったのでございます。

2014 0311 善根寺街道 日下の直越
98年3月撮影

なんでかな~と思ったら、
デジカメ画像が残ってました。

石出し道の名残でしょうか、落とし物~たぶん。

2014 0311 善根寺街道 日下の直越
龍の口霊泉

長髄彦軍の流れ矢で負傷した五瀬命(いつせのみこ)がこの霊泉で傷を洗った

私はココでコーヒー一服いただきました。

2014 0311 善根寺街道 日下の直越
龍の口霊泉

春の訪れですね。

2014 0311 善根寺街道 日下の直越
龍の口霊泉から神武天皇顕彰碑への分岐

ここから尾根にチョイ登り。

2014 0311 善根寺街道 日下の直越
神武天皇顕彰碑

ようやく辿り着きました。
神武天皇もはあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「草香邑・くさかのむら」に。

2014 0311 善根寺街道 日下の直越
神武天皇顕彰碑


2014 0311 善根寺街道 日下の直越
池之端への道でしょうか

日下直越道は池之端町の春日神社辺りへと続いていたのでは説もアリとか。
しかし400年代の道を今の世からアレコレ想像し妄想するのは、
ウルトラマンとレッドキングとどっちが強い論議と同じですな、たぶん。

2014 0311 善根寺街道 日下の直越
大龍時・石切駅への分岐

ココを下れば石切駅へと。

2014 0311 善根寺街道 日下の直越
五瀬命負傷碑


2014 0311 善根寺街道 日下の直越
鉄塔からの眺め

ココでまたコーヒー戴きパンをかじって。

2014 0311 善根寺街道 日下の直越

八丁門峠(灯籠ゲート)へ帰って参りました。
右へは谷田への善根寺道へと続いてた様です。

2014 0311 善根寺街道 日下の直越

本日ではありませんが以前に朝日地蔵に水の神  中倉さんから山頂に登って下りてきた時の撮影。
古地図にはここから中腹を辿り 中倉さん経由の宝山寺までの道があったようですが。
石出し道だったとか。
車道が出来るまでは、至るところ道だらけだったようです。

日下直越道とあるからには大和側からの名称。
大和側の道筋はどこだったんでしょうか?
谷田か俵口か、はたまた、暇な時に妄想するの面白いのではありませんか。

その2に続きます。


古道 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。