2014/04/18

好きになった、ホントのわけ

好きになった、ホントのわけ

山ノ辺の道をトボトボ歩いて、
私がお地蔵さんを見てた時に。

それは突然始まったのでございます。

あの~ちょっとお時間がありますでしょうか。
と、突然、お地蔵さんが語りかけてきたのです。

えっ~えっ~えっ~
もう私は保険には入ってますけど~

アホかいな誰が保険屋のおばちゃんや!
断っておくけど私は地蔵ではなくって阿弥陀なの、
よく記憶しておく様に、わかりましたね。

あっ、お地蔵さんがしゃべってる!

あなたはお勉強が苦手な人のようですね。
もう一回しか言わないから心して聞く様に。
私は阿弥陀なの。

それが私のお地蔵さんとの・・・
失礼、ペコリン、阿弥陀さんとの出逢いの始まりでした。

たしかに阿弥陀さんの頭はピカード艦長ととちがって、
おおさかのオバチャンの様なパンチパーマー頭してます。
ピカード艦長=地蔵様
パンチパーマー頭=阿弥陀様
と私の脳味噌にインプットされたのでございます。

で、地蔵堂の前にある「喫茶じぞうどう」に引きずり込まれて、
一緒にコーヒーを飲むことになったのです。
阿弥陀様はコーヒーセット(チーズケーキー)を頼み美味しそうに食べて。
私に両手を合わせてペコリンして、逆だろう~
「ごちそうさまでした」と発して、俺のおごりかよ~
あっけにとられてる私をしりめにして、喫茶じぞうどうを出て。
また地蔵堂(本人談:阿弥陀堂)に帰って行ったのでございます。

好きになった、ホントのわけ

支払いをする時に、喫茶じぞうどうの店主に。
阿弥陀様はよく来るんですかと聞いたら。
いや、タマに来るぐらいだね、
だいたいは、うだつの上がらなそうな顔をした男と来るそうな。
なるほど~
二度とこの店に入ることは無いだろうと思いました。

帰り際に地蔵堂を見たら、
阿弥陀様が、
うだつの上がらなそうな顔をした男に声をかけていたのを目撃したのでございました。

それからですね、石造物を訪ねて三千里を始めたのは、たぶん。



石仏の辻 | Comments(2)
Comment
No title
喫茶じぞうどうに私も連れて行ってくださいませ
居酒屋こまいぬでも良いですけど、、、
No title
御無沙汰です。

喫茶じぞうどうで待ち合わせしてから。

居酒屋こまいぬへと参りましょうか。

積もる話しもありますし~

管理者のみに表示