--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2014/08/06

2014 08 海住山寺の磨崖仏

2014 08 海住山寺磨崖仏

海住山寺から、鹿背山の奥が葛城・金剛が浮かんでます。
朝方来れば海住山寺が見れたカモですね。

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「海住山寺の磨崖仏 」に。

10年ぐらいのむかしに。
T氏から海住山寺の磨崖仏って知ってる?
えっ!海住山寺の磨崖仏って、そんなのあんの?
海住山寺の山の中にあんの・・・

そして、長い年月が過ぎ去って行き。
先日ようやく海住山寺の磨崖仏に逢ってきました。
T氏と私もT氏ですから、ダブルT氏で海住山寺の磨崖仏探索の旅に。

T氏に道憶えてますか?
ぜんぜん・・・
20年前頃に2回行ったそうな(ホントは計3回だったとか)
でも、心配はいりません。
山登りをしてるT氏は地図にしっかりと詳細に記録。
なおかつ重要ポイントだけ記憶バッチリです。

しかも、地図とコンパスで的確に現在位置を確認してく職人芸には脱帽。
ココ最近、GPS依存症になりつつあるT氏は反省猿ですね。

2014 08 海住山寺磨崖仏

今回は上から攻略す!
白く輝く磨崖仏の岩を発見したときはヤレヤレ。
なにしろ、こんな真夏に山登って、山中を彷徨っての磨崖仏探し。
ムシ暑い~暑い~暑い~
しかしながら、リクエストしたのは私。
大きな声では言えませんが、ホントにヤレヤレでした。

2014 08 海住山寺磨崖仏

磨崖仏のある岩岩岩を下に見てます。

2014 08 海住山寺磨崖仏 「線刻不動立像磨崖仏」    室町後期    像高70㎝
「良弁僧正爪かき不動」の伝承あるそうです。

では、御拝見~!
あれ、アレ、あれ、アレ。
あの~お不動さんはどこ、私はどこ。

T氏が指さす方向には・・・
岩が静かに突っ立ってますがな。

2014 08 海住山寺磨崖仏

内ノ倉不動明王磨崖仏 」状態と申しましょうか。
今の光線状態だと内ノ倉の方がまだ見えてると申しましょうか。

T氏によると、お天トさんが傾かないとダメみたいと。
最悪のタイミングだったようです。
真夏の正午の曇り空の下、南向きが大バットとなった様でございます。
申し遅れましたが、皆様もお気づきだと思いますが、線刻でございます。

T氏に資料の拓本コピーを見せてもらいましたが、
一瞬少年サンデーに載った、宇宙人のミイラのコピーかと思っちゃいました。
でも、じっと黙視してると不動があぶり出てくる寸法ですね。

2014 08 海住山寺磨崖仏

昭和28年の南山城大水害で大破した不動堂の瓦が、
磨崖仏の前に靜に横たわっていました。
私が生まれる前の瓦が足下に、雨風で綺麗になってる瓦の破片が。
明日の我が身を象徴してるのでございましょうか。

帰り道はこのまま下山、と言うより斜面を滑り下ったと言うべきですね。

像容がもう少し見えてれば、人気が出たのでしょうが。
場所と像容のダブル効果で忘れ去れた存在へと闇に葬られたのでございましょう。

三上山登って、ついでに磨崖仏見とくかと思えば楽しきかなかな、たぶん。
でも、夏場の夕方でないとお不動さん姿を現さないかもです。


当尾・笠置・南山城 | Comments(2)
Comment
おぉ~っ!
久々の磨崖情報有難うございます。
線刻って見える時と見えない時があるんで難儀しますね。
薄暗い場所ならLEDライトで何とかなりますが
こんだけ明るいとそうも行きませんね。

っていうかT氏に一番よく見える時間帯に
連れて行って貰わないとどもならんね( ^^) _旦~~

GPSログ有ったら送って下さいなm(__)m
そうなんです
>薄暗い場所ならLEDライトで何とかなりますが

朝方にLEDライトでしょうか。
帰り道考えると(道はない)

>連れて行って貰わないとどもならんね( ^^) _旦~~

ちゃんと考えてますがな、
三上山から東の山に上がって。
尾根歩いて磨崖仏さんへと。
廃道になってなかったら辿り着けるかな (^o^)//
O氏が20年ぐらい前に歩いたとしゃべってた、たぶん。

>GPSログ有ったら送って下さいなm(__)m

この時、人間GPSだった・・・
これ以外はお馴染みさんでしたから持ってかなかった。
私の詳細でてきとうな手書き地図送ります。
迷っても自己責任で(^◇^;)

海住山寺のスグ近くと思ったら 、山登りやんけ~
夏場に歩くとダイエット効果大!


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。