2014/12/20

2014 11 下見 庄兵ヱ道 フルコース その1

2014 1122 下見 庄兵ヱ道 フルコース
八尺地蔵磨崖   鎌倉中期

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「庄兵ヱ道」に。
先日、ひさしぶりに下見がてら「庄兵ヱ道」を歩いてきました。

2000年の頭から「庄兵ヱ道」はどこかいな~探索を始めて、
かれこれ15年の歳月が足腰が弱るわけでございますね。

本日のコース
元山上口駅―生駒山口神社―千光寺―庄兵ヱ道―藤尾町T―鶴林寺―教弘寺
―宝山寺―近鉄奈良線・生駒駅

2014 1122 下見 庄兵ヱ道 フルコース
道標 1本目

さあ行くかと、千光寺前からスタート。

2014 1122 下見 庄兵ヱ道 フルコース

右  生駒山 宝山寺  道  一里  十丁

2014 1122 下見 庄兵ヱ道 フルコース 
道標 2本目

鳴川峠への道へほんのちょっと歩けば。


2014 1122 下見 庄兵ヱ道 フルコース
道標 3本目

またスグに道標が、この道を行けば山道の入り口が。

その昔は、まえの道標から真っ直ぐの道があったと推測してますが。

2014 1122 下見 庄兵ヱ道 フルコース

道標 3本目

2014 1122 下見 庄兵ヱ道 フルコース
道標 4本目

2000年に始めてココのポイントに来た時は道標は無かったのですが。
埋もれていたとか、ないとか。

2014 1122 下見 庄兵ヱ道 フルコース
道標 5本目

登り道もココで一息いれます。

2014 1122 下見 庄兵ヱ道 フルコース
道標 6本目

僕らの広場に宝幢寺に千光寺そして庄兵ヱ道の四つ辻

2014 1122 下見 庄兵ヱ道 フルコース

その昔には道標があったと言う所を通過すると、
去年の5月には無かった小崩落箇所。

2014 1122 下見 庄兵ヱ道 フルコース 道標 6本目

右手がおにぎり池への道、23日はこの道を選択。
左手行けば道標 7本目への道。

2014 1122 下見 庄兵ヱ道 フルコース
道標 7本目

本日はひさしぶりに、神田川へ下ってみます。

2014 1122 下見 庄兵ヱ道 フルコース

ココが神田川への下り道の入り口。

2014 1122 下見 庄兵ヱ道 フルコース

数分で堰堤に到着。

2014 1122 下見 庄兵ヱ道 フルコース

その昔の「庄兵ヱ道」は神田川を渡り。

2014 1122 下見 庄兵ヱ道 フルコース

今は産業廃棄物置き場辺りへと続いていたと推測。

15年前はマジで神田川を渡って産業廃棄物置き場をよじ登ろうと思いました・・・
が、が、が、あり地獄状態のズルズルが脳裏に点滅すっ!?断念。
想像できないでしょうが、15年前は無理すれば登れそうな状態だったのです。

その2に続きます。


第28回 12月23日 祝日火曜日    歩く・石仏の辻
宝山寺から千光寺への信仰の道「庄兵ヱ道」
鬼取村の庄兵ヱさんが、宝山寺の湛海律師より道を賜り、
清掃管理していたところから、
「庄兵ヱ道」の名で呼ばれるようになったと伝えられる。

集合:近鉄生駒線・元山上口駅 午前9:30

行程:元山上口駅―生駒山口神社―千光寺・鳴川T―庄兵ヱ道へと―藤尾町T
        ―鶴林寺―教弘寺―宝山寺T―近鉄奈良線・生駒駅

距離:9㎞  高低差:100―380―150m   難度:山歩き・ハイキング・ストック 山靴

参考に御覧ください
石仏の辻003  魔境の生駒山系に「庄兵ヱ道」を見た!
石仏の辻022  続 魔境の生駒山系に「庄兵ヱ道」を見た!

注意:高低差は始発と最高点と終点の標高値で表示しています。

安全管理は自己の責任において、行ってください。
当日の都合によりコース変更することがあります。

宝山寺古参道 | Comments(2)
Comment
お疲れさまでした。
こんばんわ。
道中でお会いできてホッとしました。
来年もよろしくお願いします。

6本目の道標根元のチオビタの空き瓶が
あまりに目障りだったので持ち帰って捨てました。

裏の谷はさすがにゴミは落ちてませんが、
倒木と竹ヤブの嵐で、二の腕が筋肉痛です。

タケチャンマンさんも、お体ご自愛の上、
末長くご活躍ください。

では、また。

お疲れです~
こちらこそ、来年もよろしくです。

>裏の谷はさすがにゴミは落ちてませんが、

山行記録拝見しました。
裏の谷お疲れさんです。
この辺り最近はまったく人の手が入って無いようですね。
行く度にバリケードが。

擽原の若い人は街に出てしまって、
手入れが出来ないと。
それでも2001 03時にはスムーズな道でしたが。
幻の磨崖仏も近いかもしれませんね。

管理者のみに表示