2014/12/25

2014 11 下見 庄兵ヱ道 フルコース その2

2014 1122 下見 庄兵ヱ道 フルコース
おにぎり池(私が勝手に名付けましたが)

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「庄兵ヱ道」に。
その2でございます。

道標 6本目に戻って下りますとおにぎり池へと。
ここを昼食会場にと思ってましたが。
自然のまま草茫々状態、年二回の草刈りも放置の様です。

HPの石仏の辻  2008  11/23  真ん中位を御覧ください。
6年前の
おにぎり池が。

なお写真左手から宝憧寺へと2011 08時点では、
どうにかこうにか歩けましたことを報告いたします。

2014 1122 下見 庄兵ヱ道 フルコース

庄兵ヱ道 南ブロックで唯一の展望場所でしょうか、矢田丘陵がちょろっと見えてます。

2014 1122 下見 庄兵ヱ道 フルコース

最近、アチコチで見かける笹藪トンネルの元祖!?

2014 1122 下見 庄兵ヱ道 フルコース
 
右手の神田川にそってチョイ歩いて上り詰めると、
下のカーブミラーに躍り出て参りましたが。
今は情けないことにゴミ捨て人が多数になりて鍵がカチリと。

2014 1122 下見 庄兵ヱ道 フルコース
奈良県 生駒市 藤尾町   阿弥陀石仏  文永七年(1270) 高さ135

6年もたつと苔が目立ってますね、湿気が多そうです。


2014 1122 下見 庄兵ヱ道 フルコース

何人の人々がここを通ってお伊勢さんへと参ったんでしょうか。
何万人か何十万人か?

2014 1122 下見 庄兵ヱ道 フルコース

がっちり鍵が。

2014 1122 下見 庄兵ヱ道 フルコース
鶴林寺の北部分

ここから「庄兵ヱ道」へと突入してください。
道は跡形もなく消えてますが・・・
違いのわかる男(女)だけ歩いてくださいませ。

2014 1122 下見 庄兵ヱ道 フルコース

違いのわかる男(女)だけが目にする光景。
イノシシ除けのトタンの塀。

2014 1122 下見 庄兵ヱ道 フルコース

出口にも当然、トタンの塀。
中央右手辺りをよじ登れば、スグ教弘寺でございます。

2014 1122 下見 庄兵ヱ道 フルコース
教弘寺

この道の先に辿りつきます、御苦労様です。

2014 1122 下見 庄兵ヱ道 フルコース

息つく暇も無く、この落ち葉の捨て場を乗り越えて、
目指すは「やすんば」
庄兵ヱ道の休憩地だったみたいですね。
今は生駒石の切り出し道跡でハチャメチャ状態ですが。

2014 1122 下見 庄兵ヱ道 フルコース

生駒石の名残です、カット面とか、運び出しの穴跡とか。

2014 1122 下見 庄兵ヱ道 フルコース

どうにかこうにか道は残ってます。

2014 1122 下見 庄兵ヱ道 フルコース

ここから現世へと帰って参りました。

2014 1122 下見 庄兵ヱ道 フルコース

庄兵ヱ道を歩けば、身も清まること間違いないでしょう(個人差アリ)

陽はとっくに生駒山の西へと落ちて。
寂しげに紅葉が微睡む。

庄兵ヱ道を詳しく知りたい方は「生駒の古道」を御覧ください。




宝山寺古参道 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示