--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/11/14

南山城 Vol.001

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「観音坂の十一観音石仏」に。
先日、Tさんと笠置町の観音坂の十一観音石仏を訪れました。

笠置町と言えば笠置寺の磨崖仏が有名でありますが、
本日は笠置町のマドンナこと観音坂の十一観音石仏さんに逢いにやって参りました。
本に書かれた地図に文章を参考に、アチコチの皆々様にお教えを乞うて。

2009 南山城
京都府 相楽郡 笠置町

なんか最初、こんな所まで来ちゃいましたけど、ここには道は無し。
完全に間違えの道、いや道はありませんでしたが、進めば道、たぶん。

2009 南山城

来た道を戻って出直し、
右手の山が磨崖仏の笠置山。
手前えと歩いていくと観音坂へと。

 2009 南山城

歩いて、いや登って、階段状の登山道を納得の観音坂。
登りが一息ついたら現れた十一観音石仏、
もっと上かと思っていただけに、あっけなく御対面でございます。
小柄な観音さんがニッコリと微笑んでくれました、ホンマ。

2009 南山城

十一観音さんの前には、給付金程の広さの広場が、いや、いや狭場がに訂正いたします。
南山城の石仏 上 によると、長谷寺型の十一観音さん、 天文の頃と推定と。

ほとんど今も知られていない仏様ですが、皆さんも是非逢いに行ってくださいませ、
観音坂の十一観音石仏さんに逢いに来ましたと、近所の人に尋ねれば、
指名料無しの明瞭会計で、どなたも極楽浄土へと旅立つことが出来るでありましょう、個人差有り。
まだまだTさんとの旅は続くのでありました。

ホームページ  石仏の辻    2009   4/23  南山城 Vol.001  から再録なおかつお色直し、

観音坂の十一観音石仏さん小さくしか見えませんので、

2009 南山城

改めて観音坂の十一観音石仏を、
観音坂を越えれば下狭川へと道は続いていたようですが、
今はゴルフ場が行き手を遮っている様でございます。
宝山寺への道、荒池道(八丁門峠)越え参道と同じパターンのようです。


当尾・笠置・南山城 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。