2015/06/19

下見 太子道・筋違(すじかい)道

2015 0607 下見 太子道
素戔嗚神社

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「太子道・筋違(すじかい)道に」
先日あらためて太子道・筋違(すじかい)道の下見に行ってきました。
平地で迷う所も無いしとも思いましたが・・・
佐吉狛犬を新たな目で見ますかと。

この辺りまだまだ田んぼもいっぱい残ってて、
田植え直後の田んぼはいいな~
そうそう、まだまだ田植えしてますよ場面も多く。
奈良の山の中から奈良国中まで、
足かけ3ヶ月の差があるでしょうか。
この場合は米かけ3ヶ月か・・・

第33回 6月28日 第4日曜日   歩く石仏の辻
太子道

集合:JR大和路線・法隆寺駅 午前9:35
行程:法隆寺駅―素戔嗚神社(佐吉)―阿波神社(佐吉)
        ―上宮(かみや)遺跡公園T―広峰神社―飽波(あくなみ)神社
        ―安堵中央公園体育館T―杵築神社―油掛地蔵
        ―島の山古墳T―杵築神社・伴堂(佐吉)―近鉄田原本線・黒田駅
距離:13㎞  高低差:0m  難度:ハイキング

注意:高低差は始発と最高点と終点の標高値で表示しています。
    Tはトイレです
    安全管理は自己の責任において、行ってください。
    当日の都合(暑さ)によりコース変更することがあります。

皆様方のお楽しみの昼食場所は安堵中央公園にしました。
何故か歩く・石仏の辻に来てくれる方は!
昼ご飯まだかいな~飯喰わせ~飯喰わせ~飯喰わせ~
と連呼する方が、まま、ママ、多数見うけられる様なりました。
あんたらは「女子中学生&男子中学生かい」
一日どころか、一週間も食べなくとも大丈夫体型なのに~ \(^o^)/
育ち盛りと言うより、完全なる下り盛りなのに~たぶん。
(反論は無用でございます)

おおいに笑ってもらえたでしょうか。
菓子パン食べながらキーボード打ってます (^_-)-☆
あっ!パン屑がキーとキーの間に落下すっ!

2015 0607 下見 太子道
上宮遺跡公園

私的には色恋道のほうが良いな~

2015 0607 下見 太子道
広峰神社

あるべきモノが無いですよ。
この佇まいが最高ですね。
こんな神社と出逢えるのが「THE歩き」の醍醐味ですね。

2015 0607 下見 太子道
広峰神社

アリスの「今はモウ~誰も~」と流れる神社に。

2015 0607 下見 太子道

杵築神社    七重石塔  平安時代末期
塔身四方には顕教四仏種子。

2015 0607 下見 太子道


油掛地蔵
聖徳太子の通学路(筋違い道)添いの西向きのお堂に安置されているこの油掛地蔵は、
大永三年(1523)に造立されています。
舟型光背のある高さ約61センチ(台座とも)の地蔵立像ですが、
泥田の中にうずもれていたのを引き上げて、ここにお祭りしてあります。
クサができている子の母親がこの地蔵さんにお祈りして油をかけていると、
クサが治ったと言われており、
願をかける日には油を掛ける習わし(燃灯供養)があることと、
当時この付近に水害が多いため、
油を掛けて水を弾くようにと言うことから油掛地蔵と言われています。

2015 0607 下見 太子道
大永三年(1523)

日清サラダオイルの芳醇な臭いが、鼻に心地よいです~たぶん。

2015 0607 下見 太子道

これ太子道ではなく南へと向かう田んぼ道。
右手の山は葛城金剛山です。
太子道は左手の方に斜めあったそうです。

2015 0607 下見 太子道
若草伽藍の礎石

特別付録、以前手でペタ、ペタした初代法隆寺の若草伽藍の礎石です。
聖徳太子もペタ、ペタしたと思います、たぶんですが。

太子道のほんの一部ですが、みなさんも歩かれてはどうでしょうか。
ほんとはアチコチによって見聞をひろめればいいんですが、
限られた梅雨空の時間ゆえにちょっぴりですが。

皆様方もコレをきっかけに法隆寺から飛鳥へ、超一流のブランドの太子道!
しらみつぶしに歩かれたらどうですか?
歴史に民俗学に石造物に古道に、なによりも暇つぶし最適。
金は無いが、暇なら腐るほどある人々にピッタシです。

カシケンの金魚の糞になる前に、
御自分のボディとソウルで太子道・筋違道どうでっか。



奈良盆地 | Comments(5)
Comment
おはよーさん
鳥の山古墳じゃなくて、島の山古墳だと、古墳の女王さまが仰せです。
私は女王の代理人。
サンキューベリマッチ
女王の代理人様指摘ありがとうございます~

実は当日に夢子姫から即に鳥になってるよ~
と指摘がありました!
訂正しなければと思いつつ・・・
とっくに忘却の彼方へ~

どっかの国の政治家の様に拡大解釈して、
鳥も島も憲法改正しなくとも同じです!
と国会弁当しようとも思いましたが・・・
訂正、訂正、訂正でございます~
弁当食べてどないすんの、答弁の誤記ですね。
関係者各位にペコリン、ペコリン、ペコリン。

しかしながら国会弁当も食べてみたい気がします。
ロシア産ではなく北海道産のシャケの塩焼きも入ってのかな?
本会議場で食べるのは御法度ですかね、たぶん。
「神聖な本会議場で国会弁当食べるなんて、絶対許しません」なんちゃって。
ちっとも神聖ではない政治家が言いそうですね。
派遣会社からナンボもらっとんね、おっさん&おばはんと言いたい。

話しがいつもの様にソレましたが、
順次に訂正いたしますので、
しばしの憂慮を御願い申し上げます。

今後も私自身の校正よろしく御願いします (^^)/~
ごめんね
紆余曲折を以て「♪島から島へと~♪」瀬戸の花嫁じゃなく、
「鳥から島へと~」訂正された訳ですね。

oka氏のブログにそっと訂正メールしたところ、
「しまった」(笑うとこ)に続き、秒速で
「タケチャンマンに知らせる」と、紳士らしく。
「知らせた」と付け加えれば良かった。
ここまで遠回りしてごめんねm(_ _)m

>今後も私自身の校正よろしく御願いします (^^)/~
笑いの壺にはまりすぎ~。
だって、無理っぽいし?たぶん(笑)
oka-nara
更生の間違いでしょう、先生の場合。
少年C
意味深い言葉ですな「こうせい」


管理者のみに表示