2015/10/19

2002 06 写真で振り返る 大峰奧駆け 弥山 釈迦ヶ岳 前鬼 その1

2002 0601 大峰奧駆け
トンネル西口

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「大峰奧駆けin2002」
あれから13年、写真で振り返る 大峰奧駆け。

今回のコース
トンネル西口ー弥山ー釈迦ヶ岳ー前鬼ー前鬼口

心地よい記憶だけ残り、辛い想い出はサヨ~ナラ~
3日間で撮りに撮ったり400枚弱の写真から、
適当に選んだ・・・大変失礼いたしました、訂正いたします、ペコリン。
厳選した写真を振り返ってみました。

2002 0601 大峰奧駆け

弥山へ向かって。

2002 0601 大峰奧駆け


2002 0601 大峰奧駆け


2002 0601 大峰奧駆け


2002 0601 大峰奧駆け

後ろ振り返れば、おなじみのゴジラの尻尾が見えてます。
角度が変われどゴジラの尻尾は生駒山あたりからも、見えたハズ。

2002 0601 大峰奧駆け


2002 0601 大峰奧駆け

到着です。

2002 0601 大峰奧駆け

ここにテント泊

2002 0601 大峰奧駆け

こうして1日目は終わりました。




榛原・宇陀・吉野 | Comments(2)
Comment
行者還トンネル、懐かしいですね
35年前、昭和55(1980)年の夏、
生徒2人と、下北山村天ヶ瀬から、天川村川合まで、林道を歩いたことを思い出しました。
奧駆け道も、山上ケ岳だけで、弥山、八経、釈迦は、夢の又夢。
夢で歩けたら
>下北山村天ヶ瀬から、天川村川合まで

7、8時間ばかしかかるのではありませんか。
これは、これで大変ですよね、じっさい歩こうとすると。

>弥山、八経、釈迦は、夢の又夢。

私も地獄に行くまでに、できれば今一度と希望してます。
日々に衰える脳味噌と体力がゼロになる前に・・・
Yonchanに皆様の賛同をお待ちしてます。
残された時間はわずかでございます。
残された貯金もわずかです、たぶん。

管理者のみに表示