2015/11/01

2015 10 東海道・小関(こぜき)越 三条大橋から大津

2015 1029 野口さんと
三条大橋 

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「小関(こぜき)越

先日、Nさんの御案内で東海道・小関(こぜき)越を歩いてきました。
三条大橋から伏見そして大津まで。

だいぶ前の反省会で京都の話題が出て。
今回ようやく御一緒に歩いてきました。

2015 1029 野口さんと

京都市最古の道標
    延宝6年(1678)
以外や以外、古い道標がほとんど無いとは。
庶民が旅に出られるようになったのは江戸中期ぐらいなのでしょうか?

2015 1029 野口さんと 
阿弥陀石仏  鎌倉    蹴上大日堂
この阿弥陀さんにはみなさん逢っているのではありませんか。

2015 1029 野口さんと

如来石仏(薬師か)  鎌倉    日ノ岡大日堂
逢えそうで、なかなか逢えない薬師さんかな。

2015 1029 野口さんと

ナントわだちを刻んだそうです。
レールの逆ですね。

2015 1029 野口さんと

五条別れ道標


2015 1029 野口さんと


2015 1029 野口さんと

なるほど~

2015 1029 野口さんと

四体仏  南北朝    阿弥陀  地蔵  観音 勢至
阿弥陀さんに地蔵を加えパワーアップ。

京都六地蔵のひとつの四ノ宮地蔵堂

2015 1029 野口さんと

四ノ宮明神

2015 1029 野口さんと

三尊石仏  南北朝    阿弥陀 観音 勢至
弥勒石仏  鎌倉

2015 1029 野口さんと

役行者
なんともポストモダンなる香りがする役行者さんではありませんか。
伏見へと辿るアノお方ではありますまいか?
いかん、いかん、完全に病気ですな、まったく、忘れてくださいまし。

2015 1029 野口さんと

ここから東海道を離れて、小関(こぜき)越へと。

2015 1029 野口さんと

藤尾磨崖仏
通りすがりにて、まだ私は逢ってない磨崖仏でございます。
噂は重々聴いておりますが。
人手不足のために予約拝観だそうです。

2015 1029 野口さんと

猫  平成   子猫  親猫    小関(こぜき)越登り口
彫りが深いが(痩せてるだけ)ボリューム感に欠けるので。
鎌倉ではなく平成とさしてもらいました、なんのこっちゃ。

2015 1029 野口さんと

小関越(こぜき)越道標

2015 1029 野口さんと

またたくまに大津へと、
三条大橋から12㎞ばかしとか。
来年のコースで歩きますので、お楽しみにしてください。
高低差もちょっぴりだし。
しばしのバラエティ豊かな街道歩き堪能してください。

2015 1029 野口さんと

大津百町と琵琶湖の遠望  明治10年代 

三井寺の観音堂からの撮影だそうです。
データ改ざんマンションも建ってない頃の写真のようです、たぶん。

いや~こんな風景をホント目にしたいですね。
電気のまだ無い時代だったようですね。
電信柱が見えません。


京都 | Comments(2)
Comment
東海道も懐かしいなあ
三条大橋から桑名まで、3年がかりで、生徒、同僚と歩いてから
はや30年。小関越は、20年前に、H氏に誘われたのですが、所用があって参加できませんでした。
道標の写真、ありがとうございます。
あの時君は若かった
そうですか30年前ですか。
「あの時君は若かった」ですね。
風景も変貌してるでしょうね。

>H氏に誘われたのですが、所用があって参加できませんでした。

H氏は足から車に変わって磨崖仏見物三昧みたいですよ。

管理者のみに表示