2016/01/07

2015 12 六甲全山縦走 宝塚から六甲ケーブル下まで

2015 1229 六甲山縦走 宝塚から
武庫川

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「六甲全山縦走」に。
ようやく歩いてきました、六甲全山縦走の一部分に。
秋に買った摩耶山・掬星台で売ってた「六甲全山縦走マップ」
噂にはきいてましたが・・・14、5時間で歩くとか・・・
エッ、エッ、えっ、えっ、アルク、あるく、歩いて14、5時間だって!
トレランでは無いのか!驚き桃の木、金のなる木。
50㎞オーバーだそうです、ハイ。

道草系、遠望系、マッタリ派の私としては、
とても歩きがいのある道に見えたのでありました。
何故ならば、縦走路=展望良し!
そんでもって歩いてきました。

本日のコース
阪急・宝塚駅-塩尾寺休憩所-塩尾寺-船坂峠-石宝殿-一軒茶屋
-六甲最高峰-六甲ガーデンテラス-みよし観音-記念碑台・六甲山自然保護センター-六甲ケーブル山上駅-油コブシ道-六甲ケーブル下-阪急・六甲駅
六甲ケーブル下からはバスで六甲駅まで。

2015 1229 六甲山縦走 宝塚から
塩尾寺休憩所

ここで休んでたら、6名程のトレランお兄さん方が下りてきました。
どこからと訪ねたら?
須磨から・・・どんだけ~
夜から歩いて(走って)来たそうな、オイオイ。
夜景がとても綺麗だそうだ。
のっけから出たな六甲全山縦走ボーイズ(年輩者も在住)

2015 1229 六甲山縦走 宝塚から
塩尾寺休憩所

朝靄の生駒山

2015 1229 六甲山縦走 宝塚から
塩尾寺休憩所

生駒山から二上山に葛城山
ビルが土筆の様に見えるのが御愛敬ですな。

2015 1229 六甲山縦走 宝塚から
 
歩いてると、暑いの寒いの、霜柱。
 
2015 1229 六甲山縦走 宝塚から

皆さんもこの光景は御存知ではありませんか。
昼食まであと一歩だ~

2015 1229 六甲山縦走 宝塚から

10年以上ぶりにまた来ました。
ここで、ようやくお昼食。
 
2015 1229 六甲山縦走 宝塚から

さすがの900メートルからの遠望は、
日頃見慣れてる生駒山とはちがいます。

2015 1229 六甲山縦走 宝塚から

これから、あのアンテナ越えて歩くのかいな~
いくいくは右手の山々なのか~

2015 1229 六甲山縦走 宝塚から

これがアンテナだ。

2015 1229 六甲山縦走 宝塚から

スケジュールが追ってます、写真撮るだけで。
コーヒー飲む時間もナス。
始めての歩きコースゆえ、早め早めに歩いてます。

2015 1229 六甲山縦走 宝塚から

葛城金剛水越峠

2015 1229 六甲山縦走 宝塚から

ここから六甲ケーブル山上駅へ行けば近いが。
記念碑台・六甲山自然保護センターをチェックしなければ・・・

2015 1229 六甲山縦走 宝塚から

六甲山自然保護センター閉じてますがな。
イノシシの子一匹誰も居なかった・・・
イヤ、若いカップルが来た、それだけ。

2015 1229 六甲山縦走 宝塚から

外人さんだらけの六甲ケーブル山上駅

2015 1229 六甲山縦走 宝塚から

ここから下ります。
しっかりマナーの良いマウンテンバイクのお兄さん二人いました。

2015 1229 六甲山縦走 宝塚から

途中に展望お休み所で、ようやくヤレヤレ。
今日はじめてのんびりとリラックス。

2015 1229 六甲山縦走 宝塚から

右手に明石海峡大橋

2015 1229 六甲山縦走 宝塚から

目前は淡路島の山々なんでしょうか?
私にはさっぱり、なんなのか、わかりません~
が、この眺めはこの時間帯しか拝めないかな。

2015 1229 六甲山縦走 宝塚から

木立の間からケーブルカーが、速かった。

2015 1229 六甲山縦走 宝塚から

お疲れさんバス停到着
最後は暗さに合わせて時間調整。
思ったより疲れたで~心地よいけど。
ジイさんにはこたえるよ、まったく。
この続きは歩きたいが面倒臭い、
なにしろ記念碑台・六甲山自然保護センターまで、
カムバックしなけばいけませんから。

しかし、60㎞弱をよく一日で歩くは!?まったく。

兵庫 | Comments(6)
Comment
新年おめでとうございます。
タケチャンマンさん、おはようございます。小正月は過ぎましたが、今年初の投稿ということで表題の挨拶お許しください。

さて、御記事の日付を拝見しましたところ、1月4日付になっておりますので、登られたのはその前日と勝手に錯覚してしまいましたが、よく読みますと実際は昨年末の御登山だったようですね。小生はその1月3日に同じく六甲最高峰に登ってましたので、これはまた偶然のニヤミスだったかと勘違いするところでした。

年初早々精力的な山行が続いておられるようですが、本年もレポート楽しみにしております。どうかよろしくお願い申し上げます。
おめでとうございます
jack77bettyさんおめでとうございます。

>これはまた偶然のニヤミスだったかと勘違いするところでした。

すいません、わたしの場合は時間軸がハチャメチャなのでお許しください。
大仏鉄道も11月に歩きました。

六甲最高峰にはどんなコースで行かれたのですか?
わたしは六甲はホントの初心者で、
先月の六甲全山縦走の一部分歩きで、
ようやく六甲ってこうなってるんですか!?
と一部分理解した程度です。
縦走路を歩くと日暮れの時の帰り道を考えなくてはいけませんので、
大変切実にお勉強になります。

>年初早々精力的な山行が続いておられるようですが

ウォーキング娘の下見がてらに眺めを堪能してます。
いつも生駒山から眺めてる六甲から、眺める生駒山。
新鮮ですね、まあ六甲は人が多いのが難点ですが (^^)/~

今年も見捨てずに、よろしくお願いします~
No title
タケチャンマンさん。こんばんは。RESありがとうございました。
最高峰へは、阪急芦屋川駅から登って、摩耶山、学校林道経由で三宮へ終着下山となりました。余談ですが阪神近鉄の直通運転は便利ですね。新線は開通しても採算性など評判がもう一つのものが多いですが、この線は乗客も多く久々のヒット企画だったと思います。
もうひとつついでに、六甲シリーズの第一回で布引の滝を記事にされてますが、偶然私も昨年別とびのオフ会で訪問しました。東京など遠くからの参加の方が多かったのですが、皆さん方には「なかなか素敵だった。」とおおむね好評でした。別にトピの主宰者でも、ましてや布引の滝のオーナーでもない(笑)ただの一般参加者ですが、やはり地元関西の人間としては、なんだかほっとした気分でした。
想い出が多すぎて…
六甲は西宮に住んでいた頃良く登りました、車で(爆)。
六甲山ホテルが会社の提携で、お泊まりして牧場で遊んだ。
はぁ~(ため息)あの頃僕は若かった。ひと昔が幾つも(笑)

お話に登場する布引の滝は、後年ハーブ園と共にブームとなりましたね。
いつか訪ねてみたいです。

お正月の故郷は如何でした?
奥琵琶湖には行けましたか?
jack77bettyさんへ
そうですか阪急芦屋川駅からですか、岩梯子経由でしょうか。
三宮から乗り換えなしで帰れるのは、ほんと便利ですね。
飲んだ後に乗り換え乗り換えは、酔いが醒めちゃいます。

布引の滝はいいですね、
上から下りてきて徐々に眺める、コレでしょうか。
まっ白い竜が舞い上がる空間がナイスです。
ど忘れが多すぎて・・・夢子さんへ
>あの頃僕は若かった。
>車で(爆)。

ひょっとして車の名前はスバル360ではありませんか。

>六甲山ホテルが会社の提携で、お泊まりして牧場で遊んだ。

葛飾区の四畳半に住んでました、トイレはくみ取り式。
駅前の公団住宅の空き地でだべってた。

>布引の滝は、後年ハーブ園と共にブームとなりましたね。

ブームだったんですか、いったいどんなブーム?
全く知りませんです。

>お正月の故郷は如何でした?

毎日山に登ってました~
お昼は菓子パンでは無くって、
白米のお弁当食べてたよ!?

>奥琵琶湖には行けましたか?

琵琶湖を眺めつつ縦走してきたよ、
ブログ只今制作中乞う御期待あれ!

管理者のみに表示